« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

バンディオンセ神戸って・・・?

天皇杯4回戦。相手はバ、バンディオンセ神戸・・・?

今回、初めて聞いたそのチーム名。どんなチームかなぁと、ホームページを覗いてみたら・・・。関西の地域リーグで、JFLを目指しているらしい。運営は、ドイツ車輸入専門店バンディオンセ神戸オートモービル。
4回戦では、J2のチームと当たる可能性もあったのに、これはラッキーだなぁと思っていたのですが、3回戦で横浜FCを1-0で破ってきているのね・・・。うーん。これはあなどれないというか、そういうところにコロッと負けてしまうのがFC東京だったりします。向こうは失うものがないから、がむしゃらにくるだろうなぁ。ある意味、ガクガクブルブル・・・。でも、相手が横浜FCだったら、これまたガクガクブルブルでした・・・。

天皇杯4回戦のときは日本にいないので、携帯で実況版をチェックするしかない。あとは兄に電話するとか・・・。こんなにやきもきするなら、みんなに泣いてすがりついて、日程を変えてもらうよう懇願すればよかった・・・・・。
・・・ちょいと旅行に行きます。FC東京の試合があるのに、旅行に行きます。東京ファンとは言えない行動です。ううう・・・、ここでもし負けたら激しく後悔すると思うので、選手のみなさん、どうか勝ってやってください。
5回戦、岡山には行きます。

2006年10月30日 (月)

か、柏・・・。

柏・・・3位・・・。

以前に、このアオアカ広告で「柏にはネタとして、毎年J1J2入れ替え戦に出てほしい。」と何回か書いていた。その時は柏がわりと好調で、首位を走っていたような気がする。だから、何にも波風が立たなかったのですが・・・。

シ、シャレにならない・・・。いつのまにやら3位・・・。柏ファンからは「あんなこと言うの、アンタだけだ。」とか今さらなじられるし。

でも入れ替え戦には、ぜひとも柏に出てもらい、盛り上げてほしい。・・・また柏ファンに怒られちゃうなぁ。・・・ごめんなさい。でも、柏、好きです。その折には、応援します。

2006年10月29日 (日)

今チャン・・・ラブ~。

P1000861 写真は、平山&増嶋の勝利のダンスです。

早く<試合のかんそう>を書こうと思っていたのに、今日は恐ろしいことが次から次に起こって、こんな時間になってしまいました・・・。その間に、平山アホアホ対談とか、練習試合で湘南に負けたりとか、ビッグ・フレームス会(私は行ってないけど。)とかいろいろあったので、何だか昔のことを書くような気分です。

試合は勝ったし、しかも完封勝ち(なんと、開幕戦以来!!)。気は抜けないけれど、開幕戦で大分に勝つとかかる呪いも解けたような気もするし、今回は簡単なかんそうで。

<試合のかんそう>
①土肥チャンショー 土肥チャンの好セーブが光る試合でした。そして・・・土肥チャンのДフィードが炸裂の試合でした。(Д・・・ポカーン)土肥チャンのファンタジーは一試合に一回は覚悟しているのですが(逆に一回出ると、そのあとは安心。)、昨日はずーっとでした。でも、土肥チャンは神です。運も味方にしていました。前半は日差しを背にしていましたが、後半は眩しくてプレーしづらいだろうなぁ・・・と心配していたら、なんと!ハーフタイムに雲が・・・!日がみるみるうちに翳っていきます。・・・土肥チャン、神だよ。

②「浦和が負けてるぅ~!」 ハーフタイムのビジョンに他会場の結果が現れた時、バックスタンドの東京ファンが「浦和が負けてるぅ~。」と叫び、その後、こだまするようにあちこちから「浦和が負けてるぅ~。」「浦和が負けてるぅ~。」と声が聞こえてきたのには笑いました。
・・・でもさ、味スタで優勝決まるのはヤメテ~。

③速い攻撃希望!! ジャーンも、途中からモニもいない状況での完封勝ちは、よくやった!!(藤山がミスして、かなりやばい局面とか・・・マークが甘かったりとか・・・いろいろあったけれどね。)でも、攻撃では不完全燃焼。せっかく戸田や宮沢が相手の裏に飛び出していい動きしても、パスが遅くて出なかったり、パスしてもヘロヘロ~って届かなかったり、おねーさん、けっこうイライラしちゃった。周りを見る力と、すばやい判断が必要ですね。

④今チャン・・・ラブ。 あくまでチームのファンなのであって、特定の選手のファンではない・・・てなこと言ってもリキんでも~・・・今チャン、素敵だったわぁ。忘れかけていた甘酸っぱいものを、ちょっと思い出してしまった土曜日の午後でした・・・ウフ。でも、試合後、なぜ今チャンはファンの前を小走りに手を振るだけで去ってしまったのだろう・・・。今チャン・・・まさか・・・まさかね。

⑤駒場食失敗。 
駒場スタジアムの屋台で買ったもの。ステーキ(一枚の肉を焼いて切ったものです。)。餃子まん(名前忘れた。)。ポテトフライ。ビニールの袋に入れてもらったのですが、席についたらなにやら匂いが・・・・・・・・・。ステーキのふたが開き、タレがもれまくり、袋の中で餃子まんもポテトフライも肉もわり箸もなにもかもタレまみれ。ひぃぃ。もう、味なんかわかりまへん。

来週は天皇杯4回戦。バンディオンセ神戸との試合。なかなか興味ある一戦ですが、今年、初めてナマで見られません。スタジアムで、テレビで、必ずナマで観てきたのに・・・。岡山、熊本は行く予定なので、ちゃんと勝つように!
そうだ、同日同時刻にアルテ高崎の試合が武蔵野陸上競技場であるんだ・・・。アマを観に行きたかったのに・・・。もう高崎に行くしかないな。おっしゃあ。

余談:今日起こった恐ろしいこと。
① DVDレコーダーが壊れた。いかなるDVDもまったく読み込まない。
② クルマの屋根にサビを発見。かなりでかい。
③ 昨シーズンに購入したモンクレールのコート紛失。というか、部屋の中でどこにも見つからない。「消えた」。まだ一度も着てないのに・・・。「消えた」。ひぃぃ・・・・・・。

まっ、あわてず修理すればいいのさっ・・・でも、コートは・・・・・不思議。ホントに消えたとしか思えない・・・・・・。

2006年10月28日 (土)

ルー・・・ルーカスに、泣けた。

P1000862 試合も後半、大詰め。1点を守りにいく東京。

敵がゴール周辺に集まり、足の止まった東京はもはや屏風DFしのぎサッカーに・・・。ちゃんとマークが付き切れていない。敵はフリーでボールをまわし・・・ああっ!!東京の左サイド、がら空き
誰か、誰か行ってえぇええぇ~。

そこに現れたのが・・・、もうフルで走り回ってヘロヘロゾンビ一歩手前のルーカスでした。敵は2人。ルーカスが・・・アマ?・・・いや、ルーカスが必死にディフェンスしている姿に、思わず涙が・・・。
というのは、おおげさだけど、あそこでルーカスが抜かれていたらけっこう危なかったと思う。今日もゴールを決められなかったけれど、本当にルーカスには頭が下がります。

今チャンのゴール・・・、実は試合が始まったばっかりだし、まさか入るとは思わなかったので、ゴールの瞬間は「??ん?入った??」みたいな感じでした。今日はバックスタンドの2階にいたのですが、周りもそんな反応。あっさり、あっけなく・・・みたいな・・・。
でも、それが決勝点だからね、今チャン、グッジョブ!

