« 来季監督の話。 | トップページ | おおぅ、浦和ACL決勝へ。そして今チャンのこと。 »

2007年10月23日 (火)

浦和を応援しちゃいかんの?

明日、埼玉スタジアムでACL準決勝第2戦が行われます。

今回ばかりは心から浦和レッズを応援したいと言っていたら、サッカー好きCDが来て、批判されてしまった。
「FC東京のファンなのに、浦和を応援するのはおかしいんじゃないの?」
「いえ、リーグ戦とかじゃなくて、ACLですから。日本が勝てば、日本のサッカーの地位向上につながるし、それは大きく考えればFC東京にとっても、いいことですから。」
「いや、間違っているでしょ。じゃあさ、チャンピオンズリーグに出場できなかったレアルマドリードのファンが、出場したバルセロナの応援する?しないでしょう?負けろって思うでしょう?心が狭いとかじゃなくて、正しいファンのあり方なんじゃないの?だから、明日はFC東京ファンなら、浦和負けろ!って思うのがスジでしょ。フォッ。フォッ。フォッ。」
周りのサッカー好き男子たちもうなずいています。

・・・・・・そうなの?FC東京ファンの人は、浦和負けろー!って思っているのかなぁ。リーグ順位1位の浦和が負けるということは、日本のJリーグチーム全部が負け!ということになるような気がするんですけれど。
・・・でも、浦和が優勝なんかしちゃったら、クヤシイ~ギリギリッ!っていう気持ちになるのかなぁ。ううーむ。

追記: 福西のケガ、ひどかった・・・。全治8週間とは・・・。今年は無理でしょう。しっかり治してほしいです。

« 来季監督の話。 | トップページ | おおぅ、浦和ACL決勝へ。そして今チャンのこと。 »

コメント

JBアンテナ経由で来たガンバサポです。私もACLについていろいろと自身のブログで書かせて貰ってますけども、ACLでの浦和に対する見方に、これが正解、というのはないと思うので、人それぞれの見方があっていいんじゃないでしょうか。

勿論、ガンバサポの中にも浦和がACLでコケて、その結果リーグでもズルズル崩れてくれることを期待している人も少なくはないので、それはある意味欧州CLでバルサ負けろと願っている人の考えに近いし、ライバルチームのサポとしてはある意味自然なのかもしれません。

ただ、僕はこうも思うのです。日本は別にヨーロッパでもない、と。従って日本の代表として浦和を応援する人がいてもいいし、実際韓国や中国の側では、試合をするのはクラブチームでも、リーグの覇者=その国の代表であるため、日本対中国・韓国という図式で捉えられています。それにACLというのが出来て日が浅いため、日本を代表して浦和を応援するという形でJの他サポが盛り上がってくれることが興行的に成功する鍵を握っているとも言えるとも思うわけです。

だから、まあ、今年のACLについては、浦和とは別に利害がぶつかるわけではないので、純粋に日本の代表として浦和にはACL制覇して欲しいと願っているんですがね。

長文で失礼しましたが、皆さんがACLに関心を持つようになって、自分のチームでもACLに出たい、と思うようになってくれれば、天皇杯への取り組みというのも変わってくるのではないでしょうか。FC東京さんにだって可能性はありますよ。

はじめまして。
いろいろな考え方、感情もあるでしょうね。
ただ浦和がACLチャンプになれば、
来年Jから3チームがACLに出られるわけで、
そういったメリットからも浦和を応援していただいてもいいんじゃないかと思います。

それからガンバサポのコメント。
>ガンバサポの中にも浦和がACLでコケて、その結果リーグでもズルズル崩れてくれることを期待している人も少なくはない
いやあ、ガンバサポって小さいっていうか、姑息というか・・・

はじめまして。
この件に関して、いろんな意見があっていいとおもいます。
ただ、一サッカーファンとして、自分の応援するクラブが、リーグが世界の舞台へ出られる喜びは、何事にも変えられないです。
ACLの価値観が、日本中のサッカーファンの中で高まって
代表ばかりに目をやる世間に、一石を投じることになれば
それは素敵なことかと(笑)
今回浦和を応援してくださる方々には、自分の応援するクラブがどこであろうとかまいません。
それがG大阪・鹿島・FC東京のサポの方々でも。
城南に応援に来る何割かは、何か違う理由で来られるようなので・・・
そんなやつらにJリーグをなめられてたまるかっ!!
http://toro991117.exblog.jp/

ガンバサポだけど、浦和応援してるよ。
浦和応援するなんてこんなときくらいしかないから、
それはそれで楽しんでます。
別にスタジアムに行ってチャント歌うとかするわけではないけど、
浦和には今日勝って、優勝してほしいと思ってます。

アジアのサッカーを牽引するのは日本であってほしいと思います。

でも、来年はガンバも出て優勝したいなぁ~^^

はじめまして。

この件に関しては、もっと意見が出たらいいなと思っています。
マリノスサポがアウェイ戦、NET観戦でひーひ-いっている中「なにやってんだろ?」と冷たい視線で見ていたのが恥ずかしいくらい、ACLは楽しい。
こういった情報の交換をして日本のサッカーが強くなるのも、素敵なことではないかなと思っております。

長文失礼いたしました。さて、埼スタに出撃してきます!

