« アディオス・・・!ササ。 | トップページ | ますます生活がアオアカに! »

2006年7月16日 (日)

プレッシャーのないところで、またぎフェイント。そして、ササは去る。

Aoaka_031 モニ、やったねぇ・・・。

オールスター戦。まぁ、やるとは思っていたけれど。中澤選手のFKを先にスルーした時から、何かをやらかす気マンマンなのがわかりまくりだったからね。ドキドキというか、ハラハラしてましたよ。お願いだから、ハズさないで・・・。

FC東京ファンは楽しめたでしょう。モニの孤独またぎフェイント&バレーのゴールをアシスト、土肥チャンのFKなどなど。夜のスパサカでも、モニのまたぎフェイントが前アップ、後ろアップ、ひきサイズなどで完全分析され、笑いもの・・・じゃなかった、注目の的になっていた。
実況解説の中山や松木も大喜び。
松木 「あのプレッシャーだったら、われわれにもできますよねぇ(笑)。」
「われわれ」ってなんだ?まさか、中山を含んでいるわけじゃなかろうなぁ、オイ。

私はというと・・・、楽しいイベントに水をさす気はないけれど、やっぱり「試合」はガチ・ゲームがいいなぁ。肉体的にも精神的にも限界ギリギリ、生きるか死ぬかの真剣一発勝負!みたいな。だから、チンタラ親善試合も好きじゃないのよ。まぁ、今度はドラスティックなオシムのオシム・ジャパンだから、親善試合といえども選手は目の色変えると思うけど。そういう試合は、こっちも、頭の血管が浮き出るほどのハイテンションになるよね。
でも、モニなにやってんだよぉ、土肥チャンが笑ってるぅ、とかゲラゲラ笑いながら観る試合ってのも、お気楽でけっこう楽しかったです。

一つ心配なのは、オシムが来ていたってことです。オシム、ああいう感じ、好きじゃないんじゃないかなぁ・・・。そうでもないかなぁ・・・。ハナ試合であろうと、ピッチの上に立つ以上、ストイックな姿勢を求めるような気がして・・・実は私のハラハラはその部分だったんだけど。どうか、オシムが悪印象をもちませんように・・・。

さぁ、水曜日に迫った福岡戦。ここはビシッと勝って、後半戦への弾みをつけたいところ。
ササはアルゼンチンへ飛び立っていった。
プロである以上、誰もがチャンスを追い求める。やれるか、やれないか。どちらか、一つ。真剣勝負じゃぁああぁ。一人で盛り上がって、何だかハズカシイ気もするけど・・・だって、中断期間が長いんだもぉーーーーーん・・・バタバタ。

ササ、来季に帰ってくるという話になっているけれど、向こうで活躍したら帰ってこないだろうなぁ・・・でも帰ってきたら、ちゃんと彼が活きる「東京」になっていなくてはならん、と思う日曜の午後。
・・・おなかすいたニャア~。

« アディオス・・・!ササ。 | トップページ | ますます生活がアオアカに! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/10966682

この記事へのトラックバック一覧です: プレッシャーのないところで、またぎフェイント。そして、ササは去る。:

» ◎オシムの言葉:W杯を終えて、主役の座へ大増刷 絶好調 [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.始めに サッカーW杯は、日本が早々と負けてしまい、サッカー熱が急減速していまった。韓国など有力視されたアジア勢がことごとく負けて、世界の壁の厚さを想いしらされた。 サッカー熱は終わりだなと思っていた刹那、6月24日の川淵キャプテンの失言で「オシム...... [続きを読む]

« アディオス・・・!ササ。 | トップページ | ますます生活がアオアカに! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31