« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

開き直って、じっくりいけ!

Aoaka_075 あー、スターティング・メンバーをずいぶん変えたなぁ。

試合前、一抹の不安はあったものの、キックオフ後は悪くない感じ。平山も電柱の役割をちゃんと果たしているし、今日はイケるかもしれないぞ・・・川口ゴールでワッショイワッショイ!と盛り上がっている時までは、そう思っていた。

それがすぐに同点にされ、逆点され・・・。悪夢の始まり。どうしたの、東京!守備がまったく機能しないまま、相手にラクにゴールを割らせてしまった。2点目を奪った松下は、本当にドフリーだった。守備が完全に崩壊してしまったな・・・。

後半にも2失点。1点でも追いかけなくちゃいけないのに、どう見ても東京より新潟のほうが走っていた。プレスもかかっていた。悔しいけれど、力の差が目に見えてわかった。試合後、ファンの顔は「悔しい」ではなくて、もはや「諦め」の表情。怒りを通り越して、笑っている人までいた。
ヤバいよ・・・・・・・FC東京。

<試合のかんそう>
① ナゾの采配 まず、なぜ梶山がスターティング・メンバーではなかったのか?確かにあまり調子がいいとはいえないのかもしれないけれど、今の東京は梶山の調子が上がってくるまで辛抱しなくてはならないと思う。もう、待つしかないと思う。
そして、なぜ、栗澤に替わって阿部チャンなのか?これは本当にワケワカラン。ボールを捌くプレイヤーがいないではないですか!というか、FWをそろえれば点が取れると思っているのでしょうか、我が監督は!結果、平山、赤嶺(川口から交替)、阿部チャン、戸田の4FWが前にべったりはりついて・・・こんなんじゃ、勝てるわけないよ・・・。
さらに、伊野波を下げて馬場inって・・・。馬場は守備力ないのに、守備を一枚減らしてどうすんのよぉーー!?

②守備の脆いところが、降格する。 以前にも書いたけれど、点が取れなくたって、守備がしっかりしているチームは降格しない。降格するのは、守備が脆いチーム。つまり、今の東京の状態は・・・かなり危ない。「金沢、茂庭、ジャーン、加地」の鉄壁の守備時代がなつかしくなってしまうが、そんなことを言っていてもしかたない。今闘える選手でしのぐしかない。中澤の試合後のコメントを読んだけれど、全然甘いと思うよ。自分に厳しい選手が、次のステージに進めるんだと思うよ。

③攻守の切り替えが遅い。遅すぎる。 新潟よりもワンテンポもツーテンポも遅い。後ろから新潟の選手を追っかけるシーンばかり。攻撃も、全体が動かないもんだから、ボールの出しどころがないし、足元でつなごうとするから、すぐに取られてカウンター食らうし、もっと走ればいいじゃないですかっ!!負けてんのに、なに走り負けしとるんじゃあぁあ!!もっと相手に身体を寄せんかいっ!厳しくいかんかいっ!!大体、つまらんミスが多いんじゃあぁあああ!・・・ハアハアハアハアハア・・・・。
あ、スミマセン。つい興奮してしまいましたワ・・・オホホホ。冷静にならないといけませんわね。

④クマ入手できず。 ハァ。スクラッチのくじって当たったことないです。欲しかったなぁ、テディベア・ストラップ。抽選のぬいぐるみもはずれちゃったし、いいことないよぅ・・・。試合に勝てれば、もうそれだけで幸せなんだけどね。

さあ、来週は名古屋戦。去年の低迷はアウエー名古屋戦でルーカスがPKはずしたところから始まったと勝手に思っているのですが、2003年土肥チャンバックパス事件もあるし、なーんか瑞穂陸上競技場ってイヤ~な感じがします。

でも、味噌カツとか、ひつまぶしとか、すごく美味いですよねっ!・・・って、食いもんなんか、どうでもいい!お願い・・・7連敗は・・・それだけは・・・。

2006年9月29日 (金)

がんばれ!助っ人クマ!!

Aoaka_074 あまりにケガの選手が多いので、助っ人クマ登場!?

テディベア・デーですから。特別にクマの出場が許される日です。今週から練習に出ており、コンディションもピークに。大活躍が期待されるところです。
ただし、気を抜くと食われる可能性があるので、選手は90分間緊張感を持って試合に臨むように。

あぁ、勝ちたいなぁ。自分が監督だったら、どんな布陣にするだろう。難しいな。ファンの立場だったら好きに言えても、いざ監督になると、誰それと同じ路線とか言われるのも悔しいし、手柄を立てたいというイロケも出るから、いろいろ変えたくなっちゃうのかもしれないなぁ。
本当はある程度、メンバーを固定したほうがいいと思うけれど、いかんせんこんなにケガの選手が多いと・・・大変だろう。

さぁ、今日は勝ち点を積み上げないとね。
みかんの缶詰もそろそろ食べたいし。(願掛け続行中。)

2006年9月28日 (木)

ありゃりゃ・・・ワシントン離脱?そして、アマラオ新監督合流!@アルテ高崎

ワシントン、脇腹痛で離脱!?

オンライン・スポーツ紙に記事が出ている。楽しみにしていたのに・・・。でもオフィシャルに発表になっているわけではないので、もしかしたら出られるのかもしれない。どうなのだろう?そんでもって、平山が出場濃厚とか。倉又監督は平山に高校時代のゴール集のビデオを見せたらしい。あの頃を思い出してほしい・・・か。
ババくさい言い方はしたくないけれど、20歳くらいの若者がそういうことで「うおっしゃああぁあああ~!やるぜ、俺はやるぜぇ~!」って熱くなったりするのだろうか?・・・わからん。平山って、打てば響くタイプでもなさそうだし・・・。

新潟戦。個人的に鈴木慎吾は好きな選手です。東京とやるときは憎々しいけれど。新潟は前節甲府とやって、3-0で勝っているのね・・・。前に外人3人いるフォーメーション。
ついこの間、磐田に0-7で負けたチームのはずなのに、立て直してきたのね。とにかく簡単に勝てる相手ではないことは間違いない・・・って、今のFC東京が簡単に勝てるところなんてないけれど。

でも、必ず勝つと信じてスタジアムへ行っちゃうのよ、毎週。

ところで。東京カツサンドのはずれ券3枚でもらえるトートバッグのデザインがオフィシャル・サイトにのっていたけれど、バッグ中央にどど~んと「東京勝サンド」の文字が・・・・・・・・び、微妙・・・っていうか、どうなの?どうなのっ?

今日、アマラオ新監督がアルテ高崎の練習に合流!
なんだか、すごくうれしいです。

2006年9月27日 (水)

ヤバい、ヤバすぎるっ。ルーカス!!

