« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

脅威の回復力。

あらら。梶山、もうスパイク履いて走っているのね。

来週から本格的なトレーニングを始めるとのこと。すごい。もしかしたら今年の残りのリーグ戦や、北京五輪最終予選に間に合うかも・・・?さすが梶山。何か別のもので身体ができているだ、きっと。でも中途半端な状態で出て、ケガを悪化させないようにくれぐれも気をつけてほしい。試合中にかかる負荷のほうが大きいですから。

会社でナビスコカップの決勝に誘われた。ガンバ大阪vs川崎は好カードだし、観に行きたいなぁ・・・でも次の日は天皇杯4回戦があるし・・・土日両日サッカー観戦っていうのも疲れるかなぁ・・・と悩んでいたら、
「Jseatですよ。」
「Jseat?」
「部屋になっているんですよ。そこにみんなで集まって観るんです。」
ううーむ。部屋なんて行ったことないぞ・・・。この先、行くこともあるまい。もしかしたら廊下で有名人に会えるかも・・・?とミーハー心にちょっと火がついた。でも馬に乗りに行きたいしなぁ。ううーん・・・。
「あ、中で食事ができて、飲み放題、食べ放題ですよ。」

「・・・・・・・・行く。」

あっさり決めてしまいました。いや、まぁ、食べ物に釣られたワケではないですけれど(・・・思い切り釣られている。)。どちらが勝ってもいいので、たまにはマッタリ観戦もいいかなぁと思いました。Jseatレポートをお楽しみに。

今週末は、サッカー三昧です。

2007年10月29日 (月)

むしろ川崎のファンに・・・ですか。ガックシ。

「むしろ川崎のファンになろうかな、と思いました。」・・・ソウデスカ・・・。

ハア・・・。最近、調子がいいこともあって、FC東京ファン増員キャンペーンを職場で展開していたのですが・・・。清水戦の時は3人の増員に成功し、その方々はその場で東京アオ熊ストラップを携帯に装着していました。 でも、昨日のような試合になると厳しいです。
同じ職場の男子が、一度観に行こうと、昨日友人と味スタ観戦をしたのです。恐る恐る、「・・・昨日、どうだった?まぁ、すごい試合だったよね。」と話しかけたら、「いやぁ。何か、驚きましたよ。FC東京側に座っていましたが、むしろ川崎のサポーターになろうかなぁと思っちゃいましたよ。」とのことでした・・・。
「どうだった?応援、盛り上がらなかった?」
「川崎のほうはすごく盛り上がっていました。FC東京のほうは・・・相手の6点目、7点目のときはみんな拍手してましたよ。」
そうですか・・・。拍手ですか・・・。スタジアムの雰囲気は、推して知るべしだ。
「4点ビハインドのハーフタイムで出てきたサンバのおねーさん達がかわいそうでしたよ。」

自分が東京のファンになったきっかけの試合は「負け試合」だったけれど、普通は強い勝ち方をするチームとか、面白いサッカーをするチームとか、スピリットが感じられるチームに人々は魅せられるのだ。

3万人も入った川崎戦・・・・・もったいないなぁ・・・。相手のファンを増やしてどーするの??(涙目)

とにかく。次のホーム戦、G大阪戦は善戦してほしい。というか、勝ってほしい。きっと大勢の観客が詰めかけることが予想されるので。リーグ優勝争いも最後までもつれてほしいな。そのほうがG大阪戦が注目されるからです。うう、今から緊張する・・・。

その前に、新潟グルメツアーがありますね。

2007年10月28日 (日)

♪フフフ~ン・・・・・ふごおっ!

喉からヘンな音がしました。

とても素敵な結婚式~披露宴も終わり、それでは行きましょうかと席を立つときに携帯で試合結果をチェックすると・・・。

・・・・・ふごおっ。

ナ、ナンデスカ、コレハ・・・。0-7って。隣の席のジェフファンの友人が「・・・退場者が出たんだよ、きっと。」と慰めの言葉をかけてくれました。ホントだ・・・退場者が出てる・・・川崎に。いくらなんでも7失点って・・・記憶にないような・・・。何があったんだろう。このイベント満載のファン増員大作戦の日に。

家に戻ってスカパーの録画を観ました。中継のはじめに鄭大世のインタビューがあり、「FC東京には負けにゃい。」と真顔で言っていて、「負けにゃい」とは面白い言い方するヤツだ、と普段なら微笑ましく思うのですが、ハットトリック決められたヤツともなれば、何だか憎々しく思えます。
試合自体は、何故こんなことになっているのかと目を疑うばかりの状態。もうバラバラ滅茶苦茶。いったい誰が何をして、誰が誰をマークして、どう動くのか、まったくワケワカランことになっています。同じミスが何度も続き、修正されることもなく、川崎の選手にスペースをフリーで使われまくりです。あんなに自由にやらせてもらえたら、ジュニーニョも、鄭大世も、マギヌンもさぞかしやりやすかったでしょう。

おかしい。
0-7って、昨年の天皇杯4回戦のFC東京vsバンディオンセ神戸のスコアと同じです。FC東京が7得点で、相手に得点を許さなかった。まさに、J1チームと社会人チームの差が出たスコアです。では、FC東京と川崎は、J1チームと社会人チームと同じくらい、選手の、チームの差があるのでしょうか?
あるわけがない。選手を比べても、ジュニーニョ、鄭大世、マギヌンと前でプレーする川崎の選手は恐いし、こちらは福西、梶山が離脱している・・・としても、東京にはいいタレントを持った選手がそろっている。堂々とそう言い切れる。では、なぜこんな状態に?

原監督の交替策があまりに攻撃的すぎて、DFが崩壊したというのも一因かもしれないし、個人的には「メンタル」な部分が大きかったような気がします。相手が毎回変わるワケですから、試合運びがうまくいかないことだってあるはずです。その時に、誰がどう判断して修正していくのか、指示を出すのか、ピッチ上のやりとりやぶつかりあいがもっとあってもいいような印象を受けました。今回は「自滅」のように、東京の「悪いところ」が出てしまった。うまくいかない、失点が重なる・・・気持ちの糸が切れる・・・。悪循環です。どうしていいのかわからず、どんどん深みにはまっていっているような感じでした。

このところ、東京のチーム状態は上向きだった。でも、やはり「もろい面」があることが露呈してしまった。まだまだ真に「強いチーム」ではないということだと思う。でも、少しずつ進歩していたのは事実です。そんな時に、「約束の3位に入らなかったから、監督交替」なんていうウワサがたつこと自体、なんというか・・・オカシイと思う。そんなこと言っている場合じゃない、一つでも勝つためにフロントも監督も選手も、必死にならなくてはならない状況なのだ、という認識が欠落していたのならば、甘いとしか言いようがない。監督交替があるとしても、発表の「タイミング」というものがあると思うのですが。

来週は天皇杯4回戦。相手を甘く見ずに、全力でいってほしい。全員で「絶対に勝つ」という気持ちで臨んでほしいです。

2007年10月27日 (土)

トーチュウのみなさん、明日、晴れ?曇り?なんすけど・・・。

今日のトーチュウのサイトで、いかに雨が東京の勝利に貢献するかということを、ものすごく詳しく説明していたが・・・・・・明日、晴れか曇りになりそうなんですけど・・・残念!って言っちゃいかんいかん、雨が味方しなくても大丈夫!