ブログ主さんの考えが人として普通だと思いますよ。

バルサとレアルのファンの関係はそういうものだと思うけど、浦和はバルサじゃないし東京はレアルじゃない。政治的背景もない。そんな関係を目指す理由もない。「これが『正しい』あり方」なんて平気で言える人は、「まねっこ動物ね」と無視するがよろし。

いつも拝見しています。

私は、スペインなどフットボールが定着した国と日本とでは、かなり状況が違んじゃないか、と思います。

日本でのJリーグへの関心は低く、資金力と知名度とメディアのプッシュがあるNPBに圧倒されています。頼みの代表人気もバブルが弾け、個人的な見解ですが、先行きは決してバラ色ではないと思います。「我が世の春」の一部浦和サポは気づいてないかもしれませんが。

そんな不安な状況の中で、Jが少しでも国内外で存在感を高めるためには、たとえ浦和であってもACLで優勝してもらうことがJサポ共通の利益だと思います。

嫌いなチームだから単純に敗退を願うのが本来は正しい姿でしょうし、そういう人がいても良いとは思いますが、Jリーグや日本のサッカー全体のことを考えると、私は浦和であっても応援します。

ありゃ、自分は人として普通じゃない少数派ですな。
残念ながらJ全体の利益とか、そんな大きな発想が出来ない自分としては、あくまで中立で見ようと思います。(QFでは「浦和コケろ」と思ってましたので、その時に比べたら態度は軟化してるとは思ってますが)

敗退を願ってるわけじゃないですし、城南を「敵の敵は味方」と思う気持ちは微塵もないですし、「日本と韓国」という軸で捉えたら日本応援するのが筋なんでしょう

ただ、普段あれだけ対立関係にあるクラブを「ACLだから」ってだけで応援するのは、向こうにとっても失礼なんじゃないかなぁと思ったりするのですが・・・

はじめまして。
本日参戦する浦和サポです。

私の周りは、やはり応援する人がほとんどです。
「浦和を応援する自分が居るのが不思議」と言っていますよ。

セパハンとやるようになった場合は川崎サポの人はセパハンを応援すると言っています。
これはこれで理解できます。

少なからず皆様の応援を得て
とにかく今日はがんばります。

はじめまして。毎回拝見してます。

日本のクラブサポーターは、同時にJリーグというリーグ・組織のサポーターでもある場合が多いと思います。「リーグ自体を愛する」という姿が、世界とは少し違う部分なのかなぁ?と。最近はその部分が顕著になってきて、その成果がナビスコ・天皇杯のカップ戦決勝で生まれる抜群の雰囲気に、最近表れ始めてきたと思ってます。クラブサポーターという立ち位置をひとまず置いて、今年のJの最高峰をみんなで楽しもうという空気が、自分は非常に好きです。

ACLでの浦和を応援しよう!と思う人は、この気持ちに近いと思います。日本の代表としての浦和、というよりもJの代表としての浦和を応援している様な気がします。地位・ACL出場枠等日本全体の利益を考える人もこの枠に入るでしょう。これは日本ならではの文化かもしれないですが、自分はこの感覚は好きですけどね。

あと1時間後にキックオフ。自分はJリーグサポとして、恐らく頑張って欲しいと応援する立場に立つと思います。

そのバルタン星人な方は浦和サポらしいですが、スタジアムで試合見てるんですかね?
机上の「対立の構図」しか見えてなくて、現実の雰囲気をまったく分かってない気がしたので。

あるいは、「浦和=善、城南=悪」 という図式の中で、「東京を始めとする他サポには「悪」の側にいて欲しい、浦和だけが「正義」であって欲しい」という願望があるのでは?

