« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月31日 (月)

2007年、ありがとう。

辛いことが多かったはずなのに、こうしてまた東京と共に過ごせた1年が過ぎていくことに喜びを感じています。

淡々とした日々の中で、味スタは、そのときの気持ちのままに、思い切り叫んだり、喜んだり、怒ったり、泣いたりすることができる・・・もう一つの「家」です。
東京ファンは、Jリーグのファンは、みんなもう一つの「家」を持っている。素晴らしいことだなぁ、とあらためて思ったりしています。
FC東京、そしてJリーグ、日本のサッカーの発展を願いつつ・・・来年も楽しいサッカー生活が送れますように。

ささやかなこのブログを読んでくださる方々、どうもありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。よいお年を。

2007年12月30日 (日)

土肥チャン、福西良かった・・・・・うごっ・・・ふおおぉ~!

二人の移籍先が決まって良かったなぁ・・・と思ったら、ヴェルディーですか・・・。

戦力外というカタチで去らなくてはならなかった二人が、どこへ行こうと文句をつける筋合いではない。でも、でも・・・よりによってヴェルディーとは・・・。むむぅ。くぅぅううぅ・・・。東京の大功労者、土肥チャンが・・・。キライだったのに東京に来てからすっかりその魅力にハマった福西が・・・。
これからも変わらず活躍してほしいけれど、申し訳ないが、東京との試合のときは応援するわけにはいきません。でも東京のファンって、そういう時、みんなで拍手したり声援送ったりちゃうんだよなぁ。自分もふくめてだけど。あぁ、東京の選手が土肥チャンのゴールに向かって攻撃するなんて・・・そんな日がくるなんて・・・人生とは思いも寄らぬことが起こるものニャ。
どうなるんだ!?東京ダービー。

阿部チャンは湘南ベルマーレへ完全移籍です。阿部チャンで一番思い出深いのは、やはり2003年アウエー神戸戦です。アマからのアシストを決めて、くるっと一回転。試合後、ファンのアマコールの中、空気を読まずにゴール裏へ走ってきた阿部チャン。笑いの中、ファンにペコリとお辞儀をしたその姿を忘れることはできません。
レンタル移籍を繰り返し、今回は完全移籍。ちゃんとお別れもせずに離れ離れになってしまったような・・・サミシイ気持ちがします。湘南でもがんばってください。ジャーンと一緒にね。

今日のトーチュウ・サイトにて。
今チャン東京残留の記事に、『愛着のあるチームでのプレーを決意した背景には、クラブ側の強化方針、ビジョン、熱意に理解を示し、「このチームで優勝を」という思いを強くしたことがある。』
「このチームで優勝を」。ぜひとも優勝しようじゃありませんか!
しかし。続けて『今野の残留が決まり、クラブ関係者は「(今野の)残留が最大の補強」と安堵(あんど)感をにじませた。』
ダメダメダメダメダメ!安堵している場合じゃないです。ルーカスがガンバに移籍してしまうのならばFWに、そしてトップ下に、外人助っ人を補強しなくちゃダメです。そこんとこ、よろしくです。

しかし・・・1年って早いものですね。

2007年12月29日 (土)

今ちゃあぁあああぁああ~ん!2

城福新監督との話し合いもうまくいったようで・・・良かった・・・。

ほぼ来年もアオアカ今チャンを見ることができそうです。ヤッター。でも、本人は欧州移籍を視野に入れているだろうから、このままずっと東京に居続けることはないな、と覚悟もしていますが・・・ひとまずホッとしました。
今回の移籍騒動ではさまざまなウワサや憶測が飛び交いました。もう、半分覚悟を決めていたのも事実。浦和に気持ちが傾いていた今チャンを、東京につなぎとめた城福さんの説得はどんな内容だったのだろう。今チャンにとって城福サッカーが魅力的に思えたのならば、これはファンにとってもすごく楽しみなワケで・・・。開幕が楽しみなワケで・・・。

とにかく。
今回の今野の話は・・・東京の伝説として語り継がれるであろう。
来年ももっともっと東京を、今チャンを応援しよっと。

・・・ん?今チャンはもともと東京の選手なのだから、「補強」ではないぞ(まぁ、ある意味補強?)。さぁ、ナイス・プレーヤーカモーーーン!!FW、MF、DFに各一人ずつカモーーーン!

あぁ・・・お正月が近い・・・。お正月って太るから嫌なのねん。

2007年12月28日 (金)

今ちゃぁあああぁあ~ん!!

公式な発表ではないけれど、今野が浦和移籍を断ったらしい。

昨年、あんなにもファンに愛され、チームを牽引するにふさわしい千葉の顔であった阿部勇樹が、あっさりと浦和に移籍したとき、「あぁ、プロというものはこういうものなんだなぁ。」と納得しつつもサミシイ気持ちになったのを覚えている。だから、今野が浦和に移籍してしまうことを、半分覚悟していた。サインが欲しかったのにもらえずじまいのナンバー「6」のユニフォーム。仕方ないとあきらめるしかない・・・。

それが。一転、急に沸き起こった「今野、浦和移籍なし」のニュース。そうだよ、今チャン、浦和では長谷部の後釜かなんかわからんが、「駒揃え」のための移籍になってしまう。東京では今チャンが中心となって戦略が組み立てられていく、いわば「核」的プレイヤーとして思いっきり暴れられるではないか!FC東京はまだまだこれからのチームだけど、今チャンの成長は東京の成長とともにあるのだ!もっともっと強くなれると思う。
今チャンと梶山のダブルボランチ・レジェンドの始まりだぁあぁああ!

まぁ、まだ何も公式な発表はないし、「浦和は断ったけど、○○に移籍します。」みたいなどっひゃー!なことが起こったりしたら、もう、しばらく沖縄かなんかにいって帰ってきません。今チャン、本当に浦和行きを断って、東京で戦うと腹を括ったのなら、アンタ、男だよ。一生ついていくよ。
ユニフォームにサインもらっちゃお~ウホホーイ!!

今日は、MXテレビでFC東京特番がありました。土肥チャン、本当にお疲れさま。そしてありがとう。たくさんの思い出をくれました。ピンチをしのいだ後の、モニをにらみつけるあの眼差し、本当に恐かったです。ちびりそうでした。ナビスコで優勝したとき、一斉に土肥チャンに向かって走っていった選手たちを、大きく腕を広げて受け止めていましたね。私もその中に入りたかったです。

土肥チャン、本当にありがとう。

っていうか、あのヴェルディに加入って・・・マ、マジっすか・・・?むむむ・・・。

追記:29日のスポーツ紙に、確かに「今野、浦和移籍拒否」は出ましたが、「G大阪入りの可能性も」・・・・・って何じゃぁああぁあああ!
「FC東京、カボレ獲得濃厚」ってホントかな??

