« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

すごい、すごすぎる!あ、テニスの話ですけど。

何か、勝つような予感がしていました。

全米テニス3回戦。錦織vsダビド・フェレール。フルセットの末に錦織が見事に勝利。4回戦に進みました。日本男子では71年ぶりとな。すごいなぁ。イキオイがある選手って、本当にコワイです。世界ランキング126位が4位に勝っちゃうんだから、まさに「ジャイアント・キリング」。でも、テレビで少し観ましたが、けっこう互角だったような印象。しかし、最後は錦織の粘り勝ちでした。すごいよ、これは万事休す!っていう相手のショットを返すんだもん、それも何度も。あそこまでいくと、勝ちたい気持ちというより、動物の本能のように無意識でやってんじゃないかって思いました。4回戦も勝つと面白いんだけどなぁ。

今頃知ったのですが、池上礼一選手は草津にレンタル移籍になったのですね。東京ではなかなか出場の機会がなかったので、ぜひとも草津で活躍して、大きくなって戻ってきてほしいです。そして。これまた知らなかったのですが・・・ユータが山形にレンタル移籍になっていました。ユータはもう東京の選手ではないけれど、何か気になります。千葉であまりうまくいかなかったもんなぁ。山形では試合に出場したようです。活躍したのかなぁ。

オフィシャルに多摩川クラシコのインフォメーションが出ていましたが、その中に、「ジャイアントキリング コラボ トレカ 来場者先着20,000名様プレゼント!!」っていうのがあって、オドロキました。やっぱり、ETUってFC東京がモデルなの・・・?

次節の試合まで2週間かぁ。その間に、W杯予選があって・・・。正直、W杯予選より、東京の試合です。だって・・・岡田JAPANってちょっとツマンナイっす。結局昔の顔ぶれが集まってきて・・・みたいな。もちろん目の前の試合に勝つことは大事だけど、先ののびしろが見えないチームってワクワクしないです。まぁ、現況だと仕方ないけれど。
さあ、東京!柏戦に勝ったイキオイこのままに、早く上位5チームに追いつかなくちゃ。

2008年8月29日 (金)

・・・4年ぶり、ですか。

柏には4年ぶりの勝利です。確かに、ここのところ柏にはずっと勝てなかった・・・でも、2006年はさぁ、ブツブツ・・・。

結局、柏戦はメインスタンドアウエー側のチケットを無駄にしてしまいました。雨がイヤだったというよりも、夜に仕事の打ち合わせがあり、雨に濡れたまま出席するわけにもいかず、自宅でスカパー観戦、そのあと打ち合わせに向かいました。今年はアウエーに行けない率が高いなぁ。名古屋、柏と、行けない試合ばっかり勝つんだよなぁ。次はホームでバカ勝ちしてください。お願いします。

<ミニ・しあいのかんそう>
①水中サッカー いや、ひどい。まったくボールが転がらない。ドリブルをしても水しぶきがあがり、すぐに止まってしまう。で、相手にとられたり。ピッチの上は大混乱・・・というか、どの選手もとまどいまくりです。このピッチを制するのはどっちのチームだろう。エメルソンとフランサはよく動き回っていました。梶山、今チャンも積極的。とにかく先取点がほしい・・・祈るような気持ちで観戦していました。

②赤嶺、ナイスゴール。 何だかんだ言って、ここぞという時にスパッと決めるから、赤嶺は魅力的です。でもダメダメな時もあるけれど。一番ゴールに近いところにいて真価を発揮するFW。ゴールランキングにも顔を出したし、この先、もっと点を取ってほしいです。・・・代表に取られちゃうかな。

中盤もしっかりしていたし、最悪のコンディションの中、東京の選手はよく集中していたと思います。相手を0点に抑えられたのも好材料。守備のしっかりしているチームは大崩れしないし、絶対に降格しない(降格なんていう言葉は無関係ですけど。)。東京が負けなかった年も、攻撃というより、守備がしっかりしていた。
ただ・・・1点で勝ちきる試合は、心臓に悪いです・・・。ロスタイムなんか、卒倒しそうです。今までロスタイムの悲劇が何度もあったもんなぁ。やっぱりせめて2点目を決められるようにFW陣には一層の奮起を望みます。

しかし・・・このところの天気は狂っています。突然雷がなって、大雨が降って・・・しばらくすると晴れたりして・・・でもまた土砂降りになったり・・・。ヘンです。勘弁してほしいです。

2008年8月28日 (木)

やったああぁああぁああ!!勝ちましたぁ!