ルーカス、右膝関節炎。

全治約2~3週間。オフィシャルのヘッドラインを読んだ時、目の前がクラクラしてしまった・・・。マジですか・・・・・・・・・・。これは痛い。ヤバい。ヤバすぎるっ。

鹿島戦の後半、やっぱりルーカスが入ってから、ボールの動きが変わった。ルーカスが前線でボールを持つと、鹿島の選手が3人くらいで寄ってくるもんだから、他の東京の選手がラクになる。フリーでボールが受けられる。やっぱりルーカスが入ると違うね、うんうん、と思っていたのに・・・全治2~3週間って、一体いつから試合に出られるのだろう。しかも関節炎って、やっかいです。私も膝に痛みが出ることが多く(特に季節の変わり目とか、雨の日とか。)、いったん痛みだすとなかなか治らない。
あー、でもルーカスの関節炎と私の関節炎は違うかな?私のは・・・まぁいいや。

となると、基本はこの前の前半の布陣(浅利→宮沢)かな?伊野波ボランチ(今野と2ボランチ)、藤山左SB、増嶋CBっていうのもあるなぁ。

あと、ワシントンだね。早く1点とれるといいんだけど。

今日、柏ファン・プロデューサーに偶然お会いしました。むむむ・・・。微妙に立場が・・・。去年あんなにいじめなきゃ良かったよ・・・って、とにかく東京、勝ってーーーーーー!!

2006年9月26日 (火)

尻に火がついた。どうする?東京!

DF中澤聡太「本当に必死になって考えないと手遅れになる」

トーチュウ・WEBサイトのトピックス記事。
今日は一日中バタバタバタバタしていて、やっと今、ネットを見られる状況になりました・・・フウ。ファンのみならず、チーム内にも危機感が充満している様子。・・・そりゃあ、そうか。このまま連敗連敗・・・・・していたら、「降格」するかもしれない。ピンチ。

でも、気になるのは、選手たちのコメント。
「考えなくてはならない。」「変わらなくてはならない。」「状況を受けとめなければならない。」「必死でやらなくてはならない。」・・・・・・気持ちはわかる。焦る気持ち、何とかしなくてはならない気持ち。
でも、大切なのは「具体的に何が悪くて、具体的にどう改善しなくてはならないか。」を認識することではないか。気持ちも大切だけど、気持ちだけでは勝てない。こんなに頑張っているのに、なぜ勝てないのか?と思いはじめたら、ますます事態が悪化していくだろう。

冷静に分析して、一つ一つ丁寧に修正していくこと。

倉又監督、選手のみなさん、新潟戦までもう日がありません。でも、きっとホームでいいサッカーが見れることを信じています。

東京が勝つことを願って、好物のみかんの缶詰断ちをします。

2006年9月25日 (月)

アマラオが、帰ってくる。

アマラオが、帰ってくる。

このことを知らされて、恥ずかしながらちょっと泣きそうになってしまった。うれしくて。もしかしたら、もう、日本には戻ってこないかもしれないと覚悟していた。これほど帰国が長引いているということは、リハビリがあまりうまくいっていないんだろう・・・。
でも、アマラオは約束を守ってくれた。アルテ高崎で監督兼選手をやるという約束。アルテのファンも、アマラオの帰国を待ち望んでいるはずだ。もちろん、東京のファンも。

今週の木曜日に合流の予定らしい。(あくまで予定なのでずれるかもしれない、とのことです。)やはり、ケガが完治しておらず、当面はプレーはできないらしい。でも、監督としての第一歩は踏み出せるでしょう。

以前、やはりFC東京がピンチな状況に陥ったとき、アマラオは「ダイジョウブ、ダイジョウブ。」っていってくれたよね・・・。

あぁ、高崎まで練習を見にいってしまおうかなぁ~。今年の夏はけっこう働いたから、何日か有給とったって、バチはあたらんだろう。

・・・高崎のうまいものって何かなぁ。

2006年9月24日 (日)

この続く連敗を、誰が止めるのか?

Aoaka_073 見事に鹿の刀にバッサリやられました。(鹿島の選手紹介の映像と、ゴール裏に広げられた巨大幕に、「刀」のモチーフが使われています・・・怖いよう。)

そうか・・・。5連敗しちゃったのね・・・ハア。今日、観ていて感じたのですが、FC東京は「負けスパイラル」に取り込まれている。動きのいい選手もいるんだけど、なんていうか、全体的なムードが勝つムードじゃない。
ただ悔やまれるのは、前半、長田レフリーが試合を止めたシーンかな。いい感じで鹿島のゴール近くにボールが出たのに、止められた。東京の選手が痛んでいたから(相手のファウルをとったから。)なんだけど、あれは流してほしかった。あそこで1点取れていれば、展開も違っていたかもしれないなぁ。今の東京は、先に点を取られると、とたんに自信を失ったかのように動きが悪くなるからね・・・。

ああぁあぁあ~。そしてフェルナンドの1点目。一瞬のスキをつかれたような、あっけない失点。フリーだった。ボランチ、あそこは行かなくちゃあ~。土肥チャンも、まったく動けなかったなぁ・・・。

後半の終了間際は、東京もみどころがあったけれど(2点入ったし。)、後半開始早々から、もう鹿島ペース。確かに、鹿島の2点目、3点目はセットプレーでの得点だったけれど、パス回しが速い、速い、連携が巧い、巧い。そこは東京とレベルの差を感じずにはいられなかった・・・クヤシイ。

東京・・・元気ない・・・。

<試合のかんそう>
① 今日は「今チャン・宮沢」だったな・・・。 誰をはずして、誰を入れろ、みたいな話は辛い。できればしたくない。でも勝つための布陣を考えるならば、今チャン・浅利ではなく、始めから今チャン・宮沢でよかったんじゃないかと思う。確かに、梶山・宮沢よりは、梶山・浅利だった。でも今チャンが復帰したのだから、相方は浅利より宮沢だ。浅利・・・好きな選手だけど(泣)・・・。

② ゴール前で細かくパスをまわして自滅、ヤメレ。 あの細かいパスまわし、うまくいったことあったっけ?って思うくらいうまくいかない。しかも動きにスピードがないもんだから、パスミスか相手のDFにあっさりとられて、相手の攻撃の起点になっている。「連動」しているんじゃなくて、単にもたついているだけのような・・・。スタメンが固定しないと、なかなか「連動」は難しいのかな・・・やっぱり。

③ シュートは枠に。 積極的にシュートを打つのはいいんだけどね、枠にいってほしいの。ガツンと枠に。梶山と今チャンのゴールはGJ!たまたま・・・?ソンナコトナイヨ・・・ソンナコト・・・!