2007年12月26日 (水)

ひきとめてぇえええぇ~。

今チャンが、城福新監督の来季の構想&慰留を受けて、悩んでいるとか・・・。

思わず、城福さん、ひきとめてぇええぇええ~!と叫んでしまいました・・・覚悟しているはずなのに。モノゴトは悪いほうに考えておくと、本当にそうなった時にショックが少ない説を唱えている者としては、今チャンのことは、ほぼ諦め気味でした。なのに、城福さんの記事を目にしたとたん、思わず力が入ってしまいました。もしかしたら・・・。
でもその記事には同時に「浦和に行くことを決めていた」みたいなことも書かれていて、そうなんだ・・・とガッカリもしました。
もう、はっきりして。振るなら早く振ってちょうだい。もっとイイ男を探しに行くんだから!と、強がり女の心境です、もう。・・・ハア。

とにかく、外国人助っ人をちゃんと揃えてほしいです。FW、MF、DFにひとりずつ。あ、DFは川崎から佐原選手がレンタル移籍で来るんだっけ・・・。

会社では、「今野、浦和なの?」と聞かれます。聞かれまくりです。中にはうれしさを隠せない表情の人もいます。・・・おぬし、レッズだな・・・。

2007年12月25日 (火)

熊本を振り返り、長居を祝う。

017_2 天皇杯敗退とともに、原東京も終わりを告げました。

エコパへ、国立へ行きたかった。東京から遠い地で、07年東京が終わってしまうなんて淋しすぎる。試合終了の笛のあと、場内のファンへ挨拶する選手と原監督。何人かの選手が泣いていたが、なぜか重苦しい雰囲気というか・・・どんよりとした空気が漂っていたように感じたのは私だけでしょうか?
同じく2年前の天皇杯、愛媛での5回戦で浦和に負けた原監督最後の試合。あの時は試合終了後、多くのファンが原監督との別れを惜しみ、原監督も涙を流しながらファンと握手し続けていた。別れの中でチームとファンの連帯感のようなものがあった。もちろん、今回も原監督や選手たちの労をねぎらう声があったのは確かだ。
・・・でも、何かか違う。結果を出せなかった原監督が1年でチームを去る。愛媛のときとは確かに状況が違うのだけど・・・。チームの柱であった土肥が去る、福西が去る、でも二人の姿はない。川口が去る。そして、移籍がささやかれているルーカス、今野。
さまざまな複雑な想いが、選手にもファンにも去来していたのかもしれない。

<しあいのかんそう>
001 ①07年東京の課題を浮き彫りにした試合。 試合内容に関してはあちらこちらで報道されているので、多くは語りませんが・・・。動き出しが悪い、いいクロスがあげられない、決定力がない、つまらないパスミス、軽いプレーが多い、連動する動きがない、チームとして目指すサッカーが見えない・・・あ、つい多くあげてしまいました。悪いところははっきりしているのだから、08年開幕に向けて、しっかりと東京のサッカーを立て直してほしいと思う。このままだと、今年よりももっと苦しいシーズンになるかもしれない。写真は、前半終了後、梶山にひたすら指示を出しているモニ。梶山は視線を合わせずに、うなずいておりました。

006 ②泣くな、今チャン! 今チャン、号泣していたそうな・・・。泣いている様子はわかったのですが、メインスタンド側に来るときには、もう泣いていなかったので「号泣」していたとは知らなかった・・・。今チャンの中で、もう「東京」が終わってしまったのでしょうか・・・?厳しい環境に身を置くことで、上のレベルを目指していくという確固たる意思を持つ今チャンにとって、浦和からのラブコールは・・・魅力だと思う。リーグでは優勝争いに絡み、ACLでは優勝・・・そんな浦和と東京の間で、心が揺れるのも無理はない。いや、「迷う」こと自体、今チャンが東京に愛情を持っている証かもしれない。昨日も書いたけれど、今チャンが決めた結論を受け入れるしかないと思う。でも、もし今チャンが浦和を選んだら・・・それは東京ファンにとっては悔しい。絶対的に「強いチーム」になりたいと思う。あの時、東京にいればよかった、と思わせたい。もし東京を選んだら・・・チームもファンも熱くなるだろう。何て表現したらいいのかわからないけれど、一生、今チャンについていきますっ!って感じ。・・・ん?ちょっと違う??

③悔しいから、馬刺し弁当食べました。 お腹の調子が悪いので朝から何も食べず、機内の飲み物でさえ躊躇しておりました。当然、スタジアムでも何も食べられない。辛い。辛すぎる。帰りの空港では、体調が回復したら食そうと、次から次へといろいろなものを購入。・・・ん?店の片隅に置かれた最後の一つのお弁当を発見!「馬かったい」という名の馬刺しの押し寿司。2時間以内に食べるように、注意書きがされています。おっしゃあ、もうどうなってもいい、このくらい食べなくちゃ帰れんわぃ、とイキオイでレジへ持っていきました。大丈夫か?お腹?
ひと気のない空港のロビーで食べました。ウマー。本当はちゃんとお店で食べたほうが美味しいんだろうけれど、これはこれでなかなかウマイ。お腹にはチャレンジャブル・・・でも、まぁ、帰宅まで何事もなかったです。良かったー。

トーチュウに「ルーカスG大阪へ完全移籍」との記事がでました。ウワサは流れていたけど、本当にそういうことになるのか・・・。ハア。いつも明るくて、他の外人選手の面倒をよくみてくれていたルーカスが、Jリーグの他のチームに移籍するなんて考えたこともなかったなぁ。秋には「ルーカス、来季も東京で」という記事が出ていたし。今年は本当に主力選手がたくさん東京を離れてしまう・・・。

今日、エコパに行くためだった往復新幹線チケットを払い戻しました。
07年東京は終わったけれど、もう08年東京が始まっている。離れていく選手、新しく加入する選手。しっかりとした指針のある東京サッカーの構築。来季開幕まで、2ヶ月しかない。

FC東京U-18の選手のみなさん、サハラカップ優勝おめでとう!
素晴らしい!TVで観戦しましたが、いいサッカーしてるなぁと感心しました。序盤でPKをはずしてしまいましたが、まったく負ける気がしなかった。しっかりとした狙いのあるサッカーだったと思います。ウレシイ!素敵なクリスマスプレゼントをありがとう。

