« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

FC東京グッズ。

FC東京グッズ買いすぎ。

Tシャツやらバッグやら携帯ストラップやらマフラーやら文房具やら・・・いったい何年分なのだ?この量は!?ユーロスポーツのポイントは通常10%。とすると・・・・・・・・ガクガクブルブル・・・こんなにお金を使っているのかぁ!いくらなんでも使いすぎだぁ!FC東京グッズを買うために働いているのか、あたしは・・・。

けっこうお宝もありますので、たまにここでお披露目しようと思います。うーん、コミネのサイン入りTシャツとか。
・・・お宝?でしょうか・・・?

2007年5月29日 (火)

うまうまレースに思う。

ウォッカ、エライ!スゴイ!

ダービー、すごかったなぁ。今年は牝馬が強いとは言え、ダービーで牝馬が勝つとは思わなかった・・・。クリフジ以来64年ぶり、戦後初!です。3コーナー過ぎからいい感じに上がってきて、4コーナー回ってからの直線ではもう、他の馬と足色がまったく違っていました!カッコイイ。

先行逃げ切りよりドラマチックなのは、やっぱり後方で待機、最後に追い込んで勝つレースでしょう!そういう馬が、好きだ。
FC東京だって、今は後ろだけど、後半は怒涛の追い込みをするのだ!先行集団にレースを支配されないぞ!

・・・頼むよ、差せ!

2007年5月28日 (月)

アマラオ!アマラオ!

Aoaka_107アマラオが試合を観に来ていました。

スタジアム開門直後にゴール裏に現れて、大騒ぎになったファンの人たちと「シャー!」をやったということは知っていました。そうか、アマラオ来てるんだぁ。多分、メインスタンドの2階席で観戦するだろうから、試合が終わったら前のほうまで走っていって、姿を見よう!と楽しみにしていました・・・が。
試合後、残念な敗戦で、ぐったりと席にすわったまま、すっかりアマラオのことを忘れてしまっておりました・・・。選手たちが暗い表情でメインスタンドに挨拶をし、退場。さあ帰るかと立ち上がったその時に、やおら始まった「アマラオ!」コール。そうだぁっ!アマラオがいたんだぁ!
時はすでに遅く、メイン席からは前のほうに行かないと2階席は見ることができません。ゴール裏のみなさんが楽しげに「シャー!」をやっているのを、見ているしかありませんでした・・・。とりあえず、そのときのゴール裏の写真を撮ってしまいましたが、みなさん、すっごい笑顔だよぉ~。ご機嫌だよぉ~。

・・・あのー、試合、負けたんっすけど・・・。

みんなアマが大好きだから、仕方ないね。
あぁー!!「シャー!」やりたかったよぅ。

シャー!シャー!シャー!

2007年5月27日 (日)

決まらない、決められない、・・・決める気ない?

Aoaka_101 気持ちいいなぁ。サッカー観戦日和。

選手たちは暑くて大変だろうけれど。こんな日はスカッと勝って、「We are Tokyo!」と叫びたい。
との願い空しく、連勝は3でストップ。大事なホーム戦を落としてしまった。しかも内容的にも「?」な感じ。帰宅後、MXテレビの録画でもう一度試合を振り返ってみました。MXよりもスカパーのほうが画質がいいのですが、MXは前田治さんが解説だから面白い。もうね、こうなったら前田さんに一度FC東京を預けたくなりますよ。ホントに。

<しあいのかんそう>
①・・・ワンチョペって。 表題の「決める気ない?」っていうのは、もう、はっきり言うけどワンチョペのことです。今までワンチョペの能力を信じて、ワンチョペが活きるチーム作りをするべきだ、と言ってきたけれど。いくらワールドクラスの能力があったって、昨日のようなパフォーマンスなら赤嶺のほうがずっといいと思う。本当に、ワンチョペ、どうなの?まったく動かず、守備もせず、ボールが来てもミスして簡単に相手に取られる。おおーっと思わせるプレーなんて、ありました?確かにマークが厳しいのかもしれないけれど、だったら動け、と。何度もゴールに突っ込んでいくヨンセンを見ちゃったから、なおさらクヤシイです。東京は「必ずいいボール出すから決めてね。」っていうチームじゃない。まだまだ献身的な外人助っ人じゃなくちゃ、ダメなんです。長いリーグ戦の中のたった一試合で、感情的になりたくないんだけどネ・・・ハア。次はスーパープレイ炸裂する?期待していいの?

Aoaka_102 ②一瞬の空白。 広いスペースを自由に横へドリブルする杉本。その時、FC東京側はまるで「時間が止まった」ように見えた。誰も動かない。・・・棒立ち? 杉本から本田へ。本田からヨンセンへパス、シュート。1点。怒る土肥チャン。何だかものすごく簡単にやられちゃったなぁ。もったいない。やられるべくして、やられた失点。藤山もがんばっていただけに残念。そういえば、後半、「おりゃああぁあああ~!!」とド迫力で走り回っている藤山の姿がありました。イイネ!そういうのを見て、若手も「感じて」ほしいっす。(今チャンも終盤は上がってましたネ。)

③それでも梶山。 ひぃぃ・・・。昨日、特に前半、席の周りでの梶山への怒声はすごかったです。「遅いよっ!」「早く前に蹴れっ!」60歳くらいの品のいいおば様まで、「また梶山だわ~。いいかげんにしてほしいわっ。」。・・・確かにミスもあるし、攻守の切り替えは遅いし、梶山には課題がまだまだあります。でも、いいところもあります。シュートも打つし、足が遅いなりにも走っているし。時々ハッとするプレーも見せるし。でも前右というポジションは、イカンと思います。梶山の良さが活きないよぅ。

④ゴールが遠い・・・。 前半は動かない。後半は中盤を支配される。チームとしての問題点はあれど、FC東京にも再三ゴールを決めるチャンスはあった。あぁ、なのに何でルーカスのシュートが入らないの?楢崎だ、楢崎がいけないんだぁ。何もかも楢崎のせいだぁ。・・・あのポストにあたったのが入っていたら・・・・・・タラタラレバレバ~♪
追記: うごぁっ!な、楢崎が、代表に選出されたぁ!!

⑤カワイイぞっ!! ルーカスの子供、ものすごくカワイイです。お人形さんみたいです。目なんかクリクリして。ここに紛れて書くけれど、リチェーリの確変終了?

試合に負けると、書き込みも「ネガ」が充満してしまいますね。長いリーグ戦、勝つこともあれば、負けることもある。一試合の結果で、FC東京のすべてを肯定したり、否定したりしちゃいけないと思います。・・・が!ワンチョペ、期待していいの?いいの?誰か答えてくり~(悶絶)。
ところで。なごやんは東京の「ひよこ」みたいな感じです。中のあんよりも、外側の薄い「皮」が好きなんですよねぇ。食べすぎちゃって、夕飯が食べられなくなりました・・・ションボリ。2週間後はアウエー清水戦。美味いものがあるので楽しみ。
その間は・・・キリンカップと五輪予選でもマッタリ観ようっと。
FC東京の選手のみなさんは練習がんばってください。原監督、ちゃんとFKの練習もしてくださいね。

2007年5月26日 (土)

今起きたー。梶山スタメンだー。

いかん、お昼ごはんを食べた後、どうやら寝てしまったー!今起きたー!