勝った!勝った!ワッショイ!勝ったぁー!

勝つのがこんなにウレシイとは・・・。負けて、直下の何チームかが勝ってしまったら、順位も相当落ちるよなぁ・・・トホホ・・・とネガティブなことばかり考えていたのですが、勝ってみれば順位は7位。ヴェルディをすぐに抜かせたぞーウハハハハ。
それに1-0とまぁ、相変わらず得点力は低いのですが、何より相手チームを無得点におさえられたのが良かったと思う。先週のことがあったので、最後の最後までヒヤヒヤでした・・・。もう、「キープしろーっ!!」って叫びまくっちゃいました。やっぱり赤嶺がシュートを決めたのがウレシイ。積極的に行かなくちゃ。

何だか、上5チームはちょっと抜けた感じですが(ここに大分が入っている不思議。)、あきらめずに一つでも順位を上げていってほしいです。

あぁ、ヴェルディ戦後は、今年は残留争いを覚悟しなくちゃならないのかなぁ・・・とか、ものすごく悲観的な気持ちに包まれていましたが、今日はコロッと変わっちゃっています。

ファンって、勝手なものね・・・。ウホホ。

2008年8月27日 (水)

めっちゃ遅れましたが、栗澤移籍。

火曜日に発表されたらしいのですが、気づきませんでした。

栗澤が柏へ期限付き移籍。そして柏からは鈴木達也選手が同じく期限付き移籍加入。まぁ、お互いにチャンスを求めての移籍なので、うまくハマってくれるといいなと思います。そして、何とツゥットが湘南に加入!ジャーン&ツゥットです。ちょっと観に行きたい衝動に駆られています。

さあ、明日は日立台での柏戦。仕事は調整できそうですが、雨の予報。日立台はほとんど屋根がないからなぁ・・・。うーん。雨の国立で、ポンチョかぶって応援していたたくさんのファンの姿を見たあとなので、雨に濡れるのがどーとか言っている場合ではない!と思うのですが、試合の後、そのまま仕事へ向かうことを考えるとキツイです。天気予報はずれてくれないかなぁ・・・。ハア。

リーグ戦順位は団子状態なだけに、連敗が続くと一気に下位に落ちる可能性があります。こんなことになるなんて春にはまったく思わなかったけれど、とにかく一つ一つ勝ちを重ねていかないと・・・ヤバイっす。

ヴェルディは浦和に引き分けかぁ・・・。むむむ。

2008年8月25日 (月)

ショック!どうするの・・・これ。

ヴェルディ戦敗戦ショック覚めやらぬ月曜日、さらにショックなことが!!

2つも買ったFC東京エナメル首掛けストラップ(リール付き)。さっそく月曜日から会社で使い始めたら・・・。
「あ、それ使っちゃダメですよ。」
突然の同僚の男子からの指摘。ガーン。理由は、ストラップ自体も会社に所属していることを示すIDツールの一部なので、他のものを使用してはいけないとのことです。確かに、ストラップに会社のロゴマークがデザインされています。・・・どうするの?このFC東京エナメルストラップ・・・。2つも買ったのに・・・。

Suicaでも入れようかなぁ・・・。電車の中だけの利用。・・・ヘンだよなぁ。クスンクスン・・・。

2008年8月24日 (日)

「監督の力です。」

うーん・・・負けました。しかも嫌な負け方。くやしすぎる負け方。

20080816_002 ロスタイム、終了間際のCKを、ヴェルディの那須がヘディングでゴールを決めると、バラバラと周りの人たちが席を立ち、出口へと向かって行きました。バックスタンドも同じ状況。私はメインの後ろに座っていたので雨にぬれませんでしたが、前方の人やバックスタンド、ゴール裏のファンは冷たい雨に打たれての応援。ホームゲームだから、と足を運んだ人たち。でも歓喜の輪はアウエー側に広がって、試合は終わりました。決勝点が決まったとき、まるで優勝が決まったかのように、大喜びしていたヴェルディの選手、監督、コーチ、スタッフ・・・。私はただそれを呆然と見ているしかありませんでした。悪夢だ・・・。こんなことが起こるとは・・・いえ、起こるべくして起こったのかもしれません。目を覚まして、東京!