2007年12月24日 (月)

帰宅from熊本。

熊本から帰宅し、一息ついたところです。

お腹の具合が心配なので、夕飯はおかゆとじゃがバターにしました。最近、じゃがバターに凝っています。バターはもちろんエシレバター。通常の値段では高すぎるので、賞味期限ギリギリの半額を狙って買います・・・セコイですけど。って、こんな話、どうでもいいんですけど。
空港では結局選手たちとは遭遇できず。自分が乗った便よりも30分あとの飛行機だったようです。残念。今チャンはサインに応じていたとか・・・。そうか・・・。チャンスがあればと思って、「6」のユニフォームとサインペンを持っていたのになぁ。まぁ、来年もらえばいいや。そうだ、新しいユニフォームに変わるから、その前にサインしてもらったほうがいいな。もうオフに入るけど、年明けはいつから練習なんだろう。来年は石垣島合宿はないんだっけ・・・。今チャンはファンサービスをやってくれるから、小平に行ってサインをもらえばいいな。

・・・・・・・・。今チャン。来年、サインしてもらえるよね?またアオアカのユニフォームにキャプテンマークをつけた姿が見られるよね?

でも一方で、今チャンがどこでプレーするのかは、今チャン自身が決めればいい、それで他のチームを選んだとしたら、それは仕方ない、私は東京が好きだから、これからも東京を応援し続けるだけだ、今までもそうだった・・・。と思う自分もいます。
これから1月の中ごろまで、移籍関係でいろいろなことが起こるんだろうな・・・。覚悟もしているし、期待もしています。

来年こそ、強い東京が見たいぞ!

ユース、U-15東京の深川は勝利!おめでとう。むさしは敗退。残念、惜しかった!さあ、明日はU-18サハラカップ決勝戦。スカパーで観戦するよ!がんばれ!

2007年12月23日 (日)

今年も終わりました。

後半は、東京攻撃、広島守備とはっきりと分かれた戦い。攻め込むもなかなか点が取れない。しのぐ広島。平山、ルーカス投入でいつかはゴールをこじあけられると思っていましたが…悔しい。今年の東京が終わってしまいました。あ、まだユースがある。帰りは相乗りタクシーで空港まで来ました。じきに選手たちも到着するでしょう。…空港の売店でお土産買いまくってしまいました。ヤケ買いニャ。くぅ~、ホントに悔しい~!

むむむ。2点ビハインドか。

いやあ、つまらないパスミスが多すぎ。1失点目は、携帯メールに気をとられていて、目を向けたらボールが塩田の頭上をポーンと抜けていくところでした。2失点目は、軽いパスを相手に奪われて、ゴール前、フリーの駒野にやられてしまった。東京は悪くはないんだけど、序盤は攻守の切り替えが遅く、クロスもヘッポコクロスばかり。守備も裏を抜かれて危ないシーンが何度も。そしてパスミスが多い。とにかく、負けたら終わりなんだから、修正して後半はセクシー東京サッカーを見せてほしいぞ!ノリオ、打て!走れ、東京!

♪東京からメリークリスマス

♪東京からメリークリスマス!何百人もの東京サンタが歌うクリスマスの歌!そして、マフラー掲げてのユルネバが始まりました。感動するね。広島側も歌い始めたぞ!スタジアムはガラガラだけど、異様に盛り上がってまいりました!

広島ファン、盛り上がりすぎ!

広島の選手が登場するや、歌は歌うわ、コールはするわ、盛り上がる広島ファンの一団。東京ファンはクリスマス帽をかぶってマッタリ。

塩田登場!ガラガラスタジアム。

雨が降らないなら自由席がいいなぁ、と案内所の当日券売場へ行ってみました。係の人が、上のランクの券から下の席には入れるから中で言って、とのことだったので、安心してメイン席でマッタリしています。後半はゴール裏へ行ってみよう。おお、塩田に続いて、東京の選手たち登場!広島ファン、ブーイングはいいけど、サイレンはやめれ!

着いた~!熊本!

空港からタクシーで2000円くらい。相乗りしたかったニャー。無事に着きました!KKウィング!雨は降りそうにありませんが、曇り。けっこう暖かいです。

2007年12月22日 (土)

よくやった!!3連休、3連勝といこう!

おっしゃああ!よくやった!ユース!

FC東京U-18、Jユースサハラカップ決勝戦進出おめでとう!今日は終日仕事で、試合を観ることはできませんでしたが、素晴らしい!こうなったら、熊本→大阪で24日の決勝戦@長居に行っちゃおうかなぁ。行きたいなぁ。

そして。いよいよ明日は天皇杯準々決勝戦です。午前の飛行機で熊本入りします。お天気も回復しそうだし、ゴール裏のチケットを買えばよかったなぁ。屋根下チケット買っちゃいました。今日は準々決勝のうち2試合が行われ、ガンバ大阪と鹿島が準決勝進出を決めました。明日広島に勝ったら、次は・・・ガンバかぁ。相手に不足なし!(本当は清水が良かったけど・・・エコパだし。)まずは明日、きっちり勝つことです。

・・・HONDA FC惜しかったよなぁ。退場者が出なかったらなぁ。しかし、HONDAっていいチームだと思います。

明日旅立ちますが、体調がなかなか回復しません。年末なのでほぼ毎日、夜は会食になるのですが、帰宅後お腹が痛くなったり、熱っぽくなったりします。(そして恐ろしいことに、一緒に仕事をしている人たちが次々と同じ症状で発病し、倒れていきます。まさか、まさか・・・私の菌が・・・?)
明日はせっかくのアウエー観戦なのに、この体調ではあまりはっちゃけることもできない。おとなしくしつつも、マフラーで口を覆い、低い声でうおーうおー言ってます。

現地に行けないファンの分の想いも抱えて、熊本に行ってきます!

24日のサハラカップ決勝戦も含めて、3連休、3連勝といこう!