急いで味スタに向かいます!と、ケータイに今日のスターティング・メンバーが!おおっ、梶山が入っているぞ!いやっほう!今日もクネクネ決めて、サッカー好きCDを黙らせるのだ!そして、FWは外人3人。これ、ちょっと威圧感あります。途中で赤嶺が見たいなぁ。
今日は名古屋戦。本田、杉本、ヨンセンに注目です。っていうか、藤山vsヨンセン、どうなるのだあぁあああぁああ~。

ああ、もう試合前から楽しい。ハイテンション。アドレナリン出まくり。
今日も勝つぞー。おー!

2007年5月25日 (金)

ひぃぃ・・・み、み、み・・・。

み、み、三ツ沢・・・・・。

今日、ナビスコ決勝トーナメントの日程が発表になりました。まずはアウエー横浜M戦。・・・ええっ、三ツ沢!!ま、まじですか・・・。あの暗い森に迷い込んで、涙目になった三ツ沢ですか・・・。この間の試合は平日だったので、スカスカの観客席でしたが、今度はいっぱいになるんだろうなぁ。チケット争奪戦だろうなぁ。負けそうだなぁ。

ええーーーっ!!しかも、7月8日(日)!?どこかのサイトでは7月7日(土)って書いてあったのに!7日、8日の旅行を8日、9日にずらした私の立場はどうなるねん!

なんというか、三ツ沢公園球技場に呪われているんだろうか・・・・・?

これはなごやんに慰めてもらうしかないっす!なごやんなごやん~!!

2007年5月24日 (木)

勝ってなかったら、キライになってた三ツ沢。

018 勝ったー。3連勝だー。

まずですね、試合の行われた「三ツ沢公園球技場」はスタジアムとしては好きです。小さいスタジアムで、観客の声も選手の声も、監督の指示の声まではっきりと聞こえます。臨場感があります。メイン席でしたが、後ろのほうに座れば比較的観やすいです。でも・・・。アクセスが・・・。
行きは横浜駅からバス作戦だったのですが、どこから臨時バスがでているのかまったくわからないので、タクシーに乗りました。運転手さんから、バスの道は全然動かないから、裏道行きますと言われ、タクシーにして良かった・・・と思ったのもつかの間、スタジアム近くで完全に渋滞に巻き込まれ、仕方ないから降りて歩きました・・・・・・・・が、遠い!山登りの頂上のようなものです。行けども行けども、いっこうに着きそうもない感じ。・・・ハア。15分の遅刻です。
帰りは帰りで、携帯で文字をうちながら人の波に流されていたら・・・ハッと気づくと、真っ暗な山の中!駐車場を突っ切ったのは覚えていたのですが・・・。人影も途切れ、くねくね道しかない。はっきり言って、もう二度と帰れないんじゃないかと思いました・・・クスンクスン。
スタジアムはいいけど、行き帰りのアクセスがややこしいです。
まぁ、時間に余裕を持って向かえばいいということで、悪いのは自分なんですけど。

<しあいのかんそう>
①赤嶺デー まぁ、よく走ってました。最後のほうはガス欠だったけど、常にチャンスを狙う姿勢は素晴らしい。FWは点とってナンボだもん。練習で結果を出しても、試合には出してもらえない、と悩み続けていたようです。どうしていいかわからない、辛い、とも。こういう「理不尽さ」はどの世界にもあることだけど、なぜその状況になっているのか、冷静に考えてみることが大切だと思う。誰かが故意に意地悪をしているのでもない限り、理由はある。その理由を「自分にある」として、精進できる人が一番強いんじゃないかと思ったりします。それか、まったく何も考えずに黙々淡々と練習を積み重ねるか、だなぁ。平山の「突発性難聴」は精神的ストレスが原因なことが多い。会社でも何人か、病院に通ったり、入院した人がいます。今は確かに、平山にとっては辛い状況。でも開き直ってやるしかない。チャンスは絶対に来るから、その時に赤嶺のようなパフォーマンスができるか、です。
サッカーの世界って、厳しいなぁ。

②動け! 三ツ沢はもう、声が響く響く。PKで点を取られた2分後、赤嶺のゴールですばやく同点。これが良かったと思う。あのままなかなか点が入らなかったら、前回のナビスコ予選で横浜FCに0-1で負けたのと同じ展開になっていたかもしれません。でも、全体的な流れとしては「マッタリ」ムード。攻めの運びが遅い。スタンドから、ファンの「動け!」「早くしろ!」の怒声がピッチに反響しています。・・・バッチリ選手には聞こえているだろうなぁ。「前に蹴れば、点入るから!」とか叫ぶやんちゃ坊もいました。

③石川のクロスを目の前で。 後半は前のほうの席に移動しました。目の前で見ちゃいました!石川の、石川の・・・ヤバスクロス。回転しているボールがきて、そのままダイレクトにクロス。ますますヘンに回転して、ボールはあらぬ方向へ。む~ん。そりゃ、そうなるよぅ。一回ボールを足元に置いてから、落ち着いてうてばいいのに。って、DFが寄ってきてるからそんなタイミングはないのかもしれないけれど。石川、クロスだよ、クロス!いいクロスが入れば、東京のFWは点をとってくれるんだから!(と期待したい。)

④クネクネ梶山キープ。 ハァ。スタメン落ちしちゃった。梶山をもっとバージョンアップさせたいのに・・・。ナゾの変態アクションキープ、あれがたまらなく好きです。昨日も炸裂していました。あのシュートが入っていれば、盛り上がったのになぁ。最近の梶山はよく走るようになったと思う。
追記:サッカー好きCDは、CL決勝前?合間?にMXで本試合を観たらしい。そして一言。「梶山、良くないよ。ボールを持つと何かうまそうに見えるけれど、攻めが遅いよ。」  ・・・にゃー・・・・・。

020 ⑤のしのし福西。 写真は、ゴール裏からメインスタンドへ向かって来る選手たち。今日も福西がガツッと先頭歩いていました。・・・なんでいつも??今度、機会があったら、聞いてみよう。

正直言って、モニはよくわかりません。無難にこなしているように見えるけど抜かれるシーンもあったし。ただ、前のようにドドーン!と絶対的な存在感はなかったように思います。まだまだ完全復活までは時間がかかるのかなぁ。頼むよ、モニ。あたしはボランチの今チャンが見たいのよ。
ということで、決勝トーナメント進出!まずは横浜Mと対戦します。・・・また横浜かぁ。今度は遅刻しないようにしよう・・・って、7月7日は旅行入れちゃってたよ!決勝トーナメントがそこに組まれていたとは・・・!

よーし、旅行は一日ずらしちゃうぞぉー。

さ、土曜日は名古屋戦。なごやんなごやんー!!なごやん買占めますから!

