« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

神戸戦で、何が見えたのだろう?

Aoaka_072_1 むむむ・・・。あれはやっぱり入っていたのね。

あの瞬間、ゴール裏「がっくし」、続いてノーゴールの判定に「???」だった。ん?今のゴールじゃなくていいの?あ、そうなの?んじゃまあ、そういうことで。みたいな感じだった。
試合は0-0の引き分け。前半は神戸、後半は東京に流れがあったが、どちらもチャンスに決められない。この試合、勝ちたかったが、勝てなかったことから得られることもあったような気がする。

<しあいのかんそう>
Aoaka_068_1 ①中途半端な前半。 前半は神戸がこちら側のゴールに攻め込んでくるのだが、近藤のイキの良さばかり目立つ。危ないシーンを防ぐ塩田。もうすっかり正GKの落ち着きだ。東京は・・・うーん。イマイチかみ合わない。ボールがつながらない。シュートまでいけない。石川がイラつくように突っ込み、今チャンがムキになってドリブルで駆け上がる。全盛期の磐田は、まるで選手の視野が360度あるのではないかと思わせるくらい、素晴らしい連携プレーを炸裂していた。お互いがお互いの動きを先回りしている、そんな印象だった。今の東京は・・・お互いが何を求めているのか、もしかしてわかってないのかもしれない?そんなふうに見える。悪くいうと「いきあたりばったり」なプレーに見えることがある。もったいないなぁ。

②流れが向く後半。 石川も頑張っているんだけど・・・。20分頃にノリオと交替。少しして福西と梶山が、残り10分でワンチョペと馬場が交替した。ノリオの目の覚めるようなミドルシュートもあり、ユータのCKあり、後半は東京のほうがチャンスが多かった。・・・でも決められない。ハア。

③ルー・チョペ2トップって? 何だか、この2トップ見ていると、ルー・ササ2トップを思い出してしまう。ワンチョペはササより動くし、ルー・チョぺは、ルー・ササほど前に張りつく感じではないのだけど・・・。うーん。どうなの・・・?いや、この時点でアレコレ言うのは早計というもの。鹿島戦はこの2トップの爆発に期待。頼むよ。

④今チャンCB?ボランチ? 今チャンCBによって、安定した守備。まさか、モニのライバルが今チャンになろうとは・・・。ワカランモンネ。さすがに次の鹿島戦ではモニがCB復帰、今チャンが前に戻るのだろう・・・けれど、今の原監督がどう考えるのか、わからないところではあります。原監督、そろそろ「東京サッカー」のカタチを見せてくださいまし。

Aoaka_067 ⑤神戸のマスコットが「牛」なのは「神戸牛」から? かどうかはわかりません。神戸のホームページには「クラブマスコットは神戸・兵庫に馴染みの深い「牛」がモチーフ。」とありますが、「どう馴染みが深いのか」が知りたい。やっぱり「神戸牛」?「ステーキ」?食いもんになる動物がマスコット・・・。キャッチーだ。ということで、食べました、「神戸牛」。値段も高い(お昼で6000円ですよ!ひぃぃ。無茶した~。)が、やはり美味い。でもスタジアムで前の席の女性が焼きそばをガシガシ食べているのを見て、サッカー観戦はやっぱこれだよなぁ~と思ってしまいました・・・。

ここで一つショックなこと。GWのお天気のいい日に、観客が1万人も入らなかった・・・。浦和、新潟などを除いて、J1の観客動員数が全体的に減っている。日本代表も五輪予選も、以前ほどの盛り上がりがみられない(気がする)。日本人とサッカーは馴染まないのかニャー・・・。これほど面白くて燃えるものないのにニャー・・・。ううむ。
味スタ・アオアカ化計画は続く。

鹿島戦、どのくらい入るだろう。ビシッといいサッカー見せなくちゃ。ホームで負けられないっしょ!

2007年4月29日 (日)

疲れますた。

日帰り神戸って、疲れます・・・。

今まで神戸は1泊2日で行ってたもんなぁ。でも、もはや神戸の観光地も見尽くしたし、今回は日帰りでいいやと思ってしまったのですが・・・ものすごく疲れました・・・。帰りの飛行機は離陸から着陸まで爆睡。一度も起きなかった。フヘ~。

帰宅してからスパサカで塩田の例のアレを確認し・・・「デスパレートな妻たち」までは体力が持ちませんでした。「デスパレートな妻たち」、このGW中にDVDで一気に見ちゃおうかなぁ。このテのアメリカ・連続ドラマものって「アリー・マイラブ」以降全然見ていないのですが(「24」でさえも!)、たまたま何週間か前に、スパサカ見たあとにヒットして、けっこうハマっています。「24」も「LOST」も「PRISON BREAK」も見たいんだけど、とにかく終わるまでの話数が多いし、さらにシーズンⅠとかシーズンⅡとか、延々と続くのがオソロしくて、見始められません。

GWから続く5連戦の次なるアウエーは・・・川崎か。近場で良かったぁ。

2007年4月28日 (土)

引き分けにて終了。

無失点を讃えるべきか?無得点を嘆くべきか?塩田コールの中、選手たちがピッチを後にする。チャンスはあったのに、決めきれない。次の試合まで中4日。さて…。

後半はチョペコールから。

後半は面白いサッカーが観れるかなぁ。しかし、あの前半の神戸のシュートは入っていたような…?いや、何でもないっす。

いよいよ!

さあ!始まるぞ!それにしてもいいスタジアムだなぁ。ゴール裏の席の角度はないけれど。観るならバックのほうが観やすいかも。勝つぞ!

2007年4月27日 (金)

アマラオ引退。

アマラオ引退のお知らせが、オフィシャルサイトのヘッドラインに上がった。

FC東京で引退するのだろうと思っていたアマラオは、その後、湘南、FCホリコシ(現アルテ高崎)へと移籍。あくまで現役のプレイヤーにこだわる姿勢に心を動かされたものだ。ただ、FC東京を離れてからのアマラオは、ケガでなかなか試合に出ることはできなかったけれど・・・。
04年のPSM、vs湘南戦が、結局現役のアマラオを見た最後の試合になってしまった。今年はピッチでプレーするアマラオを見に行きたい、と楽しみにしていたのになぁ。

アマ、本当にお疲れ様でした。何よりもサポーターを大切にするアマ。ピッチでうずくまる選手がいれば、敵味方関係なく一番先に駆け寄るアマ。すごくやさしくて、すごく負けず嫌いのアマ。アマ、アマ、ダイスキダヨ・・・・・クスン。

しかし・・・。アマが引退、将来は監督になるかもしれないなんて、月日は流れるものなのね・・・。
あたしも年取るワケだわ、こりゃ。

そういえば、もう一つニュース。ガーロがインテルナシオナルの監督に就任したらしい。ちょっとブラジルサッカーにも注目です。

さあ、明日は神戸行き。ユースケ、待ってろよ~!