2007年12月20日 (木)

そんなこともあるんだー。

トルシエ氏がFC琉球の総監督になりました。

トルシエ氏がJFLチームの監督になろうとは、本当に驚きました。きっとJ1、J2のチームからもオファーがあったと思いますが・・・。
TVでも新聞でも大きく報道されています。JFLがこれだけ話題にのぼることもそうそうないので、いい効果になっていると思います。トルシエ監督のFC琉球は、来シーズンにはかなり注目されるでしょう。さぁ、監督力によって、強いチームに生まれ変わるのかどうか、楽しみです。監督力がどれだけチームを変えることができるのか、じっくり見てみたいと思います。

長友くん、いらっしゃい。プレーも大事だけど、あんなふうにキャラ立ちするくらい明るい選手が来るのは、ウレシイ。東京の選手は(キャラ立ちはしてるけれど)、おとなしいからなぁ。
エヴァウドは帰国・・・・・。何だか、もう帰ってこない予感がします。全然試合に出るチャンスがなかったし。ブルーノ加入のウワサもありますが・・・、ううーん、来季の構想がなかなか見えてきません。

天皇杯後に一気に動くのでしょう。しかし・・・週末のクマモト、天気悪そうだー。

2007年12月19日 (水)

雨のKKウィング??

さあ~、いよいよ今週末に迫りました。

天皇杯準々決勝・・・そしてJユースサハラカップ準決勝。22日に神戸でサハラカップ→23日にクマモトで天皇杯、というツワモノもいるらしいです。素晴らしい。
それいいなぁ・・・。そうしようかなぁ。

今のところの予定は、23日の午前中に空路熊本入り。試合を観てそのまま最終便でトンボ帰りです。KKウィングまで空港から車で15分らしいのですが、行きはまぁ、大丈夫でしょう・・・でも、帰りはどうなるんだろう。不安になって問い合わせをしてみたら、スタジアムにタクシーが停まっているので、相乗りして空港へ行ってくださいとのこと。ええーっ。大丈夫なのかなぁ・・・。しかも、天皇杯は延長戦、PKがあるから、そんなことになったら飛行機に乗れないかも・・・?まぁ、そのときはそのときだぁ。熊本市内へ行ってラーメンとか馬刺しとか食べて、どっかに泊まればいいし・・・って、次の日は24日なのねん。23日のことばっかり考えていて、24日のことすっかり忘れておりましたわ・・・オホホ。

天気予報によると、23日は雨。スタジアムに屋根はあるのかなーと調べてみたら・・・。自由席・・・つまりゴール裏は屋根がない。まったくない。メインとバックに屋根をつくるのなら、なぜグルッと全体につけないのじゃあ(怒)!

・・・屋根の下のチケット買おう・・・。ヘタレでスミマセン。

とにかく勝って、エコパ→国立と東京へ近づいていくぞー。

●オシム監督は、普通のお食事をとられるほど回復されているようです。早く退院できますように。

2007年12月17日 (月)

アマラオ、おめでとう。

2007Jリーグアウォーズの功労選手賞に、アマラオが選ばれました。おめでとう!

残念ながら、今、アマラオは指導者資格を取得するためにブラジルへ帰国中なので、表彰式には出席できません。ぜひとも、大舞台で表彰されるアマラオの姿を見たかったけれど。
「資格」について詳細(ブラジルでの資格が日本で通用するかどうか・・)はわからないのですが、ぜひとも将来は日本で、東京で指導してほしいと願います。でも今は選手たちの目の色が変わるくらい厳しい指導をビシビシやってほしいと思うので、アマラオの登場はもう少しあとがいいかなぁ。アマラオ、やさしそうだもんなぁ。そんなことないかなぁ。どうだろ。

この成績だから仕方ないけれど、東京の選手は全然表彰されず。昨日の「やべっちFC」で梶山が「ベストFK賞」もらったくらいです。梶山・・・、おねーさんは、インタビューがどうなることかと思ってヒヤヒヤしてしまいましたよ~。あの時みたいにフヘヘヘヘ・・・と笑いながら目を泳がせる顔が一瞬頭をよぎってしまいました・・・。寿命、縮まったよぅ。

クマモトでも、FKをズドドーンと決めてくださいよ!ヨロ!

2007年12月16日 (日)

クラブミーティングのこと。カカのこと。

クラブミーティング最終回に行ってきました。

女性がホント、少なかった。全体の5%もいない?チラホラって感じです。公民館のホールにパイプ椅子を並べた会場。常務の村林氏が登場して、ミーティングが始まりました。
これは・・・。オフィシャルサイトの「メッセージボード」公開版・・・ですか??よくラジオの番組で、「今回はファンのみなさんを集めて、ここ、渋谷のスタジオで公開生中継していまーす!」という感じです。つまり、相互コミュニケーションが一切ない。まずSOCIO10人から質問、意見を発表してもらう→村林氏がまとめて答える→時間終了。私のイメージとしては、ある議題についてSOCIOとフロントが意見を「出し合いながら」、お互いの理解と信頼を深めていく場だと思っていたので、「これだったら、SOCIO限定で質問を募り、村林氏が回答するSOCIOエムボ」をやるのと変わらないな・・・と少しがっかりしてしまいました。SOCIOが知りたい内容に関しては、一切「話せない」とのことだし。まぁ、SOCIOが一番知りたいことは「イキナリアッサリ土肥・福西解雇事情」「外国人補強、チーム強化の失敗」「来季へのチーム強化の展望」なワケで、そうそうフロントから話も聞けまいとは思いますが。
ただ、こういう場を設けてくれたフロントの姿勢には感謝したいと思います。「コミュニケーション」はなかったけれど、お互いに顔をつきあわせることができたのは良かったと思います。だからこそ、強化部には参加してほしかった。失敗をみんなの前で謝れ!ということではなく、率直に話をしてほしかった。SOCIO、ファンの間でくすぶっている感情を、信頼に変える絶好の機会だったと思うのです。SOCIOは「お客様」ではない、東京の発展に寄与する「スタッフ」の一員なのだということならば、なおさらです。
何人かのSOCIOから「東京は冷たくなってしまった」「変わった」「何かが狂い始めている」との言葉が聞かれました。確かに観客も増えたし、アマラオ時代のような「アットホーム」な雰囲気を維持していくのは、運営上難しいのかもしれない。でも・・・クラブが大きくなるにつれて、東京の「良さ」が失われていくのは悲しいなぁ。
最後に。
Jリーグに参入してから順調だった経営も、ここ数年ピンチ状態に陥っているとのこと。まぁ、よっぽどの大スターが海外から加入するとか、勝ち続けてタイトルを獲りまくるとかしない限り、成長が青天井であるはずはない。ただ、これは東京だけではなく、Jリーグ全体の問題という側面もある。「東京」というチームを通して、日本にサッカー文化を創りあげていくプロセスに参加している、という意識を持って前向きに「いちSOCIO」にできることを考えていきたいと思いました。・・・あ、最後の部分はキング・カズの記事(日経新聞)に感化されております。

