« 燃えよ闘魂! | トップページ | 監督騒動。しかも来季の話なのよ。 »

2006年10月18日 (水)

ナビスコを思う。(シリアス調で)

もうすぐナビスコ決勝だ。

去年も今年も予選通過できなかった。…けっこうブザマな戦績で。ナビスコはいいや、リーグ戦が大切!と思ってはみるものの、この時期になると、あのナビスコ決勝のことを思い出してしまう。
ジャーンが退場後、東京は土肥、加地、モニ、藤山、金沢、今野、石川、戸田、ケリー、ルーカスの10人で延長戦までも浦和の得点を許さなかった。あとでテレビの録画を観たら、解説者が「FC東京のPK勝ちはそれまでの東京の激闘へのごほうびだ」と言っていた。
あの時の10人と、今の11人が試合をしたら、果たしてどちらが勝つだろう、なんて思ってみたりする。
東京はタレントはそろっているのに、お互いをうまく活かしきれていない。もったいない。一度かみ合わなくなった歯車を修復して、一つ一つががっちり機能し合い、全体で大きなエネルギーを生み出せるようになるには、何が必要なんだろう。

平山がU-21の合宿で苦戦しているらしい。

東京の明るい兆しが見えるのはいつなのだろう。

・・・今日は、ちょっとシリアス調にまとめてみました。

« 燃えよ闘魂! | トップページ | 監督騒動。しかも来季の話なのよ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/12330084

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコを思う。(シリアス調で):

« 燃えよ闘魂! | トップページ | 監督騒動。しかも来季の話なのよ。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31