2007年4月26日 (木)

はずれますた・・・。

朝、UEFAから、がっくしメールが来ていました。

来年、行ってみるか!と応募したUEFA EURO 2008のチケット抽選結果の通知。4試合応募して、見事にすべてハズレ。1試合くらい当たってもいいのになぁ。そういえば、去年の今頃はW杯チケット争奪で、毎日パソコンの前に張り付いていた。肉体的にも精神的にも極限状態に・・・もうあんなことは二度とできない・・・。文字通り、命を削る行為ですよ、あれは。来年のEUROはスイスとオーストリアの共催だし、多分ちょうどJリーグの中断時期だから、ヨーロッパでバカンス~♪と目論んだのですけれど・・・がっくし。

周りは、GWは旅行!とウキウキ気分満載なのですが、Jリーグファンは試合が続くので、なかなか国外には出られません(よね?)。試合と試合の合間にちょこっとプチ国内旅行という感じ。アウエー戦先で観光するというのもアリか・・・。でも神戸戦は日帰りにしてしまったなぁ。

GWは、ハワイでラララ~♪もいいけれど、スタジアムでラララ~ワッショイ!のほうが楽しいもんねー。ホントよ。

2007年4月24日 (火)

それを言っちゃあ・・・○×△よ。

今度の土曜日の神戸戦を皮切りに、恒例の怒涛のGW連戦に突入する。

神戸-鹿島-川崎-横浜FC(ナビスコ)-千葉。さあ、白星をいくつ獲れるか。まずは幸先よく神戸戦に勝って初の2連勝、イキオイに乗りたいところだ。鹿島にも勝って、川崎に勝つぞー。川崎に勝つぞー。絶対に川崎に勝つぞー!!

先日フロントから発表された、「多摩川クラシコ」。この先川崎との一戦は、クラシコとなるらしい。だから川崎に勝ちたい・・・ということではない!
昨日、サッカー好きCD(クリエイティブ・ディレクター)から言われたのだ。
「土曜日のFC東京対横浜FCの試合、テレビで観たよ。まあ、勝ってよかったね。」「ホッとしましたよ。」「でさ、その後、浦和対川崎も観たワケよ。」むむむ・・・何を言いたいんだ?「ぜんっぜん、試合のさ、面白さが違うよね~。この2試合が同じリーグの中のサッカーとは思えないよ。オトナとコドモ?東京対横浜FCは・・・糞サッカー・・・っていう感じ?あ、言いすぎちゃった?フォッ、フォッ、フォッ。」
くっそ~。グヤジイ・・・ギリギリギリ・・・。こーいうのもパワーハラスメントっていうのではないか?飛び掛ってその頬っぺたを両手で引っ張り、「この口が言うかぁああぁあ~!」・・・ってやれるわけないけれど、クヤシスギルヨ・・・クスンクスン・・・。

ということでですね、川崎戦は負けられません。FC東京の選手たちは、私のプライドのために闘うように!以上!

追記: ひぃぃ。「サッカー好きCD」からコメントが!「糞サッカー」ではなく、「草サッカー」と言ったのだそうです。なぁーんだ・・・って、そんなに差があるのかっ!?ほぼ同じ意味なのではないかっ!?

2007年4月23日 (月)

エヴァモニは復活したか?

Aoaka_061_3 想像していたよりもたくさんの観客が集まった、夢の島競技場。

風が冷たくて、缶コーヒーで暖をとる人が多い。去年のサテライトは駒沢陸上競技場の一戦だけ観に行った。あの、大志がFWでプレーした試合だ。今日の相手はモンテディオ山形。おおっ、もしかして移籍した大志に会える!?

Aoaka_055_1 東京ファンのお目当ては、エヴァモニ&五輪組が勢ぞろいのスターティング・メンバー。特にお待たせのモニとエヴァウドのプレーっぷりをこの目で確かめたい、という人が多かったと思う。今チャンがCBに入って安定しているけれど、やはり「しのいでいる」のには変わりないワケだし。早くエヴァモニには復活してもらわなくては・・・。

Aoaka_059_1 結論から言うと、後ろからガンガン指示を出すモニ、高さでは負けないエヴァウド、二人共にもうフィジカル面では心配がないと思う。まだ持てる力の100%を出し切っていない感はあるけれど、トップチームでのプレーを期待。神戸戦には出場かな?
あちらこちらのブログや掲示板に書いてあるけれど、圧倒的に存在感を示したのが、右SBの小山泰志。正直に言って、高卒ルーキーにさほど注目していなかったのですが、うーん、なかなか凄い。テクニックもあるし、何より前へ進む意識が強くて、迫力がある。順調に育って、いいプレーヤーになってほしい。おねーさんは、味スタで待っているよ!

Aoaka_058_1 大志はGKで登場。遠目ではわからないくらい、風貌が変わったなぁ。サラサラヘアーなんだもん。周りでも「あれ?あれ大志?」ととまどっていました。フツーにイケメン男子でありました。


試合は平山、森村の2得点で2-0の勝利。前半は情けないくらいグダグダな状況。パスはつながらない、中盤は機能しない・・・このメンバーでこの感じ・・・ヤバイんでないか?と不安になりました・・・が、後半は全体がうまく連動し、完全に東京のワンサイド・ゲーム。雰囲気的には、2-0以上の点差がついた試合だったと思う。

次節の神戸戦のメンバーがどうなるのか原監督のみぞ知るですが、モニ、エヴァウド、梶山も調子を上げているし、ウホホ、楽しみです。

いかん、また緊張してきた・・・まだ日があるのに・・・。もう身がもちましぇん。

2007年4月22日 (日)

キャプテンの勝ち!!

Aoaka_047 試合終了の笛とともに、ピッチに崩れ落ちた今チャン。

代表よりもチームが大事と言い切る東京のキャプテンが、どうしても欲しかった味スタでの勝利。良かった・・・今チャンの1得点が決勝点。やっと、やっと味スタにファンの笑顔が戻ってきた一瞬に胸が熱くなってしまいました。

試合当日は本当に朝から緊張しまくって、新聞読んでも全くアタマに入らないし、買い物行っても何を買いに来たのかわからなくなる状態。自分がピッチに立つワケじゃあるまいし、何をこんなにうろたえとるのだろうと、情けなくなりました・・・。オチツケ!

試合は、前半の悪い内容を後半には修正できたとはいえ、まだまだ課題は残る。でも誰もが待ち望んでいた勝利じゃありませんか!ここからスタートということで、ヨロ。

<しあいのかんそう>
Aoaka_062_2 ①ひょっとこ現れず。 せっかく「ひょっとこ饅頭」買ったのに~。久保、ベンチにも入らず。残念。しかし、似てる・・・ゴール決めた時のあの顔に。試合はカズがスターティングメンバー入り。東京のファンはみんなカズが大好き。カズも元気いっぱい。あの初っ端のシュート、入ってたら危なかったかもしれないな。

②単調・ポッカリの前半。 正直、ヤバイと思いました。見慣れた?屏風フォーメーション。前に1枚。後ろに1枚。2枚の屏風の間はポッカリ開いていて、ボールを奪ってもなすすべなくまごついているうちに相手に囲まれて自滅するか、とにかく前に放り込むか・・・しかも攻撃が、なんちゅうか・・・単調。せまーいところにパス出すし・・・。そんな針の穴に糸を通すようなパス、なかなかつながらないですよぅ。もっとダイナミックに展開してよぅ。ボールも持ちすぎなんだよぅ。ぶつぶつぶつ・・・ストレスの溜まる前半。

