« Mボ、怒涛の更新(じゃなかった・・・)。 | トップページ | うどん屋で、外人補強を考える。 »

2007年7月21日 (土)

(俺たちの)ヨシカツキター!松木が泣いた!

いやぁ、興奮しましたー。まさに04年のアジアカップを思い出しました。

アジアカップ準々決勝、日本vsオーストラリア。・・・っていうか、アジアカップにオーストラリアが出るのって、やはり相当無理があるのではないでしょうかっ!?どう見たって、「アジア人」じゃないですよ、体格も顔も。それはともかく、W杯で負けた相手に今回は負けるワケにはいきません。同じ相手に続けて負けてはいけません。ナメられます。
後半、相手に先取点を取られて嫌なムードになりつつある中・・・すぐに高原がゴールを決めました。素晴らしい。「嘘つき高原」がこんなに頼れるFWになるなんて、あの夜の味スタの誰が想像できたでしょう。
しかし。相手が10人になってから、けっこうてこずりました。90分で・・・せめて延長戦で勝負を決めてほしかったです。・・・なぜなら、PK戦がキライなのです。ナビスコカップ決勝戦、FC東京vs浦和のPK戦の時は本当に卒倒しそうになりました。寿命が縮まります。でも今回は何と言うか・・・ヨシカツがやってくれるんじゃないか、という予感がしました。こういう時のヨシカツって、神がかるからなぁ。で、一人目、二人目のボールを弾き返したヨシカツ。すごい。日本、だんぜん有利!高原がはずした時は、ちょっとドキドキしましたけど。
だって、5人目のキッカーが・・・中澤!?ナビスコカップ決勝で5人目のキッカーとして加地が出てきた時のような・・・軽い衝撃。だ、大丈夫なのか!?
実は、今日の個人的な注目選手は中澤でした。アジアカップが始まってからずっと思っていたのですが、なぜこの人はこんなに「落ち着いて」いるのでしょう。どんなラフプレーを受けても、相手選手の攻撃に日本選手がテンパっている時も、非常に冷静。どんな場合でも落ち着いて対処するから、見ていて安心できる。いいDF選手だなぁ~。Jリーグで対戦する時は「ガム噛んでプレーする、スカシた奴ニャ。東京の選手たち、あのモジャモジャをやっておしまいっ!」と思っていましたが。ヘヘヘ。
で、その中澤がきっちりPKを決めて、日本がオーストラリアに勝ちました。中澤とヨシカツがガッチリと抱き合うシーンは感動的でした。「私ね、泣きましたっ!泣きましたよっ!」と声を上ずらせる松木さんはちょっと困り者でしたが。いやぁ~、良かった・・・ここは勝っておかないとね、オージーにナメられますから(シツコイ)。
おっと・・・。見せ場はなかったけれど、今チャンお疲れ様でした!

さあ、次は準決勝。おわっ、25日の夜!?むう・・・仕事入れないようにしなくちゃ。

追記:さっき、昨日の試合の録画を観ましたが、松木のセリフは「泣きました」ではなく、「涙が出ました・・・もう、もう、もう・・・涙が~。」みたいな感じでした。いい人ですねぇ。

« Mボ、怒涛の更新(じゃなかった・・・)。 | トップページ | うどん屋で、外人補強を考える。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/15839202

この記事へのトラックバック一覧です: (俺たちの)ヨシカツキター!松木が泣いた!:

« Mボ、怒涛の更新(じゃなかった・・・)。 | トップページ | うどん屋で、外人補強を考える。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31