2007年5月23日 (水)

勝った!そして磐田コール。

Aoaka_100_1 赤嶺の2ゴールで勝った!そして磐田が勝ち、大分が負けたので、おおー!予選突破!すかさず、ゴール裏では磐田コールが。赤嶺はゴール裏でファン一人一人と握手してました。って、ここどこ?暗いところに迷い込んだー!!駅までの帰り道がわからないー!!

ただいま、

控え選手の練習中。後半は前のほうで観ようっと。

なんだか。

東京のゴール裏のほうが人が多いんですけど。スタジアムは小さくて、けっこうガラガラで、選手の声がよく聞こえて、ボールを蹴る音まで響いて…。何だか懐かしいな…。前半、すぐに点を取り返したのは、良かった!さあ、後半。

またもや間に合わない。三ツ沢へ

横浜の行き方なんてわからないよぅ。

会社を出るのが、思いの外遅くなってしまった。しかも、この年になって(カンケイないか。)、横浜の行き方がわからない。大体、横浜なんて試合を観に行く以外行かないもの!(少し逆ギレ)。携帯の乗り換え案内を見たものの、品川駅の中がよくわからない。広すぎるし、とにかくよくわからない〜(泣)!走り回った挙げ句、東海道線に乗り遅れ、ならば京急!と乗り込んだら、ウッソ〜、京浜東北線。サイアク。一番時間がかかるよぅ!横浜からバスっていうのも時間が読めないし、あぁ、間に合わないなぁ。まぁ仕方ないやね。

今日は赤嶺、モニが先発。じっくり観察せねばなるまい。しかし、今チャンはCBに定着なのでしょうか?エヴァウドはどうしたのでしょうか?
試合後、会社に戻ることになっていますが、結果如何ではどうなるかわかりまへん。

2007年5月22日 (火)

ユニデザインはお好みで。

10年目ですかぁ。

1999年にクラブが創設されてから、来年で10年目。早いものです。年をとるわけです。10年目企画として、「ユニフォームデザインをみんなで考えよう!」がオフィシャルサイトで発表になりました。歴代のユニフォームも見られるようになっている。ampmが胸スポンサーだったのって、短い期間だったんだなぁ。押し入れのどこかにしまったままだなぁ。
新しい青赤デザインのユニフォームが並んでいて、点数をつけるアンケート方式。おぉ、幻と消えた縦縞デザインもある。バルサっぽいやつね。やっぱり縦縞カッコいいなぁ。ルーたんとかワンチョペとか外人にはこっちのデザインのほうが似合うだろう。
…日本人は?どうかな?ノリオとか、微妙かなぁ。でも何故か縦縞を着ている選手達を想像すると、もの凄くサッカーが巧い選手に見える。不思議だけど、ユニデザインって意外に大事なのかもしれないな。

2007年5月21日 (月)

今チャンの笑顔が何よりウレシイです。

Aoaka_076 やりました!今季初の連勝!

○が二つならんだ・・・ウレシイ。試合後、ゴール裏にやってきた今チャンがとてもニコニコしていたので、こっちまでニコニコしてしまいました。あぁ、「勝つ」っていいなぁ。
それにしても、よそ様のスタジアムを悪く言いたくはないのですが、日産スタジアムって見にくいです。前は2階を開けてくれていたので、広々したところで上からゆっくり観れたのに、1階は見にくいし、ぎゅうぎゅうだし、陽が差し込んでまぶしったらありゃしないです(これは仕方ないけど。)、ブツブツ・・・てな不満も吹き飛ぶ福西の一発。目の前でネットが揺れた時には、ぐわあぁおうおおうと意味不明な叫びを上げてしまいました・・・周りの方々、スミマセン。キーパーが前に出ていたので、これは入るかも・・・と思ったけど、どんぴしゃりでした。素晴らしい。

<しあいのかんそう>
①遅刻した・・・。 小机からもけっこう距離がある日産スタジアム。席には3分遅れで着きました。くそぅ、何も買ってこれなかった。新横浜でシュウマイ弁当購入予定だったのに。新横浜からのほうが時間がかかるので、小机から徒歩。でも遠かったな。帰りはウフウフ気分なので気にならなかったけれど。

②徳永の特攻ドリブル。 まさにドドドドドドドドドという感じで中へ突っ込んでいく徳永のドリブルが何回か炸裂しました。前半2回くらいあったかなぁ。最後は大体自爆するんだけど、オラオラオラオラと前へ進んでいく姿は迫力があります。今まで、徳永のドリブルというと、前ではなくて、(あまりイミもなく)横へ進むイメージがありました。いやしかし、徳永は安定していると思う。CBの時もあったけれど、やっぱり右SBでガンガン前に行くのが徳永らしい。

③ノリオの左SB、いいんじゃなぁ~い。 「絶対に、左SBは金沢、ノリオはその前!!」派だったのですが、うーん、守備でやや不安はあるものの、なかなかどうして左SBのノリオとリチェーリのコンビはいいじゃないですか。試合後のコメントでも、二人で話し合ったりして左サイドを戦略的に機能させようとしている。ノリオ・・・大人になったのう。金沢にもスターティングメンバーを奪取する意地を見せてほしいけれど(土肥チャンみたいにね。)、ノリオの成長っぷりがわかるこの2試合でした。

Aoaka_082 ④福西考。 先週の今チャンに続いて、ゴール裏の「シャー」要求をさらりとかわして去っていった福西。あのループシュートはお見事としか言い様がない。チャンスがあればどんどんシュートを打たなくちゃね。前半、東京は攻撃をシュートで終わらせることが少なくて、そこが歯がゆかったのですが、試合後のコメントで福西もその点を指摘していました。せっかくチャンスがあるのに、PA内で細かくパス出したりして、相手にカットされて・・・なんていうシーンは見たくない。積極的にいけ!・・・あぁ、それにしても・・・福西の声がもう少しシブかったら・・・ラブ~なんですけどね・・・残念!まぁ、サッカーがうまけりゃいいのよ。

⑤今チャン、藤山CBコンビ。 この二人のCBでリーグ戦を戦っていくなんて、誰が想像しただろう。いまや、一番安定している不動?のDFメンバー。後半、藤山対マイクはさすがにシビれたけれど、今チャンの鬼守備もあって、横浜Mを完封。個人的にはボランチ・今チャンに復活してほしいけれど、このままいくのかなぁ。そういえば、モニ、エヴァウドはどうしたのーっ?(藤山がマイクをしのげたのは、平山で練習しているから[原監督・談]って・・・平山・・・あんた、本気で頑張らないとヤバイよ・・・。)

⑥梶山の好調続く。 今日は梶山を中心に試合を観ていました。梶山はホントに調子に波があって、東京の状態もその影響を受けてしまう。試合を観る限りでは、梶山の好調は続いているようだ。これがずっと維持できれば、それこそJリーグを代表する選手になれると思うんだけどなぁ。でも、粘り強くなったし、フィジカルでも強いところを見せているし、梶山の中の人が変わったようだ。前みたいに「ええーっ」というような軽いプレーも少なくなったし。なんというか・・・真剣さが出てきたというか。とにかくもう、梶山に大期待ですよ。

⑦そこで、FW陣。 やっぱりFWが点取らないとね。ワンチョペ、ルーカス、リチェーリといて、点が取れないというのはサミシイぞ。ワンチョペ・・・・・・いや、まだ信じているよ、あたしゃ!

