« こんなこと、もう二度と起きないでほしい。 | トップページ | FCソウル戦 記念グッズ。 »

2008年6月11日 (水)

FC東京トークショー。城福監督語る。

大勢の追っ手をまいて、新宿「SPORTS CAFE6」に行ってきました。

ビルの一階。ロビーのような空間に黒い布で囲まれた一角で、FC東京トークショーは開催されました。現地に到着したのは開場時刻6時の少し前。10人くらい並んでいたかなぁ。・・・というか、私は500人くらい集まるイベントだと思っていたので、イベントスペースに入ってびっくり。並んだパイプ椅子の数は70くらい。一般人5~60人(若干空席アリ)、関係者10人くらいの感じでしょうか。

6時半に、城福監督(ジーンズにジャケット姿がかっこいい。スーツは試合でしか着ないそうです。しかもボールボーイに間違われないように着ているそうです。)、前田治さん、ヤスダコージさん、三田涼子さんが登場して、トークショーは始まりました。
小さいスペースなので、和気あいあいの雰囲気。写真を撮っているスタッフがいたので、私はなるべくひっそりしていました・・・。

<トークショー、かいつまんでみました。>
城:城福監督 前:前田治さん ヤ:ヤスダコージさん ○:三田涼子さんの質問)

○今年の13節までの評価点は?
前:50点。 ヤ:90点。 城:点数は言えないが、積みあがってきている。

○前半のFC東京の戦い方の手応えは?
城:ファンはどう思っているのか知りたい。今、牛歩のように一歩一歩進んでいるが、まだまだ。 
前:理想のサッカーと、勝ち負けのバランスをどう考えるか。要所要所で今年やろうとしているサッカーが見えてきている。

○今年の印象的な試合、シーンは?
城:すべてのゴールが印象的だったが、その中でもいくつかあげるとすれば。第3節京都戦、今チャン(ママ)の引き分けに持ち込んだゴール。第7節川崎戦、今チャンの4点目のゴール。11本ものパスをつないでゴールした。開幕前の練習試合で川崎にやられて、そのとき自信を失っていた選手たちも、自分達がやろうとしていることが間違いではなかったと思っただろう。そして東京ダービー1回目の羽生のゴール。
前:あれは、すごかった。彼はオフザボールの動きが素晴らしい。

○監督になって、変わったことは?
城:生活が規則正しくなった。朝5時台には起きる。(その後、前田さんと富士通サッカー部コーチ時代の話を少し・・・。)
ヤ:原さんや大熊さんと比べて、キャラがでていない。ナゾだ。
城:色を出していきたいと思う。・・・家では相当ショボイ。

○選手たちは「熱い」と言っていますが?
城:トレーニングやミーティングでも言い方は厳しい。激しく言ってしまう。
前:熱い。ヤマハでの試合のとき、たまたまスタジアムがシーンと静まりかえったときに、監督の声が思いっきり響いて、サイドのサポーターが笑っていた。

○ダービーの後で、声が枯れたこともありましたね。
城:あの時は、会見やるのか?と思った。

○いつもジーンズですか?
城:いつも。スーツは着ません。スーツは試合の時だけ。ボールボーイと間違われないように。

城:息子と娘がいます。試合後家に帰ると、「今日も采配ミスだね。」と言われる。勝っても負けても彼らの態度は変わらない。それは自分にとってはいいこと。
監督になって、よく寝るようになった。特に負けたときは、9時間くらい寝る。

○寝ると、気持ちがリセットできますか?
城:寝るとリセットできる。あと、試合に勝っても負けてもスタッフとボール回しをするんだけど、これも気持ちがリセットできるかな。

○東京について書かれている記事などを読みますか?
城:ネットは見ないけど、メディアは見る。前田さんの記事も読みます。的を得ていると思います。ほめられたい。
前:監督が見ていたらどうしよう・・・って思ってるんですよ。会ったときにチクチク言われる。「お手柔らかに」って。