明日は試合の他に、楽しいことが目白押しです。恋人がサッカーに興味がなくて・・・とお嘆きの方はイベントを口実に、味スタへお誘いしてみてはいかがでしょうか。「ノッポンブラザーズ、見たくない?」「渦巻きソーセージ食べたくない?」とかとか。(この誘い文句が実際に効くのかどうかは保証できません。私自身が基準になっておりますので。) まぁ、一回来させてしまえば、こっちのものだ。あとは畳み掛けるように通い続けさせ、来年はSOCIOにしてしまえばいいのだ!男性、女性の方々、よろしくです。

・・・明日、行けません。結婚式です。ウフフ・・・って友人の結婚式なんですけど。必ずや、ブーケをぶんどってくるぞー!オー!!
ということで、ファンのみなさん、応援よろしくお願いします。まだ賞金圏内を狙えるワケですから、とにかく一つでも順位を上げなくてはなりません。何ていうか・・・「勝つ」って、勝ち点以上に大切なことのような気がします・・・今。

2007年10月26日 (金)

丸亀・・・別れなんてないよね・・・。

今年の天皇杯5回戦の場所が、丸亀に決まりました。

もちろん4回戦に勝てばの話ですが。思い出します、あの極寒の丸亀。アマラオとの別れのゲーム。毎年、天皇杯は「誰かとの別れ」があり、負ければそこで「サヨナラ」になり・・・辛い思い出ばかりです。今年も誰かとの「別れ」があるのでしょうか・・・。そんなこと、今から考えていても仕方ないんですけれど。

サッカーに「移籍」はつきものです。もっとレベルアップしたい、もっと出場機会を得たい・・・優勝の可能性のあるチームに行きたい、ACLに出場したい・・・海外のチームでプレーしたい・・・。その個人の想いを、ファンはただ黙って受け入れるしかありません。かつてアマラオの移籍をファンがくいとめた、という事実があります。でも、例えば渦中の今チャンが本当に移籍したいと希望したとしたら、残ってほしくても、「行かないで!!」と叫んだとしても、引き止めるために何と言えばいいのかわからないのです。
サッカー選手の活躍できる期間は、本当に短いです。キング・カズとか、ゴンとか年長選手もいますが、やはりピークを維持できるのは30歳~ちょいすぎくらいまででしょう。今チャンは来年1月で25歳。そこから5~6年として、その間にリーグ優勝、W杯、ACL・・・海外移籍・・・などの夢があれば、そろそろ動こうか、と思っても不思議じゃありません。
個人的には、ものすごく好きな選手なので、移籍してほしくない。FC東京にとって欠くことのできない、大切なプレーヤーです。
強くなりたいな・・・。強いチームになってほしい。選手の誰しもが、このチームの選手であることに大きな価値を抱くような、強いチーム。まぁ、そのためにも今チャンが必要なんですけど・・・。

と、ここまでシンミリ書きましたが、今チャンが移籍すると決まったわけではありません。(ただ、ものすごい争奪戦になるだろうなぁ・・・。)来年もアオアカのユニフォーム姿でピッチを走り回っていることしか、想像できません。

前回の丸亀は、行き帰り飛行機の日帰り観戦でした。何も美味いものが食べられず、非常にサミシイ旅でした。・・・ということで!今年は、1泊2日にしますよぉ~。
もう「高松とさぬきうどん」っていうガイドブック買っちゃったもんにぃ~。一鶴で「ひなどり」も食べるんだから!!

2007年10月25日 (木)

おおぅ、浦和ACL決勝へ。そして今チャンのこと。

浦和がPK戦の末に勝利をつかみ、決勝へ。
(昨日の書き込みに関して、たくさんの方のご意見をいただきました。どうもありがとうございました。遅ればせながら私のコメントも書きましたので、お時間がございましたら、お読みくださると幸いです。)

自宅のTVではスカパーは見れるのですが、悲しいことにBSは見ることができません。なので、浦和vs城南一和の試合はPK戦だけyoutubeで観ました。
な、なんだぁ~これは!PK戦のゴール裏にズラリと並ぶ、大きなフラッグ。こんなに持っているんだ・・・す、すごい・・・。城南一和が蹴るときに、その旗を一斉に揺らすという浦和ファンのカク乱戦法に思わず笑ってしまいました。これは城南一和にとって完全にアウエーの洗礼です。こんなことされたら、自分なら絶対にはずしてしまうと思う。ゴール裏全体が大きく波打っていました。

本当に浦和が、決勝に駒を進めたかぁ~。ううーむ。・・・正直、うらやましい。FIFAクラブワールドカップでACミランとか、ボカ・ジュニアーズと対戦することになったりしたら、あまりのうらやましさに悶絶しそうです。南米・・・特に欧州にとって、クラブワールドカップへのモチベーションがどのくらいのものかイマイチわかりませんが、少なくともプレシーズンに行う華試合よりもガチ試合であることは間違いない。くぅ~タマランネ!

ともかくFC東京も、今年はまだ天皇杯の一冠が残っているワケで、何としてももぎとってほしい。・・・って、盛り上がっている今は思うけれど、ACL予選ロードはやはり厳しいです・・・。想像すると、ワクワクする反面、心配になってしまう。でも、傷だらけになりながらも、そういうのをくぐり抜けてくる経験が大切なのかなぁ。

さて。またもや今チャンの移籍に関する記事が出ました。今度はガンバ大阪です。あの活躍っぷりを見たら、どこのチームものどから手が出るほどほしいと思うでしょう。冷静に考えて、今年のJリーグ移籍選手の目玉になりそうな予感・・・。それでも、それでもFC東京と歩む道を選択してほしい・・・と願ってやみません。この先何ヶ月もハラハラヒヤヒヤしながら過ごすことになるんだろうなぁ。ハア。

2007年10月23日 (火)

浦和を応援しちゃいかんの?