次は、ホームで名古屋戦。名古屋戦以降、上位チームと当たり始めます。ここで順調に勝てると、今の調子もホンモノなのですが・・・。おっと、忘れていた、その前にナビスコの予選が水曜日にありました。横浜FC戦。ううーん・・・ここは勝ちにいって予選突破を目指すか、体調の悪いルーカスを休ませたり、モニ・エヴァCBコンビを試したり、リーグ戦の「調整試合」にするか・・・・・・悩みどころだなぁ。

怒られちゃうかもしれないけれど、個人的にはリーグ戦を大事にいきたいなぁ。

2007年5月20日 (日)

うわあ~間に合うかっ?日産スタへ。

出遅れたぁ。

しかも笹塚から渋谷に出るのに、血迷って明大前まで戻って、井の頭線で渋谷へ作戦をとったら、完全に裏目に出た。素直に新宿から山手線に乗れば良かったっす。これはギリギリか間に合わない感じだなぁ。小机から走るかなぁ。足が痛くて走れないんだった…。
さてスタメンは千葉戦とまったく同じ。まぁ、うまくいったものを動かせないのはわかるけど、もうCBは今チャン、藤山で固定化するということなのでしょうか?…ん?モニもエヴァウドも控えに入っていない。どういうこと?ケガ?さらに平山も赤嶺もいない。FWの控えは石川か。
はっきり言って、ここ最近、日産スタジアムでいい思いをしたことがないので、足取りはやや重いけれど、連勝するシーンが観られることを期待しよう。
あと、リチェーリの確変が終了していませんように。

2007年5月19日 (土)

アマラオ、アンバサダーに。

アマラオが、JFAアンバサダーに認定された。

アンバサダーは現在、澤登氏、相馬氏、武田氏、福田氏、城氏、小倉氏、前園氏などが登録されていて、日本協会主催のサッカー普及活動に努めている、とのこと。

フフフ・・・。やった・・・。
今、フットサル大会の仕事をしていて、その盛り上げ施策を企画しています。その打ち合わせにて(一週間くらい前)。
私 「やはり注目されるには、現役のJリーガーは無理として、引退したサッカー選手に参加してもらうというのがいいんじゃないでしょうか?」
サッカー好きCD 「例えば?」
私 「アマラオ、とか!!」
サッカー好きCD 「一般的に知られているのかなぁ。」
コピーライター&デザイナー 「・・・知らないです!」
(フン、アマラオを知らないでフットサルができるかぃ!)
サッカー事業部スタッフ 「アンバサダーを起用するのはアリだと思いますよ。」
(アンバサダーってなんじゃ??)
サッカー好きCD 「んまぁ、じゃあ、そういうのもアリということで。」
私 「・・・アマラオ・・・は?」
(誰も答えぬまま、話題が他に移る。)

フフフ・・・。そうですか。アマラオがアンバサダーですか。やったー。これで、堂々とアマラオ参加を提案できるよぅ。アマラオ+一般の人でつくるフットサルチーム。素敵じゃないですか!営利目的の大会ではないし。

最近、サッカー絡みの仕事が多いです。過去にもいくつかCMをつくったりしています。その裏話を書きたい・・・のですが、書いてもいいのかなぁ。

2007年5月18日 (金)

喜ばしいことですが・・・、出ません。

盛り上がってますね、totoBIG。

かつて全然売れなくなって、廃止すらウワサされていたtotoが、totoBIGですっかり息を吹き返した感じです。でも、キャリーオーバーがここまで多額になっているからだとは思うけれど。
6億円って、すごいです。当たったら・・・ってことがあまり想像できない。昨日、会社で話題になったら、男性陣は口をそろえて「いいかげん社員になる。」って・・・なんじゃ、そりゃ?
一応、今回も買いました。えー、出ません。本当に出ません。「1」が。ほとんどが「2(東京の勝ち)」。「0(引き分け)」がいくつか。いや、あの、心から東京を応援しているんですけどね、一口くらい「1」があってもいいかなぁ・・・と、どんどん買い足したのですが、先週の逆で一向に「1」が出ない。これ、ネタじゃありません。
おし!けっこうなことじゃないですか!大好きな東京と心中ですよ!東京が勝つんだから、「2」だけで十分じゃあっ!デモ、totoBIGッテ、ホントウニアタルヒトガ、デルノ・・・?

何だか、横浜Mが苦手になってしまっている東京。去年は一度も勝てなかった。今年は快勝してほしいなぁ。というか、今の東京には「連勝」が大事。イキオイに乗って、選手たちが自信を持つためにも。
ついでに言うと、私のtotoのためにも「連勝」が大事。頼むよ!

2007年5月17日 (木)

快勝。五輪予選。

きっちり快勝した五輪二次予選の香港戦。

平山も得点したし、何といっても本田のFKがすごい。翌日のテレビが「魔球」「魔球」と騒いでいたけれど、キーパー動けず、本田も「まあ、当然っすよ。」というふてぶてしい態度。微笑ましい。こういうキッカーがいると、FKのチャンスもワクワクします。東京は・・・何というか・・・まぐれを期待!というか・・・。そういえば、宮沢のFKはワクワクしたなぁ。

で、平山は次の消化試合、マレーシア戦は累積警告で出場できない。にもかかわらず、合宿を含めて「帯同」を希望しているとか。反町ジャパンの「ヒデ」を目指しているとも。「ヒデ」の件はともかく、平山の前向きな姿勢はいいんじゃないかと思う。でも、一方では、チームでのポジション争奪戦に関しても、もっと真剣に、必死にならないとヤバイよ、と言いたい。
ワンチョペが調子をあげてきて、リチェーリが結果を出している。ただ、この先必ず平山にもチャンスが来るはず。その時に、誰もが認める結果を出せるかどうか。五輪もいいけど、「プロ」であるからにはチームに貢献しなくちゃ、キビシイです。

まぁ、代表で活躍して調子をあげるパターンももちろんありますけれど。
加地クンとかね。

東京の悩めるFW、平山。日本中の注目を浴びるプレッシャーに負けずに、精進してほしいです。

2007年5月16日 (水)

どうなる?FW陣。

リチェーリがA契約になった。

ワンチョペも調子をあげているし、FC東京FW陣は、ワンチョペ、ルーカス、リチェーリ、赤嶺、平山、川口、小澤、石川(MF登録ですけど。)・・・何だかスゴイ。どうして「点が取れない病」に苦しんでいた(いる?)のだろう。
今日のトーチュウによると、リチェーリが先日の試合での1アシスト、1ゴールの活躍をブラジルの両親に報告したところ、「もっと頑張りなさい。」と言われたという。いい両親だなぁ。息子の可能性を信じているんだなぁ。ここで喜んでいるだけじゃダメだと。
褒められて喜ぶということは、そこがピークの力と認めること。自分はまだこんなもんじゃない、もっと先へ行けるんだと思う人は、その途中で褒められても嬉しそうにしない。「え?何で褒めるの?」みたいな。
その最たる人は、そうです、今チャン。あれほど好プレーを披露しておきながら、決して「今」に甘んじない。スゴイよなぁ。
ヘラヘラした毎日を送りがちな私の、「人生の師匠」ですよ。今チャン、ラブ~ですよ。