今日は結局、平山の出番はなかったけれど、試合後、増嶋にじゃれついたりして何だかうれしそうでした。これで、勝ち点36。まだ残留が決まったわけではない。セレッソも福岡もきっちり勝ってきているし。でも、ここの連勝は大きいぞ!!
・・・まぁ、試合内容は・・・○▲×☆■・・・だったけどさ・・・、結果が大事よ!今は!!

試合のかんそうは、また後ほど・・・。お腹すいた・・・。

2006年10月27日 (金)

瞬殺。

発売後、10分もたたずにアウエー席完売。瞬殺。

そして、ほとんど間をおかずに、ホーム席も完売。今日からホーム浦和戦のチケットが一般販売された。
・・・どうなっているのだろう。まさか、アウエー席を買い損ねた浦和ファンが、ホーム側を買うという事態になっているわけじゃありませんよね・・・。1階自由席の境界線は、ホーム、アウエーの売れ行きによって可動することになっているけれど、どういう販売方法をしているのかなぁ。赤の面積が青赤の面積よりも大きくなってしまったら悔しいけれど、赤と青赤が混じるのはよくないと思うのですよ。大丈夫かな・・・。

あのナビスコ決勝戦。ソシオ指定席組はバックスタンドの一角に集められた。席に座ってびっくり。ソシオブロックの右も後ろも浦和ファンがびっしり。左のホーム側でさえ、浦和ファンが多い。いやー、離れ小島に身を寄せ合う青赤・・・という感じでした。まぁ、何事もなかったけれど、近くで相手チームの応援を聞くというのは、なかなかしんどいです。
あの劇的な加地くんのPKが決まったときは、まわりの浦和ファンがシーーーーーンとなって、こっちはイヤッホウウゥウウ~!!!と大騒ぎしまくりだったけれど。ハー、タノシカッタナア・・・。

川崎戦で、ホーム自由席のチケット販売をするらしい。青赤と赤の面積比は、当日にならないとわからないけれど、半分よりは多くありたい。味スタジャックされたくない・・・。
あと、さっきの話しだけど、ホーム側に相手チームのファンが混じると、何か雰囲気悪くなるから苦手です。時々SA席にも来る。立ち上がって応援する人もいる。同じチームを応援しているファンの中にいたほうが楽しいよ、と声をかけたくなってしまう。(っていうか、なじりたくなってしまう。っていうか、つかみかかりたくなってしまう。)

あぁ、味スタがいつも青赤ソシオで完売状態になればいいな・・・。

明日は大宮戦だ。梶山がイエローの累積で出られないから、先発は宮沢。また伊野波がCBかな。チームの選手からも「キモい」と評判を落とした平山は出るのかなぁ。点とっても、ヘンなことはやらかさないように。意外とヤンチャだ。

駒場スタジアムって、うまいものあったっけ・・・・・?

2006年10月26日 (木)

FW協?狂?奏曲。

結果ださなくちゃいけないから、点取ってヨカッタ。

例え、神の手ゴールと言われようとも。ね、平山。さぁ、東京の攻撃布陣はどうなるのかなぁ。また平山、ルーカス、石川、戸田でいくのかな?んー、でも平山、ルーカスの共存はなかなか難しいものがあった。我慢して結果がでるまで粘るか、まず一人出して交替させるか。
赤嶺も見たいなぁ。それから、ワシントン。
昨日の大学生との練習試合。・・・失点してます。もう、失点するな、守備だー!とは言わない。とにかく攻撃的にいけ!と言いたい。今の東京は、受け身になるとまったくダメだと思う。まぁ、受け身になることと、ちゃんと守備することは違うのですが。

大宮戦でも、ガンバ戦の後半15分みたいにガンガン前に進むサッカーで、選手も楽しんでほしいし、東京ファンも楽しませてほしいニャー。

2006年10月25日 (水)

ひぃぃ。試合日、間違えたーっ。

U-21交流戦、今日だったんですね・・・。

リアルに間違えました・・・。明日かと思ってました・・・。手帳の木曜日のところにメモしてありました・・・。ヘンですよねぇ、木曜日に試合があるなんて・・・ハハ・・ハハハ。

スコアだけ見ると、FC東京デーではないですか!17分梶山、81分平山のゴールで、2-0。よくやったね。・・・見たかったよぅ。
代表戦なんだから、東京の選手だけ応援するのもナンですが、やっぱり気になるのは梶山、平山、伊野波。平山のゴールはラッキーっぽいようですが、梶山のシュートはどうだったのだろう。見たかったよぅ。

と、めちゃくちゃヘコんでいたら!テレビ東京で録画放送するじゃないですか!やったぁぁぁ~。見なくちゃ(イソイソ)。・・・あ、まだ日本シリーズやってるのねん。何だか、まだまだ時間がかかりそうなんですけど・・・。サッカー放送、中止にならんでしょうねぇ・・・。
そうだ、今日の夜中にスカパーで、この間のガンバ戦の放送もあります。MXで録画してもう何度も繰り返し観たのに・・・また観ちゃうんだよなぁ、これが。

そういえば、ガンバ戦の時、試合前にFC東京のアンケートというのをやったのですが、やけに「チーム・マスコット」についての質問が多かった・・・。どこのチームのマスコットが好きですか?なぜですか?・・・みたいな。

とうとう・・・東京マスコットを検討しているのかっ???

追記: 平山ゴール・・・ラッキーというか・・・なんというか・・・手???さっ、スカパーではガンバ戦後半が始まりました。

2006年10月24日 (火)

うわぁぁぁ~。早く~チケット買って~。

浦和戦の席割変更のお知らせ・・・。きたか・・・。

U自由席が、SB指定席をはさんでホーム側とアウエー側に分かれた。うーむ。ホーム側が早くいっぱいになって、アウエー側に青赤が侵食するより、ホーム側が赤に侵食される可能性のほうが高いかもしれない・・・。イヤだー。ホームスタジアムが相手チームの色に染まるのはぁー。
ガンバ戦で、ホーム自由席の先行販売をしたけれど、どのくらいの人が買ったのだろう。ガンバを劇的な大逆転で破ったコーフンそのままで、あの人数の観客が浦和戦のチケットを買ってくれたのなら・・・いいのですが・・・。ホーム自由席とアウエー自由席の境界線は売れ行きで移動するから・・・怖い。イヤだー。ホームスタジアムにウィーアーレッズ!!の声がこだまするのはぁー。

早く~早く~青赤の人たち、チケット買ってぇぇ~!私はソシオですが、母をなんとか連れて行くぞ!母は、いつも「私はサッカーなんか、興味ない。」と言っているくせに、試合後うちに帰ると、「また負けたねぇ。弱いねぇ。」とか言う。・・・ちゃんとMXテレビで見てるんじゃん!!