④ 梶山、いいんじゃない~? 今日の梶山は良かったと思う。気もちも出ていたと思う。クネクネってたと思う。でも、梶山には厳しくしなくてはならないと思う。もはや、若いから調子に波があるなんていう甘えが許されるポジションではないと思う。

⑤ QBKゴール回避! ・・・良かった。ほんとに良かった・・・。柳沢のゴールだけは許してはならん。だって・・・ねぇ、イヤだよねぇ~。

⑥ もつ煮がぁああぁああ~。 いや、うまかったんですけれど、もつをね、もうちょっと細かく切ってくらさい。おねがいします。一切れ一切れが、「内臓じゃあ、オラオラオラ~!」と主張するくらい大きくて・・・ちょびっと、汗、出ました・・・。

もしJリーグに「降格」なんてなかったら、連敗してももっとマッタリできるし、いくら失敗しようと若手の成長を長い目で見守ってあげられるのかもしれない。でも「降格」のラインはせまってきている。これが現実。
もう、勝つための布陣に温情も育成もない・・・と思ってしまった・・・ダメ?ツメタイ?

2006年9月23日 (土)

鹿島戦、勝てると思う??

MX「FC東京ホットライン」の予想だと、鹿島戦は赤嶺ワントップ、梶山トップ下ではないか。

まるで、このブログを読んだかのような布陣・・・んなわけないか。ルーカスがケガのために時間限定の出場になるからだ。でも、赤嶺にものすごく期待。平山は結局、帯同しないことになった。
ここでエラそうだが、平山には苦言を呈したい。Jリーグでプレーをする可能性があるのに、・・・いや、あろうとなかろうと、プロとしてどこかしらでサッカーをやり続けていく意思があるのならば、自分のコンディションのベースを、常にきちんと管理せねばならないのではないか?
つまり、自分の身の振りが決まるまで、自主トレも何もしないで、DVD見て過ごして、体重増やして・・・っていかがなものかと思うのです。それで、東京に来てすぐに活躍できるほど、甘くないよ。FC東京の選手になった以上、活躍して欲しいし、応援もする。
でも、真剣にやんないとヤバいよ、オランダリーグで8得点と言っても、オランダ2部リーグのレベルが決して高いとはいえないよ(※追記2:オランダ1部でした。)、ホント、甘くないよ、と言いたい。直接言いたいけれど、友達じゃないし、なかなか会う機会もないので、こうしてここで一人ごちているわけですが・・・。みんな期待しているんだから、がんばれっ、平山!

さあ、鹿島戦。
5連敗はキツイ。さすがにキツイ。でも、鹿島スタジアムで勝ったのって、ナビスコの予選くらいだよなぁ・・・。いやいや、試合前にネガるのはやめよう。どんな相手だって、勝てると思って応援に行くんだから。

あのさ・・・、鹿島スタジアムってさ・・・、アウエー・ゴール裏以外はさ・・・、ウマイものいっぱいあるんですね・・・・・・・・・・。全然違うんですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

追記: ジャーン、梶山両選手のバースデー・ゴールを期待!

追記2: コメントでご指摘いただきました。平山の所属していたヘラクレスは1部リーグでした。・・・今のいままで、2部だと思っていました・・・ハズカシイ。

2006年9月22日 (金)

平山・・・そして3バック。東京、大丈夫か?

平山、鹿島戦には出ないようです。

流経大との練習試合で結果が出ず、チームに深いタメイキをもたらした平山。そして、3バックの練習も、機能せず・・・。
もうこんな夜になってしまいましたが、昨日の流経大との練習試合の様子が知りたくて、今日は早朝5時にコンビニへ行ってトーチュウを買って、家につくのももどかしく、路上で記事を読み・・・・・そのまま隣のマンションの植え込みに倒れそうになりました・・・。
だ、大丈夫なのか・・・東京は・・・・・・・。

しかも、だ。ネットに掲載された対戦相手の鹿島の岩政、青木のコメントが憎々しいぞ。
<「平山うんぬんより、勝つことしか考えてない」と眼中にないようだった。>
キーッ。平山、悔しくないのかっ!!・・・まぁ、平山は出ないようだけど。

最近不思議に思うのだけど、フロントの方針や監督の采配よりも、FC東京関係の掲示板やブログに書いてあることのほうが正しいと思うことが多いです。
例えば・・・梶山と馬場を同時に出しちゃいけないとか、結果を出した赤嶺をなぜはずしたのか?出すべきだった、とか・・・。中に入るといろんな事情みたいなものがあるのでしょうか・・・フー・・・。シンプルにちゃんと結果を出した布陣で闘えばいいのになー。

今日の兄からのメール。
「平山、大学生相手にヘタレ。」
長く東京を見守ってきた兄の心も、少しささくれだってきたよ・・・。

スカーッと快勝したー!!と、日曜日の夜に書けますように・・・。神頼みになってきたよ、このごろ。とにかく、5連敗はさすがにヤバイです・・・いろいろ。

2006年9月21日 (木)

走れ!オニギリくん!

「平山ヘタレ。神戸戦。明日のトーチュウを読め。」

昨日の夜に、兄からナゾのメールが来た。・・・神戸戦?あぁ、そうか。U-21の練習試合だな。小平から大阪に向かう電車騒動の記事が出ていたっけ。国分寺が山手線の駅だと勘違いしたとか。中央線内でオニギリをパクついたとか。・・・むむむ。食いしん坊の私でさえ、電車の中(普通の街電車ね。)でオニギリを食べたことはないぞ・・・ナンカ、クヤシイ。

で、今日のトーチュウです。まぁ、ネットであらかたの状況は知っていたけれど、あまりいい出来ではなかったよう。日曜日のサテライト戦から中2日だから、疲れもあったんだろうけれど、釜本さんの酷評にちょっとショックを受けました。
運動量が少ない、何の印象もない、積極性がない、オランダにいたと感じさせるプレーの片りんは見えない、動きのなかじゃ通用しない・・・、
ひぃぃ、「ないないづくし」だぁ。

まだまだトップコンディションには遠いっちゅうことですね。なのに、次節の鹿島戦に出場の可能性・・・か。ちょっとちょっと、落ち着いてぇ~!って言いたくなる展開になってきたなぁ。

そして、ルーカスの怪我。一ヶ月前から右ひざに痛みがあったとのこと。そうだよなぁ、試合の中でのルーカスの運動量は半端じゃない。攻撃に守備に奔走する姿は、まるでアマラオを見ているようだ。あれだけ走りまわっていれば、疲労もたまるだろう。鹿島戦には出られるようだけど・・・無理しないでほしい。・・・・でも、得点王のためにゴールを決めてほしい・・・。ハア~。

何とか連敗をくい止めたい鹿島戦だけど、今のところ勝利への好材料はないですね・・・。モニも完治までまだかかるようだし。そういえば、今日3時から流経大との練習試合がある。FC東京上向きへのグッド・ニュースを待つことにしよう。

おっと、会社に行かなくちゃ。(スーパーフレックスなのです。・・・スーパーってなんだ?)