③コンパクトに。流れを引き寄せる後半。 まずは今チャンのゴールで始まった後半。浅利のクロスがワンチョペに渡ったとき、シュートするだろうと思いきや、今チャンへパス。相手DFの間を抜け出した今チャン、すかさずゴール!待望の先取点。今チャン、頼りになるよ・・・。ワンチョペとルーカスの間に埋もれて、うれしそうだったなぁ。後半は全体がコンパクトにまとまって、ちゃんと前半の問題点を修正してきていた。横浜FCも攻め手を欠き、後半は東京ペース。落ち着いて観ていられました。

④ワンチョペ考。 ワンチョペのプレーについて、ファンの評価は分かれているようだ。確かに、パスミスやトラップミスもあるし、ルーカスとの連携も惜しい!でもこのピッチ上の「別物」は、可能性を感じさせる。チャレンジしているルーカスとの連携も、もっとうまく合いだせば、これはもう決定的シーンの量産になるだろう。そして前田治さんが言うように、まわりが二人に絡みだせば・・・東京の得点力もアップ間違いなし!とワクワクしています。ワンチョペ×ユータが観たかったなぁ。

Aoaka_050 ⑤のしのし福西 勝った時も、ファンへのあいさつで先頭をのしのし歩く福西。今日は穏やかな表情で、手なんか振っちゃっている。ナンだ、負けてクヤシイ時だけじゃないんだー。先頭をのしのし歩くのが福西のデフォルトであることを知った、味スタの勝利なのでした。

Aoaka_054_3 ⑥ルーカス走りまくる。 試合後にお立ち台でのインタビューを受けたルーカス。加入当時は意気込みが空回りするばかりで、どうなることかと思いましたが、今では東京にはなくてなならない存在。・・・あれ?日本語上達したんじゃなかったっけ・・・?まだ簡単な言葉だけなのかな。少し前に話した時はすごく流暢で驚いたんだけどな。

2点取られても、3点、3点取られても、4点。東京はそんな攻撃サッカーを目指すというハナシもあったけれど、やっぱり守備は大事です。まだまだ東京の攻撃面は発展途上だし、今節みたいに1点をきっちり守って試合を終えることができれば、もう下位に低迷し続けることもないだろう。もちろん点を取らなくちゃ勝てないワケで、そのへんはルーたん、ワンチョペ、よろしくです。

次節は神戸戦。近藤との一戦だ。アウエーで負けると、帰りが辛いので勝って欲しいぞ。神戸戦アウエーといえば、アマ→阿部チャン→ゴール!→阿部チャン宙返りの思い出。楽しかった。今回も、楽しい思い出になるような試合になるといいなぁ。

神戸かぁ・・・やっぱり、肉??肉のあるところに青赤が集結しそうでガクブルです。って、自分もきっと行くんだけどさ。

2007年4月20日 (金)

ツルツルツートップ。

明日の試合では、ルーカス、ワンチョペの2トップ、4-4-2システムで臨むようだ。

さあ、ルーカス・ワンチョペの2トップやいかに?
今季、この二人がスターティング・メンバーで出場するのは初めてではないが、うまくかみ合わなかった以前と比べて、何倍もワクワクできるプレーが見られる予感がします。うひょひょ。横浜FCもケガの選手が多くて、苦しい状況。きっと明日はガツッと引いてくるんだろうなぁ。それで、徹底的にカウンター狙い。ゴール前ワンプレーがなかなか機能しない東京サッカーにとって、やりづらい相手のような気がするけれど、そこはツルツルツートップのグッジョブに期待するしかないっす。

ひょっとこ顔は、ひょっとこ饅頭だけにしとかなきゃあかん。・・・あれ?久保出るのかな?

もう、明日は勝つしかないです(ドキドキドキドキドキドキドキドキ・・・・・・・・・・・・)。

2007年4月19日 (木)

徐々に復帰。エヴァモニ。

まだ、モニ完全復活!というワケではないらしい。

サイトで練習試合1本目、2本目のDFの欄に「茂庭」の文字を見て、思わずコーフン、色めきだって・・・何というか、浮かれすぎてしまいましたよ・・・ハズカシイニャー。練習試合とはいえ、90分フル出場したので横浜FC戦に期待したのですが、もう少しかかりそう。試合では、極力相手との接触を避ける「安全プレー」だったようだ。ただこのまま順調にいけば、22日はサテライト戦、そして大事なGW5連戦への出場の可能性もあるとか。
合わせて、エヴァウドも復調にあり、22日のサテライト戦にテスト起用される。

あぁ・・・。これは、行かざるを得ない、夢の島。
ええ、行きますとも、サテライト戦。モニとエヴァウドのDFの感じをぜひとも見てみたい。

リーグ16位という順位には、シオシオのパーな気持ちにさせられるが、DFラインが揃うこれからの東京の快進撃に期待だ。こうなったら「攻撃東京」じゃなくて、「堅守東京」でいいぞ!・・・というのはサミシイので、ワンチョペ、ルーカスの得点力UPを願おう。平山は・・・ん?昨日の五輪予選シリア戦では得点してない・・・。ここのところ、ちょいスランプなのだろうか??

横浜FCも、「東京戦は必ず勝たなくてはならない!」という気合十分な様子。これはけっこう激しいガチな勝負になるかもしれません(もしかしたら、逆に全然面白くない内容の試合になるかも?)。

カタナクチャ・・・ダメだ・・・もはやドキドキしています・・・。
意外に気の小さい自分を発見している春の午後。

2007年4月18日 (水)

モニ、復帰きたーーーーーー!!

やったー。やっとモニが復帰!フウ~。

流通経済大学との練習試合で0-0というのは、むむむ・・・だったりするが、モニが1本目2本目と90分フルで出場できたのは、非常にうれしい・・・!

ま、待ってたよ、モニ・・・。肩の調子はどうですか?大丈夫ですか?強く当たりに行っても怖くないですか?あなたがいなくて、東京のDFはやりくりが大変でした。一時はどうなることかと思いました。ここ最近は今チャンがCBをやっているんですよ。前節では相手を無失点に抑えることができ、徐々にDFラインも調子をあげてきています。もう、モニがいなくても大丈夫・・・とは言いませんが、今チャンにはやはりボランチでプレーしてほしいので、モニの復帰はうれしいです。いや、今チャンのためというわけではありませんが。やはり、東京のピッチにはモニが必要なのです。このごろちょっぴり殺気立っているホームの雰囲気に、モニのキャラが必要なのです。横浜FC戦、待っています。

そしてエヴァウドもケガから復活して、DFがもっと安定してくれば、本当にホッと一息だ。・・・という状況じゃないよぅ!FW、FW!!点を取ってくださいよ。点を取れなくちゃ勝てないんだから。

味スタで「We are Tokyo! We are Tokyo!!」を叫びたいな。

2007年4月17日 (火)

ええっ、アマラオ東京入り!?

