« 無念。松本行けず。・・・ワシントン?って? | トップページ | Jリーグを、FC東京を、そして選手をわかっているのか? »

2006年7月23日 (日)

東京に何が起こっているのか?鹿島戦、敗戦。

最初は、いける!と思った。

右サイドの石川のスピード、それに翻弄される新井場。馬場も良かった。前半途中、前と後ろの間があいて、そこのスペースを使われるとイヤだなぁ・・・と一瞬不安に思ったが、それを一蹴するルーカスの技ありゴール。
いつもの東京ならば、先制点を取ると急に全体がドン引きになり、ボコボコにやられ、一気に「しのぎ」ムードになるけれど、今日は先制点後も前に行く姿勢が見られた。

でも、あれが良くなかった。前半ロスタイムの失点・・・。ドフリーオガのヘッド。あぁ、これはヤバイ・・・。しかも追い討ちをかけるかのような、後半早々の失点。このまま東京は「あせり」と「からまわり」の負のサイクルにはまってしまうのか!?と思っていたら、またもやルーカスがゴール!ここで、スタジアムも東京側が盛り上がり、選手達も息を吹き返したかのようにいきいきと動き出す。完全に流れが東京に向いた!今チャンも積極的に攻撃にからむ。よっしゃあああ!これぞ、東京のサッカーじゃいっ!

・・・この流れで、なぜ追加点が取れないのか?ここが今日一番の勝負どころだった。案の定、やがて東京の運動量が落ち、川口、リチェーリもイマイチかみあわず、徐々に、鹿島ペースに・・・。これは、いかんっ!!と叫ぶ間もなく、失点、また失点・・・・・。

東京ファンは、試合を現地やテレビで観ていたと思うので、あまり試合の細かいことは書きませんが、私の意見は2つです。いや、本当はもっとあるけどさ、とりあえず2つ。

① FWを入れてほしい。 
たしかに、ルーカスはトップ下で機能していると思う。でも、ユータを入れるのなら、ユータをトップ下にしてもよかったんじゃないのかなぁ?阿部チャンはどうしたの?怪我?赤嶺だって、小澤だっていい。石川はFWよりも、今日の右サイドのほうが活きていた。やはり選手それぞれハマるポジションがあるのだから、FWのポジションにはFWを。

② 守備をたて直さないと、アブナイ。
去年、いよいよ状況がヤバくなってきて、「残留争い」に名を連ねそうになったときでも、東京は大丈夫だと思った。確かに、決定力がなくて苦しんだけれど、守備が安定しているチームは絶対に降格しない。攻撃を標榜していたにもかかわらず、東京を助けたのは守備力だったと思う。その守備が崩れてしまうと、これはもう、相当にヤバイ。アブナイ。

次のセレッソ戦、何が何でも勝たなくてはいけない。この試合は一つのターニングポイント。負ければ、この先かなりのことを覚悟しなくてはならないと思う。

最後に今日の良かったところ!
・ルーカス、得点ランキング2位オメ!!
・QBK爆弾、回避!!!
そして・・・、
・仕事の撮影がうまくいった!とてもいい映像が撮れた!これがあるから、この仕事やめられましぇーん・・・。

« 無念。松本行けず。・・・ワシントン?って? | トップページ | Jリーグを、FC東京を、そして選手をわかっているのか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/11064750

この記事へのトラックバック一覧です: 東京に何が起こっているのか?鹿島戦、敗戦。:

» 内田和成 著 「仮説思考」 [本から摂ろう!!人生のサプリメント]
仕事のスピードを飛躍的に上げる方法「仮説思考」の記事を書きました。よろしければ遊 [続きを読む]

« 無念。松本行けず。・・・ワシントン?って? | トップページ | Jリーグを、FC東京を、そして選手をわかっているのか? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31