追記: 練習試合の結果。平山、ゴール決められず。赤嶺が良かったらしい。今のFC東京はきれいなシュートより、泥臭いシュートのほうが決まると思うので、赤嶺の活躍に期待!!(今日のゴールがどんなんだったか、知らないですけれど・・・。)

2006年9月19日 (火)

アマ、ルーカスが気になる秋の夜。

まだ、アマはブラジルから戻ってこないようです。

清水、セレッソ、甲府、京都・・・と連敗し、さぁ、この先どこから勝ち点を得られるのか?
平山は本当にうまくいくのか?ワシントンはブレイクするのか?
FC東京のサッカーは上向きになるのか?
などなど、東京のいろんなことに悩みつつも(私が悩んだって、仕方ないのだけど。)、気になるのです、アマのことが。

思いのほか、来日が遅れている。リハビリなら日本でもできるし、監督なんだから、もう戻ってきてもいいんじゃないかなぁ・・・。

いかんせん、ブラジルじゃ、なかなか情報収集もままなりません。またアルテ高崎に直接問い合わせてみようかな・・・。(以前、アルテ高崎のスタッフとお話ししたとき、けっこう東京のファンが問い合わせてくるようでした。)

アマのことが気になる、初秋の夜です。

・・・まぁ、気になるっちゃあ、ルーカス得点王の行方も、ものすごく気になる。
ルーカスのワントップ、馬場トップ下は・・・あまりうまくいかないなぁ。ルーカス・平山の2トップとかルーカス・赤嶺の2トップとか、ルーカスがトップ下に入るとか・・・そういうほうがうまくいくんじゃないかなぁ。うーん・・・。ともかく!ルーカスにバンバン点をとってもらいたい。そうしたら、東京もイキオイに乗ると思うぞっ。

赤嶺、阿部チャンもがんばれ。ノブオさんのシュートも期待しているし、戸田もまだまだやれるはずだ。平山、ワシントンはまず早く1点!だね。小澤、リチェーリはケガを治して復帰してほしい・・・・・あぁ、ホント、FWいっぱいだなー。

・・・ルーたんが得点王になりますように・・・。

2006年9月18日 (月)

ひ、ひ、ひらやまぁ~!!

この夏、8月1日に、ワシントン新加入の発表があった。

その一ヶ月半後に、またしてもFW「平山相太」の加入発表があろうとは、誰が想像し得たでしょう。そして、今日のトーチュウの見出しには「東京の救世主だ!」。
平山は、サテライトの試合でも頑張っていたようだし、面白いのかもしれない。もっさりしてそうでいて、けっこうキツイところもあるし、天然キャラが憎めない。でも、いまだに平山が東京の選手であるという実感が持てないのですよ・・・なぜだろう。胸に「ENEOS」と入っているユニ姿見ても、「?なんで平山が東京のユニ着てるんだろう?」って思ってしまう。
なんでかなぁ・・・。

ハッ。全国レベルで注目されている、いわゆる「有名人」が東京にポンっと入ったことになじめてないのかなぁ。いつのまにか、「知らないと思うけれどさ、東京の選手には凄いのがいるわけよ。」みたいな変な優越?感が染みついてしまったのかなぁ。でも、最近は加地(今はガンバですけれど。)とか土肥チャンとかモニとか今チャンとか石川とか、日本代表になる選手が出てきているけれど。

なんでしょうね・・・このもんもんとした気持ちは・・・。

スタジアムで、「ひ ら や まぁああ~!」と声援すれば、この気持ちもなくなるのかな。
そういえば、まだ、「わ し ん とーーん!!」って声援していない。京都に行けなかったから・・・ションボリ。

ともかく、前にも書いたけれど、一人の選手が加入したらそれで、何もかもうまくいくなんてことはないよ。東京の選手は全員で、全力を尽くすように!以上!

2006年9月16日 (土)

あんぐり、びっくり、よ、4連敗・・・。

どうしよう。とうとう、まさかの4連敗・・・。

微熱気味の身体はダルく、じんましんはおさまったけれど、関節がきしむように痛いので、今日は遠征を断念。一切の情報を遮断して、4時からのMX録画でTV観戦となりました・・・。
試合開始から、ヨシヨシ、今日はFC東京ペース。サイドチェンジもあるし、なかなかリズムもいい。早く1点、2点取って安心させてくれぇ~。・・・と思っていたら・・・PKです。まぁ、三上(だったっけ?)からパウリーニョへのパスは絶妙でした。この時点では、すぐに東京が得点して、同点、逆点さっ・・・と楽観的に観戦していたのですが、チャンスはあれど点を決められない。そうこうしているうちに、試合のペースが京都へ向いてきた。東京の攻撃のリズムが合わない・・・。パスミス・・・。シュートを打てども、打てども、枠にいかず。前半が終了。
・・・もしかしたら。
嫌な予感がしたので、もう、ネットで結果を見てしまおうかという衝動に駆られました。ま、ま、まさか・・・・・・。いやいや、ともかくこのまま最後まで我慢して見よう、と思い直したのですが、引いてきた相手を一向に崩せない。それどころか、逆に危ないシーンも。ヒヤヒヤ。ハア・・・、シュートが枠にいかない。ワシントンは必死にがんばっているけれど、疑問のイエローで退場。そして、4連敗。
どうなっているの、東京!しっかりしろーーー!

「甘え」だ。今の東京には「甘え」があるのだ。応援するチームの批判なんかしたくない。でもあえて言うならば、フロントもチームも「甘え」があるのではないか?
ケリーを切って、馬場などの若手選手と競わせる、育てる目的でダニーロを獲った。この時に、なんていうか・・・、違和感を感じた。そんなに東京って、余裕のある強いチームなのだろうか・・・?
いやいや、こんな何年も前の話を蒸し返しても仕方ないな。
今日の試合、はっきり言って勝てたと思う。中盤に一人、ケリーのような外人がいたら・・・・。確かに生え抜きを育てるのは大切だし、若手に活躍してほしい。でも、毎年毎年、降格ラインに怯えている状況でいいのかなぁ。
あと一つ。スタメンが固定しないのは良くないのかもしれないけれど、もっと選手たちにスタメンの座を「競わせる」ことが必要なのではないのか。

来週は、鹿島戦。こんなときに、難しい相手。
這ってでも、現地に応援にいくぞ!・・・いや、もつ煮に惹かれているわけではない!そうそう、スタジアム外の牛串焼きもウマイよねっ!!