○ヤスダさんのイラストはどうですか?
城:よく書いてもらっていると思う。

○後半戦のベスト布陣は?
(選手の名前の書かれたマグネットカードが貼ってある、ボードが登場。近藤とか椋原とか、カードのない選手がいて場内騒然。)
前:うーん。(ペタペタ何枚も貼りだす。同じポジションに何枚も重なり・・・)これじゃ、全員になっちゃうね。 (始めにスタメンとして貼ってあった茂庭のカードをはがして、)・・・どうですかね・・・(場内爆笑)。今チャンはここはどうかと思うんですけどね。(今野のカードをCBの位置に貼り、場内ざわめく。)
(ということで、前田さんのベスト布陣は、「カボレ、平山、羽生、エメルソン、ブルーノ、梶山、長友、今野、藤山(佐原)、徳永、塩田」でした。)

○選手を選ぶ基準は?
城:平山が活躍し、自分は出場できなかった赤嶺が、小平にどんな顔をしてくるのか、長友がいないのに、左SBで出られなかった金沢がどういう心境で小平に来るのか、そういう選手の内面まで見ている。内面も大事にしたいと考えている。
ヤ:ユースケは、前はのんびりしていたのに、神戸へレンタルで行ってその間に日本代表に呼ばれたりして、でも東京ではベンチに入れるかどうかになっていて・・・そんな中、名古屋戦では感情を爆発させるようになっていた。(内面が)変わったと思った。
前:選手全員が後半も進化していくと思う。

○順位はどうなるでしょう?
ヤ:3位以内になれば、ACLに出られる。アジアに行きたい。応援に行きたい。
前:このまま順調にいくとは限らないが、常に優勝を狙える位置にいてほしい。
城:今年の末まで、選手が順位を意識しながら練習をすることが大事。そのことで選手は伸びるし、財産になっていく。

○(来場者からの質問)負けた試合で印象に残っているのは?
城:3-0で負けたマリノス戦。あの時は梶山を全員の前で怒った。お前のせいだと激しく怒鳴った。自分が調子悪いと、チームが調子悪いと、自分からバランスを崩していってしまう。でも、そこから梶山は変わった。あとは、名古屋戦。試合前、勝てば1位になるかもしれない、と選手全員が浮かれていた。雰囲気が違っていた。頂上を垣間見た瞬間。あの時の気分を9月、10月にも味わいたい。

その後、FC東京グッズ抽選会。グッズは15人、ヤスダコージさんイラスト(4人のサイン入り)は3人に当たりました。けっこう当選率いいなぁー。
・・・見事にはずれました。トホホ。

こうして書いてみると、けっこうなボリュームになってしまいました。もちろん抜けているところや、意味の取り違いもあると思います・・・ご了承を。

韓国が楽しみになってきましたー。でもケガだけはしないようにしなくちゃ。

« こんなこと、もう二度と起きないでほしい。 | トップページ | FCソウル戦 記念グッズ。 »

コメント

議事録(?)ありがとうございます!様子が垣間見え、嬉しいです。ぴあのプレリザーブ申し込んだのに外れたんですよ(涙)。スポーツバーでのトークショーなのでこぢんまりとしているんだろうとは思ったのですが、想像以上ですね。
ヤスダさんの「キャラが出てない」にちょっと不同意。熱血感でマネジメントのうまい、上司にしたい人じゃないですか。まあ、漫画的には今ひとつなのかもしれませんが・・・。
後半も期待ですね!

OBAKA母さん、コメントありがとうございます。

私もぴあのプレリザーブだったのですが、くじ運がまったくない私が当たったということは、あまり申し込みがなかったのだなぁ・・・と思っていましたが、実はラッキーだったということでしょうか??
城福監督、むちゃくちゃカッコよかったです。原さんみたいに面白いことは言わないけれど、真面目なお人柄が伝わってきました。選手をまとめていく力は相当なものだと思いました。
素敵な監督です!

レポートありがとうございました。
私は城福監督のキャラのパーツはまだまだ足りないと感じているので、こういうエントリーは非常にうれしいです。
特に「家では相当しょぼい」はメインパーツになりました。
ソウル、楽しんできてください。

pepperさん、コメントありがとうございます。

城福監督、とても素敵でした! 男っ!!って感じです。大熊さんや原さんみたいなキャラ立ちはしていないけれど、これから味が出てくるのでは・・・と期待しています。
ソウル、行ってきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/41505952

この記事へのトラックバック一覧です: FC東京トークショー。城福監督語る。:

« こんなこと、もう二度と起きないでほしい。 | トップページ | FCソウル戦 記念グッズ。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31