明日、埼玉スタジアムでACL準決勝第2戦が行われます。

今回ばかりは心から浦和レッズを応援したいと言っていたら、サッカー好きCDが来て、批判されてしまった。
「FC東京のファンなのに、浦和を応援するのはおかしいんじゃないの?」
「いえ、リーグ戦とかじゃなくて、ACLですから。日本が勝てば、日本のサッカーの地位向上につながるし、それは大きく考えればFC東京にとっても、いいことですから。」
「いや、間違っているでしょ。じゃあさ、チャンピオンズリーグに出場できなかったレアルマドリードのファンが、出場したバルセロナの応援する?しないでしょう?負けろって思うでしょう?心が狭いとかじゃなくて、正しいファンのあり方なんじゃないの?だから、明日はFC東京ファンなら、浦和負けろ!って思うのがスジでしょ。フォッ。フォッ。フォッ。」
周りのサッカー好き男子たちもうなずいています。

・・・・・・そうなの?FC東京ファンの人は、浦和負けろー!って思っているのかなぁ。リーグ順位1位の浦和が負けるということは、日本のJリーグチーム全部が負け!ということになるような気がするんですけれど。
・・・でも、浦和が優勝なんかしちゃったら、クヤシイ~ギリギリッ!っていう気持ちになるのかなぁ。ううーむ。

追記: 福西のケガ、ひどかった・・・。全治8週間とは・・・。今年は無理でしょう。しっかり治してほしいです。

2007年10月22日 (月)

来季監督の話。

あらら。もうそんな話が出ているのですか・・・。

一部スポーツ紙が、「来季、原監督は退任。後任はU-17城福監督。」と報じたようです。あのオソロシイ連敗中は、うーむ、原監督から城福さんに交替かなぁ・・・とチラッと思いましたが、この好調期にそんな話がリークされるとは驚きです。
原監督云々というよりも、FC東京が新しいフェーズに進もうとしているのならば、監督交替もアリかなぁとは思います。でもチームがいい感じになってきたら、また新しい監督・・・っていうのもどうかなぁとも思いますし・・・。悩ましいなぁ。

一つだけ。クラブ側は、成績の不振を補強の失敗ではなく、原監督の手腕と判断したとのことですが、もし本当にクラブがそう思っているのなら・・・いくらなんでも、それはないんじゃなーい?と言いたいです。補強の失敗・・・・・・デカイです。

2007年10月21日 (日)

東京には、二人のGKが立っている。

ルーカス、お見事ゴール!

昨年もアウエーで勝っているし、もう名古屋に対して苦手意識はないのですが・・・。いまだにうなされる、2005年の春のアウエー名古屋戦。ルーカスがPKをはずし、試合に負け、そこから恐ろしい東京連敗ロードが始まったのだ(と、勝手に思っている。)。あれは強烈なインパクトを残した(あ、個人的に。本当に椅子から転げ落ちました。)。そんなこともあって、アウエーの地でルーカスの1点で勝てたのは非常にうれしいし、名古屋を無失点に抑えた守備陣には敬服したい。楢崎が試合後に「たいした相手じゃなかった」とかほざいていたが、・・・まぁ、その、確かに良くないところもあったけれど、完封勝ちは高評価に値すると思います。
そうそう、スカパーの実況の人が、「ルーカスは来年も東京にいたいと言っている」と話していました。どうぞどうぞ、好きなだけいてください。なかなか外人助っ人が定着しない東京に、ルーカスは大切な存在です。

さて。今試合では名古屋のヨンセンが復帰。5月の試合では、なかなかスゴイヤツとの印象があったので、ちょっぴり嫌な感じです。何も東京の試合から復帰することないじゃんよぅと思いましたが、結果的には良かったかも。ヨンセンが出てくれて。名古屋の攻撃はなんでもかんでもヨンセンヨンセンで、単調になっていった印象があります。

<しあいのかんそう>
①カタチがつくれない前半。  これはヤバイ・・・。と前半の戦いっぷりに、ものすごく不安になりました。起点がないために、まったく攻撃ができない。前に進めない。中盤は支配され、東京のいいところが出てこない。歯がゆい時間が過ぎていきます。名古屋はヨンセンが中心になって、畳み掛けるような攻撃を繰り出してくる。ううーむ。どうなるんだ?東京!・・・ヤバイヤバイとオロオロしていたら、我が東京、後半は立て直してきました。っていうか、名古屋のほうに前半の勢いがなくなったのが大きいかもしれません。それでも、ボール支配率は名古屋62%、東京38%なんですけど。・・・勝ってよかった・・・。

②ノリオのFK考。  ノリオのFKに対して、スカパーの田中氏がもう、ボロクソに言ってました!気持ちいいくらい(?)バッサリです。間接FKなのにゴールを狙ったことに対し「恥ずかしいですね。」 上にふかせば「テクニックを磨け。」 3度めは「もっと工夫しないと・・・。」だったかな?3度めはよく覚えていないけれど、完全に「あきれて」いた。まぁ、そこまで言わなくてもいいじゃんよぅと思ったけれど、ノリオのFKには考えるところがあります。FKキックになったとたん、「誰が蹴るの?」「俺?」「誰?」状態になるのはそもそも情けないし、その結果、ノリオが蹴るのもちょっぴり疑問です。確かにノリオの弾丸シュートには、華があるし、夢もあるし、何より面白いんだけど、どうなんだろう・・・あの、思いっきりまっすぐにしか行かないFKにすべてのFKのチャンスを託していいものでしょうか?遠藤とか、本田みたいに狙って打てる、技ありFK職人がほしいよなぁ・・・と思ってしまいます。ノリオじゃなかったら、誰が蹴るのさ?と聞かれても困ってしまうのが現実なのですが。梶山がいればなぁ・・・。

③今チャン、凄いよ、東京にいてよ(号泣)。 今野、凄いなぁ。もう、「凄い」としか言えません。インターセプトの鬼、今チャンは守備も強いし、ガンガン前にも行く。福西out浅利inで、解き放たれたように積極的に攻撃へ向かっていった今チャンのアシストから、ルーカスの得点が生まれたワケだし。今チャン・・・東京が優勝して、ファンのまえでシャー!やってくれるまで、出て行くなんて絶対に許さないよぅ~(突っ伏して泣く)。・・・いえ、今チャンの移籍なんてウワサだけなんですけど。活躍すればするほど、うれしいはずなのに、どっかいっちゃう気もして・・・複雑っす。