2006年9月15日 (金)

東京生活、ままならぬ。

甲府戦から一週間・・・乗り切った・・・・・。辛かった・・・・。

今週は東京ニュースの目玉がいくつかありました。平山移籍加入、ユース3人組の新加入などなど。本当はいろいろ情報を収集したり、ブログに書いたりしたかったのですが、いや~、今週は超多忙でFC東京関係ウラシマ状態です。ほとんど寝てないもん・・・。
さっき、自分が書いた昨日のアホアホ文章を読んで、あきれてしまいましたよ・・・トホホ。

酷い睡眠不足なのですが・・・、出ました!出ました!たくさんのじんましん。身体が弱ると出るらしい、私としては初じんましん。かゆいやらなんやらでヤバイです。
肩から首筋にかけて、ゾワゾワしてしまうほどたくさんのプツプツ・・・。助けてぇええぇえ~!
まぁ、今日で仕事も一段落したので、このあと帰宅してひたすら寝よう。

そう!心配なのは・・・・・・。明日の京都戦。この身体に鞭うって、東京の応援に行くのがファンの道!っていうワケにもいかないよなぁ~。あの、この色は一体なんの色?と問いただしたくなる怪しげなサンガドリンク飲みたい・・・。
・・・ますますじんましんが悪化しちゃうかな・・・・・・・。

明日、新幹線のチケットを持って家を飛び出すか、ベッドの中でまるまりながら、MXで2時間遅れの録画を観るか、いまのところ、私にもわからない・・・。

2006年9月14日 (木)

わんさか、ヤング・メン!

三人あがってまいりました!

ユースから、森村、吉本、権田の三選手が来季新加入決定。おめでとう!おぉ、ますますヤング・トーキョーになりますね。
おねーさんは一抹の不安はあるが、そこはまばゆいばかりの若さあふれる大胆なプレーで楽しませてほしい!…ん?なんか、エロ入ってる?いや、大真面目です!

実はユースからあがってくるのを楽しみにしていました。大期待!

2006年9月13日 (水)

あぁ、どうなの?練習試合。

今日の駒澤大学との練習試合。

4点取って勝ってはいるものの、なに・・・?いきなり2点先制されたの・・・?うーーーん。DFライン、この間の甲府戦と同じじゃないですか。オイオイ、大丈夫なのかなぁ。
まぁ、練習試合に目くじらたてることもなかろう、とは思うけれど、相手は大学生ですよ!10-0くらいで勝ってほしいよ、余裕で。・・・それは難しいことだとわかっちゃいるけど。

今チャン、復帰したんだ。良かったね・・・待っていたよ(涙)。京都戦は出るのでしょうか?まだ様子見するのでしょうか?無理はしないでね。

しかし・・・。先週の東海大学との練習試合も1-0だったのよね。倉又監督は、無失点であることを評価したいとコメントしていたけれど、大学生相手に1点しか取れないのって・・・。10-0くらいで勝ってほしいよ・・・あ、これさっき書いた。

オフィシャルの試合内容寸評をゆっくり読めないので、正確な状況はわからないのですが、結果ではわからない、何かミラクルなプレーとかあったのかなー。

京都でサンガドリンクをいただきながら、じっくりと観戦するので、
選手のみなさん、がんばっておくれやす。

2006年9月12日 (火)

平山騒動?

10609 これほど、賛否両論な選手もめずらしい・・・。

私の印象は、背が高くてヘディングが巧いけれど、トロいのか俊敏なのか、大学行きたいのかサッカーに専念したいのか、無垢なのかチャッカリしているのか、イマイチよくわからん・・・みたいな選手です。

何だか仕事がバタバタしているので、そんなにゆっくりネットを見れないのですが、掲示板やブログを見ると、歓迎している人と、何でやねん!と不満な人と、本当にまっぷたつに分かれていますね。
まさか東京に来るとは思っていなかったので、私はオロオロしているばかり・・・。新聞やTVなどのメディアもいろんな書き方をしているし。オロオロオロオロ・・・・・・・・・・。

ともかく、私が言いたいことは一つだ!
スタメンは、実力で勝ち取れ。 以上!!

あぁ~、一度でいいから監督っていうものをやってみたい・・・。
「一日監督」ってないのかなぁ。「一日署長」とかって、あるよね。

追記: ありゃりゃ・・・。本当に「平山騒動」が起きそうです。ヘラクレスが国際移籍証明書の発行を差し止め・・・平山、公式戦に出れず?
そうか・・・大学に行くならいいけれど、プロのチームに入るのなら、移籍金を支払えってことなのかな?でも支払うと今度はFIFAの移籍規定違反になるらしい・・・よくわからないけれど・・・ヤレヤレ。もう、いらんトラブルは勘弁してほしい・・・。今、大事な時期なのよ~。

2006年9月11日 (月)

タイシ!タイシ!うわぁ~!

Aoaka_069

宮沢のFKから、ワシントンのヘディング・シュート!

きまったぁ~!よしよし。ワシントンはもの凄くうれしそうに、観客席に向かって手を振り続けています。
日曜日の駒沢公園陸上競技場。ザスパ草津とのサテライトの試合です。とてもいいお天気。
なかなかトップ・チームのスタメン入りしないワシントンを観にやってきました。スタンドはメインしか開放していませんでしたが、ほぼ満員。
ワシントンの攻撃と守備の感じを観に来たのですが、早いうちに2枚目のイエローから退場になってしまいました。ちゃんと守備するのかとか、よくわからなかったなぁ。でもいい感じでした。Aoaka_072

そして、後半!そうです、遠藤がやおらフィールド・プレイヤーのユニフォームに手を通したかと思うと、
「FC東京、選手の交替です。遠藤大志、フォワード。」
のアナウンスが!
場内大ウケ。いやぁ、来てよかったねー、とみんな騒然としていました。遠藤は、ちゃんとFWやってましたよ。まぁ、相手がバテて足が止まっていたし、あまり遠藤にボールが来なかったけれど、ちゃんと中央でボールをつないで(阿部チャンとのワンツー!)東京の3点目を生み出したり、コーナー付近でフェイントして相手をかわしたり、けっこう見せ場をつくっていました。

・・・・・・みんな、前日の悪夢のような試合を忘れて、笑顔で楽しんでいたなぁ。写真の中央は阿部チャンのワンツーのあと、赤嶺のゴールが決まって大喜びの遠藤(中央)です。

リーグ戦でも、こんなシーンが観たいな。いや、遠藤のFWではなくて、ピッチもスタンドもこんな雰囲気になるといいなぁ。
・・・まぁ、ちょっとネタチックだったけれどね。