試合の翌日。日経新聞のスポーツ面に、名古屋が16年目にしてカシマスタジアムで初勝利した記事が出ていた。この記事はこんなふうに締めくくられていました。
『首位争いを続ける秘けつを問われたストイコビッチ監督は「私が選手に求めているのは、信じることだ。自分たち力、自分たちのやっていることを信じること。」その教えは確かに浸透しているようだ。16年目でのカシマスタジアム初勝利の要因を聞かれた選手たちは口をそろえて、「監督の力です。」迷いのないチームは強い。』
FC東京はどうか。もうすでに、ファンの間では城福監督への不信感が充満しつつある。試合後、メインスタンドでは城福監督への罵倒が響いていた。ネットでは城福監督への批判の書き込みが多く見られる。
私は、試合前半の軽快な攻撃が城福サッカーの産物ならば、評価できると思う。でも、何かが決定的に足りない。「城福サッカー」というオリジナリティに固執するあまりに、大事なサッカーの基本というか、根本の部分がスッポリ欠落しているような印象を受けます。パスがうまく回せても、最後の怖さがなければ得点に結びつかない。さらに狙いのはっきりしないクロス、枠にいかないシュート。ファンはみんなわかっているのに、なぜそこが修正されないまま次の試合を迎えるのだろう・・・。
私は、負けたとき、クヤシイとかガッカリとかいうより、本当に呆然としてしまいました。

<しあいのかんそう>
①カボレ上昇のきっかけに。 カボレが左サイド(ヴェルディの攻撃的に言うと右サイドになるけど。)で猛然とヴェルディの選手の足元のボールを奪う。すごい、カボレの守備!そこから相手のゴールへと向かう。そうです、カボレの弾丸ミドルシュートの起点は、カボレ自身の守備からでした。そこからの早い攻め。パスを受けると、ボールを無駄に回したりせずに、狙い撃ち。それは見事でした。このゴールで自信をつけて、ここからどんどん点を取っていってほしいと願ってやみません。
そして。東京の1点がこのカボレの1点だけだったことがとても残念です。いい形はできている。でもだんだんそれがワンパターン化してきて試合の後半になると、相手に読まれ始めてしまう。点を取りにいく気迫が見られない・・・シュートすればいいのに・・・と何度思ったでしょう。最後の局面では、なぜ平山を出さないのかと悶絶しそうになりました。ハア。

②たかが大黒。されど大黒。 「たかが」というのは失礼です。でも序盤から、オレはとにかく点を入れたいんだあぁああぁあ、と功を焦っている感じが見え見えで、これは逆にダメだろうと思ってみていました。でも、FWにはそういうガツガツしたところが必要なのかもしれないな・・・と同点ゴールを決められたとき、思いました。赤嶺なんか、ガツガツの代表なのに・・・おとなしかったなぁ。

20080816_005 ③つれない土肥チャン。 ちぇっ、この試合が今年最後のダービーなのに、また黄色ですか。ピンク姿見たいのに・・・。ピンク着てよぉ。試合後、土肥チャン、すごく嬉しそうだったなぁ。それにしても、試合後半の塩田のフィードは恐ろしく悪かったです。焦っちゃったのでしょうか。ドキドキしっぱなしでした・・・。


20080816_008

④不思議キャラ登場。 ゲータレードのキャラクター「ゲータボール」くんというらしい。目が無いウーパー顔。時々しゃがんで足を内部に収納し、完全ボール状態になるのですが、芸といったらそれだけです。子供から人気は・・・でないだろうなぁ。でも、私はけっこう好きです。ヘンだもん。

次は柏戦。日立台です。しかし・・・チケットを買っているにもかかわらず、思いっきり土曜日だと思っていました。木曜日なのですね・・・木曜日って・・・。うわぁーん。仕事が入るかもしれません。土曜日だと思っていたので、油断していました・・・。何とか時間を調整して駆けつけるぞー。
いろいろ不安は噴出していますが、やっぱり「勝つこと」を信じています。成功体験をして、自信をつけてほしい。今のままだと、選手がどんどん意気消沈して負のスパイラルにはまってしまうようでコワイです。
東京ガンバレ!!城福監督も、正念場だ!