④塩田&土肥 Wキーパーがいる。 東京の試合には、GKが二人います。二人のGKが、ゴールポストを守っているのだ。グッとくる話じゃないですか。塩田にスタメンのポジションを奪われたのにもかかわらず、ベンチからチームを鼓舞する土肥チャン。そして、そんな土肥チャンに敬意を払う塩田。今日も神がかりのスーパーセーブを連発していました。土肥チャンの「気」が乗り移っているのかもしれないようなスーパーセーブ。土肥チャンも確かにピッチ上で戦っているのだ。・・・とクサイ話すぎるっすか?でもドラマがあるよなぁ。サッカーにもドラマがあるのだよ。

今日の勝ちはとってもうれしい。そして、勝ち点で千葉を抜いたのも、とってもうれしい。いや、千葉は好きなチームなのですが、ずっと1点下でついてきてくれたのに、途中で抜かしちゃうんだもんなぁ(東京が負けたからなんですけど。)。一緒に上にあがっていこうね、でも抜いたらダメよ、みたいな子供のキモチです。

さあ、次は川崎戦です。多摩川クラシコです。(味スタのオーロラビジョンで流れる「多摩川クラシコ」映像で、川崎の選手が「東京には負けたくない」とか言うんだけど、全然気持ちがこもってなくて、言わされてる感100%なのには笑いました。)そして、ブラジルデーです。ノッポンブラザースも来訪します。

勝つしかないっしょ。

2007年10月20日 (土)

ガーン・・・し、試合、明日だった・・・・・。

素で間違えた・・・。今日試合があるんだと思っていました・・・。

さあ、そろそろスカパースカパー!とTVをつけたら、生中継予定の183chでは札幌vs草津の試合が。あれ?おかしいなぁとスカパーのサイトを見ても、FC東京のオフィシャルサイトを見ても、183chになっています。おかしいなぁ・・・・・・???どうなってるの・・・??

ハッ!もしや・・・・・。驚きました。試合は明日、日曜日でした。今の今まで、勘違いしていました。ああ~良かった・・・・・・っていうか、危なかった・・・名古屋に行くところでした。新幹線のチケットは今日の予約だったので・・・。名古屋行きを断念して本当によかった・・・。ネタ的にはおいしい出来事かもしれませんが、シャレになりません。たぶん名古屋で知ったら、あまりのショックにそのまま旅に出ていたかも・・・。

ん?明日?それなら疲労も回復しているし、行けるかも?と一瞬思いましたが、なんていうか・・・ショック~脱力感で少々気分的に立ち直れないので、おとなしくスカパー観戦にします。

もし、昨日の私の書き込みを読んで、お間違いになられた方がいらっしゃいましたら、大変に失礼いたしました・・・まさか、名古屋へ行っちゃった方、いませんよね?いませんよね?

2007年10月19日 (金)

断念。名古屋行き。

今日は、ハードだった・・・。

朝5時半に起きて、6時半すぎには台北の空港に到着。チェックインしたら、カウンターのおねえさんがビジネスクラスのチケットを発券した。「・・・あの、私、エコノミーなんですけど・・・。」「オーバーブッキングなので、アップグレードになりました。」うわあーい!やったー。うれすぃー。ウホホ~。ということで、3時間半のフライトは大爆睡。昼過ぎに成田着、リムジンバスで都内へ。・・・そうです。そのまま会社に直行です。打ち合わせが何件か入っているのです。

・・・もうダメだ・・・。明日のアウエー名古屋戦の現地観戦はとてもじゃないが無理だ・・・。疲れきったこの身体をここで休めておかないと・・・。名古屋へはウワサの(?)N700系新幹線で行く予定にしていたのですが、泣く泣くあきらめました。正直に言えば、行きたい。すごく、行きたい。疲れた身体に鞭打ってでも、行きたい。でもここはガマンして、スカパー観戦を決意しました。それまで寝まくります。睡眠取ります。

そういえば。今日、会社でサッカー好き男子と五輪最終予選の話しをしていたのですが・・・。
「台湾行ってて観れなかったけれど、平山でなかったよね?」
「ああー・・・そうっスね。でも、次は出ますよ、平山。」
「何でわかんの?」
「森島が累積警告で出場停止ですから。」
ううーむ。ライバルが出られないから出場できるというのは、チト微妙だけど・・・チャンスはチャンス。ここを絶対にモノにしなくちゃダメだ!平山!

さ、明日の試合のキックオフまで寝ます。勝ちますように・・・・・・。

2007年10月18日 (木)

うごあっ。そんな、バカなー!

ただいま、出張先の台湾にいます。

昨日は思いもよらぬことが起こりました。台湾には競合プレゼンで来ているのですが、私よりも後に台湾入りする予定だった、サッカー好きCD(クリエイティブ・ディレクター)が、なんと成田でパスポートの残存有効期間が3ヶ月を切っていることが判明し、出国できなくなってしまったのです。(台湾は3ヶ月必要。)・・・ということは・・・プレゼンをすべて自分が行うことになったということです。ひぃぃ・・・。
昨日は、こっちの支社で夜中までずっとプレゼンの準備でてんやわんやでした。(てんやわんやって言葉、カワイイですね。)作業の合間にネットで見た、日本代表の試合の結果。・・・日本vsエジプト。快勝。ヨシヨシ。五輪最終予選は・・・おぉ、1-1のドローか・・・。うーむ。まぁ、アウエーだし、残念だけど仕方ないかな。
その時、「スポーツナビ」というサイトの速報では、もう後半ロスタイムの表示になっていて、私はてっきり試合は終了していると思ったのです。それが今さっき、たまたまパソコンでサッカーの記事を検索していたら・・・ええっ!1-2で負けた???びっくりです。あの時はまだ試合が終わっていなかったんだ・・・。ロスタイムに失点・・・。さらに記事を読むと、2点目の失点は伊野波のハンドからのPKとか。むむむ。そうか。キツイなぁ・・・。伊野波はきっと責任を感じているだろうし、次はやってくれると信じるしかない。平山もとうとう出番がなかったようだ。五輪予選は現在、勝ち点は同じだけどカタールが1位。あと2戦、きっちり勝てばいいワケで、そんなに心配してないけれど。・・・甘い?ともかく、伊野波、平山、頑張るのだ!11月21日の最終サウジアラビア戦、国立に行くぞ!