でも赤で染まったとしても、スタジアムがいっぱいになるのは「収入」という面ではいいことだし、大量のチケットを買ってくれる上客なのよねん・・・。

神様・・・。一日も早く、いつも味スタが青赤でいっぱいになりますように・・・。

2006年10月23日 (月)

後半15分は別チーム??東京攻撃サッカーを見た。

Aoaka_085 もう10回くらい見てしまった。MXの録画で後半25分過ぎからの20分間のゲーム。

いや、凄かった。やっぱり東京は、がむしゃらタテタテサッカーが似合う。勝ってようと、負けてようと、前に行く攻撃の気持ちを失っちゃあダメです。
西野監督が、平山を替えてほしくなかった、と言ったそうですが、こちらとしては、播戸を替えてくれてありがとう、という感じ。播戸が異様にモチベーション高くて嫌な存在だった。しかし、播戸、あれはいかんよ。土肥チャンへの挑発とか、ノロノロ退場とか。ああいうことやると、相手のやる気を増幅させてしまうのよ。今チャンなんか、オトコだから燃えちゃうのよ。敵にやる気出させてどうすんのよ。

昨日の派手な試合で、いまだ興奮さめやらぬという感じなのですが、あの怒涛の攻撃タイム以外はまだまだ課題のある東京でした。とにかく、3点目を取られなかったことが大きい。昨日の土肥チャンは心強かった。ガンバのミドル・シュートがポストに当たったりと、運もあったかな。

<試合のかんそう>
①ひとつのプレーで流れが変わる。 今チャンも言っていたように、あの今チャンの1点目から試合の流れが完全に東京に向いた。スタジアムの雰囲気も一変して、まるで別のチームを見ているようだった。同じように、試合開始後は互角だったが、東京のつまらないミスがきっかけで、流れがガンバに向いた。
ひとつひとつのプレーをしっかりしないと、流れが悪くなる。徳永、もっと自信を持ってプレーしてもいいんじゃないかなぁ。

②足元サッカーがミスを招く。 っていうか、2失点後、ボールを奪ってもハーフラインから前に進めず、細かいパスをしているうちに相手にカットされてカウンターを受ける・・・という場面が何度あっただろう。ボールを持った選手の判断の遅さと、全体の動きのなさが気になりました。ああなっちゃうと、点なんかとれない・・・・・・。

③ガンバも・・・ね。 遠藤がいないのは、やっぱり影響している。あと、DFがバテてましたねぇ。加地くん、ノリオにやられまくり。全然動けなくなっていた。そういう意味では、ノリオの前に、加地くんと対面していた戸田がグッジョブ!なのだろうか???でも、ガンバのパス回しはうまいなぁ、さすが。

④ルーカス1トップって? 平山が下がって馬場がピッチへ。ルーカスの1トップはなかなか結果が出ないのは、すでにわかっていることなんだけど・・・。昨日は周りが点を取ったけれど、ルーカスは点を取れない。まぁ、チーム・スポーツだからそれでいいのかもしれないけれど。もう・・・ルータンの得点王は・・・ないの?いや、まだあきらめないぞぅ!

⑤スーパーゴール3連発! もう、今チャンとノリオと石川の動きがハンパなかったです。まさに「怒涛の攻撃」。もちろんカウンターを受けてヤバいシーンが何度もあったけど、土肥神がきっちり守ってくれて、それがますます東京のイキオイに火をつけた。この3人のゴールは、どれもカッコイイ!凄い!東京のファンで本当に良かった・・・・・・と実感した瞬間でした。涙、出そうになったもん。

⑥味スタが盛り上がった! なんと、半年ぶりの味スタ勝利だったのですね・・・。あぁ、長かった・・・。昨日はスタジアムが一体となって、迫力のある応援、雰囲気だった。フクアリの時も思ったけれど、ああいう雰囲気って選手の力になるんだなぁ・・・シミジミ。俺はやるぜ俺はやるぜ俺はやったるぜええええ~って感じだったもん、今チャンと石川。・・・ノリオは・・・なんというか、あんまり何にも考えてないようにも見える・・・。

東京はまだまだ常勝チームになるには、弱い部分があるけれど、いったんイキオイに乗ると、もう誰にも止められないような凄みが出てくる。
これが、東京をヤミツキにさせる魅力なんだろう。昨日はたくさんの観客が来てくれて、あの派手な逆転劇。興行的にもオイシイ試合だった。もっと東京ファンが増えて、いつも味スタが青赤でいっぱいになるといいなぁ。

勝つサンドのバッグ、けっこうかわいかった。「勝つサンド」の文字がなかったらカンペキなのに・・・。
・・・お宝抽選会の「茂庭のサイン入りコルセット」・・・・・・あれ、何?ネタ?どーすんの?でも、あれつけてるといつもモニに包まれている感じがするの・・・それっていいことなの・・・?でも、応募券、それに入れたけど。ヘヘヘ。

2006年10月22日 (日)

ごめんね、東京。来週もね、東京。

Aoaka_083_1 恥ずかしいっ。自分が恥ずかしいっ!

前半0-2になって、その後1点も返せず、試合内容もつまらないミスからのピンチが続き・・・。
負けるだろうな・・・そう思ってしまいました。今チャンの1発が決まるまでは。あぁ、恥ずかしい、情けない、自分がっ!負けていても、2点差があっても、土肥チャンをはじめ、選手たちがあきらめずにがんばっていたからこそ、逆点が可能になったのは間違いない。失点をもっと重ねてしまう可能性だって、少なくなかったもん。

後半15分間、ガンバが恐ろしく引いてきて、東京のサイドがやりたい放題になってから、スタジアムの盛り上がりも最高潮に。それまで、どよよ~んと観ていたSA席の観客も手を叩き、声を出し、前に座っていたおじいちゃんの額には血管が浮き出すほど。
なんといっても、ノリオが当たった。加地くんを翻弄。シュートも素晴らしかった。普段なら、まぁ入らないんだけど、今日はノリカル炸裂。石川も落ち着いて決めて・・・そして、土肥チャンの神セーブ。あれ、きわどく枠に行ってた。アブナイ、アブナイ・・・。

あぁー。楽しかった・・・。たくさん来た観客のみなさんにも楽しんでいただけたことでしょう。良かった、良かった・・・。
これから、仕事に行かなくてはならないので、とりいそぎこのコーフンを書きなぐってみました。<試合のかんそう>は、またあらためて書こうっと。やばっ・・・遅刻してしまう。

今日は、わずか10分の間の逆点劇に「巧」ですっ!