2008年8月22日 (金)

エナメル首掛けストラップ(リール付き)

やっときた・・・。

明日、国立競技場でのヴェルディ戦で、FC東京オリジナルグッズ「エナメル首掛けストラップ(リール付き)」が発売になるお知らせがきました。あるといいなぁ・・・と切望していたので、非常にウレシイ。というのは、現在、会社で支給されているものがもはやボロボロになってしまったからです。まず、白が基調となっているストラップの部分が薄汚れている(←洗えばキレイになるかも・・・?)。そしてIDカードを入れる部分がボロボロ。なぜなら、IDカードに入っている自分の顔写真がものすごく嫌でたまらなく、名刺を重ねて入れて、しかも入れ口にセロハンテープを貼っていたのですが、ある日1階のエンタランスで来客分の簡易カードを発行してもらうときに、受付のオネーサンにIDカードを見せろと言われ、アワワとセロハンテープをはがしたら、ビニールがよれてのびてひどい状態に・・・長い話ですみません。
でも会社支給のを使わなくていいのかなぁ・・・?自分で好きなものを使っていいのかなぁ?わたくし、FC東京が大好きですっ!と主張するストラップしてて、何か身の危険はないのかなぁ?とにかく、月曜から使ってみます。

五輪野球、負けちゃったです。クヤシイ!ううーん。途中まではいいセンいってたのにぃいいぃ。3位決定戦はきっちり勝ってほしいです。男子400Mリレーはおめでとうございます!でした。予選で強豪が次々と脱落したのが幸運だったけど、運だって勝負のうちなのです。

明日のヴェルディ戦は勝てば、今年4戦4勝。チョー気持ちいい!

2008年8月21日 (木)

日本の女子はカッコいい!

今日はバッチリ見ました。

五輪女子サッカー、なでしこJAPANの3位決定戦と、ソフトボールの決勝戦。結果的には明暗。サッカーは惜しくも敗退し、ソフトボールは見事に金メダル。でもどっちもカッコよかった!日本の女子はカッコいい!オネーサンは感動してしまいました。それに比べて男子サッカーは・・・ブツブツ。野球は、明日の韓国戦に期待です。

<女子サッカーのかんそう 日本vsドイツ3位決定戦>
前半は良かった。確かに日本のほうが動きが良かったし、押し込んでいた。あぁ・・・なぜそのときに得点できなかったのか・・・。流れが向いている時に、しっかり取っておかないと必ず後で苦しくなる・・・ってどっかのチームと同じやん!!トホホ。ドイツは後半早めに3人の選手を交替し、形勢が逆転した。日本はどうにもこうにも、1点が遠かったなぁ・・・。ハア。
にしても。何ですか、あのスタジアムは。中国の人たちは完全にドイツの応援です。ドイツが攻めれば大歓声。日本が攻めれば大ブーイング。本当に何年たっても変わりません。まぁ、別にどうでもいいことなのですが、もし日本で中国vsドイツの試合があっても、私は多分観にいかないし、お休みの日でたまたま観に出かけたとしても、どっちかに肩入れすることもなく、まったり観戦するだろうなぁ。まぁ、いいや。

<ソフトボールのかんそう>
アメリカに勝ったー!すごい。1次リーグは0-7のコールド負けをし、準決勝では1-4で負けたアメリカに3度目の正直で見事に勝ちました。素晴らしい。こういうことが起こるから、スポーツって面白いんだよなぁ。スポーツだけじゃないよなぁ。投手の上野は昨日2試合を完投し、今日も先発で完投。2日間、3試合で400球以上です。多分、完全な調子じゃなかっただろうに。試合後の上野の言葉。
「気持ちの強い人間が、最後は勝ちを取ることができる。」
どっかのチームに聞かせたいっ!
もうー、解説の宇津木さんが泣くもんだから、私も号泣しちゃいましたよー。・・・良かったなぁ。いいもの見たなぁ。

ということで、明日は野球の準決勝。日本vs韓国。星野JAPANに期待です。
っていうか・・・ここにきて、ものすごく五輪にハマっているわたくし。うーん。ものすごく楽しいnote ウフフ。

2008年8月20日 (水)

まったくもって、素で忘れてた。

今日は、キリンチャレンジカップ2008 日本vsウルグアイ戦がありました。

情けないことに、試合がすっかり終わってから気づきました。今日は早く帰宅できたので、オリンピックのソフトボールやら野球やらボルトやらなんやら見て盛り上がっていたのです。しかも途中でグーグーうたた寝しちゃったし。
今チャンはサブかぁ。長友は途中から出場。北京五輪の後はA代表。すごいな。大丈夫かな。小野はフル出場。そうだった、小野チャンが召集されたんだったな・・・。