えー、プレゼンのほうは緊張しましたが、無事に終了いたしました。プレゼンの後、「火鍋」なるものをみんなで食べました。鍋なのですが、真ん中で仕切られていて、2種類の味が楽しめます。火鍋は「食べる漢方」と言われ、たくさんの薬膳、香辛料が使われています。健康、疲労回復に効果があるそうです。美味しいので、ワシワシ食べてしまいました。

・・・この世にはまだまだ知らぬ、美味いものが山ほどあるんだなぁ・・・。

明日の早朝、帰国いたします。

2007年10月17日 (水)

飛行機が飛ばないぞぉぉぉ。潜入!ファーストクラスラウンジ!

今、成田空港です。

完徹のまま早朝に家を出て、空港に着いたはいいものの、何と飛行機が機材変更で5時間遅れになりました。ま、マジですか・・・・・・。早く向こうで仕事をしなくてはならないのに・・・っていうか、それなら少しでも寝ておきたかったなぁ。ブツブツ。あまりに悔しいので、航空会社からもらった遅延お詫びのミールクーポンでお鮨を食べてやりました。早朝鮨もなかなかイケます。自分のお金も足して、ちょっといい鮨を食べました。ニコニコ。

で。今は航空会社のラウンジでマッタリしています。ファーストクラス・ラウンジです、オホホホホ。まぁ自分のチケットは、バリバリFIX格安エコノミー券ですけど。何かいろいろあって、中に潜入成功!ラウンジの入り口で、普通のラウンジとファーストクラスラウンジと分かれるのですが、明らかにファーストクラスラウンジのほうが重厚感たっぷり、金持ち度150%!!いやぁ、すごいです。初めて覗いた金持ちの世界。相撲パンダのTシャツ着て入るところではありません、ウキキ。ソファーもふかふか、パソコンコーナーやマッサージチェアーコーナーもあります。それに、食べ物飲み物が夢のように盛りだくさんです。しかも美味そうです・・・クソー、オナカイッパイダヨ・・・。ここに集う人たちも、もう別世界に生きる人々です。桁が二桁は違うであろう服。ゴールドの時計やらネックレス。そして黒い。日に焼けている。何で金持ちは日に焼けているのか。いいのか?
窓側の席に陣取りました。ソファーにミニテーブルがついてて、なんだっけ・・・名前忘れちゃったけれど、足置き用ソファーもあります。快適快適~ビバ!飛行機遅延!!

えー。カレーを食べてみました。お腹は、もう無理だ、やめとけ、と訴えていたのですが、あちらこちらから匂い立つかぐわしいカレーの芳香に、ついフラフラとダイニングコーナーに行ってみると・・・「特製ビーフカレー」なるものが!むむむ。すごい美味そう・・・。
まぁ、ちょびっとならいいかな?とけっこうしっかり盛り付けしてしまいました。味は・・・美味いです。欧風カレーというか、「カレーマルシェ」ってこれを目標にしたのね、という感じです。満足満腹。フー。

・・・しかし。もうかれこれ1時間半もいると、だんだんここの主のような気分になってくるぞ。もはや、このファーストクラスラウンジで一番の古株であろう。新しく足を踏み入れる人に対して、あいさつせんかぃ!と思わず言いそうになります。ウソデスヨ!でも、あと2時間はここにいなくてはならない。あの人何かしら?そんなにここにいたいのかしら?ヒソヒソと陰口を叩かれるのも時間の問題でしょう。クスンクスン・・・。

もう、寝るしかないです、こういう時は。うーむ、胃が苦しい・・・。

2007年10月16日 (火)

なんちゅうか、ひとりごち。

今日、同僚からメールが送られてきた。

サッカー専門誌(J'sサッカー)に、FC東京が一企業のサッカー部から、J1チームへ歩んできた道のりについて書き記した特集があったから読んでみたら、と記事のページをスキャンして送ってきてくれたのだ。それはとてもありがたかったけれど、読むよりも先にすぐに書店へ走って、その雑誌を買った。なつかしい写真。1ページ目は、東京がJ1昇格を決めた試合後のもので、アマラオがファンらしき人と抱き合っている。盛り上がっただろうなぁ。この新潟の地に自分がいなかったことが、悔しい。

記事の中身はまだ読んでいません。何だか最近忙しくて、一日中あっちで打ち合わせ、こっちで打ち合わせ・・・その合間に企画をしたりなんだかんだですぐに一週間が過ぎていく。サッカーの試合がないと、本当にメリハリのない毎日です。帰宅したらすぐにグーグー寝て、目が覚めればすでに時間がないもんだから、着るものもいいかげん。猫が米俵かついでいるTシャツにパーカーはおって、化粧もそこそこに家を出る。こんなことでいいのだろうか・・・?大事なものを失ってやしないだろうか・・・?と一瞬思うけれど、すぐにまたいつもの一日へ突入するのです。でも楽しいこともけっこうあるし・・・まぁ、ささやかな人生です。
おっと、明日は日本vsエジプトと、夜中に五輪最終予選日本vsカタールの試合があるじゃないですか。すごい。一日に2試合なんて、もったいないぞ。分けたほうがいいんじゃないでしょうか?

しかし。ウウ・・・観れない。残念ながら、観れません。明日から出張に出ます。今チャンが試合に出て、活躍できますように。平山がスタメンで点を取れますように。伊野波も頑張りますように。・・・平山、デカモリシに負けるな!

2007年10月14日 (日)

エヴァウド発進マダー?

リーグ戦はなくとも、東京の試合はあるのだ。

今日はサテライト横浜戦とユース川崎戦が行われました。・・・といっても観に行ったわけではありませんが・・・。サテライトでは小澤が得点したのが非常にうれしい。地力をつけ、トップチームでバンバン活躍するようになってほしい。と、なぜこんなにも小澤びいきなのかというと、以前、ちょびっとお話しした時に、あまりにも明るくて好青年だったからです。スミマセン、こんな単純な理由です。最近、人に優しくされると、心にしみるわけですよ・・・婆化現象か!?
ところで。サテライト横浜戦観戦の感想を、ネットで検索してみました。うーむ。エヴァウド、いっちゃってます。DFラインからドリブルで遥か前方まで仕掛けにいったり、センターライン付近からシュート打ったり(後半開始直後?)、暴走し放題のようです。これは面白い。こんなネタキャラCBになっていようとは。モニとのコンビがどうなのかは未知数ですが、正直、リーグ戦で観てみたいです。あれ?まだJ1残留決定していないのかな?まだ賞金圏内の可能性があるのかな?調べる時間がないのでよくわかりませんが、とにかく来年もエヴァウドと契約する可能性があるのなら、思い切ってリーグ戦で使っておくべきでしょう。

とにかく。ケガもしていない外人助っ人を、いつまでもサテライト要員にしておくのはいかがなものか?貴重な外人枠を使っているわけですし。

エヴァウド、発進!   あぁ、楽しみだわぁ~。

2007年10月13日 (土)

ナビスコカップ、盛り上がってる?