「アマラオ現役引退、東京入りも。」

スポーツ報知の記事に驚いた。今季はケガで全然試合に出れていないし、なかなか復帰も難しいかもしれないなぁ・・・と思っていましたが、ここにきて、引退、東京入り(?)という展開になろうとは。
東京の現状に業を煮やしたのでしょうか・・・。あ、でも「後継者」を育てることを熱望、か。記事では、平山の専属コーチ役も可能とありますが、アマラオと平山って同じタイプかなぁ・・・???ともかく、東京入りは決定ではなく、これからフロントと交渉していくらしい。

ファンの反応はどうなのだろう?
誰もが愛するアマが、東京に帰ってくる!東京が活気づく!と手放しで喜ぶファンもいれば、アマは大好きだけど、原監督復帰、アマ復帰だと東京のサッカーが進化しないのではないか?と懸念するファンもいるだろう。

どちらが正しい意見なのかは、正直わからない。指導者としてのアマの手腕もわからないし。ただ、個人的にはアマラオが、アマラオのサッカーが大好きだし、東京のピッチにアマラオが立つことを想像するだけでジーンときてしまう。ワンチョペ、ルーカス、アマラオのツルツルトリオもインパクトあるし(笑)。メイン席から、アマー!アマー!と叫んでしまいそうだ。

とてもやさしくて、情が厚いアマラオ。その性格が、時には厳しさも必要な指導者に吉とでるかどうか。ただ、何もやらずして、恐れることほどつまらないことはない。東京のフロントにはアマラオ入りの決断をしてほしいと思う、やっぱり。

2007年4月16日 (月)

ツルツルペア、決めてくれぇ~!!

おおっ、ルーカスの頭もツルッとして気合十分。ルーカス・ワンチョペのツルツルペアに大期待の大分戦。

結果から言いますと、0-0のスコアレスドロー。アウエーで勝ち点1をヨシとするか、メンバーの揃わない大分相手に勝ち点1をヤバイとするか。どちらにしても、内容が重要。先につながる1点か、否か。それにしても、お互いにチャンスに決められない、もどかしさ満載の試合でした。あぁ、勝ちたかった・・・。ワンチョペ・・・あれは、あれだけは・・・ゴールを決めてほしかったぞなもし。

<しあいのかんそう>
①決定力・・・ですか。 前半は石川の惜しいシュートもあった。後半も押し迫ってから、やっと東京のCKが連発、ワンチョペの決定的シーンもあった・・・いい攻撃のカタチができていた・・・でもゴールが決まらない。どんなに塩田やDFが踏ん張っても、点を取れない・・・と勝てない。負けないかもしれないが、勝てない。ワンチョペの決定的シーンは2回。GKと1対1。サッカーに「たられば」は禁物ですが、あれが決まってたらなぁ。ノリオもなぁ、シュート打てばいいのにネ。

②ゴール前・・・ですか。 スカパー中継の解説、柱谷さんはしきりに「東京は攻守の切り替えが早い。」と言っていた。確かにスピードのある攻撃が見られたが、最後のワンプレーの精度とか、連動性とか、そのへんが惜しい。石川が駆け上がっても中が追いついてなかったり、あと、やっぱりクロスの質だなぁ。チャンスがチャンスにならないもどかしさ。あのワクワクしたユキヒコのクロス・・・とまでは言わないけれど、せめてシュートまでは演出してほしい。せめて人のいるところを狙ってほしい。一人でも精度のいいクロスをあげられるプレーヤーがいると違うんだけどなぁ。

③東京第2のヘンタイ登場!?  ワンチョペの動き、リズムが独特で不思議だ。ピッチに異質なものが混入しているような・・・。大分戦の彼の動きに対しては賛否両論だろう。確かに目立つプレーには、いいプレーも悪いプレーもあった。でも、個人的にはワクワクしたし、決定的シュートシーンだけではなく、少し後ろに位置するワンチョペが生み出したチャンスはいくつもあった。「これから」の可能性を感じさせてくれたように思う。積極的に起用してほしいんですけど・・・。

④塩田でいくのね。 ナビスコだけかと思いきや、もうリーグ戦もレギュラーは塩田らしい。土肥チャンもまだまだイケると思うんだけど。でも声も出すし、塩チャンも貫禄でてきたな、頼もしい。

⑤今チャン、さすがのDF 大分ペースの時間帯。危ない場面を何度救ってくれただろう。さすがだよ、今チャン。代表復帰(DF登録だったけど・・・)、おめでとう。

⑥徳永、イキイキ。 解説の柱谷さん、徳永を評して「日本を代表する右SB」。試合中、ずっと褒め称え続けていた。でも確かに右サイドをドドドドドドと駆け上がっていく徳永は迫力ある。加地の華麗なプリンス走りとは趣きが違って・・・火の玉筋肉な感じ??でもけっこう内面的には、加地より徳永のほうが繊細な気がするな。

⑦大分にマスコット 大分がマスコットを一般募集している。とうとう大分もか・・・。大分のマスコット、高松でいいのに~。東京もそろそろマスコットつくるのかな。選手入場ゲートの青赤ムクムクくん?ヒラヤマ?モニ?希望は、ペンギンかカエルがいいです。東京に何の関係もないですけど・・・ダメか。モニでいいや。

今チャン、日本代表メンバー選出、おめでとう!って、オイオイ、日程的にはどうなってるの?あ、16日~18日のトレーニングね・・・良かった。次節の横浜FC戦には出られる。なんというか・・・ある意味大一番ですよ・・・。ここは、ここは勝たなくちゃ。大分戦は勝てなかったけれど、相手を「完封」できたのは大きい。横浜FCは今最下位だけど、メンバー見ると・・・ナメたらいかんです。ナメたら、やられますっ。

そうそう、もう一人のコンチャン・・・、神戸へレンタル移籍している近藤も日本代表入りした。東京ではなかなか結果を出せずに、サテライトでくすぶっていたのが、今や神戸でヒーローインタビューを受ける活躍ぶり(東京でもヒーローインタビュー受けたことあるかも??)。イイネ!ますます月末の神戸行きが楽しみになってきました。

でも、次節の横浜FC戦のことを考えると・・・胸がキュッと緊張する。寿命が縮まりそうですよ・・・。

2007年4月15日 (日)

大分戦キックオフまで、サッカー勉強中。

amazonで、サッカーの本を何冊か購入した。

内容は、やべっちFCの「ココが巧です!」みたいなプレー解説中心のもの、世界のスタープレイヤーとその個性についてまとめたもの・・・などなど。東京のファンだし、サッカーを観る機会は多いものの、見方をもう少し進化させたいと思ったのです。
今は、ボールの動きばっかり目で追っていることが多くて、全体的な動きをなかなか俯瞰で見ることができない。もう少し、戦術的な見地からサッカーを語れるようになるとカッコいいかな~と思ったりして。

大分戦キックオフまで、しばしサッカーのお勉強で心を静めよう。
・・・でも試合中はコーフンして、「戦術的分析」なんか吹っ飛んじゃうんだけどね、きっと。

2007年4月14日 (土)