CWC決勝。カカ、すごかったーーー。ボカvsミランというか・・・「カカ劇場」面白かったー!どちらが勝っても良かったので、マッタリと楽しめました。
来週のクマモトは・・・、そうはいかないやね。

2007年12月15日 (土)

移籍、補強・・・どうなる?08年のチーム造り。

土肥、福西、川口が東京から離れる。

そして、やおら今チャン、ルーカス、伊野波に移籍のウワサが・・・。東京ファンとしては気が気でない毎日。朝起きると、何か新しい情報が発表されるのではないかビクビクしてしまいます。
土肥、福西、川口に関しては、チームの方針?(出場の機会とか、年棒とか・・・)だから、納得できなければ不満の気持ちが残る。ただ、他のチームからオファーが来て、本人が望んで東京を離れるのならば、それは仕方ないこと。仕方ない・・・ドライな物言いになってしまうけれど・・・。もちろん、他のチームが欲しがるということは、東京としても出て行ってしまったら困る選手だということだし、今チャン、ルーカス、伊野波・・・みんな大好きな選手です。本当に移籍してしまったら、東京ファンとしては悲しい。突っ伏して泣くかもしれない。選手がどうしても残りたい、他の選手が来たいと望む、そんなチームになってほしい・・・と祈りにも似た気持ちで願うばかりです。
ただ。問題はチームの・・・フロントの動きです。出て行かれたら、補強しなくてはならない、ということです。もちろん若手の育成ということもあるけれど、それだけでJ1の上位を狙おうというのはやはり無理がある。今チャンが出て行ってしまったら、今チャンと同じレベルの選手を血のにじむような努力で獲得する、ということを望みたいのです。
昔のことをウジウジ言うのは本意ではないのですが、ケリーを出したときの失敗を繰り返してほしくないと思う。ケリーを出すのなら、ケリーと同じレベルの選手、即戦力のある選手を入れなくてはならなかった。それができないと、苦しくなるのは当然。若い選手が数ヶ月で劇的に覚醒するなんて・・・あまり現実的ではない話だと思う。(夢はあるけれど。)

明日、幡ヶ谷(近いや、笹塚から一駅!)でサポーターズミーティングがあります。前回、前々回の様子を聞くと、あまり核心的なことには触れられていないよう(もしくはフロント側が話さないのかもしれない)ですが、08年の東京の方針、そのためにどうするのかという具体的な施策について聞きたいと思います。
まぁ、補強とか・・・時期的に微妙なことは話してくれないだろうけれど・・・。

おわっ、明日のミーティング・・・・・・・朝の9時だー。早いのねん(涙)。

※今回の書き込みは、ボンジュールCD(帰国中)とのブランチでの会話から影響を受けています。「おまっ、俺の話のウケウリじゃん!」って言われたらどうしよー。ビクビク。

2007年12月13日 (木)

ぎゃお~ミラン~うらわ~!!

後半から観ました。CWCのミランvs浦和。

おおー。0-0のドローですか。力の均衡か、浦和がしのいでいるのか。ともかく、浦和も頑張っているのだけど、ミラン、やっぱりすごいや。パスの正確さ、1対1の強さ、美しいサッカー。カカもさすがバロンドール。この試合では、ガットゥーゾもインザーギもジラルディーノも・・・マルディーノまで観れて、満足しました。
浦和とミランの差というよりも、ううーむ、やはりヨーロッパチャンピオンの凄さは桁違いだわーということを思い知らされました。浦和は負けてしまいましたが、1-0のスコアだし、ミランとガチ試合をした経験は貴重だし、カカの口から「ウラワ」という言葉が出たのはうらやましいし、世界に向かっての第一歩になったのではないでしょうか。

(ここからは浦和ファンの方は読まないでください。)

いやぁ、ミランがやっと1点取ったときは、イスから飛び上がる→大きくジャンプ!→小さく大きくガッツポーズ!→「おっしゃあああぁああぁああ~!!(絶叫)」と弾けまくってしまい、そばにいた同期の男子が脅えて凍りついていました。まわりの人たちもあまりの私のコーフンに少々引いていました・・・ニョホホ。
まぁ、浦和には悪いのですが、観たいんだもん、ミランvsボカ。世界中が観たがっているんだもん。

ということで、決勝戦がとても楽しみです。どっちを応援しようかなぁ。

2007年12月12日 (水)

倒れましたー!!

一昨日、昨日と、高熱で倒れました。

一昨日の夜に熱が出たのですが、次の朝には熱がひいていたので大丈夫かなぁ・・・と油断して会社に行ったのが間違いでした。とにかく熱と激しい腹痛で、もう身体をタテにしておくことができず帰宅したのですが、買い置きの薬がないために、一晩中苦しむ羽目になりました。今日、診療所に行ったら、医者の第一声が、
「ここ何日間で、生牡蠣食べました?」
はぇぇ~!食中毒って言いたいんかい?!
「いえ、食べていません。」
「生ものは?」
「食べていません。」(←実は食べている。)
「じゃあ、まぁ風邪の薬と解熱剤、出しておきますね。」
ということで、何種類もの薬を現在投入しております。

そんなこんなでサッカーの情報に疎くなってしまいました。この2日間で起こった大きな出来事としては・・・。
①浦和がセパハンに勝利、次はミランと。
②今チャン、そして徳永がA代表に選出!
というところでしょうか?

①うおおおおお~。うらやましいぞ、浦和~!クヤシイ!クヤシスギル~ギリギリ!いくら心がせまい、人間が小さいと言われようと、今回はミランを応援してしまいそうだ・・・(←ACLの時とは、人格が変わっています。スミマセン。)。だって、浦和がミランより強いなんて、そんなこと許されていいのかぁああぁあ~!

②徳永が選出されるとはこれいかに??いや、大事な東京の選手なので、喜ばしいことなのですが、ここ最近のパフォーマンスでは、オイオイ、もう少しやれるでしょう~って思わせることしばしばなので・・・。まぁ、いい経験、刺激になると思うので、頑張ってほしいです。

あと。川口がトライアウトに参加したようです。J’S GOALに動画があがっていました。がんばっているなぁ。すっごくカッコイイよ!信男さん!「できることしかできないですから、それを伝えられればいいかな、と思います。」伝わりますよ、きっと。

なんていうか・・・。ヘンにプライドだけが高いちっさい男と比べると、サイコーに素敵です。(←ちょっとグチ入りました。)

2007年12月10日 (月)

丸亀のたのしい思い出。

054 さあ、次につながったぞ!熊本、静岡、そして国立だー!オー!