追記: 3点目のゴールは、川口選手でした。ゴメンナサイ。

2006年9月10日 (日)

むむむ・・・3連敗とボランチと豆ごはん。

Aoaka_068 うーむ。3連敗ですか・・・。

昨年のように、後半負けなしでいくのは、さすがに難しいとは思っていたけれど、3連敗するとは・・・。セレッソ、甲府からは勝ち点が取れるだろうとタカをくくっていたけれど、そういうのがいけないんだな、きっと・・・。

サンバ・バンドとサンバ姉さんで盛り上がり、このまま勝ち点3ゲット!といきたいところだったんですが・・・またもや試合の入りが悪かった・・・ハア。いや、単純に甲府の3トップ、なかなか良かったなぁ。甲府のほうが、いいサッカーしていると思いました。
確かに、東京にも惜しいシーンはいくつもあった。戸田のGKとの1対1とか、阿部チャンにも決定的なチャンスがあったし、他にも・・・けれど、決められないんじゃ勝てないです。

昨日の試合、最後まで観ないで帰ってしまう人が多かった・・・。私の隣の3、4人のグループも残り15分くらいで帰ってしまった。こんなこと、初めてだ。熱心なファンなのになぁ。

<試合のかんそう>
①石川、イイネ! じゃあ、テクニックはどうなの?と言われれば、まだまだな点もあるかもしれない。でも、90分間「闘う気持ち」を持ってプレーしている姿は、すごくイイと思う。ミスしても、すぐに相手を追っていくでしょう。そういうの、大切だよ。

②ボランチ梶山考。 私は梶山には力があると思うし、活躍できる選手だと思う。それを前提としての感想です。梶山は、今、調子が悪いと思う。一度はずすか、何が悪いのかはっきり指摘するべきだと思う。誰も、梶山にはモノが言えないのかなぁ。どんなに調子を落としていても、スタメンの座は確約されているのかなぁ。確かに、後半、文さんが下がってから、梶山の負担が大きくなったことは否めない。だけど、そのことはともかく、・・・ボール持ちすぎ。シンプルに「ハタけ」ばいいのに・・・。いや、持ってもいいんだけど、持ったり、ハタいたり、ドリブルしたり、その局面によって、プレーのバリエーションを持ってほしい、と思う。「ボールが来ると、決まってコネコネ持ち続けるボランチ」なんて、怖くないよ。もし、シンプルにハタいて、ボールをすばやく捌くこともある、と思えば3人で囲みに行ったりできないでしょう。危ないもん。ボールをコネコネしているうちに、前へ走りこんでいた選手が止まってしまい、挙句の果てに相手にボールを奪われ、カウンターの起点になる・・・。こんなシーンが何度あったことでしょう。攻撃の流れが止まってしまう・・・もったいないです。誰かが指摘したり、アドバイスすれば、改善されると思うのだけど・・・。うーーーーーん。
あとさ、ボール奪われた後、「あぁー。」ってその場で突っ立って、天を仰ぐのはヤメレ!すぐに追うべきでしょう。どうなの?うーーーーーーーーーーーーん・・・。
・・・梶山、頼むよ、みんな期待しているんよ。

③豆ごはんとの再会。
Aoaka_066いやっほぅううぅううぅうう~ラララ~♪スタジアムに入ったのがもう5時半近くだったので、無理だろうなぁ・・・と売店の前を通ったら、あるじゃないですか!!豆ごはん!ラッキーーー!きっと今年は販売量を増やしたのねん。ウホホー。実はもう、カツサンドを購入済みでしたが、そんなことは関係ないのだ。はやる気持ちをおさえつつ、「フェイジョアーダ」という名の豆ごはんを買い、席でパクつきました。あぁ・・・幸せ。その後、試合があんなふうになるとも知らずに・・・。

平山が、東京に来る。
FWはたくさんいるのに、またFW・・・。しかも「出場機会が保証されていること」が条件になっているとかなんとか・・・。そんなの、自分の実力で勝ち取ってみせい!と言いたい。ともかく、みんながすげぇ~と認めるくらい、頑張れ!

あと・・・・・・。ワシントンやリチェには悪いんだけど・・・、中盤に強くてうまい外人がほしいです。それだけでも、相当違うと思うんだけど・・・。言ってはいけないことなのかな・・・。でも、外人枠あまらせているのって、どうなのかなぁ・・・。

倉又監督への批判が多くなっています。確かに、疑問の采配だった。でもなぁ、倉又監督イイ!!と一度信じたからにゃあ、まだまだ信じますよ、私は!でも、次の京都戦に負けたら・・・さすがに・・・ううーーーーーん。悶絶。

今日は、どれどれ、ワシントンどんな感じなんじゃろう、と駒沢にサテライトの試合を観に行ってきました。後半、遠藤FWワントップ!ささくれだった気持ちが癒されました・・・。その模様は、また次回!!

2006年9月 9日 (土)

ルーたんの爆発に期待!今夜ブラジルフェスタ!

Aoaka_065 さあ、やってきました!ブラジルフェスタ!

久しぶりの味スタ。いいお天気(午前10時半現在。)。
これはもう、ルーカス、ジャーンに活躍してもらうしかないでしょう!(ベンチ入りが微妙らしいけれど)ワシントン、(たぶんベンチ入りしないだろうけれど)リチェーリも、がんばれ!

もともとFC東京の試合にはいろんなイベントが盛りだくさんなのですが、その中でも、ブラジルデーが好きです。あのサンバのリズムで、ちょっと非日常的ハイテンションになるんだよね。どんなに、あのサンバの行進の中に紛れ込んで踊り狂う衝動に駆られたことか・・・。浅草サンバカーニバルのチームに入団したいと思ったもん。

今季は、優勝は・・・その、アレだけど、ルーカスには得点王になってほしい。
今夜は、ルーカスの爆発に期待しています!

2006年9月 8日 (金)

これが、ああなったのねん。茂庭さん。

10605 ほほぅ。・・・なかなかカッコいいでないの、茂庭さん。

レイバンのサングラスが似合うのって、もはや渡哲也か茂庭照幸かっていう感じですね。
まぁ、とてもじゃないけれどサッカー選手には見えません。スタジアム前に、この写真。知らない人が見たら、あまりのミスマッチ具合にアタマをかしげることでしょう。

Topics060803_3 でも、本当は・・・、これだから。このマヌケなカッコからあの写真が生まれたワケです。

モニ、サイコーだよっ!
狙っていないのに、このおバカっぷりが、愛される理由なんだろうなぁ。
おいしいキャラだなぁ。

週末の甲府戦は、まだ出場できないのよね・・・。ハァ。藤山も伊野波もグーだと思いますが、FC東京DF陣、金沢・茂庭・ジャーン・徳永が見たい。早く見たいぞっ!
でも、ちゃんとケガを治してね。

甲府戦は久しぶりの味スタです。いつものタコライスではなく、新・勝つサンド食べようっと。中にはいっているくじのはずれ券3枚で、FC東京勝つサンド・トートバッグがもらえるらしい。(どんなバッグかは、皆目見当もつきません。)
よっしゃあぁああ!3箱買おうじゃないのっ!3人分、食べてやろうじゃないのっ!!フンガー!!!