さ、会社行こ。フー。

2007年5月14日 (月)

さようなら・・・ササ。

携帯電話が壊れた・・・・・・。

というか、携帯電話には「内蔵電池」が組み込まれており、経年劣化によってあちこちに不具合が出始めるらしいです(by ドコモの人)。つまり2年くらい経つと使えなくなってくると。知らなかった・・・。
すでに2、3週間前に、新しい携帯端末は会社から支給されているのですが、いま使っている携帯の待ち受け画面にササの写真を設定しているので、なかなか替える踏ん切りがつかなかったのです。ササの写真はFC東京の携帯サイトからDLしたもので、miniSDに保存できない(何でだろう?)。・・・このままこの携帯を使い続けないと、ササとの別れになってしまう・・・とグズグズしていたら、先の理由により、携帯が壊れ、突然ササの画像が立ち上がらなくなり、プリインストールされている「ネコ」の画像になっていました・・・orz。こんなにあっけなく「別れ」がくるなんて・・・。

と悲しんでいたら、いつの間にかまたササの画像に戻っておりました。わーい、お帰り、ササ!
でもなぁ・・・。もういない男の影をいつまでも追っていても仕方ないのかな・・・。そういえば、最近のササはどうなのかなぁ。活躍しているのかなぁ。

新しい携帯の待ち受け画面は・・・今チャンかルーカスにしようと思います。(でも明日も半壊れ状態のササ携帯を使っている気がする・・・。未練がましいけどさ。)

2007年5月13日 (日)

浮かれ、のち、冷静。

005 あぁ、勝った・・・。ホッとした・・・。

とにかく昨日は、リチェーリが良かった。あの運動量と粘り強さ。2点目、3点目は千葉のDFがモタついていたところにつけ入ったリチェーリの粘り勝ち。
スターティング・メンバーは、前にワンチョペ、ルーカス、リチェーリの外人助っ人トリオが入った。リチェーリかぁ。少し前にサテライト戦で彼のプレーを見たが、そんなに印象がなかったような・・・。さて、今日はどうかと注目していたら、序盤から走る、走る。これは相手もイヤだろうなぁ。何しろ、どこにボールが行こうが、もの凄い速さで追いかけていく。リチェーリだけではなく、全体的に動きがいい。梶山もリチェーリも、レギュラーをかけての勝負どころだ。そして、土肥チャンも。
おかげさまで、東京−千葉戦が「2(千葉の勝ち)」「0(引き分け)」ばっかりのtotoBIGははずれたけれど、いい試合ほど幸せな気持ちになることはないです、ハイ。

001_1 <しあいのかんそう>
①「赤の呪い」から解き放たれた? あぁ、土肥チャンのユニ、赤だ・・・。誰が言い始めたのかはわからないけれど、土肥チャンが赤いユニフォームを着ている試合は勝てないという・・・恐ろしいジンクス。そう言えば、選手入場のとき、赤ムクムクが腰からぽっきり折れて死んでいた・・・あれは「赤の呪い」の終焉を意味していたのかもしれない。
試合開始直後の決定的ピンチ。あの1対1を弾き返した土肥チャンの神セーブはこの試合にとって大きな意味があったと思う。GKはゴールポストを守るだけじゃなくて、試合の流れも左右するんだなぁ。塩田との正GK競争も熾烈になってきた・・・熱い。

②ルーカス、のろしの一発。 試合の入りとしては、千葉も悪かったわけではないと思う。決定的なチャンスもあったし、何度も東京のDFを抜いていた。ただ、東京もリチェーリをはじめ、梶山、今チャン、ルーカス・・・全体的に攻守の動きがいい。そうそう千葉の思い通りにはさせないだろう。あとはゴールを決めることだ。できれば、千葉よりも早く。なかなかゴールを決められなくて、相手のセットプレー一発で負けるなんて、それだけは勘弁してよぅ。
出ました!ルーカスの目の覚めるような見事な弾丸ミドルシュート!ポストの右隅に突き刺さる。奥さんへのバースディプレゼント・ゴールだ。奥さんのいるであろうメインスタンドに向かって、何度も左手の指輪にキスをしていたルーカス。ううう・・・ルシア夫人がうらやましいわぁ~(悶)。

③千葉の自滅。 後半開始後、千葉のDFラインに何が起こったのだろう。明らかに危険なパス回しだった。悪く言うと「タラタラプレー」。2点目、3点目はそのタラタラプレーの隙をついたリチェーリの果敢なプレーからだった。続けて2回もの失態・・・あり得ないでしょう。リチェーリの気持ちの入ったプレーはもちろん讃えられるものだけれど、2点目以降は千葉の自滅という要素があったことを認識しておかなくてはならない。リチェーリのナイスファイト、ワンチョペのグッドポジショニングが、この先どこまで通用するか。ドキドキしながら大注目。

④ほらね、梶山。 まさか、ノリオ。 常々、「東京は梶山の調子に左右される」説を唱える者として、昨日の試合は「ほらね~」でした。よく走っていたし、あの独特なクネクネボールキープは健在。パスの出しどころも華がある。「調子のいい」梶山のいるピッチは、圧倒的に面白い。そして「まさか」のノリオ。正直に言って、千葉の水野にやられまくる姿を想像していました(ちょっぴりね。)。いや、よく水野をおさえていた!ノリオ、素晴らしいっ!「まさか」っていうのは失礼でした。

⑤ノリノリスタジアム。 外人助っ人のゴールラッシュに、味スタ大興奮。やっぱりホームゲームはこうでなくちゃ。♪おぉ~俺の東京~おぉ~青と赤の~♪というなつかしい歌もきけて何だかタイムスリップしたような不思議な気持ち。「眠らない街」も唄えたし、ここ最近の鬱々としたスタジアムの雰囲気も一掃されました。良かった・・・ホント。

⑥あえて、一言。 でも、あえて一言いいたい。4-1のスコアで勝ったのは喜ばしい。でも、まだまだ東京はこんなもんじゃいけないと思う。派手な試合内容に気が向いてしまうが、すべてが好転しているワケではない。例えば「交替」。リチェーリ、川口は確かに疲れていたし、この得点差で「守り」に入るのは正しいでしょう。でも、交替後は千葉のボールが回りだして、東京は「余裕」というより(いつもの)「しのぎ」状態になった。危なかった。3点差あったから安心していられたものの、東京のサッカーは「ギクシャク」。さらに浅利を投入して、逃げ切ったけれど。
東京のサッカーはこんなもんじゃない。もっともっと成長していく姿を見たいの、おねーさんは。この試合で安心しちゃったら、本当の意味で「ヤバイ」のよ、きっと。