2006年10月21日 (土)

すげっ。チケット販売好調!だから・・・。

ブザマな試合は絶対にできないぞー。

明日のチケット、自由席なんて売り切れ。アウエー以外ほとんどの席が完売寸前。まぁ、今回はソシオの「友達連れてきてねチケット」や、新聞社への招待チケットが出回っているという状況ではありますが・・・。たくさんの観客にあふれたスタジアム、楽しみじゃありませんかっ!ここで、ズバーンと勝って、ファンを増やそうではありませんかっ!
・・・と鼻息だけは荒いのですが。花火デーの時も、ファンを増やすチャーンス!と思っていたのに・・・サミシイ気持ちで帰路につきました・・・。そういえば、あの夜、どっかの掲示板に相手チームのファンが「今日は、花火と勝ち点ありがとう。」とか書いていて、ますますサミシイ気持ちになったなぁ・・・。

ガンバ戦でようやく平山&ルーカスが観られるようですね。よしよし、どうなるかわからないけれど、試さないテはないでしょう。練習試合では一応の成果はあるようだし。
あと、ノリオが復帰。戸田とチェンジかなぁと思ったら、ベンチスタートのようです。ノリオの復帰はうれしいんだけど、戸田!いいかげん、いいところでシュート決めれ!シュートまでの動きはいいんだから、とにかくシュート決めれ!本当にファンに愛想つかされちゃうよ・・・。自分でネタにしている場合じゃないよー。

明日は、カツサンドバッグ(かなり微妙)もらって、パズルもらって、adidasのTシャツ買って、青いハンカチ買って・・・試合前にいろいろあるなぁ。
どうでもいい話なんですが、今まで、あまりにも東京グッズを買いすぎて、もう部屋に収まり切れません。マフラーなんぞは、たぶんほぼ全種類持っています。でも、冬にそんなに試合があるわけでもなく、結局はお気に入りのマフラーばっかり使っているので、どーすんのよ、これ・・・状態になっています。会社にしていくなど、普段使うことも考えられますが、なんというか・・・そういうのがかわいく見える年でもありません。

コミネとか、ツゥットのサインTシャツ・・・J1昇格記念Tシャツ・・・よく見るとけっこうお宝もあります(・・・ん?コミネのサインってお宝?)。バアサンになったら、「FC東京記念館」でも設立しようかなぁ。

2006年10月20日 (金)

監督オン・パレード。

今日になると、さらに大変なことになっていました。

昨日勃発した監督騒動。
ネット上では、いつのまにか監督候補の名前が増殖しているぞ。岡田監督?山本監督?大熊監督?・・・早野監督?トルシエ監督?・・・ネタも混在し、もうワケワカラン状態。
日曜日に控えたガンバ戦のことなど吹っ飛ぶイキオイです。ホントにもう、来季の監督についてあーだこーだやっている場合じゃないと思うんですけれど・・・。
山本監督の名前なんか出たら、石川の精神状態が・・・ちょっと心配です。大丈夫かな・・・?あの涙の五輪・・・。

オフィシャルのトップ画面は、ニコニコ顔のハンカチ王子だし。(・・・買っちゃうかもしれないけれど・・・あの青いハンカチ。)ガンバ戦、あきらめているのかなぁ。まぁ、ストイックになれとは言わないけれど、崖っぷちの危機感が感じられないよう。全体的に。

とにかく、目の前の試合で確実に勝ち点を取らなくちゃ。
必死にやらないと・・・カンタンには取れないと思いますっ。

2006年10月19日 (木)

監督騒動。しかも来季の話なのよ。

原監督「来季への闘志が出た」

これ、昨日のヤフートップ記事なんだけど、いまだにこういうの見ると、えぇっ、原さんカムバック??などと思ってしまう。・・・もちろん「巨人の」原監督なんだけど。ニガワラ。
東京の話題として今季もっとも多いのは、「監督」のことだろう。昨年は負けがこんでいても、今年ほどには「監督」の話題にはならなかった。みんなが原さんの監督としての考えや、やり方をわかっていたからかな。

そして今日。まさに寝耳に水の「岡田監督、来季就任」の話。本当のような、本当じゃないような・・・。でも、なぜ今、このタイミングで来季の監督の話なんかでるのだろう。来季の監督の話なんかせにゃならんのだろう。今すぐに就任だったらわかるけど・・・。・・・わからん。いや、岡田監督がいいとか悪いとかではなくて、選手の気持ちに影響するんじゃないか、それが心配・・・。
ニッカンがすっぱ抜いたんでしょうか?ったく・・・もう。今季の結果如何にかかわらず、監督は替わるだろうと思っていましたが、具体的に名前が出ちゃうと、それによる余計な影響が出そうで怖いです。今チャンとか、石川とか・・・。まぁ、大丈夫だと思うけれど。

中央大の練習試合、ゴールラッシュです!平山、ノリオ、ワシントン・・・。
そして、1本目。平山とルーカスが一緒に出ています!ジャーンの位置に伊野波が入っています!今野・梶山のダブルボランチです!これが、ガンバ戦のスターティング・メンバーです!よね?・・・この4バックにちょっとだけ不安があるのと、梶山は前がいいけどなぁと思うのと、戸田、今度こそいいところを見せないと、ファンからイラネコールが起きちゃうよぅ~とドキドキする・・・そんな感じです。

ホントに、戸田!!!そろそろガツッと行かないと、ヤバイぞ!!

追記: 「岡田監督 年俸1億の大台突破」 ・・・またFC東京の記事かと思ってしまいました・・・。ヤフートップ記事、ややこしいぞっ!!阪神ってちゃんと書けっ!・・・って、反応するの、東京ファンだけですね・・・ハハハ。

2006年10月18日 (水)

ナビスコを思う。(シリアス調で)

もうすぐナビスコ決勝だ。

去年も今年も予選通過できなかった。…けっこうブザマな戦績で。ナビスコはいいや、リーグ戦が大切!と思ってはみるものの、この時期になると、あのナビスコ決勝のことを思い出してしまう。
ジャーンが退場後、東京は土肥、加地、モニ、藤山、金沢、今野、石川、戸田、ケリー、ルーカスの10人で延長戦までも浦和の得点を許さなかった。あとでテレビの録画を観たら、解説者が「FC東京のPK勝ちはそれまでの東京の激闘へのごほうびだ」と言っていた。
あの時の10人と、今の11人が試合をしたら、果たしてどちらが勝つだろう、なんて思ってみたりする。
東京はタレントはそろっているのに、お互いをうまく活かしきれていない。もったいない。一度かみ合わなくなった歯車を修復して、一つ一つががっちり機能し合い、全体で大きなエネルギーを生み出せるようになるには、何が必要なんだろう。

平山がU-21の合宿で苦戦しているらしい。

東京の明るい兆しが見えるのはいつなのだろう。

・・・今日は、ちょっとシリアス調にまとめてみました。

2006年10月17日 (火)

燃えよ闘魂!

来年、6人目のGKが加入するらしい。

阿部信行選手。
権田より年は上ですね。これでGKは、土肥、塩田、遠藤、柴崎、権田、阿部となるわけです。すごい。あ、タイシはFWもできるけど。…あの草津とのサテライト試合は楽しかったなぁ…シミジミ。(来年、今のGK5人のうち、誰か抜けちゃったりするのかなぁ・・・。誰が抜けてもサミシイナァ・・・。)

東京の残留は決まっている、勝ち点差はもうひっくり返されないと言う人がいますが、私はもはや残留サバイバル戦に突入していると思う。悲観的というより、そのくらいの危機感を持って試合に臨んでほしいのです。
兄は「残留争い」をイベントとして楽しむぞー!とヘンに開きなおっていますが、そのくせ、東京がふがいない試合をしたときは、私よりもよっぽど熱くなっていたります。誰もが、降格なんてしたくないんだ。

選手はどうなの?
降格したら、どっかに移籍しちゃうもんねー、なんて考えている選手は一人もいない、と信じているぞー!だから、「闘魂」を見せてくれー!
この間、家を片付けていたら、猪木の「闘魂」と書かれたサインを発見したので、この言葉を使ってみました。

燃えよ闘魂!