モニー早く復帰してー。

むむ・・・。暫定17位・・・。

勝ち点差3点以内に、8チームがひしめいている。一つ勝てば上には行けるが、多分下位は団子状態のまま進んでいくだろうから、少しでも早くもっと上に抜け出したい。逆に置いていかれるとヤバイ。っていうか、順位とか残留とか他のチームの勝敗とか、今年もそんなことを気にする一年になるのだろうか・・・orz。むむう。下位のチームの、「ここだけには勝っておかなくてはチームリスト」に必ず入っているし。ク、クヤシイ・・・・・ギリギリ。

試合前にネガティブになるのはよそう。
大分とはもう2戦対戦している。向こうのサッカーはカタチができているであろうが、こちらはコロコロ変わるので、明日の東京のサッカーがどんなものか読めまいフハハハハハハ。

近藤、頑張っているなぁ。今日のヒーローインタビューでした。今月末の神戸戦が楽しみだけど、まずは明日の大分戦。どうしても勝ちたい。もう、選手を信じるしかない。

モニが練習に参加し始めている。来週は練習試合にも出るようだ。
モニー、早く帰ってきてー。

2007年4月13日 (金)

東京も。チャンピオンズリーグも。

4強が出揃ったチャンピオンズリーグ。

そのうち3チームがイングランド。強い・・・というか、どうなの??ローマvsマンチェスターUの第2戦目。1-7って・・・。ローマの掲示板があったら、「ここですか?」って書き込みたくなるような試合でした(そんなことしちゃいけません。自分がされて嫌なことを、してはいけません・・・トホホ。)トッティの頑張りに期待していたんだけどなぁ。まぁ、どちらが勝ってもよかったのですが、もっとスリリングな展開を楽しみにしていた・・・。しかし、ルーニーとCロナウドって、仲直りしていたのね。知らなかったな。

そのマンチェスターUvsミランの対戦、これは見逃せません。24日かぁ。チェルシーvsリバプールも観たい。2005年の決勝戦は楽しかったなぁ。ユルネバ大合唱。いつか東京の試合でもこんなふうにリーグ優勝が決まって、アオアカで一杯の味スタがユルネバ大合唱で盛り上がるといいなぁ・・・なんて夢をみて胸を熱くしていましたよ、それが15位ですよ、どうなってるんですか!

まだ始まったばかりのリーグ戦とはいえ、このまま勝てないとさすがにヤバイ。水曜日の磐田戦をきっかけに調子を上げていかないと!次節、大分戦に勝てば選手も自信を持てるし、リーグ泥沼状態から抜け出せるような気がします。

日曜日は、テレビの前に「鳥天」を用意しよう、そうしよう!

2007年4月11日 (水)

ちょいとセクシー?

Aoaka_040_1ヒーローインタビューを受ける福西と、横を引き上げていく磐田の選手たち。今までクヤシイ思いをしていたであろう福西にとって、絶妙の瞬間だっただろう。ヨカッタネ、フク。今日、福西の声を初めてちゃんと聞いたのですが、けっこう甲高い声ですね、驚いちゃった(チョッピリ ショック!?)。磐田がダメダメだったというのもあるけれど、今日の東京は面白かったな。

今日はピンバッチも欲しいし、ちょっと早くSOCIO列に並んだのですが、もう・・・雨が冷たい。寒い。書類やファイルの詰まっている鞄も重い。その上、「並ぶ」ことが大の苦手。半分死んだ状態になって、じっとしていました。イメージは吹雪の中で立ち尽くし、時をやり過ごしているペンギン、という感じでしょうか。でも、国立競技場好きなんだ。

<しあいのかんそう>
①藤山がいたぁ! あれは「やられた!」と思いました。ゴール前、塩田が抜かれちゃって、打たれたシュート。寸前で弾いたのは藤山。シブい、シブいぞ、藤山っ!!前半始まって間もない時間だったので、これを阻止できたのはホントに大きいと思う。DFが踏ん張っているんだから、FWは点を取らなくちゃね。

②福西グッジョブ! セットプレイ、ファーにいた福西の前にコロコロとこぼれてきたボール。これをね、ちゃんと落ち着いて決められるのが福西だ。今まで、どうも決定的なチャンスに決められないシーンが多かったから、ちょっぴりドキドキしちゃいました、ウフ。前半を1点リードで折り返せたのは良かったと思う。さっきテレビで福西のゴールシーンを観たのですが、ルーカスが猛獣のようなイキオイで突進してくる。→福西、一瞬ひるむ。→さらにルーカス、飛びかかるように抱きつく。→福西、「ああ~来た~。わかった、わかった。」とイッちゃってるルーカスを冷静に受け止める。福西、ルーカスの2ショットに笑ってしまいました。

③塩ちゃん、ナイスセーブ! 危ない場面をよくしのいでいたと思う。塩田のせいではないけれど、後半終了間際の失点は余計だったなぁ。その後、ロスタイム入れて10分弱の間、もうあまりに緊張して、倒れそうでした・・・。東京の選手、ガス欠状態で足が止まっているし。

Aoaka_035_4 ④ルーカス大丈夫!? 90分間、攻守に走りまくり。ルーカスの心臓はどうなっているのだろう?あのPKも直前のルーカスの粘り勝ちだし、福西のゴールに結びついたCKもルーカスのいいシュートをGKがたまらず弾き返したからだ。やっぱり東京はルーカスなのかな。

⑤面白いサッカー。 観ていて面白かったのは、それぞれの持ち味が生きるサッカーだったからだと思う。頭で悩まずに、ムズカシイことをせずに、自分の役割をきっちりシンプルに全うしている、それがお互いに感覚的にかみ合っている、そんなふうに見えた。浅利も効いていた。馬場もルーカスとのコンビがうまくいっており、何か起きそうな予感をさせる。徳永のSBは迫力があったと思うし、今チャン栗澤石川金沢も気合が入っていた。確かにまだまだ、ああーっ、こーすればいのに、そこはそーじゃないよ、とか突っ込みたくなるプレーもあるけれど、先日の新潟戦よりは全然見ごたえがあった。もっとシンプルにシュートまでボールをつなげられるようになればいいんだけどなぁ。

⑥極寒カップめん。 ほとんど食べ物に好き嫌いがないのですが、「醤油味カップヌードル」はちょっと苦手。でも寒くて寒くて手足は痺れてくるし、暖をとらなくては生命の危機だと、カップめんを購入してしまいました。いつもは美味いもののない国立では「やきそば」なんだけどなぁ。・・・寒かったなぁ。・・・もう少しお湯が熱ければなぁ。

Aoaka_045_1

まさか浅利の「シュア!」が見られるとは思わなかった。今年はなかなか出番がないだろうと本人も思っていたはずだ。でも、出場すればきっちり自分の役割を果たす。さすがベテランだな。頼りになる。じゃあ、この先浅利がずっと先発してこのパフォーマンスを続けられるか、進化していけるかというと、正直難しいところもあると思うけれど、東京がピンチの時に救える力は十分にあることがわかってウレシイです。

今日は冷たい雨の平日開催。観客10,337人。誰もが1万人を超えると思っていなかったのか、数字が発表されると拍手が起こった。まぁ、雨が降ったことを考えれば、こんなものなのかなぁ。チャンピオンズリーグの試合、平日だけど満員だよなぁ。比べちゃいけませんね・・・。でも、Jリーグ発足時の人気が復活すれば、平日だって客は入るだろう。東京の人気も大切だけど、Jリーグ全体の人気の底上げも課題だなぁ。

月曜日の仕事が早いために、日曜日開催のアウエー大分戦はテレビ観戦。テレビは選手の表情を見ることができるけれど、サッカー自体は見難いし、何というか・・・・・・・眠くなるんですよねぇ・・・。どうしてだろう?私だけ?私だけ??