今チャンは、相変わらずキビシイ。試合後のゴール裏前インタビューにて一言。「今日は勝ったけど、サポーターのみなさんもあまり浮かれないで、冷静になってください。」 うう~ん、今チャンたら、いけずぅ~。シャーのリクエストにも応えず、颯爽と去っていきました。まぁ、こういうところもグッときちゃうワケですよ。ウフフ。
この後のリーグ戦は・・・中断前まで、横浜M、名古屋、清水、浦和、甲府、G大阪、鹿島と続く。・・・ひぃぃ、確かに浮かれている場合じゃないですよぅ!正念場ですよっ。勝って兜の緒を締めよ(だっけ?)、ですよっ。

そういえば、味スタでフィッシュ&チップスを食べ損ねた。美味かったのかなぁ・・・・・・クスンクスン。

2007年5月12日 (土)

足をひきずり、味スタへ。

左足の指をまたも不注意で痛めてしまった。
当然、先週捻挫した部分に最悪な影響を及ぼし、歩くのもままならない。でも、味スタへの京王線に乗り込みました。「ユルネバ」を、「眠らない街」を唄うんだぃ!…正直、気持ちはワクワクというより、ちょっとローテンションですけど。
石川はやはりベンチ外でした。出たいという気持ちはわかるけど、ケガの時は大事にしなくちゃね。お誕生日、おめでとう。
先日の横浜FC戦でイヤな感じがしたのは、横浜が勝利によってチームを立て直すんじゃないかということ。むむ…。今日、広島に勝ったらしい。ひぃぃ。いや、他のチームの勝敗より、今日の東京だ。いい試合を観せてほしい。

2007年5月11日 (金)

♪「1」がでてこない・・・やめられない、このままじゃ~。

と、古い唄の歌詞なんか使ってみたりして。(原曲は「ハートのエース」だったかな。)

んなことより、出てこないんですよ、「1」が!!totoBIGですよ!キャリーオーバー発生中で博打臭プンプンですよ!! FC東京-千葉。ホーム90分負けの「2」ばっかり出ます。あまりに続くから、こっちも意地になってどんどん買い足して・・・やっとお情けのように「0」(引き分け)が出た。ケンカ売ってんのか、ゴルア!といきり立つ心をおさえざるを得なかったのは、購入累計金額がオソロシイことになったからです。トホホ・・・。
まぁ、あたしゃ、6億円より東京が勝ってくれれば、それだけで幸せよ。

明日は、石川のバースディだそうです。本来なら、記念のバースディ・ゴールを決めたいところだろうけれど、先日の試合のケガが原因で出場できるかどうか微妙な状況みたいだ。本人は、休んでいる場合じゃない、何が何でも出る!と意気込んでいるけれど。
個人的意見としては・・・石川、休め。チームは厳しい状況だけど、プロのサッカー選手なら、何よりも「足」を大事にしなくちゃいけない。この1試合がこの先の何十試合もに影響することだってある。そしてサッカーはチームスポーツ。一人の力でどうにかできるスポーツじゃないし、もし途中で悪い状態になったら、貴重な交替枠を一つ費やさなくてはならなくなる。冷たい言い方かもしれないけれど、そんなリスクを負ってまで出場する意味が(石川にはあっても)チームにあるのだろうか?と思う。

石川の「強い気持ち」はリスペクトしたいと思う。
でも、グッとこらえて、万全の状態でピッチに立つ精神力を持ってほしい。

なーんて、捻挫の痛みに負けて、雨の川崎戦に行かなかった自分に、エラそうなこという権利はないんだけど・・・。私の根性なしっ!! 石川のほうが100倍立派だよ・・・トホホ。

2007年5月10日 (木)

・・・・・・キッツイぞ、これは。

P1010590 今日、試合後に初めて悔し涙が出そうになった。

確かにチャンスはあったかもしれない。でも、完全に強豪チームとは一線を画する・・・レベルの低い試合じゃないですか。悔しかったのは、技術云々というより、このチームのバラバラな状態だ。試合に負け続けたって、万が一J2に落ちたって(そんなことにはならないと信じているけれど)、ファンをやめることはないと思う。そのへんは、腹くくって応援している。でも選手全員がイライラしたり、自信をなくしたりでムードが良くないチームを見るのはしんどい。本当に、どうしちゃったの?東京!

<しあいのかんそう>
①「いつか」は「いつまでも」。 何だかものすごく互角な試合。でもそんな中でも、東京のチャンスが何度も生まれる・・・沸き立つスタジアム・・・ため息にかわる。ハア・・・。相変わらずフィニッシュの精度がイマイチ。味方のいないファーにとんでいくクロス。チャンスがチャンスにならない。今何が何でも点をもぎとっておかないと、どんどん苦しくなるだろう。「いつか」点が取れる、なんて構えていると、「いつまでも」点は取れない。そんなもんです。

②試合は難しく。 前半にFKを決められて、焦る東京。あのチャンスをモノにしていたら・・・なんてもう遅い。案の定、横浜FCは引きまくって1点を死守する構えだ。平山、ワンチョペ、ルーカスの3人でもなかなかゴールをこじ開けられなかった。強く身体を寄せてくる横浜FC。絶対に勝つんだという気持ちが、東京よりも強いように思えたのは、自分だけだろうか?

③動かない東京に、荒くれるスタンド。 後半、足がとまった東京。フォローに行かない、走らない、動かない。メインスタンドでは、やじがとび始めて、何だかささくれだった雰囲気になってしまいました。

④家でゆっくりどうぞ。 そんな殺伐とした中で場違いな、いちゃいちゃカップル。試合が始まってから、もう、ずーーーーーっと男が彼女の身体を触りまくり。肩から背中から、腰までサワサワサワサワしている。にやにやして彼女に話しかけている。東京がチャンスの時も。ピンチの時も。・・・何しに来ているんでしょうか?家でゆっくりいちゃつけばいいのではないでしょうか?一応言っておきますが、うらやましいワケでも、やっかみでもありませんから!キーッ!!プンプン!

試合後、呆然と立ち尽くし・・・選手と共にファンへのあいさつに歩く原監督。苦悩の表情でうつむきながら。原監督、まだ次のことは何も考えていないとのコメントですが、もう土曜日には千葉戦です。ホームです。試合後のコメントで、あーするつもりだった、こーいう意図だったと表明していることを、どうか、試合前に、試合中に、選手たちに100%徹底してください。選手はどうしていいのかわからなくてオロオロしているようにみえます。

それでも、勝利を信じて、味スタ行っちゃうんだよね~。
よっぽど好きなんだな、東京が。

2007年5月 9日 (水)

爆睡。試合前。

ちょっと早くスタジアムに着いてしまいました。
会社はスーパーフレックス制なので、一時間いれば出勤したことになる。月で出勤時間数を調整すればいいのだ。というのはともかく、記念ピンバッチを入手した後、席で爆睡してしまいました。ハッと気づいたらキックオフ直前。おお!今日のムクムクくんは活きがいいぞ!さて、金ヒラに注目しますか!