結果は1-3で負けました。まぁ、W杯最終予選前のテスト試合のようなものだし、勝敗はあまり気にしませんが・・・テレビのスポーツニュースやネットを見ると、何だか内容もパッとしなかったよう。ハア。しかも、札幌ドーム、空席が目立ってたなぁ・・・。

あくまで個人的な印象ですが、少しずつ日本のサッカー熱が下がってきているような気がします。Jリーグしかり、日本代表しかり。今まで、日本代表に関しては、会社で大勢の人が大盛り上がりしていたのに、最近はその熱い感じがなくなりました。今回の五輪サッカーなんて、ほとんど誰も話題にしていなかったし。自分も含めて、ちょっと危機感感じてます。9月から始まる、W杯最終予選でまた盛り上がりますように・・・。

おわっ!恐ろしいことが発覚しました。
来週の柏戦、思いっきり平日!木曜日!チケット買っていたのに、てっきり土曜か日曜だと思い込んでいました・・・どーしよー・・・。もはや予定がいろいろ入っています。
大ピンチだ!私のバカバカー(号泣)!!

2008年8月19日 (火)

もう夏も終わりですか・・・。

テレビを見ていたら、天気予報で「残暑」という言葉が使われていて、ちょっとびっくりしました。

そうかぁ・・・もう夏も終わりなんだなぁ。8月は仕事も落ち着いていて、毎朝1時間走ったりして、ほとんど徹夜も無く、淡々と日々が過ぎていったのですが、ちょっとサミシイ気もします。オリンピックは楽しいけれど。
東京もなぁ・・・爆裂勝ちっていうのがこのところ、まったく無いし。以前は突然、バカ勝ちみたいのがあって、大盛り上がりしたものです・・・(遠い目)。今は辛抱の時なのでしょうか・・・。ハア。
そういえば、ここのところモニと佐原がCBコンビを組んでいます。なぜか以前は、藤山+佐原orモニって思っていたんだけど、そうですよ、この二人が組むっていうのもアリなんです。うまくいくといいなぁ。

浦和に負けたのに、順位は変わらず。とにかく、ヴェルディ、柏にはしっかり勝って、夏を締めくくりたいところです。そのためにも、フィニッシュのところの精度をあげて、バンバン得点して、観客をドキドキさせてほしいです。

・・・なんでこんなに点が取れなくなったんだろうなぁ。ムービングサッカーの弊害??サッカーに詳しい方々にお話を伺いたいところです。

ふにゃーん。

2008年8月17日 (日)

点を取れなくちゃ、勝てません。

確かに前半は、スタジアムが沸くようなシーンが何度もあった。

華麗なパス回し。すごいじゃん、東京!これは勝てる!と色めきたってしまったのですが・・・一方でむくむくと湧き上がる嫌な感じ。アタッキングサードでのパス回しはできても、シュートに結びつくワンプレーがない。一向に得点の気配が無い。でも、相手の決定的なシュートはポストにあたってはずれるなど、運は完全に東京にある。ここで、この流れの中で1点でも2点でも取らないと、後半はキツくなるだろうなぁ・・・お願い、前半の内に点を・・・と祈るような気持ちで試合を観ていました。でも。1点が遠い・・・。ハア。

<しあいのかんそう>
20080816_001 ①びっしり浦和ゴール裏。 2階は空席がちらほらあるようですが、1階ゴール裏はびっしり。出足は東京のゴール裏より早いようでした。何ていうか、やる気まんまん。こういうところは素直にすごいなぁと感心します。

20080816_003 ②こらこらこらこら。待てコラ。 感心している場合じゃなかった。浦和ゴール裏に掲げられた、煽りゲーフラ。アマラオの顔に大きく「×」。むむぅ、左右はまだしも、真ん中のそのゲーフラは許せんぞぉ。そこまでやるかぁ~浦和annoy!選手紹介の時はブーイング、お決まりのユルネバ妨害。浦和ぁ~annoy!!!
ということで、盛り上がってまいりました!

