« マッタリ金曜日。 | トップページ | ありゃりゃ・・・。 »

2007年6月 2日 (土)

オシム監督の言動にハッとする午後。

オシム監督が記者会見で選手を批判することは珍しくない。

今日の「オシム、個人プレーを批判」というyahoo!ニュースの見出しにも、ああ、いつものことね、とあまり気にしなかった・・・が、昨日の試合(日本代表vsモンテネグロ代表)を観ていない私は、記事を読んでびっくりした。

「名指しで批判したのがMF中村憲だった。後半9分、右の駒野から中央でパスを受け、ペナルティーエリアのやや外側からシュートを放ったが、ボールは大きく枠外にそれた。指揮官はその直後にペットボトルを投げ捨て、タッチライン沿いまで飛び出して声を荒らげた。脇にフリーの選手(山岸)がいるのに、ゴールのはるか上のシュートだった。新聞の1面やテレビで取り上げられるのが頭にあったのかもしれない。」

問題のシーンを映像で観ているわけではないので、正確な状況はわからないけれど、つまり、フリーの選手が横にいるのにもかかわらず、パスをしないで自分でシュートしたが、ボールは大きく枠外に飛んでいった、オシム激怒、ということですね?

・・・よくあるんですけど・・・FC東京の試合では。うーん、例えば・・・横にルーカスがフリーで走ってきているのに、石川が自分でシュートしてとんでもなくはずすとか、ワンチョペがそれこそドフリーだったのに、ボールを出さずにシュートした選手もいたなぁ・・・誰だったかな・・・ノリオ?忘れちゃったけど。(最近、記憶力が激しく低下していて・・・コワイ。)

監督として、自分の目指すサッカー、それに向かうチーム作りから逸脱するプレーをした選手を、たったワンプレー!であれ、厳しく糾弾する。(何しろ、その瞬間、ペットボトルを投げ捨てたんですよ!)メディアに対して(つまり全国に向かって)個人批判をする。これはもう、原監督の記者会見に慣れている自分としては、キ、キビシ~!とびっくりしたわけです。
でも、中村憲剛はもう二度と(少なくとも代表では)、同じようなプレーをしないだろうし、他の選手も監督の戦術をおさらいし、決して戦術を無視するようなミスをしないよう「考え」まくると思う。こうして完璧な「オシムサッカー」ができあがっていくのだ。

オシムサッカーやオシム監督がどうとか、それに比べて原監督は・・・とか言うつもりはない。ただ、監督が自分の方針でチームをまとめていくには、圧倒的な「意志」がないとできないんだ、と感じました。そこには「甘さ」なんて1ミリもない。憎まれたって、嫌われたってかまわない、監督という仕事をまっとうするだけ、という強い「意志」しかないわけです。
その「意志」が発現される厳しさをくぐり抜けてきたプレイヤーが集結したチームは、そりゃ、強くなるだろうなぁ、と。

私には、まだFC東京の目指すサッカーも原監督の「意志」もイマイチよくわからない。スターティングメンバーもコロコロ変わるし。でも、まさか何の考えもなしでやっているわけではないと思うので、少しずつカタチができあがっている過渡期なのでしょうか・・・?
まぁ、モニとエヴァウドの両CBがケガで調子を上げられない、という不幸な大誤算があったのは事実ですけれど。

ただ、最近の原監督もどこが悪かったのかを(選手名をあげて)具体的に指摘するようになっているし、本気モードにスイッチが入ったのかもしれない。

来週の清水戦が楽しみだ。

なんか、新しい美味いもんがあるらしいですよ!

« マッタリ金曜日。 | トップページ | ありゃりゃ・・・。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/15288379

この記事へのトラックバック一覧です: オシム監督の言動にハッとする午後。:

« マッタリ金曜日。 | トップページ | ありゃりゃ・・・。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31