« というわけで、台湾にいます。 | トップページ | オシムと今チャンでご機嫌な一夜。 »

2008年1月29日 (火)

この時期の練習試合について(怒)。

なぜこの大切な時期に、危険な相手との練習試合をしなくてはならないのか。

ブルーノ選手がケガをしてしまった。しかも最悪の場合、手術が必要で開幕戦に間に合わない可能性があるという。監督が変わって、開幕まであと1ヶ月。非常に重要な時期だ。確かに練習の成果と課題を浮き彫りにするために、実戦を積むことも必要かもしれない。でもなんにせよ、ケガだけは絶対に避けなくてはならない。なぜこんなことを現場のスタッフが判断できないのか、不思議に思う。
韓国の批判をするわけではないが、「仁川」というチームはやはり1年前の大宮との練習試合でラフなプレーを連発、大宮の選手が数人ケガを負った上に、主審が試合を途中で終了させたほどだ。藤本は「もう2度とこのチームと練習試合を組んでほしくない。」と自身のブログで怒りを露にしたという。大きなリスクを覚悟の上で、そのようなチームとあえて練習試合を組む必要があったのだろうか?知らなかったのだろうか?
もちろん、今回のケガが「仁川」のラフプレーの結果であったのかどうかはわからないし、今年の「仁川」はフェアプレーチームだったのかもしれない。
でも、過去にそのような出来事が事実として起こっているのだから、スタッフにはもっと慎重になってほしいと切に願う。ほんの少しのリスクにも敏感になってほしいと思う。ケガのニュースほど、悲しいものはありません。というか、もし回避できたケガであれば、ただただむなしいばかりだ。

ブルーノ選手のケガの状態が軽く、早く完治することを祈るばかりです。
ブルーノ選手の涙を、重く受け止めなくてはならないと思う。

現在、台湾の空港にいます。これから帰国、そのまま会社へ行きます。ひぃぃ。

« というわけで、台湾にいます。 | トップページ | オシムと今チャンでご機嫌な一夜。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/17884883

この記事へのトラックバック一覧です: この時期の練習試合について(怒)。:

« というわけで、台湾にいます。 | トップページ | オシムと今チャンでご機嫌な一夜。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31