丸亀遠征は、勝利とうどんの楽しい思い出になりました。結局うどんは二日間で目標の5食完食達成。でも二日目の2食は駅の近くのうどん屋さんだったので、あんまり満足できなかったなぁ・・・。天皇杯は遠隔地での開催が多いので、けっこう負担にはなりますが、こういう時じゃないと訪れない場所に行けるのは楽しい。

<しあいのかんそう>
053 ①堂々、塩田GK。 今回の勝利も塩田の神セーブのおかげです!もう3点取られてもおかしくなかった・・・。時に大量失点することもあるけれど、決定的ピンチを救える力はスゴイ!としか言いようがありません。声も出すし、後は土肥チャンのような貫禄を身につけていってほしい。・・・土肥チャン、怖いもんなぁ~。

②平山の意地。梶山の成長。  東京にとってキャプテン・今チャンは必要不可欠な存在ですが、このチームは梶山のチームだと思ってしまう。ここのところ、梶山はいい感じに成長しているし、前田さんもトーチュウに書いていましたが、精神的にも強いところを見せてくれています。これからが本当に楽しみです。そして平山。何故か不評ばかりが耳に届いてくるけれど、今試合での平山は頼もしいFWとして動けていたと思います。得点の匂いがしました。北京五輪最終予選ではベンチからもはずれて、代表ではまさに崖っぷち。でもあせらず、謙虚さを忘れず、しっかりと努力をして、クラブできっちり結果を出していけば五輪のピッチには立っていると思う。正念場だぞ、平山!

057 ③みんなで入れ替え戦観戦。 空港に着いたら、搭乗口のテレビの前に東京の選手たちが陣取って、入れ替え戦の観戦中!その後ろにたまって、一緒に観戦する2~30人のファン。時々一緒に声をあげたりして、何だか微笑ましいひと時でした。京都昇格、広島降格の瞬間。画面に大きく映った佐藤寿人の泣き顔に、東京の選手たちは何を思っていたのでしょうか・・・。

さて、2週間あいて今度は熊本で準々決勝戦。いよいよベスト4が決まる。福西、土肥チャンが間に合うとうれしいんだけど・・・。この天皇杯のトーナメントの間に、その姿を見たい。

熊本は日帰りだから美味いものは食べられないけれど、広島もしくは磐田、どちらが上がってきても絶対に勝つぞ!フンガー!!

●オシム監督の退院を心待ちにしています。早く元気になってください!

2007年12月 8日 (土)

さようなら丸亀。さあ熊本だ!

平山よかった!きっちりFWの仕事をした!梶山とのボールキープ合戦も見所あり。塩田の神セーブもあった。内容的には課題もあるが、次につながったのは何より素晴らしい。試合後、選手全員に「HARA TOKYO」のマフラーが配られて、それを掲げてのバンザイ!になりました。勝った!さあ次は熊本だ!国立に行き着くぞ!

ハーフタイムだよ~

ハーフタイム。試合の入りが悪かったなぁ〜。序盤はおされ、先取点を許してしまう。どうなってるんだ!動け!とイラつきましたが、間もなくして、梶山が素晴らしい弾丸ミドルシュートを決めました。ということで1対1で後半へ。90分できっちり決めてほしいっす!

東京ファン集結。

日が陰って、寒くなってきました。今日の丸亀はラストアマの日よりも明らかにたくさんのファンが集まっています。スタメン発表で今野の名前が呼ばれると、ファンの間から、こんのー!!という悲痛な?叫びがあがりました。川口、小澤にも声援が。小澤、見たいなー。川口、頑張れ!

熱いぞ!鳥栖!

両チームの選手がピッチに現われました。やおら始まる鳥栖の熱い応援。そんなにとばして大丈夫なのかっ?!スタメン発表の時もピーピー妨害してきて可愛いぞ!

丸亀競技場着きましたー!

高松から電車、丸亀からシャトルバスと乗り継いで、やっと到着しました。何もない田舎の中に突如として現れる立派なスタジアム。ラストアマの日と比べると暖かいけれど風が冷たい。ファンの様子。東京側はマッタリ、鳥栖側はもはやヒートアップしています。塩田が出てきてウォーミングアップを始めました。

2007年12月 7日 (金)

うぃ~っ、天皇杯前哨戦なのらー。

骨付き鳥「一鶴」で、ちょびっと飲んだら酔っ払っちった~。

今、高松にいます。おとといは1時間、昨日は2時間くらいしか寝ていないという最悪な状況で今日の昼過ぎに高松入りしました。(しかし、不思議ですね。当然のことながら、機中では爆睡だったのですが、フライトアテンダントのオネーサンが飲み物を配り始めると、その時だけ目が覚めるんですね。)前日の高松入りには、「さぬきうどん食い」という目的がありました。特に、一般の店ではなくセルフの店、製麺所で食する、のが重要です。
午後にホテルへチェックイン。しばらくマッタリしていましたが、いかん!製麺所というのは早くに閉店してしまうし、売り切れ次第閉店ということもある。一刻を争うのだ!製麺所は街から少し離れているところに点在しており、歩くには微妙に遠い。あわててホテルの前からタクシーに飛び乗りました。まずは・・・。

①「竹清」・・・「うどん&あつあつ天ぷら」と書かれた引き戸から中に入ると、すぐ右側に天ぷらをあげているオバチャンがいます。やさしそうなオバチャンは「天ぷら、どれ揚げる?」と聞いてきてくれます。迷っていると・・・というか作法がわからなくてオロオロしていると、さらに「卵?ちくわ?たまねぎやサツマイモ、茄子もあるよ。」「・・・オススメは何ですか?」「卵とちくわかな。」「じゃあ、それにします。」 実は練りものが苦手なので、ちくわはちょっと不安・・・。そのまま奥の麺を茹でているところに行って、麺を注文します。麺が出てきたら、自分でつゆをかけて、ねぎと天かすをのせます。一玉って少ないなぁ・・・?二玉にすべきだったかなぁ・・・。席に戻ると、天ぷらが揚がってきています。
「・・・・・う、美味い。」サクサクサクサク・・・美味い・・・サクサク。ものすごくサクサクに揚がったちくわの天ぷら。驚きました!美味い、美味すぎる!!卵も衣はサクサクですが、中が半熟になっていて麺とからめるとこれまた絶品。もちろんうどんそのものも美味しいのですが、とにかく天ぷらがスゴイ。しかもですよ、天ぷら1品90円×2、うどん一玉140円で、合計320円です。なんというコストパフォーマンス!東京に来ないですか、オバチャン!まぁ、東京は地代が高いし、この値段じゃやれないなぁ・・・。