2006年10月16日 (月)

典型的「自滅」を見た。とうとうここまできたか・・・。

Aoaka_080 確かに、この写真の瞬間までは良かった。

開始15分も経たずに2点。今日はこの先何点入るんだろう、なんてワクワクしていました。ジャーンのヘディング・シュートもひさびさ。梶山のミドル・シュートも素晴らしいものだった。
試合は完全に東京ペースだ。積極的な攻撃。対する広島は凡ミスが多く、カウンターを仕掛けてくるも、決定的なシーンは生み出せない。おっしゃあ、今日で勝ち点33か・・・。

それが、ヒサトのドフリー・ゴールで事態は一変。FC東京にもミスが目立ち、ホームスタジアムの盛り上がりとあいまって、広島がペースをつかみ始める。徐々に押し上げられ、東京は防戦態勢になっている。

どうしてこのチームはリードすると、とたんに「ドン引き・しのぎサッカー」になるんだろう?
あの積極性がぱったりと身を潜めてしまった。・・・ヤバイ展開。

完全に広島ペース。広島は右から攻めてくる・・・、つまり東京の左がやられまくり。戸田が駒野に対応しているが、もうファウルでしか止められない。戸田が左SBになっているよ、どこいったのよ、藤山は!東京はポーンとあてずっぽうに前に蹴りこむだけ。どうしたんだー!東京ー!

後半に平山とルーカスが交替。・・・ルーカスと平山は共存させない。初志貫徹ですか、監督。平山サッカーに腹を決めたんなら、試してみてもいいのに・・・。後半のはじまりは東京にやや流れが向いた。梶山の惜しいシュートもあった。そして、前半のヒサトに続き、駒野もケガで交替。・・・後半はなんとかなるか?

でも45分間、1点差を守り切るサッカーなんて東京にはできないんだから、とにかく前へ攻め込んでいってくれー!うぉー、浦和が福岡に勝ってるぞ、浦和を応援することなんて初めてだぞー!と、テレビの前で興奮していたのですが・・・。

・・・ダメだ。
相変わらず左の穴は修正されないし、ウェズレイはキレキレだし・・・、東京のサイドは全然脅威になっていないし・・・。東京はDFラインに大人数が並ぶしのぎのサッカー。攻め込まれ、ボコボコに・・・。広島2点、3点、4点・・・5点。もはや東京の選手の足は止まってしまった。

・・・負けた。
今日の試合は、本当に本当に落とせない大事な試合だったのに・・・。

<試合のかんそう>
①「東京のサッカー」なんて、ないんだな。 どんなサッカーを目指して、どんな経験を積み上げようとしているのか、見えない・・・。「平山サッカー」をやると決めたんなら、もうそこを信じてやりぬくしかないんじゃないかなぁ。平山入れたり、ルーカス入れたり・・・そこにどんな可能性・・・、「得」があるのだろう。ワカランノヨ・・・。

②倉又監督・・・迷い?信念? 東京の選手はみんな好きなので、自分だって11人選べ、と言われたらとても困るだろう。でも、「勝つための布陣」を冷静に組める監督が、選手からもファンからも信頼される監督だと思う。オシムはドラスティックに選手の入れ替えをやる人だけど、あんなに千葉の選手からもファンからも信頼されていた。そこには、誰もが納得できうる明確な理由があったからだろう。
確かにメンバーを固定せずにコロコロ変えるのも良くないけれど、それは、戦術がコロコロ変わるのと同義になる場合。ちゃんとした戦術があって、そこにハマるベストメンバーを組むためなら、可能性のある選手をどんどん入れていってもいいと思う・・・んだけど・・・その戦術がね・・・・・・・。

③ワシントンどうするの? もう何度も書いてきたけれど、試合に出さないんだったら、ブラジルに帰して、中盤の外人をとってきたほうがいいのではないかなぁ。ワシントンのためにもよくないよぅ。ワシントンの性格を知らないのだけど、わりと繊細そうだし、「オレ、何のためにここにいるんだよ。」とか思い始めて、ダニーロみたいに悩み深きプレイヤーになっちゃったら、チームの雰囲気とか士気にもかかわると思うんですよ。
・・・小平に様子を見にいってこようかなぁ・・・。でもワシントン出すんだったら、どんな布陣になるの?アタマこんがらがってきた。

④ルーカスの1トップ?? 私だけかな・・・・・・。ルーカスは1トップより、トップ下のほうが活きると思うのは・・・。トップ下のほうがうまくいってたじゃん点もとってたじゃん自由にやってたじゃん守備もしてたじゃん起点になってたじゃんうまくボール捌いてたじゃん・・・ブツブツブツ・・・・・。

次は・・・ガンバ戦か。・・・・・・ガンバ戦かぁ・・・。キッツイなぁ。でも負けるなんて思いたくないっす。いや、勝つことも大事だけど、「東京のサッカーはこういうサッカー」っていうのを見せてください。オロオロしないでください。あと・・・、前半ハイペースで、後半失速してしまいましたが、90分走れるようにしてください。
ホームでの試合。神様、勝てるんなら、また「みかんの缶詰断ち」をします。

2006年10月14日 (土)

ハア?どうなる?東京布陣2

12日のトーチュウを読んでなかった。

今日、たまたまサイトで読んだら、ハア?倉又監督、ルーカスと平山の同時起用は考えていないとな??ワントップを競わせる?どういうことでしょう?・・・納得いかないなぁ。しかも、昨日のブログでルーカスと平山の2トップについて書いちゃったではないですかー。プンプン。
明日の広島戦は、ルーカスが時間限定の出場になる見込みなので、2人同時にプレーすることもある、か・・・。この先どうなるんだろう。ルーカスの得点王の夢、まだ期待しているんですけど。確変終了とか言ってるそこの人!そんなことはないぞー!!

