« ロキソニンとブルーノと。 | トップページ | PSM・・・高知ですか。 »

2008年1月12日 (土)

オレ、ちょっとショックだったりするもん。

なかなか面白かったなぁ、スカパーの「J31 FC東京篇」。

30分番組(去年は1時間だったような・・・?)でした。茂庭、塩田、石川の3人が鍋をつつきながら、いろいろなテーマに関してぶっちゃけ話をする、というのが中心になって構成されていて、けっこう期待していたよりも見ごたえありました。顔がほんのり赤くなった3人(鍋のせい?酒?)が、好き勝手に話をしています。

平山、土肥チャン、梶山、大負けした川崎戦・・・次々と繰り広げられるぶっちゃけ本音話の中でやはり印象的だったのは、今チャンのキャプテンシーの話。「寡黙で真面目」というイメージの今チャン。もしかしてキャプテンとしては「おとなしい」のではないか・・・と心配していましたが、なかなかどうして、試合中には誰に対しても(つまり年上の選手に対しても)けっこうガンガン言うらしい。(話から想像するに)キッツイらしい。石川が「・・・オレ、ちょっとショックだったりするもん。」とつぶやいていました。
いいじゃん、いいじゃん~!梶山も気持ちを前に出してくるようになったし。

ふと、こんなことを思いました。
もちろん、土肥チャンは東京にとって大切な選手だったと思うし、土肥チャンも福西も好きな選手です。でも、二人はあまりにもチームに対する影響力が強い。今チャンや梶山よりも。もしかしたら城福監督に対しても。
今の移籍、加入状況をみると、FC東京は大きく変わろうとしています。今チャン、梶山を中心とした城福サッカーの始まりです。指揮の中心を城福に、チームでの核を今チャン、梶山にするためには、もしかしたらこのくらい思い切った・・・ドラスティックな改革をしなくてはならないタイミングだったのかもしれない。今までのサッカーの延長線上にある「修正」ではなく、「新しい東京の時代」のための覚悟というか・・・。「冷たい」意見でしょうか?

ただ、選手の流出が続き、その穴を若い(若すぎる?)選手だけで埋める、というのはあまりに無謀。他のチームの顔ぶれを見ると、そんなにJリーグ、J1は甘くないと不安になります。フロントは動いているのだと信じたいけれど、やはり出遅れ感があります。もう何度も書きましたが、外人FWとトップ下(キレキレのケリータンみたいな)が必要なんだけどなぁ・・・どうなっているのでしょう。

モニが「オレはキャプテンじゃないけど、ガンガン言うよ、やるよ。」みたいなこと言ってて笑いました。モニらしいなぁ。今年はフルで活躍してね。

« ロキソニンとブルーノと。 | トップページ | PSM・・・高知ですか。 »

コメント

あけましておめでとうございます。

ご意見に同感です。(ルーカスも同様だと思います)
今回の大幅な選手の入れ替えは、フロントのやる気の表れだと(とりあえず現時点では)好意的に見ています。

若さは確かに心配ですが、アーセナルみたいに(ウォルコットやらエドゥアルドやら、セスクやら)チームの中心が異常に若いチームもいますから、最終的には監督の器量に掛かってくるんではないですかねー。

jin31110さん、コメントありがとうございます。

あけましておめでとうございます。
今年も、共に梶山の成長を見守っていきましょう!

本当にたくさんの選手が入れ替わりました。でも、不安な気持ちがありつつも、徐々に「城福サッカー」が楽しみになってきています。
城福監督が目指すサッカーに合わないベテラン1人よりも、合う若手2人のほうが確かにいいのかもしれません。若手が多いことを過剰に恐れることはないのかも・・・。とにかく今は、監督の器量に大期待です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/17667388

この記事へのトラックバック一覧です: オレ、ちょっとショックだったりするもん。:

« ロキソニンとブルーノと。 | トップページ | PSM・・・高知ですか。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31