③パスは回せる。あとは枠内シュートだ。 いくらパス回しがうまくいってもなぁ~最後の精度が低いとなぁ~シュートが枠にいかないとなぁ~うーーーーん。悶々とした複雑な気持ちです。あとは決定力か・・・。どうしたらいいのかなぁ。あちこちの掲示板ではカボレや平山への批判が高まってきています。そして、城福監督へも。個人的には、一皮向けるのにあと一歩、いい線きてるよっ!と期待しているのですが・・・。ただ、この弱い点がいつまでも修正されないまま進んできている感じがちょっと不安です。うーん。

④倒れる浦和イレブン。 試合終了の笛と共に、ピッチに倒れこんだ、浦和の選手たち。試合の途中も、何人も足を攣らせていた。そうか・・・そうなの?東京の選手より、動いた、走ったという証なのでしょうか?東京は、前半に比べると、後半の動きは良くなかった。前半とばせば、後半の運動量は落ちる。でも、ここの線を越えるとヤバイかも・・・という線を越えられるかどうか、自分の限界を超えられるかどうかが勝負のような気もします。それは、死んでも勝ちたい、点を入れたいという気迫のようなものです。浦和の選手にそれがあって、東京の選手にはなかった、とは言わないけれど・・・後半、もう少しなんとかならなかったかなぁ。まぁ、浦和の守備は堅かった・・・。そして、高原に替わってポンテが登場したのが痛かったなぁ。ポンテが入って、浦和もガラッと変わったもんなぁ。
と。グチグチ言っても結果は変わらないので、とにかく次の試合に勝つことを目指していかなくてはなりません。大丈夫!?城福監督!

次の試合・・・は、フッキのいないヴェルディではないですか!勝ち点差3、得失点差は-1で同じ。ということは、負けたら順位がひっくりかえってしまう・・・ひぃぃいいぃい。マジですかぁー。それだけは、や め て ~bearing。 
国立だもん、負けられません。

2008年8月15日 (金)

オリンピック・馬場。

やはりオリンピック・馬場馬術のテレビ報道はないですね・・・。

BSは見ることができないし、地上波のダイジェストでもしかしたら紹介されたのかもしれないけれど、接触できませんでした・・・。で。どうだったのかと調べてみたら、うーん。やはり世界の壁は厚かった・・・。日本ではトップライダーの3人でも、団体戦では最下位(1国棄権有り)。個人戦も、日本人選手はグランプリスペシャルに進めませんでした。残念。何だろうなぁ・・・馬の差?馬場は馬7、人3っていうもんなぁ。でも、選手にも馬たちにもお疲れさまと言いたいです。

やったー。サッカー女子。中国に2-0で勝ちました!完全アウエーだったのに、素晴らしい。沢ってすごいなぁ。カッコいい。ここまできたら、優勝してほしいです。

オリンピックって面白いにゃー。

2008年8月14日 (木)

浦和戦・・・ついにきた。

今年一番の大入りを期待させる、ホーム浦和戦。

昨年は、スタジアムが赤に染まるのを避けるあまり、チケットの販売をコントロールした結果、「売り切れ」席種が多かったのもかかわらず、当日は空席がけっこう目立っていました。今年は、赤の面積が多くなろうと、満員のスタジアムで試合を迎えたい。

・・・ん?それでいいのかな・・・?確かにスタジアムが満員なのは素晴らしいけれど、ホームをジャックされていいのかな・・・?やっぱりカッチョ悪いといえば、悪いなぁ。味スタに浦和の声が響いて、ユルネバも邪魔されまくり・・・嫌だなぁ・・・ハア。

今年のチケットも売れ行きは順調だけど、いったいアオアカと赤の割合はどのようになるのでしょうか?多分、浦和のファンもバックスタンド席を購入しているだろうから、そこの境界線はどうなるのかなぁ・・・。

正直、気分はいつもより臨戦態勢。選手を信じて、勝利を祈るのみ、です。

2008年8月13日 (水)

オトナの夜の映画ハシゴ。

そうかぁ・・・。もう会社では誰も北京五輪サッカー日本vsオランダ戦に興味を持つ人はいませんでした。

日本は消化試合だけど、いくらなんでも3敗はカッチョ悪い。対するオランダはグループ3位なので勝ちにくるはず。これはこれでガチ試合になるはずなんだけど・・・。少なくとも私の周りのサッカー好きの方々の心は折れてしまったようです。
まぁ・・・こんなことを言っても仕方ないけれど、私自身は反町ジャパンには興味があまり持てませんでした。いえ、正確に言うと、選手たちは梶山、長友含めて一生懸命にやっているわけだから応援したいんだけど・・・、反町監督にポジティブな感情を持つことがどうしてもできませんでした。理由は、いくつかありますが・・・。今は、早く新しい出発をしてほしいと願うのみです。

