« ううう・・・。断念。 | トップページ | 金ヒラ誕生。 »

2007年5月 7日 (月)

我が目を疑う「力の差」。

底なし沼に沈み続けるか、這い上がれるか、もう腹をくくって見守るしかないのでしょうか?

マギヌン、我那覇のいない川崎との一戦。ただ、中村が復帰するし、好きにやらせてくれるようなチームじゃないのは明らかだ。一方、調子のいいFC東京のDF陣にはモニが復活。夢の島サテライトで見せた、全体を鼓舞する頼もしい姿が帰ってきた。
「多摩川クラシコ」と命名された一戦にふさわしい試合が見たい!・・・と誰もが思っていたでしょう。
あぁ、それなのに、キックオフ後に見たのは川崎との圧倒的な「力の差」。いや、個々の選手の能力では差がないはずだ。なのにチームとしての総合力では、悔しいけれど・・・はっきりとした「差」があった。FC東京は何かがかけ違えているような、チグハグなサッカーで始まった。

<しあいのかんそう>
①悪夢のような2失点。 前半2分、11分の失点。信じられないくらい、あっけなく簡単にゴールを奪われた。もう1敗もできないくらいに必死にいかなくてはならない試合のシーンとは思えないくらい、あっさりとやられた。スルスルスル~バシッ!シュート練習を見ているようだった。東京ファンは「・・・今の何・・・?」とボー然としたのではないでしょうか?私は食べていたチョコボールが、開いた口からコロリと落ちました。この後、怒涛の逆転劇が待っているの・・・?

②攻撃の厚みが違う。 その後さらに2失点を重ね、前半で4-0。はっきりわかったのは、川崎とは「攻撃の厚み」が違う。山本さんもTV解説で何度も言っていたのですが、川崎はPAに4人も5人も飛び込んでくる。2列目、3列目がバンバン攻撃に絡んでくる。得点の匂いがする。東京は・・・選手が孤立してしまい、フォローがない。中盤がぽっかりあいて、パスがつながらない。お願いだから、目を覚まして、東京!!

③意地の2得点。 後半5-0にまで差を拡げられ、一時はどうなることかと冷や冷やしましたが、FC東京にもいい攻撃のカタチが出来始めた。後半に関しては、FC東京が盛り返したという見方と、川崎が水曜日にACLをひかえて流したという見方があるようだ。でも、確かに流れがFC東京に向いていたし、その中で2得点できたのは大きいと思う。5-0で試合を終えるのとでは雲泥の差だ。東京の選手はナイーブでおとなしいところがあるから、自信だけは失ってほしくない・・・。

④怒る関塚監督。 時間はよく覚えていないのだけど、後半に川崎の選手が交替した後、ベンチの関塚監督の姿がTVに映った。普通なら状況的に余裕を持って構えていそうなところだけど、激しく選手を叱咤していたのだ。自分の方針でチームを作るというのは、大変なことだと思う。押し通す強い意志と確信、選手に対する厳しさがなければできないよなぁ・・・関塚監督の姿を見て、そう感じた。・・・原監督はどうであろうか?

⑤しみる大橋の言葉。 試合後の川崎・大橋の言葉。「誰が出てもフロンターレのサッカーができると思います。」これだよなぁ。強いチームには、これがあるんだよなぁ。原監督は、水曜日のナビスコカップ予選で大幅な選手の入れ替えを宣言したらしい。どんな東京のサッカーが繰り広げられるのか・・・皆目見当もつきましぇんよぅ(泣)。

⑥石川のひげ。 およっ、石川のあごにうっすらとひげが。真面目、品行方正、爽やかさで知られている石川に、どんな心境の変化が・・・?石川も今が大事な時期だ。研究されつくされているであろう「東京の右サイド」の迫力が復活するか?悩んでいるんだろうな・・・。がんばれ、石川!クロスの練習は欠かさぬように。

中2日で、今度はナビスコカップ予選の横浜FC戦。自分の気持ち的にはリーグ戦一色なんだけど、今の東京には、とにかくチームが「勝つ」ことが大事だから、しっかりと臨んでしっかりと勝ってほしい。
平日の国立開催は、何故か血沸き肉踊るのだ。会社を抜け出して行きますよぉ~。
国立は美味いものがないのが、タマに傷よねぇ。

« ううう・・・。断念。 | トップページ | 金ヒラ誕生。 »

コメント

誰が出ても自分達のサッカーが出来るってのはすばらしいことですな。
柏も新潟もそうでした。
One and Onlyはいていいと思います(フランサ、エジミウソン、ジュニーニョ)けど、いなくてもどうにかなるってのは組織としてのパワーですよねー。

もういい加減オーガナイズされたチームに個人×11が対抗できなくなる姿は見飽きました・・・

jin31110さん、コメントありがとうございます。

本当に、川崎戦の(特に)前半のチームバラバラ状態には、はっきり言ってショックすら受けました。約束事もなければ、お互いの意思の疎通もない・・・チームの中で何か起こっているのでしょうか・・・?

確かに今の東京のサッカーは、チームではなくて、個人×11ですね。うまくいけばラッキー!みたいな。だから脆弱なんですね。

選手の入れ替えで解決できることじゃないですよね・・・・・・。

アオアカさんには会社で申し上げたのですが、今週号の『サッカーダイジェスト』で、「Jリーガー108選手が選ぶベストプレーヤー」という巻頭特集をやっていて、その中での攻撃に関する項目「シュートセンスが優れている」「ポストプレーが上手い」「ライン突破が上手い」「ドリブル突破力に優れている」「「ゴールと直結するパスの精度」「クロスボールの精度」「プレスキックの名手」「ヘディングの強い」に、まったく東京の選手が選ばれていないのです。つまり、実際に戦っている相手の選手からみても、攻撃に関して言うと、東京には怖い選手が全然いない、ということ。明快な意図を持った組織的な攻撃が組み立てられない=「個人の高い能力」すら消し去ってしまう、ということ。なんとかしないとね。

サッカー好きCDさん、コメントありがとうございます。
すぐに見に行きました、サッカーダイジェスト。確かに、攻撃においては、ポストプレイヤーでルーカスに少し票が入っているのと、石川、平山が下位に名をつらねている程度でした。守備では今チャンが1対1の強さで一位、危機察知能力で二位と大健闘でしたが。攻撃サッカーを標榜しながら、他のチームにとっては東京の攻撃をまったく脅威に感じていないのですね。悔しいですが、これが現実。本当に早くなんとかしないと取り返しのつかない事態になりそうです…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/14983054

この記事へのトラックバック一覧です: 我が目を疑う「力の差」。:

« ううう・・・。断念。 | トップページ | 金ヒラ誕生。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31