今日の試合には負けてしまいましたが、ガンバ大阪が決勝戦進出。

そしてナビスコカップはガンバ大阪と川崎フロンターレで争うことになりました。・・・盛り上がってる?盛り上がってるの?最近、またバタバタし始めていて、今日も仕事で全然サッカー観れなくて・・・カナスイデス。ガンバ大阪にも川崎フロンターレにも特別な思い入れがあるわけではないので、どっちも頑張ってほしい・・・とか月並みなことしか言えません。でも、決勝戦がいい試合になって世の中的に盛り上がれば、Jリーグへの注目度もアップするし、FC東京のファンも増えるだろうなぁと期待しています。

そうそう、今、東京のSOCIOの会員数が約8000人。このSOCIOが新たに一人ずつ試合に連れてくれば、単純に観客数が8000人増えます。もし二人なら16000人増。すごいぞ~!と、大興奮。(・・・これって、ねずみ講の理論?)

Jリーグと、FC東京の発展を祈りつつ・・・さ、家に帰ろっと。疲れた~。

2007年10月11日 (木)

おおぅ、こういう結果ですか。

(今日は、FC東京とは関係ありません。)
負けました、亀田次男。仕事で試合が観られなかったのが非常にクヤシイです。
ネットの記事しか読むことができないのですが、終始、内藤がリードしていたとか。むむ?大毅、内藤を投げ倒す・・・?投げ技??減点3・・・?どんな試合なんだ???こ、これは見逃したのがものすごく悔やまれる展開だー!!クゥゥ~。
大体、試合前に、ゴキブリだとか負けたら切腹だとか、亀田陣営の「煽り」はウケを狙っているわりに、センスもないし面白くもありません。言えば言うほど、ドツボです。逆にずっとニコニコしているだけのほうが、よっぽど凄みがあると思うのですが。

えーと。個人的には、亀田家で一番素質があるのは、三男のような気がします。オワリ。

2007年10月10日 (水)

超出遅れましたが、今チャン移籍のウワサ・・・。

今度の週末は試合無いんだよなぁ~とマッタリしていたら、ものすごく出遅れました。

9日のスポーツ報知によると、名古屋が今チャン獲得に動いているらしい・・・って、もうすでに東京ファンの方々はご存知でしょう。イタリア・セリエAからのオファーのウワサやら、横浜マリノス移籍話やら、「今チャンと移籍」の話は終わることがありません。そのたびにヤキモキヤキモキして辛いのですが、決めるのは今チャンなのでその時がきたらスパッとあきらめるしかありません・・・・・・・・・・・・・・アキラメラレマセン。コンチャン、イカナイデ・・・。

リバプールFCのジェラードは、強豪チームから何度オファーが来ても、「チームとサポーターを愛している。」と明言して断り続けているらしい。チームに選手を縛りつけておくことはできないけれど、こういうの、グッときます。まぁ、今チャンは生え抜きではないから、ジェラードの場合とは違うかもしれないけれど。「主将として、このチームで優勝するまでは、絶対に去りません!」とか言ってくれないかなぁ、無理かなぁ。その願いって、ファンのエゴなのかなぁ。

この冬も、落ち着かない日々を過ごすことになるのでしょうか・・・。ハア。

2007年10月 9日 (火)

東京の選手はイケテナイメンってこと?

サッカー選手が出ている、エステのTVCMを初めて見た。

起用されている選手はカレン、家長、本田、青山・・・なるほどなるほど・・・U-22の選手たちね。・・・って、FC東京の選手はナシですか!梶山、平山、伊野波だっていいじゃないですかぁ!と会社でいきり立っていたら、サッカー好きCDが、「うーん、まぁイケメンを選んだってことじゃないの?フォッフォッフォッ・・・。」と聞こえよがしにつぶやいた。

わかってないよなぁ~。イケメンかイケテナイメンかというよりも、ビジュアルインパクトがあるかどうか、つまり人の目を引けるかどうかのほうが大事だと思うんですけど。そういう意味では梶山のアップなんてすっごい注目度高いと思うんですけど。駅貼りポスターでどど~ん!と出したいんですけど。個人的な意味では、誰よりもイケメンなんですけど。

そういえば、何年も前に、FC東京vsコンサドーレ札幌戦を観に札幌へ行ったのですが、その時にたまたま見たコンサドーレの選手総動員のTVCMはものすごく面白かった・・・。シーンは居酒屋で、従業員や酔っ払っているオヤジや、客のサラリーマンなどがすべて選手たち。セリフもあったよなぁ。おぼろげにしか覚えていませんが、こういうの見ちゃったら選手たちのことますます好きになっちゃうと思いました。

東京の選手たちも、よくよく見ると役者系が多いような気がします。

・・・まぁ、真面目に熱くサッカーしているのが一番似合うし、カッコいいんだけど。

2007年10月 8日 (月)

ワクに、ワクに行った・・・(涙)。

020 霊感があるわけでも、予知能力があるわけでもないのですが、なんとなく後半早々、東京の勝利を確信していました。先取点を取られても。

何でだろう・・・?後半、ハユマが出てきたから・・・?(あのノリオの弾丸FKをわざわざよけた姿が目に焼きついていて、私的にはネタキャラになっています。でもナビスコでは負けたけど。)きっと、ベンチに石川と平山が控えていたから。石川はスタメンから外れて、やったろかモードになっているだろうし、最近平山投入後の攻撃に迫力が出てきているし、この二人が登場すれば前半のグダグダも一掃だぁ!とワクワクしていたからなのだと思います。まぁ、結果が出た後ではなんとでも言えるんだけどね・・・フヘヘ。

<しあいのかんそう>
011 ①石川、落ち着いてワクへ。  ハァ~。入った・・・。ワクに行った・・・。 相手GKがボールを前に弾き、そのミスをチャンスにつなげたノリオ。あわてるGKをブロックしつつ石川へパス。石川、石川、決めてくれ・・・というかワクに、ワクに入れてくれぇぇえええ~と誰もが思ったことでしょう。それまで、前半から再三のシュートシーンはあれど、ワクにいかない。ワクに行かなきゃ得点にもチャンスにもならない・・・ギリギリ。
あの時、石川がシュートする先のゴールにはGKが不在。ワクに飛ばせば決まるであろう絶好の決定機。いや、落ち着いて決めてくれました。いいところに飛ばしてくれました。素晴らしい。横浜マリノス戦でベンチスタートは悔しかっただろうけれど、決勝点を決められて良かったね、ナオ。

