« 我が目を疑う「力の差」。 | トップページ | 爆睡。試合前。 »

2007年5月 8日 (火)

金ヒラ誕生。

平山もとうとう、伝統の(?)気合入れ丸刈りか!?と思ったら。

「金髪丸刈り」で、本人いわく「オシャレです。」とな。どーもコンサバなおねーさんにとっては、「金髪」っていうのは「気合」がイマイチ感じられません。潔く、ツルツルの坊主頭にせんかぃっ!そのほうが、もし「丸刈り」に自分の意思とか決意を込めたのなら、まわりにわかりやすいのになぁ。
いいじゃないですか。自分が必死になっていることがまわりに見えたって。カッコ悪くたって。実は、そういうのが逆にカッコいいと思うんだけどなぁ。
まぁ。平山は悪いことをしたわけではないし、「金髪丸刈り」にはオシャレ以外に何の意味もないのかもしれない。

ただ、チームの中にもっともっと強い「必死さ」とか「真剣さ」とか「危機感」が生まれるといいなと思っているので、平山の「丸刈り」がその意思を表すものだったら、チームの雰囲気を少しでも変えられるきっかけになるかもしれない、そう思ったのです。

スマートでもオシャレじゃなくてもいい、カッコ悪くても泥臭くても、貪欲にゴールに向かっていく、そんな東京のサッカーが観たい。

« 我が目を疑う「力の差」。 | トップページ | 爆睡。試合前。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/14996589

この記事へのトラックバック一覧です: 金ヒラ誕生。:

« 我が目を疑う「力の差」。 | トップページ | 爆睡。試合前。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31