この金曜日は会社を休み、金・土と小淵沢に馬に乗りにいってしまったので、明日の広島戦はスカパーで観戦。TBSチャンネルで生中継するし。このところアウエーに行けていません・・・が!そのあとのアウエーは大宮、磐田、大分と行く予定です。大分・・・最終節なんですよねぇ。何事もありませんように・・・。

余談: 2、3年ぶりに馬に乗りました・・・。全身の筋肉が痛くて痛くて動けません。前はそんなこと全然なかったのに・・・。一応、日馬連B級を持っていたります。(B級は国内の公式戦に出場できます。ちなみにA級は国際試合に出場できるのですが、日本では少人数しかいないんじゃないかな・・・?)がんばって乗ったけれど、馬のいい雰囲気を出してあげられなかった・・・。クヤシイ・・・。

2006年10月13日 (金)

ルーカスも復活。どうなる東京布陣。

そうですか・・・ルーカスのトップ下はないですか・・・。

ルーカスは1トップの時より、トップ下の時のほうが活躍していたような気がするのは、気のせい・・・?まぁ、平山と2トップでも縦の関係になればいいのか!いや、なんていうか、平山にボールが入る、ルーカスに渡る、ルーカスが捌く、みたいのがいいのかなぁと思っていたのです。シュートもアリ。ルーカスじゃなければ、もちろん梶山、憂太でOKなんだけど・・・憂太、しっかりしろー!!
どうしてルーカスと誰かの2トップにガクブルなのかというと、ルーカスとササが2トップを組んだ時、2人が前にはりつきっぱなしで、「守備しないルーカス」になってしまったからなのであった・・・。そのトラウマだね、きっと。
でも、倉又監督はルーカスをトップ下で起用しないと言っているので、平山・ルーカスの2トップ、梶山トップ下かな。うん、これはこれで面白いかもしれないな。とにかく、やってみる前にあーだこーだ言ってもしかたないか!うん。

しかし、ホント、FWあまってしまいますね。うれしい悩みではあるのだけど、試合に出られない選手の胸中を思うと、ちょっぴり辛いです。・・・阿部チャンがまた出て行ってしまったら、3日くらい寝込むかもしれません・・・。
プロってキビしいニャー。

2006年10月12日 (木)

別れの季節が・・・。

天皇杯は、いつも別れの思い出とともに終わる。

4回戦以降の日程が発表になった。4回戦、バンディオンセ神戸・・・?って?申し訳ないのですが、よく知らないチーム。強いのかなぁ。JFLでもないんですよね。でも天皇杯って何が起こるかわからない。ホンダFCとやった時、負けるかと思った。あの時、ホンダFCには古橋がいて、いい選手だなぁって思いました。

天皇杯はどんなに遠方であっても必ず行きます。天皇杯が最後で、東京を去る選手がいるから・・・。アマラオ、ケリー、原監督・・・。天皇杯は、優勝を目指して勝って!というのともう一つ、1試合でも多くその姿を見たいから、お願い、勝って!!・・・というのがある。本当にせつないです。

あの、指先が麻痺するくらい寒かった丸亀・・・。一生忘れないだろうなぁ。

さあ、今年はどんなに遠くへ行かなくちゃならんのかい、と日程を見たら・・・。5回戦・岡山。準々決勝・熊本。ひぇぇ~。こりゃまたずいぶん遠いですねぇ~。何とかここを勝って、
岡山、熊本のあとは、国立、国立と行きたいところです。

っていうか・・・、別れがあるのかなぁ。誰かと。プロの世界だから仕方ないとはわかっているけれど・・・ハア。

2006年10月11日 (水)

今チャン、お疲れさま。東京に帰っておいで。

うわぁ~。ひどいピッチだなぁ。アジアカップ予選・インド-日本戦。

芝がはげていて、あちらこちらに穴があいている。神さま、どうか今チャンがケガをしませんように・・・。もうアジアカップ出場は決まっているし、Jリーグも最終局面に突入している今、誰にもケガをしてほしくない。というか、自分のことしか考えないヒドイやつだと思われるかもしれないけれど、とにかく今チャン、今チャンは絶対に無事に帰ってきてほしい・・・。でも、きっと90分フルでプレーするんだろうなぁ。

前半終了間際に日本選手のディフェンダーがピッチに倒れているのを見て、一瞬肝を冷やしました・・・ひぃぃ~今チャン~・・・今チャンじゃない・・・水本だ。自分のことしか考えないヒドイやつだと思われるかもしれないけれど(あ、さっき書きましたね。)、今チャンじゃないことにホッとしてしまいました・・・ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい!!水本選手のケガがたいしたことありませんように・・・鶴。

<試合のかんそう>
①ミスが多いね。 勝ったとはいえ、「快勝」とは言えなかったなぁ。インドに押し込まれた時間帯もあったし。ミスが多いし、決定力もうう~ん・・・、連携もイマイチ・・・っていうか、インド相手に10点くらいとってほしいです。10-0で勝ってほしいです。面白い試合じゃなかったなぁ。

②巻、ゴール決めて~! 巻選手のゴールを待っているんですけれど・・・。今日もなかったです。W杯出場FWだからね。がんばってほしいです。中村憲剛のシュート、めちゃくちゃカッコよかった!ああいうの決まっちゃうと、サッカーやめられないだろうなぁ。

③クマ、どうしたっ!! 今日はまったくクマさんの声が聞こえてこなかった・・・。そういえば、ガーナ戦のときはどうだったのかな?後半にはクマ・コーチングの叫びが聞こえてくるかな~って楽しみにしていたのに・・・、クマ声、けっこう評判悪かったから自粛しているのか??サミシイ・・・。

あとはホーム・サウジアラビア戦。どうかなぁ。今度こそ「快勝」してほしいけれど。でも、フレッシュなオシム・ジャパンメンバーはなかなか楽しいです。今チャンを中盤にしてあげてくれないかなぁ、ねえ、オシムぅ~。

2006年10月10日 (火)

むむむ。どうする?

ワシントン、復活したらしい。

ルーカスも戻るし、FW混雑状態です。どうするのだろう。GK、DF4人、ボランチ2人とするとあと4人。ルーカス、梶山、平山、石川…ありゃ、もういっぱいだぁ。梶山をボランチにする手はあるけど、梶山は前にいたほうが活きる感じがするんだよなぁ。
まぁ、うまく交替枠を使っていくのだろうけれど、ワシントンも助っ人どころか、スタメン争いに巻き込まれるとは思わなかっただろう。ササと同じ状況になっちゃうね。出場できたら、そこで活躍できるかどうかが勝負。平山は結果を出した。厳しいと思うが、がんばれー!

それにしてもFW多いなぁ。去年のFW欠乏状態がウソみたい。ルーカスが怪我をして、戸田とユースケで試合してたんだよなぁ・・・シミジミ。
エルゴラで、神戸昇格のキーマンにユースケがあげられていた。ユースケ、がんばれよぅ~!
ということで、選手もそろってきたし、広島戦が楽しみになってまいりました!

2006年10月 8日 (日)

こんなもんじゃないぞ!東京はー!!

あー。完全にめり込んでますねー。

ゴールの喜びのあまり、看板を蹴破った平山。本人は、「そんなに薄いと思わなかった。」
この写真はあちらこちらに使われていて、看板の「三井住友海上」の広告効果について考えてしまったけれど、平山はちゃんと弁償するように。
平山はなんだかもっさりしていて、悪く言うと「トロイあんちゃん」というイメージがあるのですが、意外と負けず嫌いだし、プライド高いし、性格的にキツイところもある。でも若いので、まだまだやんちゃもいいかもしれないな。でも、人に迷惑かけちゃいけません。

連敗を脱出したことで、FC東京関連の掲示板やブログはほのぼのムード。倉又監督への批判も少なくなりました。来年は中盤にいい外人を入れて(ワシントンさん、ごめんなさい。)、残留争いではなく、上位での勝ち点争いに名を連ねたいところだ。監督も新しい監督が来るだろう。

・・・って、残留が決定したわけではありませんから!