ということで、一人で観戦する気分にもなれなかったので、仕事仲間の方々と夜の映画ハシゴをしてしまいましたー。観た映画は・・・・・フハハ。「ゲゲゲの鬼太郎」と「崖の上のポニョ」です。
<えいがのかんそう>
「ゲゲゲの鬼太郎」  寺島しのぶが怖い。怨念系の女子を演じさせたら、右に出る者はいないとあらためて思いました。あと、ねずみ男が、鬼太郎に恋?する女子に対して言った「あんなチャンチャンコと短パンのどこがいいんだ。」という言葉にはちょっと笑いました。正直、くだらないけれどけっこう楽しめました。
「崖の上のポニョ」  これはストーリーはどうでもいいんです。世界観がかわいい、ポニョがかわいい。子供の絵本を読んでいる気分で楽しむのが正解。

そういえば数日前に、「ダークナイト」を一人で観たのですが、途中で何回か落ちてしまった・・・。友人に言ったら、「信じられない」と驚かれました。だって、疲れていたのさっ。

そうだ・・・パコ観たいなぁ。

2008年8月11日 (月)

・・・泣ける。泣けるぞ、オリンピック。

年取ったせいかもしれませんが、泣けてしかたありません、オリンピック。

北島康介の涙にもらい泣き、バトミントンの末綱、前田ペアが世界ランキング1位の中国を退けたときに感激して泣き、射撃クレーで3位がかかった射撃をはずし、泣きじゃくる娘と抱き合う中山を見て泣き・・・なんか泣いてばっかり。いやぁ、スポーツって本当にいいもんですね。っていうか、涙もろくなったのかなぁ。

明日は何と言っても、体操の男子団体総合の決勝が楽しみです。4年前のアテネオリンピックを思い出します。あの時は、仕事の企画がなかなかまとまらず、家で徹夜作業をしていました。つけっぱなしのテレビからは、体操の男子団体総合決勝の中継が流れています。確か、初めの種目では点が伸びず、日本チームは大きく出遅れました。でも、種目が進むにつれてじわじわと順位を上げて、最終種目の鉄棒では1位ルーマニア、2位日本、3位アメリカに。しかもそれぞれ僅差。このときには、もはやくいいるようにテレビに集中していたのですが、日本選手の演技は次々と高得点を出し、最後の選手の着地が見事なまでにピタリと決まったとき、まだ周りの家は寝静まっているであろうに、よおっしゃああぁああぁあ~!!!と大声&ガッツポーズで騒ぎまくったのを覚えています。あの時の「君が代」は忘れられません。
ということで、今回も大期待しているわけです。

でも、何がなんでも金メダルを取れ!とかそんなふうには思っていません。精神的にも肉体的にも想像を絶する苦難を乗り越えて、この場に立った選手一人ひとりが、思う存分力を発揮できることを願うのみです。私に言わせれば、もう、みんな金メダルです。

そういえば、今週末の浦和戦のチケットが売れまくっているようです。こーいう時にスカッと勝って、「WE ARE TOKYO!」と試合後に叫びたい。浦和の「ういあーれっず!ういあーれっず!」じゃなくて、試合後、選手がゴール裏に来たときにみんなで叫ぶアレです。

早く土曜日にならないかにゃ~。

2008年8月10日 (日)

ウホホ!なかなかいーんでないの!?

名古屋戦をテレビの録画で観ました。

守備も集中していたし、今までの東京よりもピリッとしている印象を受けました。これは、名古屋戦がいいきっかけになるんじゃないか・・・と期待してしまいます。どうしても2点目が取れない得点力が話題になっていますが、まぁ、楢崎もかなりよかったしなぁ・・・。

<しあいのかんそう (あえて気になった点を。)>
①佐原のプレゼント。 前半28分の佐原のアレは何だぁあああぁ。試合全体では佐原の守備は光っていたと思いますが、危険エリアで相手にパスをしてしまい、決定的なチャンスを招いてしまいました。アレでもしゴールを決められていたらと思うと・・・本当にぞっとします。佐原、頼むよ!

