« オシム・レッズでサントス解放される。 | トップページ | さあ、浦和戦。そして、ササの思い出。 »

2006年8月11日 (金)

ガクガクブルブル・・・埼スタ。

P1000449 恐ろしい・・・埼玉スタジアム。

アウエー戦は、いろいろなスタジアムへ行ける楽しさ、その土地のうまいものが食べられる楽しさがあるのですが、・・・ないんですよ、埼玉スタジアムには。
人様のスタジアムにケチをつけるのは心苦しいのですが、埼スタへ行くのって少し気が重いです。

① 遠い(特に駅から)。
笹塚~(都営新宿線)~市谷~(南北線、埼玉高速鉄道)~浦和美園という経路で行くのですが、実際は1時間ちょっとしかかからないのに、ものすごく遠くへ行っているような気になる。そして、浦和美園駅から遠い。遠すぎる。スタジアムはそこに見えているのに、歩けど歩けどなかなか着かない。山登りみたいだ。頂上が見えているのに、行き着かない・・・みたいな。しかも暑いんだろうなぁ・・・。8月だもんね。
前に、浦和美園駅からスタジアム行きのバスに乗ったことがある。よしよし快適と思ったら、思い切り浦和ゴール裏入り口近くに停まって、シオシオになりましたよ。意味ないじゃん。
ちょっと考えれば、当然なんだけど。

② まずい。
まぁ、これに関しては味スタも大きなことは言えません。(タコライスと焼きそばは好きだけど。)でも、埼スタ入り口近くに軒を連ねている、屋台群。浦和ファンがあまり近寄ってないので嫌な予感はしたのですが・・・酷かった。特に串焼き系。1本500円ですよぉ。期待するじゃないですか。一口食べて、これはヤバイと思ったの初めてです。何本か買ったけれど、兄は「スマン、無理だ。」と言い、私も食べられなかった・・・。
あんまり言うと営業妨害になっちゃうかな。
そうそう、埼スタへ向かう途中で買った、クルマ屋台のケバブ・サンドは美味しかったです。明日も買えるといいな。

③ 勝てない。
写真は2003年夏。ケリーが試合終了間際にゴールを決めて勝った。その時のケリーの言葉(オフィシャル・サイトより)。
「どちらにとっても大切な試合で、難しくなると考えていた。その中でしっかり守って反撃するという狙いどおりに勝てたことがうれしい。自分がFC東京に加わってから浦和戦は負けたことがなく、自信を持って臨めた。だがこの試合に限らず、勝ち星を得ることはチームにより自信がつく。この勝利をみんなでわかち合いたい」 
この勝利を最後に、埼スタでは勝ち星がない。行きよりも数倍長く感じる、帰りの浦和美園駅までの道のり・・・。最近、埼スタで勝てるようなイメージがなくなってしまいました。

今のFC東京が、浦和にやすやすと勝てるような気はしないけれど、ケリーのコメントにあるように、もし勝ち星を得られれば、チームの大きな自信になるだろう。
でも大切なのは、今の東京が目指しているサッカーに手ごたえを感じられるかどうかだ。目指している方向への確信を得られるかどうか。これからの展開に期待が持てるかどうか。
リーグ戦もそろそろ折り返し。怪我をしている選手がいるとはいえ、目指すサッカーに悩んでいる時期ではない。でもなぁ・・・。どうしたいのかはっきり見えてこないのよ、今の東京。
というか、選手の意識統一がイマイチ成されていないような・・・。

と、今までになくウジウジモードに入っておりますが、選手には「悪い流れを打開する意識」と「勝ちにいく姿勢」を見せてほしい。それが見れれば負けてもいいや・・・ってことはないけど。もちろん。

とにかく明日、埼スタに集結!

« オシム・レッズでサントス解放される。 | トップページ | さあ、浦和戦。そして、ササの思い出。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/11381910

この記事へのトラックバック一覧です: ガクガクブルブル・・・埼スタ。:

« オシム・レッズでサントス解放される。 | トップページ | さあ、浦和戦。そして、ササの思い出。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31