2006年9月 7日 (木)

勝ったーーーハアハア。クマ、ナイス!

今日は引き分けかなぁ・・・。

アジア杯予選、イエメン戦。決定的場面でも、点が入らない。でも、イエメンにやられる感じもない。むむむぅ~。ま、仕方ないか、このコンディションだし。
と、途中から引き分けを予感していたのですが!やってくれました、我那覇のゴール。後半ロスタイム、土壇場、ギリギリ。ひゅうぅうぅううぅう~(汗をぬぐう。)。良かった、良かった・・・。

自分の席の近くにある小さな会議室にこもって、息をひそめて観ていたのですが・・・、あ、ちがう、ちがう、仕事をしていたら偶然テレビがついていたのですが、ゴールシーンでは思わず手をたたいて大騒ぎしてしまいました。(その瞬間、手に持っていた笹かまが壁にびたんと打ちつけられ、床に落ちました・・・泣。)
もし引き分けでも、この後インド、サウジアラビアをたたいて、予選通過はするだろうと思っていた。だから負けてもいいとは言わないけれど(セルジオ越後がウルサイしさ。)、もうね、余裕を持って見守ろうと決めてるのです。

結果的に勝ったけれど、内容はやっぱりまだまだ。チャンスはあれど、決められない。イメージ通りにボールも動かない。横パス、ミスパス、バックパス。テレビに映るオシムは「orz」になっている。まぁ、本当に「これから」のチームだね。さぁ、どうなっていくのか!?

一番気になったのは・・・、今日は、クマさんが黙ったままベンチに座っている・・・。どうしたのだろう。オシムにいさめられたのだろうか?恥ずかしくなったのだろうか(それはないな。)?クマさんの叫び声が聞けないのは、それはそれでサミシイものだな・・・と思っていたら、
「外から高いボールだぁああ!サイドだ、サイドー!!ケータケータ!!あわてるなーっ!!」
後半残り10分くらいから聞こえてきた、クマさんの絶叫。もはや立ち上がっている。それでこそ、クマ・ジャパン!クマさんの指示で、我那覇のゴールが生まれたといっても過言ではなかろう(過言かニャ?)。よくやった!クマさん!!

ともかく、勝つことは、いいことです。
昨日のオシムの記者会見のコメントに、
「田中達、佐藤寿、巻、我那覇について、彼らが代表でなかった時に『どうして彼らは選ばれないんだ』と書いていなかったか?1つのミスで『どうして彼らを使っているんだ』と書いていないか?」
とあった。そうなの、全体的に、ちょっとそういうムードだよね。経験を積まなくちゃ、うまくいかないのはあたりまえ。いつまでもうまくいかないのなら、考えなくちゃいけないけれど。

・・・今年、ちょっと「我慢」を知った私なのでした。(半年間だけだけど。)

2006年9月 6日 (水)

ブラジル4人衆きたー。

ブラジル4人衆。

今年のブラジルデー(ブラジルフェスタね。)はブラジルパワー4人分!

セクシー・サンバ隊は行進しないのかなぁ。あのお祭り感はけっこう好きだったのに。男子たちが色めきたつのも面白かったのに。試合の間中、ずっと続くサンバ演奏も好き。あれは、ゴール裏の応援と合わないということで不評だったみたいだけど。

前のブラジル!といえばアマラオ・・・ケリー、ツゥットもいたね。そういえば、ツゥットどうしたんだろう・・・姿見ないなぁ・・・と調べてみたら!ポンチプレッタ(ブラジル)に移籍していたんですね。知らなかった・・・。大宮から出たんだぁ。

今度のブラジルデーは、ソシオデーでもあり、なんかよくわからないけれど「救急の日」でもあります。盛りだくさんの一日です。たくさんお客さんが来て、そのままFC東京にハマってくれるとうれしいんだけど。
そのためにも、セクシートーキョーサッカーを見せてほしい。こういうイベントの日で、たくさんの観客が集まっているときにかぎって、ヘタレな負け方をしているイメージがあるからね・・・。もったいないな・・・。

今日のアジア杯予選、夜の9時からなんですね。よかった!また夜中からだと思っていました。ちょっと身体がイタんでいるので、観るのをあきらめざるを得ないかなー、でも観ちゃうんだよなーと悶々としていたので、よかったです。
・・・今日負けたら、またセルジオ越後が、自分のブログで思いっきりオシム批判するんだろうな・・・ユーウツ・・・。

勝て!オシム(クマ)・ジャパン!まず、点を入れなくちゃね。

2006年9月 5日 (火)

ワクワクトーキョー!!

オシム・ジャパン(別名 クマ・ジャパン)が負けたら、その夕方から、まぁ、ひどい報道が目についた。

だって、新しいメンバーでやっているわけだし、練習時間もないわけだし、簡単に連勝できないでしょう~。サウジアラビアもそんなにすごいと思わなかったけれど、日本はまだまだな感じ。でも、いいじゃないですか。ワールドカップ・メンバーでやって、勝っても面白くないじゃないですか。
あきらかに不毛な、間違った方向に進んでいるならまだしも、監督、オシムだもん。信じられる監督だと思うし、これからの日本代表が育っていくのを見るのはワクワクするんですけど、まず結果!という意見も多いのかな。
がんばれベアーズ!だって、最後には優勝したんだぁ!あれ?違ったっけ?・・・っていうか、話、古すぎっ!
で、何が言いたいかというと、倉又トーキョーもワクワクしながら応援したいなと思っています。まぁ、ドキドキのほうが多いだろうけれど。でも、タレント的には面白い選手がそろっているから、東京ファンでいることは楽しいことだと思いますっ!

………とは言っても三連敗はシャレにならない。
甲府戦は結果だ!ぜったい勝つぞー!

2006年9月 4日 (月)

クマ・ジャパン???