ということで、90分間、私の目が釘付けになるような面白いサッカーを希望します。

2007年4月10日 (火)

ダークカラー・スタジアム

平日の国立競技場での試合は、少し趣きが違う。

大江戸線を降りると、ダークカラーのスーツ姿のサラリーマンがぞくぞくとスタジアムに向かっているのが、不思議な感じです。鞄からマフラーを取り出して、スーツに青赤マフラー。その列は、キックオフ直前まで続く。みんな、いろいろな手を使って会社や仕事を抜け出して来るんだろうなぁ。

定時で終わるOLさんたちも、友だちを誘って、スタジアムでビールでもいかがですか?
平日夜のスタジアム。ちょっと大人っぽい雰囲気も悪くないです。

仕事の疲れも吹っ飛ぶくらい、面白い試合になるといいな。・・・その後、会社に戻るんだけどさ。

2007年4月 9日 (月)

いや、家のことなんですけど。

観客動員に少しでも貢献しようと、母をスタジアムに連れて行きたいのですが、「サッカーなんか興味ないから、行かないよ。」といつもそっけない返事。

そのくせ、試合後に実家へ戻ってみると(いつもは一人暮らしです。)、「また負けた~弱いね~。」って、しっかり観てるじゃん、MXで!!「相手チームと全然違うね、あんたたちは何やっても空回りだから。」 ひぃぃ。「あんたたち」って、友だちじゃないですから。

どうやら、MXの中継があるときは一人で観ているらしい。選手の名前までは覚えていないようだけど。スタジアムで観るともっと面白いよ、と近いうちに味スタへ連れ出そうと思っています。

ああ、だから、いい試合をして、どうか親孝行をさせてくださいまし。
頼むよ、原監督っ!!

2007年4月 8日 (日)

根深い「壊れた試合」。

Aoaka_026_1 ルーカスの浮かない表情は、見たくなかったな。

新潟戦は「壊れた試合」だったと思う。伊野波が退場で10人になったから?審判の判定がイマイチよくわからなかったから?いや、東京のサッカーが「壊れている」と感じたからだ。大分戦で波に乗るかと思いきや、またダメなサッカーに戻ってしまった。選手にイキオイがない。疲れ?それはどこも4日に試合をやっているのだから、同じはず。五輪組みの疲れ?それは開幕前からわかっていたこと。ナビスコを軽視するつもりはないが、リーグ戦を落としたくなかったな・・・。クヤシイ。ホーム4連敗。

<しあいのかんそう>
①響くユルネバ 試合前のユルネバ大合唱。この時の相手チームのサポーター達の反応はさまざま。浦和などは「うらーわレッズ!!」と大声でかき消してくる。最近は静かにしてくれるチームが少なくなった。その中で、新潟のファンは静聴(聴いてるワケじゃないかもしれないけれど)してくれていました。新潟、憎めない~。味スタにユルネバが響いて、いい雰囲気。あとはホーム初勝利だ・・・と思ったのですが。

②悪い予感 こんなこと自慢にならないのだけど、悪い予感が当たってしまった。伊野波が一枚目のイエローをもらった時、「危ない、もしかしたらもう一枚出るかもしれん。そうしたらレッドで退場・・・。でもここで伊野波を替えられないだろうしなぁ。」と不安な気持ちで一杯だったのです。伊野波は抜かれた時に、後ろから突っかけたり引っ張ったりすることがある。後半早々、坂本が倒れた時、ああ、きたか・・・と目の前が真っ暗になりました。いい感じで入った後半。ここで10人に。いや、相手が10人になるよりいいかも、とヘンに気を取り直したのですが・・・。

③塩田、いいぞ! 2点目のPKを決められたあたりで、ちらほら席を立つ人が・・・。3点目を決められた時には、今まで途中で帰ったことなどなかった隣の数人のグループが帰っていきました。指定席なので、何年も隣の席同士。どんなヒドイ試合でも、お互いに席を立ったことなどなかったのに。カナシイ。そんな中、塩田が粘り強く頑張っていた。もう、どうせなら大量失点でいいよ、それで、もっと監督も選手もフロントも真剣に考えるきっかけになればいいよ、という自虐的な気分すら起こりそうな味スタの雰囲気を、塩田のふんばりが変えたのではないかと思う。勝負を捨ててはいけないし、もう1点だって取られてはいけないんだと塩田が訴えているようで、気持ちが動かされたな。

④か、梶山・・・・・・。 うう。梶山、その軽いプレーは何なんだよぅ。相手にパスしてどうすんだよぅ。みんなあがっちゃってるのに、カウンターの起点になってどうすんだよぅ。席の周りでは、梶山大不評。おば様グループも「何で梶山替えないのかしらっ!プンプン。」と怒り心頭。そうか、梶山が調子悪いから、負けたのだ。・・・・・ハア。誰が何と言おうと、まだまだあたしゃ、アンタを信じているよ、だからキメてくださいよ。

⑤ゴール前ウロウロオロオロ攻撃。 いや、もう、ゴール前でどうしていいかわからないような無駄パスばかりで、取られてカウンター・・・というシーンばかり。思い切っていっても、ゴール前の1プレーが雑。曖昧、当てずっぽうの攻撃にしか見えない。うーーーむ。サイド攻撃がまったく機能していない。サイドが駆け上がっても、中に誰もいないんじゃやりようがない。しかもそうこうしているうちに、相手のDFが戻ってきてマークされるし。クロスを上げても・・・アレだし。「相手を崩して点を取る」というのを見たい。大体、もっと走れるんじゃないかなぁ。ブツブツ・・・。

⑥「オレが悪い」 とか言ってる場合じゃないですよ、原監督!前田治さんも、何というか、「今ごろこんなこと、言わせるなよ」的なコメントをトーチュウに書いている。メンバーもシステムも変えすぎだし、なぜ徳永SB、伊野波CBじゃないのだろうとも思うけれど、とにかく、このどん底状態からどう立て直してくるか、原監督の監督としての手腕を見せてほしいと願っています。

⑦新潟ファンの言葉がしみる・・・。 帰り道。新潟ファンの一団を歩道橋の階段で追い越した時・・・。「なんかさ、FC東京、かわいそうだな。」 まだ「ざまーみろ。」のほうが救われる。「かわいそう」か・・・。酷いサッカーやってるって思われたんだろうな。クヤシイ。一人少なくなったのなんて、関係ない。クヤシイからもう、飲んじゃうよ、おねーさんは。酔ってパァ~っと忘れちゃうんだ、嫌なことは!アハハハハハ~ハア。・・・お酒、飲めないんだった。

観客動員数、約21000人。これは、危機的状況だ。1階アウエー席を満員にしてくれた新潟ファンの数をひいたら、一体何人になるのだろう。サミシイじゃないですか。空席が目立つようになったゴール裏。試合に勝てば客が増えるというものでもないと思う。負けても気持ちの見える試合だったら、次の試合も客は足を運ぶと思う。
自分自身、東京にハマった試合は「負け試合」だった。でも、がむしゃらで面白いサッカーするなぁ、ってファンになってしまったのだ。・・・昔の話ですが。

テレビで見られるしなぁって、かなり悩んだけれど、今日、神戸行きのエアーチケットを買った。強い気持ちのある、強い東京サッカーを観に行きたいと思う。

2007年4月 6日 (金)

新潟戦に向けて、出撃でありますっ!