来週は、広島も必死でくるだろうし、福岡やセレッソ、京都がこのまま低迷を続けているなんて誰にもわからない。(現に、福岡は鹿島に勝ったわけだし。)柏には、毎年「入れ替え戦」に参加してほしいと勝手に思っているのですが(柏ファンの方、すみません。)、その相手がFC東京ということだってありうるのだ・・・・・ガクガクブルブル。

とにかく、一つ一つ勝ち点を積み重ねていかなくては。次節、広島戦も負けられない。

昨日書いたので、選手のことをちょっとだけ・・・。
<試合のかんそう>
①平山、スターでいけ! 
平山狙いの報道陣やカメラマンをたくさん引き連れて歩く平山を見たとき、正直、違和感をおぼえました。・・・東京の選手らしくない・・・。でも、やることや言うことがいちいちネタ的においしいので、こういうのもアリだなぁと思ってきました。モニのネタキャラ・ポジションが危ぶまれてきましたねー。でもこれも活躍していることが前提。調子が悪くてダメダメプレーが続いたりしたら、とたんに風当たりが厳しくなるものです。なので、辛かろうが頑張って、このままスターでいてほしいぞ、平山!

②真面目だね・・・石川。 石川は本当に真面目で、おねーさんはアタマが下がります。確かに試合中のプレーで(特に後半)、いいところは少なかった印象があるけれど、決勝点を決めたし、まぁいいかと思いました。でも試合後のコメント。
「点を取ったけれど、それ以外はいいところがなかった。」
インタビューを受けている顔も、あまり笑っていなかった。石川は代表も狙っているだろうし、常に自分のレベルアップに努力している選手。いいよー。次節、広島戦でその悔しさを思う存分ぶつけてほしい。
しかし。昨日の試合中のネット実況版。後半に入ると、東京ファンの「石川ダメだよ、替えろよー。」とか「石川、今すぐ交替!!」の書き込みが大勢だったのに、石川がゴールを決めた直後から、「石川、俺が悪かった。申し訳ない。」「石川、ごめんな。ありがとう。」「石川、謝るよ。」と次々に書き込まれたのには笑いました。

③それでも、戸田のゴールに期待したいのよ。 戸田のコメント。「チャンスの場面でいつもどおりに外したので反省している。」
・・・戸田・・・。みんながあきらめても、ゴール、待ってるから。シュートに持ち込むまでは、素晴らしいんだよなぁ。

増嶋もノリオも復帰のメドがたったし、安定した布陣が組めそう。
次節広島戦は、寿人がイヤーな感じがするけれど、ガッツリ勝ちを取りに行かなくちゃね。

広島焼きっていうの?あの、お好み焼きの中にそばが入っているやつ。あれ、ウマイよねぇ。行きたいなぁ。

2006年10月 7日 (土)

あれ?いいじゃん、やるじゃん、平山!

Aoaka_078 ごめん!石川!名古屋行き挫折しますた・・・。

久しぶりのFC東京ヒーロー・インタビューは、決勝点の石川。
「こんな遠くまでサポーターが来てくれて・・・。」
うぅっ、スマン。寝たのが朝5時なら、起きたのも昼の12時前だったのだ。生中継があると思うと、どうも気が緩んでしまいます。・・・言い訳です、スミマセン。今日行ったファンは勝ち組みだなぁ。平山のシャー!が見たかったよ。

平山、いいじゃないですか!すごく機能していた。練習試合でヘタレでも、アホアホ写真撮られても、楢崎に「平山封じ」3か条をあげられても、本番で活躍すればいいのだ!まだルーカスと一緒にやっていないので、この二人の共存がうまくいくかどうかがこれからの鍵だろう。失点はしたけれど、徳永、ジャーン、モニ、藤山のDFラインが今の東京のベストだなぁ、とあらためて思った。
とにかく、平山が1点とれて良かった、良かった。得点後、確かに流れは名古屋から東京に向いたし、いろんな意味であの得点は良かったと思う。平山はシュートを積極的に打って、イイネ!ちゃんと枠内に行くし、チャンスが生まれる感じがする。2点目につながった、ゴールへ平山突進!もFWらしくていいよね。
そして・・・戸田。犬走りとか、シュートに持ち込む動きはいいんだけど・・・最後がね・・・。惜しいなぁ。今日のいくつかあった決定的なシーンの一つでも決められれば、違うのになぁ。どうして、どうしてあれが入れられないのだぁ~フウ・・・。アタマ抱えてゴロゴロ転がっちゃったよ。

・・・ワシントン、どうするの?

さぁ、石川が言っていたように、去年は瑞穂から連敗が始まったけれど、今年は瑞穂から連勝!といくといいですね。
・・・ん?まだ14位なのねん。このあと広島が勝ったら、勝ち点では並ばれるのかぁ。むむむ・・・。

追記: 広島、甲府に負けました。次の東京vs広島、なんだか恐ろしいです。ワシントンは、あばら骨を骨折(ひび?)しているとか・・・。オフィシャルで発表がないのはなぜだろう??

2006年10月 6日 (金)

ウジウジ2

風邪ひいて、おもいきり具合悪いです。

夜中の3時ころに帰宅し、着替えようと服を脱いだところで、そのままソファで寝てしまいました・・・。朝の7時くらいにハッと目が覚めたら、体が冷え切っていて、いかんいかんと起き上がろうとした瞬間・・・、「イテテテテテ~。」足が攣りました。しかも片方指先、片方ふくらはぎ。立つこともできず、悶絶。
そして・・・、見事に風邪をひきました。

でもイソイソと明日の名古屋行き新幹線のチケット予約サイトを検索してみたら・・・、うそぉ、指定席、いっぱい。満席。しまった、明日鈴鹿でF1があるんですね。うっかりしてたぁ。
ますます具合が悪くなってきたぞ。自由席に乗るったって、東京駅がものすごいことになっているんだろうなぁ。グリーン車で行くか、スカパー観戦かどっちかですね。東京の連敗をくいとめる試合をナマで見るためなら、・・・グリーン車で行きますかっ!

しかし、風邪の状態次第かなぁ。京都も行けなかったなぁ。何で平日じゃなくて、休日に動けなくなるかなぁ。うじうじ・・・。

zakzakの平山の記事、すごいですね。悪意のカタマリ。いくらなんでもそこまで書かなくても・・・。写真も酷い。こんなの晒されたら生きていけないよ、女子だったら・・・。注目度が高い分、くだらないこともいろいろ書かれてしまって大変だなぁ。
何?女の子と夜遊びしているところを写真誌に掲載された?そりゃまぁプライベートも大切だけど、この時期は、何をしたらどう見られるかを先回りして行動しなくちゃなぁ。少なくともちょっとは活躍してからじゃないとね・・・世の中はキビシイわけですよ、平山くん!

明日は平山も出るらしいし、モニも復帰。石川、梶山はどうなるのだろう。ワシントンは?この先戦っていくための、倉又フォーメーションに注目だ!

2006年10月 5日 (木)

ウジウジしてもいいっすか?