すこぶる満足して店を出たあと、次の店へと向かいました。ここから少し歩いたところにまた別の製麺所があります。

②「松下製麺所」・・・ここでは「ひやしうどん」を食べてみました。つゆではなく、しょうゆをかけて食べます。しょうゆというよりも・・・つめたいつゆっぽいものでした。確かに麺にコシがあって美味いのですが、あの竹清の天ぷらのあとでは何だか物足りない。いえ、うどんは本当に美味しいです。

さてさて、次はどこに行こうかなぁ・・・。と地図を広げてみたものの、「モウ、ヤメテヤメテ~ムリムリ~アンタ、トシヲカンガエテ~」と胃が訴えています。そうだよなぁ。飛行機の中でおにぎりも2個食べているしなぁ。うーむ。仕方ない、このへんで勘弁してやるか。帰りは腹ごなしに歩いてホテルへ戻りました。

ハッ。いつの間にかベッドで寝てしまった・・・。2時間ほど経っている。・・・ん?ちょびっとお腹すいた?うどんは消化がいいので、すぐにお腹がすいてしまうのだ(と勝手に思う。)。ここは鳥の出番と言えよう。ベッドから起きると、いそいそと「一鶴」に向かいました。

③「一鶴」・・・さぬき名物骨付き鳥の店です。クリスマスとかに食べる、「鳥のもも」です。おやどり、ひなどり、どっちにしようかな・・・「ひなどり、お願いします。」
胡椒が効いていて、外側の皮はパリパリ、中は柔らかくてジューシー。「鳥のもも」がこんなに美味しいなんて・・・素晴らしい。飲めないのにビールなんぞ注文してしまって、グイグイいっちゃいました。ハラヒレ~。でも店内が「チェーン店」っぽくて少し残念です。

寝不足の身体に酔いがまわって、またもやホテルで倒れました。しばらく熟睡・・・また数時間後目が覚め、さぁ、次は何を食べようかニャ~ウフフ。って、なにやっとんのじゃー!文字通り食べては寝て、食べては寝てじゃん、これじゃ!・・・ナサケナイ・・・。
でも、これがアウエーの醍醐味ってもんでしょう。こんなに充実して、しかも明日は試合があるなんて、幸せ~。

まさに勝ったらサイコー!の週末です。次は熊本だかんねっ!(・・・今年はちゃんと貯金しようと思っていたのになぁ・・・。ま、いっかぁ。)

ネットではほとんどの掲示板もブログも、今チャンの移籍のことばかり。某スポーツ紙のサイトには今チャンのコメントが出ている。『 「運命の選択になる。ポイント? 自分が楽しくサッカーができて、成長できるところ」と話した。』 
・・・そうですか。これで行ってしまったら、少しショックだなぁ。「お金」と言ってもらうほうが気が楽だけど、今チャンはそんなこと絶対に言わない。もし今チャンが行ってしまったら、真剣に現実に目を向けなくてはならないな・・・。

とにかく今は、明日の試合に勝つことだけです。

追記: 結局、夜中にホテルの近くの「こんぴらうどん」で、細切り麺の「しゃぶしゃぶ肉うどん」を食してしまいました・・・。しかし、失敗。七味を入れすぎて辛くなってしまい、途中で舌がジンジンしびれてきて味がわからなくなってしまいました・・・っていうか、食べすぎじゃないのかーっ?

●オシム監督が一日も早く退院できますように。

2007年12月 6日 (木)

さあ。明日は丸亀へ。

天皇杯のタイミングって嫌だなぁ。

選手の出入りの情報が開示されていく時期なだけに、何だか微妙な空気が流れるからです。Jリーグ戦が終わる時に、一年のサッカーの季節が終わる、ということにならないものでしょうか。
天皇杯、優勝したってオレはチームを離れるし・・・なんていう状態でモチベーションが持てるのかなぁ・・・持っていたなぁ・・・川口。頑張っていたなぁ。・・・切ないっす。

今の願いは、とにかく勝って、勝って、元旦の国立に東京ファミリー(選手もファンも)が集結することです。丸亀→熊本→静岡→国立。戻ってくるぞー!!オー!

2007年12月 5日 (水)

サミシイ季節。

あぁ、ホームユニフォームのナンバー、「6」だったんだなぁ。

一回も着用しないまま、来季からユニフォームが替わる。そういえば、おととしは「38」のホームユニフォームを持っていて、愛媛での天皇杯の試合後の空港で、ササからサインをもらいました。できれば今の「6」ユニにも今チャンのサインがほしいなぁ・・・。

いえ、今チャンが去っていってしまうとかではなくて、このユニフォームが今年限りだからなんですけど・・・。それにしても、毎日、今チャンの移籍のウワサばかりです。浦和がオファーするとか。長谷部のイタリア行きがほぼ確定的になっているらしく、その後釜というワケです。今チャンに出て行かれると辛い。・・・辛いなぁ。

毎日、移籍のニュースに戦々恐々。昨日は川口の契約非継続のニュースでした(川口、甲府戦はすごく頑張っていたなぁ。シュートが決まれば良かったのに・・・。今まで、ありがとう、と心から言いたいです。)今日は・・・何もなかったけれど、明日は何かあるかもしれない。本当に落ち着かない季節です。

今週末は、丸亀へ向かいます。寒い日にならないといいな・・・。

しかし・・・。12月に入って、ますます仕事がバタついています。毎日2時間区切りで昼から深夜まで予定がびっしり。会社に入ったころは(つまり若いころは)、仕事で忙しいのがそんなにイヤではなくて、よく同期の子たちとも「いやぁ、忙しくて・・・」とお互いにまんざらでもない顔をして話していたけれど、今は「適度」というのがいいです、やっぱり。
丸亀にはお休みをとって前日に入りますが、多分ホテルでグーグー寝ているだけになりそうな予感。それが楽しみだったりして・・・。

1泊2日でさぬきうどん5店制覇が目標です!

●オシム監督の第一声が「試合は?」だったとのこと・・・。ジーンときました。早く元気な姿が見たいです。

2007年12月 3日 (月)

岡田JAPANです。

オシム監督に替わって、岡田新監督の誕生です。

そうですね・・・ご回復しても、代表の監督のような激務に就くのは無茶なことです。ゆっくりとしてお身体を大切にしてほしいです。でも・・・。オシムJAPANの完成を見たかったなぁ。ううーーーむ・・・。とても残念です。
そして、岡田新監督。どれだけオシム監督が培ってきたものを引き継げるのだろう・・・。もうW杯予選まで時間がないので、就任が正式に決定したら、とにかく早く始動してほしいと思います。

星野JAPAN、北京行きおめでとうございます!素晴らしい。野球も熱いぞ!

