« 移籍、補強・・・どうなる?08年のチーム造り。 | トップページ | アマラオ、おめでとう。 »

2007年12月16日 (日)

クラブミーティングのこと。カカのこと。

クラブミーティング最終回に行ってきました。

女性がホント、少なかった。全体の5%もいない?チラホラって感じです。公民館のホールにパイプ椅子を並べた会場。常務の村林氏が登場して、ミーティングが始まりました。
これは・・・。オフィシャルサイトの「メッセージボード」公開版・・・ですか??よくラジオの番組で、「今回はファンのみなさんを集めて、ここ、渋谷のスタジオで公開生中継していまーす!」という感じです。つまり、相互コミュニケーションが一切ない。まずSOCIO10人から質問、意見を発表してもらう→村林氏がまとめて答える→時間終了。私のイメージとしては、ある議題についてSOCIOとフロントが意見を「出し合いながら」、お互いの理解と信頼を深めていく場だと思っていたので、「これだったら、SOCIO限定で質問を募り、村林氏が回答するSOCIOエムボ」をやるのと変わらないな・・・と少しがっかりしてしまいました。SOCIOが知りたい内容に関しては、一切「話せない」とのことだし。まぁ、SOCIOが一番知りたいことは「イキナリアッサリ土肥・福西解雇事情」「外国人補強、チーム強化の失敗」「来季へのチーム強化の展望」なワケで、そうそうフロントから話も聞けまいとは思いますが。
ただ、こういう場を設けてくれたフロントの姿勢には感謝したいと思います。「コミュニケーション」はなかったけれど、お互いに顔をつきあわせることができたのは良かったと思います。だからこそ、強化部には参加してほしかった。失敗をみんなの前で謝れ!ということではなく、率直に話をしてほしかった。SOCIO、ファンの間でくすぶっている感情を、信頼に変える絶好の機会だったと思うのです。SOCIOは「お客様」ではない、東京の発展に寄与する「スタッフ」の一員なのだということならば、なおさらです。
何人かのSOCIOから「東京は冷たくなってしまった」「変わった」「何かが狂い始めている」との言葉が聞かれました。確かに観客も増えたし、アマラオ時代のような「アットホーム」な雰囲気を維持していくのは、運営上難しいのかもしれない。でも・・・クラブが大きくなるにつれて、東京の「良さ」が失われていくのは悲しいなぁ。
最後に。
Jリーグに参入してから順調だった経営も、ここ数年ピンチ状態に陥っているとのこと。まぁ、よっぽどの大スターが海外から加入するとか、勝ち続けてタイトルを獲りまくるとかしない限り、成長が青天井であるはずはない。ただ、これは東京だけではなく、Jリーグ全体の問題という側面もある。「東京」というチームを通して、日本にサッカー文化を創りあげていくプロセスに参加している、という意識を持って前向きに「いちSOCIO」にできることを考えていきたいと思いました。・・・あ、最後の部分はキング・カズの記事(日経新聞)に感化されております。

CWC決勝。カカ、すごかったーーー。ボカvsミランというか・・・「カカ劇場」面白かったー!どちらが勝っても良かったので、マッタリと楽しめました。
来週のクマモトは・・・、そうはいかないやね。

« 移籍、補強・・・どうなる?08年のチーム造り。 | トップページ | アマラオ、おめでとう。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/17390934

この記事へのトラックバック一覧です: クラブミーティングのこと。カカのこと。:

« 移籍、補強・・・どうなる?08年のチーム造り。 | トップページ | アマラオ、おめでとう。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31