009 ②平山のふてぶてしさに目を細める。 なかなか良かったなぁ、平山。あのヘディングシュートは、高さなら負けないところをキッチリ証明したし、何といってもロスタイムのコーナーエリアでの鬼キープ。以前より、東京はリードしている時のロスタイムの使い方がうまくないなぁと思っていました。コーナーでキープが基本だと思うのですが、中に入っていってボールを失ってカウンターからピンチを招いたり、そう言えばかなり前に、功を焦っているかのような一人よがりなプレーで相手にボールを奪われ、そのまま得点されてしまった選手もいました。思わず声を荒げてしまったのを覚えています。
相手も捨て身で来るロスタイムだし、ずるがしこいリスク回避プレーでスタジアムを盛り上げてくれた平山に賞賛の言葉を贈りたいと思います。イイヨイイヨ~!・・・・・・マリノスファンは、相当イライラしただろうなぁ・・・逆だったら、発狂しそうです。
写真は、試合後の選手控え室をパチパチ撮っているカメラマンの様子です。控え室を見ることはできないけれど、明るい笑い声が響いていました。平山がいたのかもしれません。

③頼もしい塩田。 もう、声は出すわ、ナイスセーブを連発するわ、すっかり頼もしいGKになりました。前田治さんも褒めていましたが、フィードもいいんだよなぁ。「精度のあるキックを蹴る土肥チャン」って感じ?あ、これは土肥チャンに失礼でした。でも、1試合に1度は炸裂する「土肥チャンキック」もあれはあれで好きなんですけど。

④応援は自由なんだけど・・・。 最近メイン指定席に座っていると、少しだけツライこともあります。応援は自由だし、個人に対する批判もしたくないのですが・・・。その男性は、試合でイマイチ調子があがらない選手のことを、90分間ずっと叱り飛ばします。延々と大きな声でなじります。この試合では「ルーカス」でした。大きな声で、「ルーカス!(怒)」「ルーカス!(怒)」「ちゃんとやれよ!ルーカス!(怒)」。ここから言っても本人に聞こえるわけじゃないんだから、後で直接本人に言いに行けばいいじゃん、ウルサイなぁ、と次第に私の心もささくれ立ってきます。非難の対象は試合ごとに替わり、徳永や梶山の場合が多い。なんだか自分が怒鳴られているような気分になってきます。周りの人たちも苦笑しているのですが、気づかないのかなぁ・・・。まぁ、応援は自由なんだけど、これは「応援」なんでしょうか・・・?

さあ、1週間あいて次は名古屋戦です。同じ中位エリアの住人同士の戦い。負けられん!行っちゃうよ、豊田スタ・・・遠いんだよなぁ・・・・・・。

その間に、五輪最終予選があります。そうだ、今月下旬にACLの準決勝第2戦があるんだー。日本のクラブチームが盛り上がるためにも勝ってほしいと思います。・・・浦和を応援する日が来るなんて、これが最初で最後かもしれんのう。

2007年10月 7日 (日)

グースカピーでアマラオの番組を見逃す!

試合後、楽しみに、ものすごく楽しみにしていた横浜マリノス戦のMXテレビ録画放送。
アマラオの解説、聞きたかった・・・・・。テレビはついていたのですが、あまりの疲労にソファーの上で爆睡。ハッと気づいたら、もう9時半・・・。HDD録画していたのですが、なぜか画像が乱れに乱れていて、音声も途切れ途切れ・・・。クスン。
でも、明日観ようっと。

2007年10月 6日 (土)

ちょっ、まっ…。

ちょっ、ちょっとまっ、待ってくださいよ。フードコート、この間と同じですよね?そういえば「びっくりサイズ」のプルコギ丼もすでにあったような気がするし、オフィシャルサイトで煽りまくっていたナン、カレーも「闘魂カレー」じゃん。
つまり、同じ商品も角度を変えて新ポイントをアピールすれば気を引くことができるということがわかりますね。広告の基本ですね。
……まあ、温玉プルコギ丼うまかったです。今回はナンはパスしました。すごく並んでいるんだもん。
アマラオデザインのTシャツなるものを買ってみました。チト高かったニャー。

2007年10月 5日 (金)

月日は流れ・・・。

FC東京の試合に登場したのが2004年だから、ルーカスの東京歴も、もう4年。

月日の流れるのは早いものです・・・そして、今日のトーチュウの記事を読んで驚いたのですが、ルーカスの通算得点が45点。アマラオが49点(J1通算得点)。アマラオもJ1でプレーしたのは4年だから、あと7試合残しているルーカスがアマラオを抜かすかどうか。
でも、アマラオは偉大です。何しろJ1でプレーしていた時のアマラオとルーカスとは年が違う。いや、もちろんルーカスも素晴らしいと思いますけれど。

アマラオ、明日も味スタに来てくれないかなぁ。シャー!やりたいなぁ。

2007年10月 3日 (水)

広告屋が広告に翻弄されるの巻。

言っちゃいけませんが、広告は商品の持つ実力よりも少し誇大表現するというか、競合他社製品との差別化ポイントをことさら誇張するというか・・・そんな側面もあったりなかったり・・・モゴモゴ・・・。

しかし!この商品の謳い文句には、広告制作一筋○年のわたくし、踊らされておりますっ!
次回、味スタに設置されるフードコートのメニュー。
□韓国料理屋台  ・・・びっくりサイズのプルコギ丼(700円)
□カレーライス屋台・・・炭火のタンドーリ釜で焼く「焼きたて熱々のナン」(カレー代+200円)
「大もり」や「Lサイズ」ではなく、「びっくりサイズ」ってどんなものなんだぁ!「炭火焼きタンドーリ釜」を設置するのでしょうか?「焼きたて熱々ナン」も目の前でホカホカ湯気がたっているのが想像できます。なんて素晴らしいコピーワーク!購買意欲150%です。

まぁ、美味いもんに対しては単純に反応してしまうんですけど。でも、スタジアムで美味いもんが食べられるって、かなり大切なことだと思います。フクアリなんて、それだけで人を集める力がありますから。・・・告白しますが、東京の試合が無い日に、カレーとタコス目当てにフクアリへ行こうとしたことがあります。

・・・バカ?

2007年10月 2日 (火)

盛り上がる?Jリーグ?