●オシム監督がご家族とお話ができるほどご回復されているとのこと、とてもうれしいです。

2007年12月 2日 (日)

リーグ戦終了。何を思う?

009 ルーカスのPKで勝った。かろうじて。

リーグ戦最後にふさわしい試合だったかというと、甲府の力強さのほうが際立った一戦だった。特に前半は、まったくのいいところなし。何しろ中盤が制圧され、攻撃の形がつくれない。ううーむ。天皇杯まで一週間。正直、不安が残る内容です。鳥栖は調子がいいし、決して侮れない・・・。

<しあいのかんそう>
①GJ!塩田! 調子があがらない東京の中で輝いていたのが、塩田。素晴らしいナイス・セーブ炸裂!これが入らなければ勝てないよ~と、何度甲府に思わせただろう。もちろんルーカスのPK獲得もあったけれど、この試合の勝利は塩田のおかげと言っても過言ではありません。実はメンタル面が不安ではあったけれど、もはや土肥チャンのあとを引き継ぐにふさわしい立派なGKです。本当に頼りになります。このままいくと、日本代表になっちゃうかもなぁ。
途中から出た川口も良かったです。確実に流れを東京に向けた、あの奮闘振りに驚きました。むっちゃ、走っていた!

②若者中盤、頑張れ。 梶山、馬場、ノリオ・・・いいときはいいんだけど、悪いときは悪い。まだまだ安定感がないのは、若さゆえなのでしょうか・・・このへんが乗っている東京は面白いんだけどなぁ。藤山、浅利、金沢、川口などのベテランもいるけれど、やっぱり、これからは今野、石川、茂庭あたりの中堅がチームを引っ張っていかないと。東京は線が細くてもろい面がある。チームとして「強いカタマリ」になるために、来年はどうしていくのか、真剣に考えて策を練らないと上位に名を連ねるには難しいだろうと思うんですけど・・・。

005 ③今チャン、何を思う。  試合後、コールを受けてもファンが手を振っても、ニコリともしなかった今チャン。勝ったとはいえ、内容に不満を持っていたのだろうか・・・。ゴール裏での挨拶を終えて、メインスタンド側に歩いてくるとき、心なしか、先頭を行く今ちゃんは先を急いでいるようで、リーグ戦最後の勝利をファンと分かち合う余裕もないようで、少し淋しかったです。今チャンには悔しいリーグ戦だったと思う。残留したから良かった・・・なんて思うようなチームやファンやフロントだったら、どんどんダメになる。みんな、悔しいって思わなくちゃダメなんだ。

④大木監督に、涙。 大木監督の挨拶、泣けました。選手を信頼している「熱い」監督って好きだなぁ。野球だけど、韓国戦に勝った星野監督のインタビューもグッときたし、自分のチームが1点取るたびに大コーフンしまくる鹿島のオリヴェイラ監督もイイ!この人のためなら、もう、やらざるを得んだろう、って選手は思っちゃうんだろうなぁ。

⑤じゃがバターに、涙。 スタジアムで買ったじゃがバター。本当は熱々のじゃがいもにバターがトロ~リなんだけど、じゃがいもが冷えているのよ、バターが全然溶けんのよ・・・うう・・・(涙)。再来年、熱々を食べたいぞ、甲府!

リーグ戦は、最後の最後に横浜FCが意地を見せて、浦和がまさかの首位陥落、鹿島が逆転優勝しました。横浜FC良かったなぁ。帰宅後、スカパーで録画を観ましたが、なかなかどうして、いいサッカーしてるじゃないですか。キング・カズも動けているし。こういうのがあるから、サッカーって面白いです。日産スタジアムを埋め尽くした浦和ファンは、まさか横浜FCに負けるとは思っていなかったでしょう。浦和の選手もそう思っていた・・・かどうかはわかりませんが、このタイミングで最下位のチームとあたるのって、逆に清水みたいな上位のチームとあたるよりも難かしいのかもしれないなぁ。

さぁ、次は天皇杯。何だか毎年、気持ちの盛り上がった後に天皇杯・・・っていう感じになってしまう。鳥栖にキッチリ勝って・・・その次は熊本かいっ!?

・・・遠いなぁ~。

●オシム監督、少しずつご回復に向かわれているようで、安心しました。早く元気になられますよう。

2007年12月 1日 (土)

とりあえず、勝ちました!

ルーカスのPKで勝ちましたー。後半はスリリングでなかなか面白かったー。…浦和、負けた??ここにきて、調子を崩してしまったみたいですね。まあ、試合は観ていませんが、横浜FCがすごい意地を出したんだろうな。最後まで諦めない、投げない姿勢は素晴らしい。甲府の健闘も讃えたいです。さあ、帰ろう。今チャン、泣いていたような…。

……。ハーフタイム。

はうっ。甲府のワンサイドゲーム…。東京はなかなか攻撃の形がつくれない。甲府のほうが全然元気です。このままで終わるのはあまりにサビシイ。電光掲示板にて他会場の途中経過発表。横浜FCが浦和をリード。東京ゴール裏から拍手と歓声があがる。こ、これはぁー!すごいことになってきました。さ、後半の始まりです。

さあ、キックオフ!

さあ、リーグラスト。キックオフです。勝てよぅ〜!

嵐の前の?ゴール裏。

塩田がウォーミングアップで出てきました。今日はメインに座っていますが、アウエー寄りはアオアカでいっぱい。今、自分の席の前に座った男の人もアオアカのユニフォームとマフラーをカバンから出しています。よしよし…って、甲府のユニじゃん!!甲府もアオアカだった〜萎え萎え〜。彼のまわりから微妙に離れる東京アオアカたち。しかし、この中にあえて飛び込んでくるとは敵ながらアッパレ。ワショーイの洗礼を受けるがよい。

スタジアム到着。

いいお天気です。暖かいし気持ちいい。遠征のヨロコビです。

甲府駅からスタジアムへ。

車中では爆睡してしまいました。甲府駅の改札を抜けると、正面に…今年もあったー!アオアカの旗!粋な計らいですね。ちょっとうれしい。ただいまスタジアム行きのバスに乗り込みました。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31