ここ最近で、初めて代表戦が見られませんでした・・・。

そうか、今チャン3バック、播戸流血、完封負け・・・。見どころがあったのか、わからないけれど、今チャンの3バックは機能したようだ。アドドじゃない、アゴゴというFWのマンマークについたらしいが、90分間、シュートを1本も打たせなかったとは素晴らしい。
でも、FC東京では中盤の今チャンが見たいけれどね。
それにしても、いろんな人から「今野いいねぇ~。」とお褒めの言葉をかけてもらうが、この先、イタリアばかりではなく、Jリーグの他チームからの略奪戦があるかもなぁ・・・。

それにしても、平山!
練習試合とはいえ、「加入後初ゴール!」ということで一瞬色めきたったけれど、・・・PKかぁ。しかも、そのあとの内容が悪く、途中交代。ひ ら や まぁ~。しっかりしてくれい。FC東京は、平山ターゲット・サッカーに腹をきめたんだから。
あ、いけない、ネガティブ封印、封印!平山は本番に力を発揮するタイプなのだ、そーなのだ・・・・・。

早くも封印が解けそうです・・・。
とにかく、次の名古屋戦。早くリーグ戦で1点取ってほしい。・・・それにしても、ワシントンはどうするのだろう?平山と2トップ?フォーメーションがわからなくなってきたぞ・・・。

2006年10月 4日 (水)

ネガティブ思考封印宣言

トーチュウによると、プラス思考でいくと文さんが宣言したらしい。文さんはえらいな。キャプテンシーのある人だな。

私も、この6連敗と、はっきりしないチーム方針というか場あたり的戦術というかに悶々イライラしがちだったけど、あと9戦、開き直って前向いて行くしかないですね。ただ、やけになってやみくもにぶつかっていく、っていうのはやめてほしいけど。何が悪くて何をすべきなのかを監督も選手も認識しなくてはダメだと思います。
う~ん、サッカーだけじゃなくて何でもそうだなぁ、とここで自己反省したりして。

そして。今日のガーナ戦でなんと今チャンはCBとか。いろんなポジションをこなせることをポリデントじゃなかった、ポリバレントというのか。今日のトーチュウはなかなか勉強になるぞ。ともかく、楽しみにしていよう。
って、その時間に打ち合わせ入ってるよ!!ええ~っ! 私としたことが…。悶絶。

2006年10月 3日 (火)

これからが勝負!

くよくよするのも通りすぎて、何だか開き直ってきたぞ。

今度の名古屋戦。石川が戻ってくる。石川はまだ本来の調子ではないだろうし、クロスの精度もアレだけど、とにかく「走る」のがイイ!最近のFC東京は、失点するとすぐに下向いちゃって雰囲気が暗くなってしまうけれど、石川はそんな時のムードメーカーになる。だけど、一人でカラ回りしないで、全体のムードを上げていくことが大事かな。石川にはそれができるような気がします。
そう考えると、チーム・スポーツって難しいなぁ。自分だけでなく、ピッチにいる全員の状態を考えなくてはならないからね。フォローしたり、フォローされたり。相手のプレーに不満を持ったり、自分のプレーを批判されたり。そんな中でうまく連携を取っていくんだから、大変だろうなぁ。梶山!今チャン!声出していこっ!!

おっと、オシム・ジャパンで今チャンがデビューだ!試合は明日。楽しみだニャー。今チャン、がんばれ!

アルテ高崎のホームページより。
アマラオ監督
「いつもアルテ高崎を応援してくださっている皆様、合流が遅くなって申し訳ありません。これからは、監督としての経験はありませんが、必ずこのチームを良いチームにしていきます。これからも応援宜しくお願いします。   アマラオ」
今のアルテ高崎の状況は苦しいと思うけれど、アマラオ新監督の活躍に期待しています。

いつ高崎行こうかなぁ。
すぐにでも行きたいんだけど、なかなか仕事の切れ目がない・・・。こういう時は、突然失踪したりするといいのかなぁ。・・・怒られるだろうなぁ。

2006年10月 2日 (月)

ポンポンサッカーの始まり?

P1000812 中盤が制圧されるサッカーを、もうどれだけ見てきただろう。

東京で、ボールをキープできる選手・・・梶山。ルーカス。栗澤や馬場はそんなに足元がうまくないと思う。もしも、梶山の他に、ちゃんとボールをキープできるMFの外人がいたら・・・そう、ケリーみたいな・・・と何度思ったことだろう。
中盤を相手にいいように使われる試合。梶山が奮闘しても、相手には梶山をおさえりゃいいんでしょとバレバレなので、うまくいかない。もしケリーがいたら・・・。昔のことを、ああすれば良かった・・・と言っても仕方がないとわかってはいるけれど、ナビスコカップで優勝した後、東京は強い、これからは若手を育てる、とケリーを切ったところから、東京のサッカーがすこしずつズレてきてしまったような気がしてならない。

今の東京は梶山のチームだ。梶山の調子で左右されるサッカー。もう一人、ボールをキープできる選手がいれば・・・と思うけれど、今は、梶山を中心にチームを組み立てなくてはならないんだ、そう思って腹をくくっていました。

でも・・・。平山頼みの新潟戦のピッチに、梶山の姿はなかった。梶山がケガであったなら、仕方がない。疲労が蓄積して走れないというなら、仕方ない。でも、平山を中心にチームを組み立てたというのであれば・・・「放り込みサッカー」の始まりということだ。

後半、栗澤が阿部チャンに替わり、平山、阿部、赤嶺、戸田が前にはりつき、後ろにはDFが並ぶ、そして宮沢が平山にボールを放り込む・・・屏風サッカーのようだった。確かに、平山は可能性を感じさせた。平山が相手DFをひきつけることでチャンスが生まれたり、平山からのこぼれ球を狙うこともできた。でも、今までジャーンへの放り込み作戦をやってうまくいくことがあっただろうか?FWが並んだ隙間を相手のDFが埋めて密集している中で、巧みにゴールを奪えるのだろうか?うーーーん。悲観的になりたくないんだけど、どうにも計算できないんです・・・私の中では・・・。どなたか、「うまくいくよ!」と言ってくれませんか?

今日(日曜日)のトーチュウは、残留に向けて大きな武器になると、平山を賞賛するものだった。もちろん、私も平山に期待しているし、活躍してほしいと思う。応援もする。でも、個人的には「放り込みサッカー」ではなく、「中盤でつないでいくサッカー」が見たいなぁ。
次節は梶山が出て、ルーカスは平山の後ろ、というフォーメーションにしてほしい。ルーカスは2トップではなく、平山からの球をさばく役というのがいいと思うのですが・・・。

平山が入って、戦術が変わった東京サッカー。
とにかく1点ずつでも勝ち点を積み重ねていこう。毎節、下のチームの勝敗を気にしなくちゃいけないなんて・・・か、悲しすぎるぅ~。
いつになったら、優勝へのドキドキ感を味わえるのだろう・・・。

追記: ディープ・インパクト、残念でした・・・。ユタカ、前に行っちゃだめだよぉ!位置取り違うよ~。でも、ディープ・インパクトの底力に期待していたんだけど・・・差し返せなかったね。エルコンドルパサーも前に行っちゃったんだよなぁ。エルコンドルパサーみたいに、1戦叩いていたら違ったのかな・・・。クヤシイ・・・。夜中に大声だしてしまった・・・ヤバイ。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31