会社で、サッカー好きは多いけれど、Jリーグ好きというか、Jリーグのチームファンはとても少ない。

たまにいても、ほとんどが「浦和レッズ」ファンで、こちらが「FC東京」ファンですと言うと互いの間に微妙な空気が流れる。昨日は英会話スクールでアメリカ人の先生が「浦和レッズ」ファンだった。
「さいたまスタジアムへ行きますよ。浦和は今、一位だけど、君の好きなFC東京はどうなの?」「まぁ、そうですね・・・13位くらいですよ。」私は見逃さなかった。彼の残念だね、という表情の裏の優越感を。外人なので、浦和と東京の間の空気(今はもうないのかなぁ?)はわからないと思うけれど。

おっと。浦和と東京について書きたかったわけではありません。会社で「サッカーだ!Jリーグだ!FC東京だー!」と騒いでいると(そんなに騒いでいません。)、自然とサッカー好き連中で話をすることが多くなります。昨日は、「Jリーグは盛り上がるのか?」ということについて話をしていました。その中でJリーグの観戦をしているのは、私だけです。他の人たちは「サッカー好きで代表戦や欧州には興味があるけれど、Jリーグには行かないなぁ。」。多分日本のサッカーファンの大部分がこのような感じでしょう。
Jリーグに関して、なぜもっと盛り上がっていかないのか、どうしたらいいのかについてさまざまな意見を交わしましたが、その中の一つの意見。

首都のチームが盛り上がることが必要だよね。

これ、私が言ったんじゃないですから。首都のチームが強くなって、ファンもたくさんついて、他のチームはそのチームを倒そうと躍起になる、こういう構図がその国のサッカーを盛り上げるのではないかと。まぁ、一つの意見ではありますが、みんな深くうなずいておりました(もちろん、私も。)。今はその役は浦和が担っている感じです。強い浦和。勝つと、どこのチームの選手もファンも、まるで優勝したかのように大喜びする。・・・浦和も強くなったものよのぅ(遠い目)。

・・・でも。もちろん東京には強くなってもらいたいし、「最強チーム」になったら素晴らしいなぁと夢見るけれど、負けて負けて、情けないな・・・と思ったら、目の覚めるような攻撃力を発揮してセクシーサッカーでスパーッと勝ってしまう・・・みたいな今の東京も魅力的なんですよねぇ・・・。

ヤバイ、東京ツンデレにハマっているのかもしれない・・・。

2007年10月 1日 (月)

♪戦え~今日も勝利を信じて~

001 まずは、ゴール裏に敬意を表したいと思う。
コーナー、メイン席の方々もですが。

0-2で迎えた後半。そしてさらに追加点を入れられた後半序盤。普通ならば茫然自失として、応援もヒートダウンするところ。正直、自分も千葉のPKが決まった瞬間、うなだれてしまった。でも東京のゴール裏は、一層声を出し、跳ねまくり始める。千葉の応援よりも迫力があったように見えた。
これが、「サポート」するということなんだなぁ。もうダメだ・・・という雰囲気を一蹴して、まだまだこれからいっちゃうよ~ん!という、まるで逆転劇が待っているかのような空気を作り上げていた。いいよ、いいよ~。

<しあいのかんそう>
①1秒も待たずにサマナラカレー。  まず、食いもんの話かよっ!と突っ込まないでくださいまし。上の画像が、ゲットしたサマナラカレー・ポーク&ナンです。何と、まったく待たずに買うことができました。昨日、フクアリグルメのために早く家を出ようと準備をしていたら、いきなりパソコンがクラーーーッシュ!とまではいかなかったのですが、調子が悪くなってしまいました。放っておくわけにもいかず、足止め状態。結局フクアリに着いたのはキックオフ直前になってしまいました。もう、サマナラもタコスもソーセージ盛りもあるまい・・・。なか卯で何か買えたら儲けもんだな・・・。半分涙目でコンコース上をフラフラしていたら、サマナラカレーが!しかも誰も並んでいません!いやっほう!
・・・・・ソフトドリンク以外すべて売り切れ・・・・・・・・。まだ店の中にはインド人の方もいらっしゃったので、店のおねーさんに、
「・・・ナン、ナンだけでもありませんか?すべてないんですか・・・・?」とうわ言のように聞いてみました。
「あ、待ってくださいね・・・。ちょっとだけなら、カレーもありますよ。」とこっそり教えてくださいました。神だ・・・・。フクアリに神がいた・・・。
ということで、奇跡的にサマナラカレーにありつくことができました!ウフフ。なんという幸運。生きていると、いいことは必ず起こるものなのだ。

②出だしに得点できてればれば。  序盤はいい感じに攻撃できていたのになぁ。あの時に得点していれば状況は違っていたかもしれない。しかし、その後の前半の千葉の攻撃はすごかった。左からの攻撃はシンプルで、2列目3列目が次から次へと攻撃に参加してくる。東京のDFは追いつけない。攻守の切り替えが早く、不動の「約束事」でもあるかのようにスペースへ出るボールがどんどんつながれていく。千葉、いいサッカーしているなぁ。速い。とにかく速い。東京はゴール付近までボールを運べても、そこから打つ手がないかのように失速してしまう。
むむむ・・・。セカンドボールもことごとく取られ、バイタルエリアを支配され、対応に追われるかのように後手にまわる東京。前半の2失点はそのまま試合内容を象徴するかのような点差。大丈夫、とにかく1点返してくれ・・・と祈るような気持ちのままハーフタイムになりました。

③意地見せた後半。  PKを決められ、0-3になった時、正直、ちょっとキビシイかな・・・と思ってしまいました。でも、先述したように、加速して盛り上がるゴール裏の声援に、まだまだ!という気分になりました。やがて今チャンがヘディングで1点返し、PKをルーカスが決め、得点差、1点!しかも試合は東京ペース。いける、いけるぞ!うおおおおおお~(鼻血が出そうなコーフン状態)。惜しいシーンも何度かありましたが、無情にも試合終了。負けて死ぬほどクヤシイけれど、選手たちの「戦う」気持ちはすがすがしい印象を残してくれました。

13位転落といっても、「崖っぷちランキング」内といっても、9位~13位は2点差です。これから一つでも多く勝って順位を上げていきたいところ。まだ賞金ゲット圏内の可能性アリですから!
一つ気になったのは、途中で赤嶺とルーカスが前線に貼りつき、後ろとの間がぽっかりあいていたこと。これだけは絶対に修正しなくちゃいけないと心配になりました。今の東京は強い部分もあれば、弱い部分もある。いきあたりばったりでなく、「積み上げて強くなる」ことを目指してほしいと、まるでオーナー気分で思う秋の夜なのでした。

次は味スタ。お天気がいいといいなぁ。スタごはんは、プルコギ丼とタコライスのダブルにしようと思います。ジュル。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31