« むあぁああ!なんですか!?これはっ! | トップページ | ひゃあ~。2万円! »

2008年7月21日 (月)

次につながるか?勝ち点1ゲット!

068 もうロスタイムもそろそろ尽きる・・・ああ、万事休す。

そう思った瞬間、エメルソンが蹴ったFKを赤嶺が決めて、1-1のドローに!座っていたメインスタンドでは、やおら青赤ファンが立ち上がって大喜び。私もぴょんぴょん跳ねて、何度もガッツポーズしてしまいました・・・(汗)。最近、ベンチスタートの多い赤嶺ですが、ここ一番大仕事をやってのける男だなぁ。カッコいいぞー!
とにかく、今日の勝ち点1はでかい。この1点がゆくゆく絶対に大きな価値を持つはず。効いてくるはず。本当に良かった・・・。しかも相手は絶好調の京都です。まぁ、正直、勝ちたかったけれど、つくづく負けなくて良かったと思う。というか、よくぞ同点にしてくれた。

<しあいのかんそう>(今日は、ちょっぴり辛口よheart01
066 ①今日も、塩田が救ってくれた。 塩田がナイスセーブを連発してくれなかったら、一体何点奪われただろう。一方、こっちのシュートは枠外ばかり。エメルソンのバー直撃の一発は惜しかったけれど・・・。塩田が最後のところで守ってくれるからいいと、塩田をDFの穴埋めのように考えていると、この先、ますます勝つチャンスを遠ざけてしまうだろう。DF陣の立て直しを早急にするべきだと思います。今チャンのCBは定着なのか??

065 ②チャンスがチャンスにならないぞ。 おいおいおいおいおい、CKもFKもクロスもシュートも・・・なぜにそんなに精度が低いのでしょう。せっかくのチャンスもこれではガックシです。しかも、足元へのパスが完全に相手に読まれていて何度も奪われるし、わざわざせまいところへパスして失敗、相手のカウンターの起点作りになってるし、そういうところを、しっかりやってほしいワケです。もったいなさすぎ・・・ハア。練習してください。超練習してください。

③DFだけじゃない、FWもだ! カボレには・・・いいパスが出ないというのもありますが、うーん。調子を落としているのかなぁ。シュートがなぁ・・・。平山もFWとしてゴール前でコワイ存在になっていないし・・・東京のFW陣はどうしちゃったのでしょうか。今日は赤嶺に救われたけれど、厳しく言えば、赤嶺だって、あの叩きつけヘッドをちゃんと決めなくてはいかん。・・・ハア。練習してください。FWの意地を見せてください。よろしくお願いします。

P1060254 ④MDPの表紙は増嶋。 何も今日の表紙にしなくても・・・と思いましたが、まぁ、頑張っている証拠なのかな。カボレのファールにものすごく怒っていたなぁ・・・。来年、戻ってくるのかなぁ・・・。赤嶺の同点弾の時、マークについていたのは増嶋だったというのは本当なのでしょうか・・・。よくわからなかったけれど。がんばれ、増嶋。成長して、帰ってきてね。

⑤それでも。上へ。 何だか、あちこちで「やっぱり東京は中位だよなぁ。」とか「東京はまだまだだよ。」「前半いい夢みさせてもらった。」「残留できればいい。」みたいなあきらめムードな言葉がささやかれ始めました。人の意見は意見として。私は後半が始まったばかりのこの時点であきらめたくないなぁ。ダメなところは修正していけばいいじゃん。っていうか、つまらないじゃないですか、今から残留に目を向けるなんて。J1にあがったばかりの時のアマラオの言葉が思い出されます。まぁ、確かにここ何試合かの内容を考えると、キビシイし、そんな気分になってしまうのもわかります。でもピッチで歯をくいしばる選手がいる限り、ファンも上を向いていたい、そう思うのです。

さあ、次はお楽しみのファイヤーワークスナイト!うおっ、梶山のフィギュアの発売もあるぞー!(コワイんですけど・・・。) 相手は、調子を落としている横浜。これは・・・何だかものすごいことになる予感・・・。花火でホノボノしている空気じゃないぞ・・・。
夏休みになって、たくさん入るであろう観客の前できっちり勝ってほしいです。

頼むよっ!

« むあぁああ!なんですか!?これはっ! | トップページ | ひゃあ~。2万円! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178413/41931289

この記事へのトラックバック一覧です: 次につながるか?勝ち点1ゲット!:

« むあぁああ!なんですか!?これはっ! | トップページ | ひゃあ~。2万円! »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31