2007年5月 8日 (火)

金ヒラ誕生。

平山もとうとう、伝統の(?)気合入れ丸刈りか!?と思ったら。

「金髪丸刈り」で、本人いわく「オシャレです。」とな。どーもコンサバなおねーさんにとっては、「金髪」っていうのは「気合」がイマイチ感じられません。潔く、ツルツルの坊主頭にせんかぃっ!そのほうが、もし「丸刈り」に自分の意思とか決意を込めたのなら、まわりにわかりやすいのになぁ。
いいじゃないですか。自分が必死になっていることがまわりに見えたって。カッコ悪くたって。実は、そういうのが逆にカッコいいと思うんだけどなぁ。
まぁ。平山は悪いことをしたわけではないし、「金髪丸刈り」にはオシャレ以外に何の意味もないのかもしれない。

ただ、チームの中にもっともっと強い「必死さ」とか「真剣さ」とか「危機感」が生まれるといいなと思っているので、平山の「丸刈り」がその意思を表すものだったら、チームの雰囲気を少しでも変えられるきっかけになるかもしれない、そう思ったのです。

スマートでもオシャレじゃなくてもいい、カッコ悪くても泥臭くても、貪欲にゴールに向かっていく、そんな東京のサッカーが観たい。

2007年5月 7日 (月)

我が目を疑う「力の差」。

底なし沼に沈み続けるか、這い上がれるか、もう腹をくくって見守るしかないのでしょうか?

マギヌン、我那覇のいない川崎との一戦。ただ、中村が復帰するし、好きにやらせてくれるようなチームじゃないのは明らかだ。一方、調子のいいFC東京のDF陣にはモニが復活。夢の島サテライトで見せた、全体を鼓舞する頼もしい姿が帰ってきた。
「多摩川クラシコ」と命名された一戦にふさわしい試合が見たい!・・・と誰もが思っていたでしょう。
あぁ、それなのに、キックオフ後に見たのは川崎との圧倒的な「力の差」。いや、個々の選手の能力では差がないはずだ。なのにチームとしての総合力では、悔しいけれど・・・はっきりとした「差」があった。FC東京は何かがかけ違えているような、チグハグなサッカーで始まった。

<しあいのかんそう>
①悪夢のような2失点。 前半2分、11分の失点。信じられないくらい、あっけなく簡単にゴールを奪われた。もう1敗もできないくらいに必死にいかなくてはならない試合のシーンとは思えないくらい、あっさりとやられた。スルスルスル~バシッ!シュート練習を見ているようだった。東京ファンは「・・・今の何・・・?」とボー然としたのではないでしょうか?私は食べていたチョコボールが、開いた口からコロリと落ちました。この後、怒涛の逆転劇が待っているの・・・?

②攻撃の厚みが違う。 その後さらに2失点を重ね、前半で4-0。はっきりわかったのは、川崎とは「攻撃の厚み」が違う。山本さんもTV解説で何度も言っていたのですが、川崎はPAに4人も5人も飛び込んでくる。2列目、3列目がバンバン攻撃に絡んでくる。得点の匂いがする。東京は・・・選手が孤立してしまい、フォローがない。中盤がぽっかりあいて、パスがつながらない。お願いだから、目を覚まして、東京!!

③意地の2得点。 後半5-0にまで差を拡げられ、一時はどうなることかと冷や冷やしましたが、FC東京にもいい攻撃のカタチが出来始めた。後半に関しては、FC東京が盛り返したという見方と、川崎が水曜日にACLをひかえて流したという見方があるようだ。でも、確かに流れがFC東京に向いていたし、その中で2得点できたのは大きいと思う。5-0で試合を終えるのとでは雲泥の差だ。東京の選手はナイーブでおとなしいところがあるから、自信だけは失ってほしくない・・・。

④怒る関塚監督。 時間はよく覚えていないのだけど、後半に川崎の選手が交替した後、ベンチの関塚監督の姿がTVに映った。普通なら状況的に余裕を持って構えていそうなところだけど、激しく選手を叱咤していたのだ。自分の方針でチームを作るというのは、大変なことだと思う。押し通す強い意志と確信、選手に対する厳しさがなければできないよなぁ・・・関塚監督の姿を見て、そう感じた。・・・原監督はどうであろうか?

⑤しみる大橋の言葉。 試合後の川崎・大橋の言葉。「誰が出てもフロンターレのサッカーができると思います。」これだよなぁ。強いチームには、これがあるんだよなぁ。原監督は、水曜日のナビスコカップ予選で大幅な選手の入れ替えを宣言したらしい。どんな東京のサッカーが繰り広げられるのか・・・皆目見当もつきましぇんよぅ(泣)。

⑥石川のひげ。 およっ、石川のあごにうっすらとひげが。真面目、品行方正、爽やかさで知られている石川に、どんな心境の変化が・・・?石川も今が大事な時期だ。研究されつくされているであろう「東京の右サイド」の迫力が復活するか?悩んでいるんだろうな・・・。がんばれ、石川!クロスの練習は欠かさぬように。

中2日で、今度はナビスコカップ予選の横浜FC戦。自分の気持ち的にはリーグ戦一色なんだけど、今の東京には、とにかくチームが「勝つ」ことが大事だから、しっかりと臨んでしっかりと勝ってほしい。
平日の国立開催は、何故か血沸き肉踊るのだ。会社を抜け出して行きますよぉ~。
国立は美味いものがないのが、タマに傷よねぇ。

2007年5月 6日 (日)

ううう・・・。断念。

明日は、等々力へ行くぞ!と青赤ポンチョを用意していたのに・・・。

昨晩、左足を捻挫しました。5本指の付け根部分全体です。家の中で滑り、ヘンなふうに足をついてしまったのです。湿布を貼り、包帯で固定したのですが、今日になっても痛くて満足に歩けない・・・こりゃ無理だ・・・orz。クヤシイ。サッカーは生観戦が一番!なのに・・・残念。アウエーチケット、一枚もったいないことしちゃったな・・・行きたいのに、チケットがなくて入れなかった人がいたら・・・ゴメンナサイ。

ということで、今日はNHKかスカパーで観戦します。NHKで東京の試合を中継するなんてめずらしいなぁ。いいところを見せなくちゃね。

そうそう、昨日の鹿島戦についての書き込みなのですが・・・。先取点を取ってから、同点にされるまでの2分間を「幸せ」と表現したのは、試合が終わった後の他愛ない感想なのであって、試合中に勝負をあきらめたワケではないのです。(そもそも同点になったくらいで、あきらめるファンっているのかニャー?)・・・ハア。

等々力に集結している東京ファン、川崎ファンのために、雨があがりますように・・・。面白い試合になりますように・・・。モニが復活しますように・・・。東京が勝ちますように・・・。ワッショイ@おうちができますように・・・。

2007年5月 5日 (土)

2分間の幸福。

Aoaka_074_1 もしかして、もしかして、勝っちゃうかも・・・?