味スタにのらくろ来訪ですかぁ。懐かしいなぁ。

いや、さすがにリアルのらくろ時代の人間ではありませんが、何故か我が家には布張りハードカバー&オールカラーの漫画「のらくろ」シリーズがあり、幼少のころに読んでいた思い出があります。軍隊漫画なんですよね。ちょっとマヌケで怠け者なんだけど、憎めない「のらくろ」。まさか、味スタで会えるとは思いませんでした。明日の試合が楽しみです。

でもなぁ・・・。鬼太郎や味パンダの時もそうなんだけど、一緒に写真とか撮るわけにもいかないので、ちょっとサミシイです。少し離れたところから、クールにデジカメにおさえるのが精一杯。本当は抱きつきたいんだけど。

そういえば新入社員の時、真夜中の会社で全身ペンギンの着ぐるみ(東急ハンズで売っているようなものではなく、もっと本格的な着ぐるみです。)に身を包み、トイレから出てきた同期の男子をおどかそうと出入り口で待ち構えていました。そうしたら、知らない年配社員のおじさんが出てきちゃったワケですよ。勢いで「ワッ!!!」とやったら、「ひぃぃ~」と悲鳴を上げてへたりこんでしまって・・・。私はそのままペタペタ足音を響かせて逃げました・・・。まぁ、その後、何ごともなかったのですが・・・・・・・・悪くすると、命を奪うとか、オソロシイことになるかもしれなかった・・・・・・反省しているので、許してください。

何が言いたいかというと、着ぐるみが好きだということです。しかも、中に入りたい。味スタで着ぐるみバイト募集してくれないかなぁ。東京マスコット誕生の時とか。

パルちゃんより芸達者になる自信、あります。

2007年4月 5日 (木)

落ち着いた生活。

恐ろしくバタバタしたこの冬も、4月になってパタリと落ち着いてます。

あまり睡眠時間が取れない日々が続いたりしたけれど、何とか乗り切ったぞー!お休みも取れそうで、本を読んだり、映画を観たり、アウエー遠征プランを練ったり、ちょっぴりウキウキ。ゴールデンウィーク初日のアウエー神戸戦も行こうと思います。

いつもは、アウエー観戦は基本的に「日帰り」。試合当日に飛行機で向かい、試合を観て、またすぐにトンボ帰りです。時間的にその日のうちに帰れない場合は、ホテルに泊まって翌日の朝にそそくさと帰る。完全に「試合を観る」だけの遠征です。
今回も当日入りの当日帰り・・・の予定なのですが、うーん、前日入りして、少しゆっくりしようかなぁ、などと考える余裕があったりして。フフフ。

オフィシャル・ツアーの「豪華バス」の旅もちょっと魅かれるのですが、以前新潟にバスツアーで行った時、腰が痛くなって地獄の苦しみだったので、イマイチ長距離のバスには乗る勇気がありません・・・。

神戸っていったら、何?・・・・・にく、ですか?

2007年4月 4日 (水)

ほらね♪(会社で観戦!)

お休みの日ならいざ知らず、平日開催の大分にはなかなか行けません。

でも、東京のピンチを放っておくこともできません。昨日、席の近くのミーティングルームのテレビにMXテレビが映ることを確認し、今日は6時半から部屋側の窓のブラインドをおろして完全こもり状態に。やらなくてはならない企画作業もあったので、資料やらパソコンを持ち込み、食料として「大盛り屋台焼きそば」も購入してきました!

MXテレビの中継を観ることってほとんどありませんが、面白いですね、前田治さんの解説!さすが東京の選手やサッカーを熟知しているだけあって、なるほどと思わせる発言ばかりです。今度から録画して、スタジアムから帰宅したら復習しようかなぁ。

<しあいのかんそう>
①ほらね♪ 東京の調子は梶山の調子。梶山が良ければ、すべて良し!説の主唱者としては、満足のいく試合でした。梶山、今日は良かった。福西が休みなので、久しぶりの梶山・今野のWボランチだったんだけど、土曜日の新潟戦はどうなるのかなぁ。悩ましいね。

②守備の意識変わる。 全員のプレスがよく効いていた。みんなで話し合った結果だとしたら、素晴らしい。危ないカウンター攻撃も受けたけれど、全般的には大分を好きにさせなかったな、今日は。グッジョブ!

③ルーたん、オメ! 金沢のクロスの精度が良く、ルーカスのヘッドにどんぴしゃり。ひっそりとテレビを見ていたのに、その瞬間、「ルーーーーーたん、キターーーーー!!」と声をあげてしまいました。やべぇ・・・。ホント、アンタ、頼れるよ、ありがとね、ルーカス。(※「ルーたん」とは「ケリーたん」に続く、極めて個人的な呼び方です。)

④それでも、あえて苦言。 ゴール近くまでボールを運んでも誰もいない。攻守の切り替えの遅さはもっと修正しなくてはならない。さらに、ゴール前で無駄に横パスし合って、カットされ自滅、カウンターを受ける。ゴール前に4人も5人も並んでいるのに、あさっての方向へ飛んでいくクロス。チャンスがチャンスにならない。さすがに続くとイライラします。もっと点をとってもいいチャンスが生まれているのに、もったいない。

⑤ポスト、グッジョブ! 大分の決定的なシュートがポストに弾かれたとき、何か、今日は勝てるかも~!と思いました。ホントです。

⑥空白の30分。 焼きそばが、焼きそばがいけないんだあああ。大盛り屋台焼きそばで腹いっぱいになったせいか・・・・・意識を失ってしまいました。ハッと目が覚めたら、もう後半30分すぎ。しかも何だか押し込まれているぞ!!どうしたんだ?ガス欠か???この30分で何が、何があったんだあああ。ワンチョペ、馬場もいるぞ。とにかく、キープキープキープだよおおお。しのいでぇぇぇ~。祈る気持ちで観ていた15分+ロスタイム4分。ピンチになるたびに倒れそうになりましたが、無事に終了の笛が。・・・勝ったんだ。

正直、リーグ戦>ナビスコカップだったのですが、ここで勝つか負けるかは大きかったな。
そーだぁ。2005年の連敗泥沼状態だったときも、やっとナビスコ予選・アウエー大分戦で勝ったんだよなぁ、確か・・・。そうそう、そのあとまた、なかなか勝てなかったんだよなぁ・・・・・・・・・・・・・・・。

とネガるのも一興だが、次節は一つ、勝っていただきたい。

もう味スタで負けるの、いやですもん。

2007年4月 2日 (月)