初めまして、いつも拝見させて頂いてます。
浦和決勝進出ですね、私東京サポですが、ACLは浦和応援してますよ。浦和ブー負けろ!は東京と対戦する時だけ。
バルサとマドリーの関係、レアルソシエダ、アスレティックビルバオとマドリーの関係、もっと言えばカタランとカスティジャーノ、バスクとカスティジャーノ、これは民族間の被害者と加害者の関係から来ている確執です。市民戦争の頃、バルサは選手が戦争に行かなくていいようにクラブもソシオもサポも選手を守るためにメキシコ遠征に行かせました。メキシコがその選手たちを滞在させてくれた事を今でもバルサもカタルーニャも恩義に思ってます。戦争した相手のクラブ、市民戦争に負けてカタラン語を禁止された時代、イムノだけがカタラン語を口にする唯一の手段だった。こういうものを経ているから今の関係がある。バスクも同じようなものですよね、ピカソのゲルニカはフランコがバスクの村をナチスが攻撃するのを容認したことへの抗議ですから。
私バルサ好きでもあるので、こういう歴史を知ると感情移入しちゃって立派なマドリー嫌いにはなって、マドリーが負けると○○あ〜みろ!っと言ってますけど。。。でもカタラン人のあの感情は正直言って理解できません。あまりにも深すぎる。
浦和は違うでしょ、私も管理人さんの思いが普通って思います。そして、今日は良かったね!っと思うと同時に試合観てて凄く浦和サポがうらやましかたです。
長々と失礼致しました。

民国96年さん、妖星さん、浦和サポですさん、けいちんさん、浦和の住民ですさん、backstandさん、fct fanさん、jin31110さん、赤旦那さん、CHONOさん、うがった見方さん、東京ネコさん、
みなさま、しっかりとしたご意見を書いてくださってどうもありがとうございます。

あらためて、Jリーグの1チームが世界(アジアですが)に出て戦うということをどう受けとめたらいいのか、考えさせられました。
私は、ACLのことを軽く思っていて、あんな日程でアウエーに行かされたりするなんて罰ゲームのようだ、とブログに書いたことがあります。その時に、浦和や川崎のファンの方が、自分のチームが日本の外でガチ勝負をするのは、いい経験になったし、とても感激したとコメントしてくれたように覚えています。
自分の応援するチームが、世界に出て行くことはもしかしたら、とても価値のある・・・何と言うか、胸にグッとくることなのかもしれないな・・・とうらやましく感じました。
ACLが始まって、今までも日本のチームが出場しているけれど、今回のように勝ち進んでいるのは初めての経験です。確かに、リーグ戦では「浦和には負けられんぞっ!」と熱くなっているのですが、不思議なことに、ACLでは浦和勝て!という気持ちがわいています。Jリーグ代表頑張れ!なのか、日本頑張れ!韓国に負けるな!なのか、自分でもよくわからないのですが・・・。
ともかく。Jリーグもいいじゃん、みたいにJリーグに関心のない日本のサッカーファンの目がJリーグに向けられるきっかけになればいいなぁと思います。
そして、日本代表もいいけれど、クラブチームのプレゼンスが日本代表をもしのぐくらいもっと大きくなったら素晴らしいなと思っています。


クラブチームのプレゼンスが日本代表をもしのぐくらいもっと大きくなったら素晴らしいな
これはJリーグのチームを応援するサポーターの総意ですよね!
レッズがACLを勝ち進んでくれることでJリーグへの興味もアップすると思うので頑張って欲しいなと思います。

keiさん、コメントありがとうございます。

そうですね!日本ももっとクラブチームが注目されるようになるといいなぁと思います。Jリーグ発足の時に起きたサッカーブームは一過性のブームであって、真のサッカー好きを醸成するものではありませんでした。今度は・・・と期待してしまいます。

はじめまして。
 
クラブは、代表のように国旗を背負っていません。
浦和にしても城南にしても、自国の選手だけではないわけで、外国人に日本や韓国のために戦えといっても無理な話でしょう。
それに、浦和にはいませんが、Jリーグには韓国人選手がいて、Kリーグ勢相手の国際試合に出場したことがあります。

もちろん、レッズ以外のサポーターが同じ日本のクラブということで応援するのは悪いわけではないでしょう。
ただ、韓国や中国のようにクラブチームが国を代表して日本と戦うという見方をするのはグローバルスタンダードから大きく異なっているのは間違いありませんね。

播磨亜相さん、コメントありがとうございます。

そうですね。クラブにはいろいろな国の人が所属しているわけで、そもそも国を代表しているという意識をファン側が持つのは違うのかもしれません。
ただ、今回、浦和のファンではない人たちが浦和を応援するのは、やはり「国意識」からだと思います。
日本のJリーグをなめんなよ!みたいな。
まだ日本はそれでもいいのかなぁと思います。この先は、クラブが「国」を超えていくのでしょうか。そうなったら素晴らしいなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/16855262

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和を応援しちゃいかんの?:

« 来季監督の話。 | トップページ | おおぅ、浦和ACL決勝へ。そして今チャンのこと。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31