あぁ、幸せな気持ちだった2分間。わずかな間だったのぅ(遠い目)。GWさなかのリーグ鹿島戦。お天気に恵まれた味スタは、3万人もの観客で埋まった。ここで面白い試合をして、FC東京のサッカーを印象づけなくてどーするの?ワンチョペ、頼むよ!との期待通り、後半12分にワンチョペのヘディングゴールが決まった。待望の先取点。このまま勝てるかもしれない・・・!と思った2分後にあっさり失点。・・・がっくし。しかも選手交替策が機能せず、追加点を許して、クヤシイ敗戦。クヤシイっていうか・・・。かなりヤバイです。

Aoaka_073_1 <しあいのかんそう>
①妖怪?3人衆。 今日はゲゲゲの鬼太郎デー。鬼太郎ブースの中に、平山、梶山、伊野波の等身大パネルが飾ってあった。何故か、このブースにしっくり馴染む3人なのでした。

②「ひょっとこ万頭」、「こしアン万頭」に変身。 鹿島戦の「FC東京が食べちゃうぞ!本日の一品。」に、「こしアン万頭」と発表された時、ちょっと胸騒ぎがした。こしあんの「あん」をアントラーズの「アン」にかけただけの、ダジャレともいえないこのネーミング。・・・っていうか、横浜FC戦の「ひょっとこ万頭」は普通のこしあん万頭に、ひょっとこの焼印を押しただけの自作商品だったことが判明(だって、「ひょっとこ万頭」でググッたら、万頭そのものがひょっとこの顔になっているものしか出てこなかったんだもん。)。もしかして、「こしアン万頭」って、「ひょっとこ」の焼印がないだけの代物だったりして・・・。実際のものは、「ひょっとこ」が「サッカーボール」の焼印に変わっただけの、まったく同じ万頭だった。・・・やっぱり。焼印変えるだけだったら、いくらでも新しいバージョン作れるじゃん!千葉だったら、「犬万頭」とか、名古屋だったら「鯱万頭」とかさ。
・・・もう、いいかげん逃避せずに、鹿島戦の試合のこと書こうかな・・・。ツライヨ~。

③「いいんじゃないの~?」の前半。 プレスは効いてるし、攻撃のカタチも作れているし、なかなかいい感じ。今日の石川はしっかり攻撃の起点となってチャンスを生み出している。塩田とゴールポストのファインセーブもあり、ワンチョペは・・・まあ何というか微妙なところもあるが、東京、いいんじゃないの~と期待させた。・・・が。

④入れ替わった東京・鹿島。 得点できずに終わった前半。この試合も、決定力不足に泣くのか?と思いきや、後半12分にワンチョペのヘディングゴールが決まった。ハァ~・・・やっとキタ・・・ワンチョペゴール。あれをはずしたら、前の席の爺さんが暴れだしたであろう。そのくらい、決めて当たり前のゴールだったけれど、シュートそのものより、あそこのポジションにいたことがエライということなのかな。ともかく。先取点。おっしゃあ。ウホホ~!
ところが、コーフンさめやらぬうちにあっけなく失点。その後がまったくイケマセンでした。鹿島の執拗なプレスに、チャンスをつくれない東京。前半と立場が入れ替わったように見える。後半半ばから、ワンチョペと馬場、石川とノリオの交替を機に?押され始める。焦るばかりの東京。栗澤と梶山の交替も、悪い流れを変えられなかった。遂に決勝点を与えてしまう。今回の交替策は、自滅策になってしまったなぁ・・・。

⑤FK・・・あそこでホントにノリオなのか? 前々から書いていることなのですが。確かに、ノリオのFKは威力があるし、華があるし、盛り上がるし、見たいと思う。でも、負けている状況のロスタイムで、あの中央の位置で、本当にキッカーはノリオがベストなのでしょうか・・・?勝っているのなら、ノリオに蹴らせてみよう!という気になるけれど、戦略的に位置を狙って蹴るのではなく、思いっきりまっすぐ蹴るだけのノリオのFKに、あの場面を託す気持ちには・・・なれないっす。冷たいヤツだと言われようが、ノリオコールが起ころうが、自分が監督だったら、馬場に蹴らせるっす。

中2日で、川崎戦。
順位は16位の崖っぷち。原監督に懐疑的な意見を持つファンが日に日に増える。もう「勝ちたいなぁ」なんていう事態じゃない。「勝たなきゃヤバイ」。

ハッ。月曜日の昼前から、かのサッカー好きCDとの打ち合わせがある・・・。くそぅ。負けたら会社休むぞ、ゴルア!(ウソです。)

2007年5月 3日 (木)

スッキリと勝ちたい、鹿島戦。

ありゃりゃ。平山、ベンチ外ですか・・・。

昨日の練習の様子から、「明日のメンバーから外れるかも」とのウワサはあったものの、本人にしてみたら、非常にショックだろう。昨年、電撃的にFC東京に加入してから、何かとマスコミに取り上げられ、その活躍を嘱望されてきた。今年、ワンチョペの加入によってポジション争いに晒されるが、開幕戦はスターティングメンバーにラインナップされ、意地を見せた。

正念場だな。キビシイ。
原監督も、現時点では平山よりも赤嶺のほうがいい、と明言しているし。FWは点を取らないと評価されない・・・ホント、キビシイ。オフィシャルの「若き青赤戦士の日記」で、昨日平山の日記がアップされた。映画が好きだ、もっと色々な映画を観て、今後生きていく上で糧としたい、とのこと。ちょっと心配なのは、平山はある意味、注目もされ、もてはやされてきた。今までサッカー選手としてうまくいかなかったこともあるだろうけれど、今が一番大きな「ピンチ」かもしれない。考えすぎて、思考的にもパフォーマンス的にも「負のスパイラル」にハマらないといいんだけど・・・。逆に、ここを自分の力で乗り越えられれば、何か、スゲー平山が再生されるような気がする。淡々と地力をつけていくのだ、平山!腐ったり、苦悩したりするヒマはないのだ!そんなヒマがあったら、好きな映画を観てリラックスしてくださいまし。

今頃、平山は小平で学芸大学と練習試合。がんばれー。

さあ、今日はホームで鹿島戦。
最近凝っている「岩盤浴」に行って、スッキリしてから味スタに向かいます。試合もスカーッとスッキリ勝って、爽快な気分で帰宅したいものです。頼むよ!

2007年5月 2日 (水)

もしかして・・・。

佳境のチャンピオンズ・リーグ。

リバプールがチェルシーをPK戦の末に下して、決勝戦へ。今日はACミランvsマンチェスターU。個人的には、決勝戦はリバプールvsマンUが観たいけれど、2年前と同じカードのリバプールvsミランも盛り上がる。あの時は、リバプールが前半の3点差を後半、同点に持ち込み、PK戦を制しての劇的な優勝。ユルネバ大合唱。朝までテレビに釘付けでした。

今年も聞けるかな、スタジアムに響くユルネバ。

まずは、明日味スタで。

追記: ACミランvsマンUは、何と、3-0でACミラン勝利。決勝戦、現地で観たいよぉおおぉおぉぉ~。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31