すごかったなー!クマさんの声。

あまりの迫力に途中で、いいのかな、これ、日本フル代表の試合だよね?監督は確かオシムだよね?とガクブルになってしまいました。テレビには押し黙るオシムの顔。あの矢継ぎばやの指示はオシムの指示なの?どうなの?クマさん?誰が見たって、あなたが監督にしか思えないですっ。・・・でもちょっと楽しかったけれど・・・フフフ。
あぁ、日本の全サッカーファンにクマさんのデカ声を披露する日が来るなんて・・・シミジミ・・・してる場合じゃないよ、負けちゃったよ。

伊野波が最終メンバーからはずれてしまって、ちょっとガッカリでしたが、今の新日本代表がけっこう好きだったりするので、がんばって起きてました。中東の試合ってなんだか怖い・・・。観客席は白いアラブ服に身を包んだ男であふれているし、蛇使いのような音楽が鳴っているし・・・。そんなスタジアムを切り裂くクマの声!ってもういいか。
立ち上がりはサウジアラビアペース。日本の動きは・・・あまりいいとは言えない。汗が流れ落ちていて、過酷な状況がうかがい知れる。決定的なシーンもあったけれど、2列目の飛び出しもなく、なかなか攻撃のリズムをつくれないまま後半へ。
後半はわりと良かったかな。特に右からの攻撃。加地くん頑張っていたね。きわどいクロスもあったし。でも、あの不運な?失点のあと、サウジアラビアが引きだしてまたちょっと苦しくなった。クマさんの、あがれーあがれー!トゥーリオ、あがれー!加地、トゥーリオにあがれっていえー!とぅうーりぉおおぉおおーーー!!の絶叫が響くなか、こ、駒野・・・バックパスしちゃだめだよ・・・。トゥーリオの頭だよ、頭狙えっつーのよっ!
最後はもっといちかばちかの攻撃に出てほしかったけれど、まぁ、「子供サッカー」も少しずつ熟成されていくことを願おう。

次はイエメン・・・中二日かぁ。
厳しいけれど、がんばってほしい。私も、体力的にかなり厳しいけれど、がんばって起きて応援したいと思います。
今日、2時間くらいしか寝てないから、目がシバシバして辛いっす・・・。リポDを飲んでみました・・・。

2006年9月 3日 (日)

梶山のチーム!?

「練習、できます。」
伊野波、たいしたことないようで・・・ひとまず安心安心。

でも本人のコメントだから、もしかしたら、ちょっと無理をしているのかもしれない。半年前にも同じところをやっているのね・・・。脱臼ってクセになるんだなぁ。とにかく、ちゃんと治してほしいです。

甲府戦に今チャンが復帰したら、今チャン・伊野波か、今チャン・文さんのダブルボランチがいいなぁと思ったけれど・・・、そうしたら梶山はどこに???
ワントップがユウタ、赤嶺、ワシントン、トップ下がルーカス(ここは縦、横両方の関係になったりするんだな。)、右に石川、左に川口、ノリオ、戸田、阿部・・・・・梶山の場所がない・・・。
そうか、そうするとやはり今チャン、梶山のダブルボランチで、伊野波は左SBということかなぁ。藤山はCB。

もしかしたら、FC東京って梶山のチームなんじゃろうか?梶山が中央にいてボールをさばいている以上、チームの出来は梶山の出来、ということになるんじゃろうか?ということは、梶山が不調のときは勝てないんじゃろうか・・・?
セレッソ戦の梶山はダメダメで、そんなんだったら宮沢と交替してほしいと思ったけれど、梶山が巧い選手であることは間違いない。あの試合のときは、名波すごいな~!って驚嘆したけれど、ドリブルであがっていったり、スピードは梶山のほうがあるぞ。まだ若いから調子が安定しないんでしょう。
甲府戦は疲れも取れてリフレッシュしているだろうし、ものすごく期待しているぞ、梶山!

サテライト、勝った!来週は9日甲府戦@味スタ、10日草津戦@駒沢なのねん。小澤見たいからサテライト観にいこうかなぁ。

今日の日本vsサウジアラビア、夜中の2時からなんだぁ!明日、撮影なんです・・・ハア。

2006年9月 2日 (土)

ううっ・・・、またもケガに悩む東京。

えーーーっ。伊野波が右肩亜脱臼、代表の練習を離脱・・・。

うーん、正直、苦しいなぁ。またケガ・・・。
亜脱臼というのは、完全にはずれた状態ではなく、はずれかかっている状態らしい。どのくらいで治るのだろう。けっこうかかるのか、すぐに復帰できるのか、全然わからない。
DFがピンチになってきた。
金沢、モニ、増嶋、今チャン、ノリオ、松尾・・・・・伊野波・・・・・。

今チャン、甲府戦は戻ってくるのかなぁ。ケガをしっかり治してほしいけれど、そろそろ今チャンが戻ってきてくれないと、苦しい。あ、次は、徳永も出れるんだ。

今のDF層ピンチの状況では仕方ないという判断もあるかもしれないけれど、今チャンにはやはりSBではなく、ボランチに入ってほしい。本当は、今チャン・伊野波もしくは今チャン・文さんのダブルボランチで、今チャンの怒涛の攻撃シーンも見たいんだけどなぁ。
今チャン・梶山の場合は、今チャンは守備が中心にならざるを得ないなぁ。
ともかく、今出られるメンバーで闘うしかない。苦しい状況だけど、乗り切ってほしいぞ。

甲府戦は、ソシオデーとブラジルデーのダブル・イベント。
ブラジルデーだけ販売される、あの、豆の煮たやつをご飯にかけるやつ、何ていうの?あれうまいんだけど、今年はソシオデーでメインの入り口にも大勢のファンが入場待ちするから、食べられないかな・・・・・・。あれ、うまいよ~、しかもすぐに売り切れるよ~。

今日、久しぶりにスポーツクラブで、スタジオのハード・プログラム(エアロビ強化版)に出てみましたが、最後はバテバテになってしまった・・・。前は全然余裕だったのになぁ。
走りすぎで死ぬことはないから、走れ走れ!!と選手たちに要求するコメントを書いてきましたが、・・・・・・これは死ぬ、と思いました。

2006年9月 1日 (金)

ねえねえ、伊野波って、

誰?とあちこちから聞かれました。

そうだよね。日本代表に選ばれるとしたら、石川、徳永、今野、モニ、土肥…って感じでしたから。正直、私もいきなり横腹をつつかれたような・・・、意外なところを突かれたような気がしたけど、確かにそのチョイスもあるなぁと思いました。強いし若いしポジションに幅があるし。
出場の機会は微妙だけど、代表の中でオシムにしごかれるのは、いい経験になるでしょう。
がんばれ。伊野波!!
開幕戦の時、なんで、ルーキーの、若造の伊野波がスタメンなんだよぅ~と不安に思ったこと、あやまりますっ!!ので、がんばれ!

最近、家のパソコンが崩壊寸前だし(キキーーーーと不気味な音がする。モニターが本体から分離しかけている。)、仕事がたてこみすぎていて、なかなかゆっくりブログの書き込みができない・・・ションボリ・・・・・・。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31