まず、話をしよう。そこからだ。

1日の練習中に、主力組を中心とした「緊急ミーティング」を開いたらしい。

小平グラウンドのピッチ上に座り込み、守備などについて意見をぶつけあったとか。福西がいなかったのは残念。でも、選手同士が自発的にこういうことを始めるのは、とてもいいことだと思う。守備のポジショニングやプレスをかける位置について確認しあい、その中で前と後ろの意識のズレを認識したという。
本当はそこに監督が交じり、指示したり修正したりするといいんだけど。トルシエが代表で「フラット3」にこだわった時、宮本を含めたDF陣が風呂の中でポジショニングについて話し合い、試合で結果を出せたというから、実際にピッチ上に立つ選手同士だけで話し合うこともきっと大切なんだな。どんどん話してください。原監督ともどんどん話し合ってください。

そういえば、日曜日の「やべっちFC」で中村俊輔が、「(代表の試合中に)守備について(選手同士)話をした。少ししゃべるだけで全然良くなったりする。大事ですね。」と言っていたぞ。徳永は試合後に「雰囲気が暗い。もっとしゃべらなければ駄目だ。」とコメントしている。東京の選手は遠慮しているのか、大人しいのか、確かにお互いのコミュニケーションが少ないように見える。

練習中の話し合いもいいけれど、試合中もどんどん声を出して、話をして、疑問やズレを放置しないようにしなくちゃいかん。
徳永「もっとはっきり自分たちのやりたいことをやらないと。今は全部が中途半端だから。早いうちにやらないと、また去年みたいに連敗してしまう…。」

早いうち、やってくれい。水曜日の大分戦で見せてくれい。頼むよ!

2007年4月 1日 (日)

私が間違えていた。

試合後はやりきれない思いで一杯で、誰かと話をしたら「外山恒一」の政見放送ばりになりそうだったので、日曜日はひっそりと過ごしました。帰りのレイソルロード、辛かったなぁ・・・(泣)。

私は間違えていました。少し前の書き込みに、練習中不貞腐れるワンチョペに対して「このチームで、自分がどう機能するか考えてほしい。」と書いた。それは間違いだったと思う。彼は完成された(ピークを過ぎてはいるが、)世界のトップレベルのFWなのだ。原監督は、就任した時に「日本のJリーグは、外人FWが点を取れるところが強い、それが現実だ。」と言ってワンチョペを獲得した。ならば、ワンチョペの調子がどうであろうと、とにかく開幕までの短い期間で、徹底的にワンチョペに合わせる・・・というか、ワンチョペが活きるチーム作りをするべきだったのではないか?うまく合わなかったとしても、ガマンして開幕から彼を先発起用するべきだったのではないか?平山は五輪予選の疲れで本調子が出せないのだから・・・。あ、「外山恒一」調になりそうだ、いかんいかん。

実戦の中でこそ、連携の呼吸がつかめてくるような気がした柏戦でした。ダメダメな試合だったけれど、後半のワンチョペ、梶山、福西、ルーカスの連動は、ハマりだせば面白いかもしれないとちょっぴり期待を持たせてくれました。今はつまらないパスミスが多すぎるけど。いや、ホント、多いね・・・。

<しあいのかんそう>
①えっ、あのフランサ?? 柏が降格した2005年。入れ替え戦2戦目をテレビで観戦していた。あの甲府に2-6で負けた酷い試合だ。その試合に途中から出てきたフランサは「何だか、全然かみ合っていない外人だなぁ。」という印象だったことを覚えている。アタマ爆発しているし(あ、これは関係ないか。)知り合いの柏ファンも、「フランサ~~。」と、アチャー・・・という顔で見ていた。・・・どうしたんですか?この変わり様は。機能しまくりじゃないですか。攻撃の中心じゃないですか。・・・ノブヒロ力なの?昨年から調子があがってきているとはウワサに聞いていたけれど、イイネ、フランサ!

②ノリオの左SB。 金沢の足の状態を考えての起用だとわかっちゃいるけど、去年もさんざんガーロがこだわって・・・うまくいかなかったのに。まぁ、じゃあ他に誰がやるのかというと、いないのが現実なんですけど・・・ハァ。ノリオ、がんばって!

③五輪組考。 こうなることはわかっていたのになぁ。平山、梶山、伊野波が今年はなかなか計算できないということ。毎回、原監督の試合後のコメントに「動きが重い、疲れが残っている。」とあるのが、情けないっす。疲れてるに決まっているよ、彼らのスケジュールじゃあ。疲れている選手出しちゃいかんよぅ。このままじゃ、3人ともケガしちゃうよぅ。(伊野波は大丈夫だったのでしょうか・・・?)他に選手がいるじゃんよぅ。ぶつぶつぶつ・・・。

④封じ込まれサッカー。 自分だけかなぁ、何だか東京のサッカーは簡単に攻略されているように思うのは・・・。この選手をケアしとけばいいとか、強いプレスには弱いとか、攻撃パターンはこうだから、ボールの出しところをおさえておけばいいとか・・・。そしてまったくその通りに、封じ込まれているような・・・。ううむ。そりゃ、いかん。しかも攻撃が遅い、遅い。ゴール前の決定的な展開が少ない。これは、五輪組を中心とする「疲れ」のせいなのでしょうか?

⑤ノブりん、ウルサイウルサイ。 スカパーの録画を見直したら、石崎信弘監督の声をマイクがひろいまくっていて、ウルサイ!細かい指示をずーっと出していた。大熊さんみたい。でも、石崎監督が柏を立て直したんだろう。いい面構えしている監督だと思います。試合後、選手たちがゴール裏のファンと一緒にはしゃいでいるのを、微笑みながら見守っていました。・・・インタビューを受ける、わがチームの原監督は顔がこわばっていました・・・。ジョークの一つも言えるくらいの余裕でインタビューに応えてほしいな、そのためには勝たなくちゃ!

水曜日は、浦和と引き分けた大分とのナビスコカップ予選。そして週末は川崎に勝った新潟とのリーグ戦。もう、気が抜ける相手なんて一つもない。
ワンチョペをどう活かすか、本気で考えないと・・・。平山は、ワンチョペとの2トップがありえるならば、可能性がある。でも1トップは・・・どうだろう。五輪で活躍しているとはいえ、相手はU-22のシリア、マレーシア、香港なのだ。欧州ならいざ知らず、そこでの活躍がそのまま通用するほど、Jリーグは甘くないと思う。「平山研究」をされているしね。平山も頑張っているんだけど・・・それはよくわかるんだけど・・・、身体が気持ちに追いついてないように見える。やはり五輪予選の影響でしょう。

また水、土と試合が続くので、「お疲れ選手」は土曜日のリーグ戦に備えてほしい。これ、本音。・・・ナビスコも勝ちたいけどさ・・・。

最近、福西に対して、卑屈な女の子が彼氏に「ねぇ、本当に私でいいの?私なんかでいいの?もしかしてもう好きじゃなくなったんじゃないの?別れたいとか思っているんじゃないの?はっきり言っていいのよ・・・。」としつこく詰め寄っているのと同じ気持ちになりますよ・・・ヤダヤダ。

次は勝て!もう、連続して勝て!勝ちまくれ!ハアハア。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31