②赤嶺のプレゼント。 はずしましたねぇ。終了間際のGKとの2対1の場面で・・・。びっくりしました。スコアを知っての観戦だったので、いったいどんなことになってはずしたのかと興味津々で見ていたのですが・・・ズッコケました。あれはきっちり入れないとなぁ。

③平山の活躍。 北京五輪もどこ吹く風で、活躍する平山、イイネ!

次の浦和戦が、何だか楽しみになってきました~。

そういえば、2連敗の北京五輪男子サッカー。梶山と長友がスタメンからはずされました。東京ファンとしてはガックリ・・・。でもあまりのナイジェリアとの力の差に、ちょっと愕然としました。ナイジェリアはスピーディ&ダイナミック&正確で、何と言うか・・・ベースの身体能力の差を感じました。
もう1次リーグ敗退が決まったということは、もはやこれ以上失うものはないわけで、オランダ戦は開き直ってガンガンいってほしいです。このままじゃ、悔しすぎる・・・。

内柴、おめでとう!オリンピックのせいで、テレビの前に釘付けです・・・。

2008年8月 9日 (土)

やった!勝ったー!

結局、テレビ録画を観ずしてリアルタイムで結果を知ってしまいました。

やっぱりガマンできませんでした。もう気になって気になって・・・。撮影はちょうどスタジオで商品カット。セッティングに2~3時間かかります。その間、携帯で試合経過と結果を見てしまいました。前半、平山の得点で1-0とリードしたあとは、もうハラハラドキドキです。何とか追加点を!と思うのですが、携帯をリロードしても1-0から動かない。最後残り15分では、もうとにかくしのいでしのいでしのぎまくってくれーーー!と心の中で叫び続けていました。

名古屋に勝てたことは、本当に大きい。「GIANT KILLING」じゃないけど、ここは東京にとってターニングポイントになるはず。だけど。次節があの浦和なんだよなぁ・・・。なぜここ最近、浦和が苦手になってしまったんだろう。むむむ・・・勝ちたい。ほぼ満員になるであろう夏休みの味スタ浦和戦。何としても、勝ちたい。ここでカッチョよく勝ったら、気分いいだろうなぁ。

本当に今年のリーグ戦は、混戦、団子状態です。どこが優勝してもおかしくないっていうか、この先何が起こるかまったくわからないっていうか。

面白くなってきましたよ~。

2008年8月 8日 (金)

念を送るぞ!fromスタジオ

木曜日から、都内ロケ撮影が続いています。

木、金、土と3日間。毎日早朝から夕方まで汗びっしょりになりながら撮影です。夕方までなら、スカパーで名古屋戦を観戦できる・・・と思いきや、最終土曜日のロケ後は目黒のスタジオに移動して、商品の撮影が入っているのです。
ということで、リアルタイムでの観戦はできませんが、情報を一切遮断して帰宅後に録画した試合を観ようと思っています・・・とかいいながら気になって、途中で絶対にスコアを調べちゃったりするんだよなぁ。携帯に速報が届くし。

明日は勝ってほしいなぁ。結局7月に入ってから、一回も勝てていない・・・。ここ4戦は1-1のスコア。(PSMは除外しています。) 名古屋、浦和といい試合内容で、きっちり勝てれば、またイキオイが戻ってくるような気がします。

・・・何だか、ずーっと同じことを書き続けているような気がしてきた・・・クスン。

2008年8月 7日 (木)

GIANT KILLING 6巻読破!

一気に読んでしまいました。面白かった。

以前にこちらのコメント欄で紹介していただきました、サッカー漫画「GIANT KILLING」。まだ連載中で、コミック本は6巻が出たばかり。イキオイに乗って、6巻までをオトナ買いして読み終わったところです。
「GIANT KILLING」というのは「弱いチームが、強いチームをやっつける」という意味だそうです。東京を本拠地とするチーム「ETU(East Tokyo United)」のお話なのですが、もう1チームが東京VICTORYという名のチームで、どう考えても東京Verdyのことだと思うし、そうなると・・・むむむ、「ETU」というのは・・・FC東京のことなのでしょうか??まぁ、それはわからないです。チームメンバーのキャラクターが似ているわけでもないし。
主人公は「監督」です。弱小チームをどう立て直していくか、そこに織り成す人間模様。実はところどころでホロリときてしまいました。「ルーキーズ」見ると泣けるんですよぉ・・・と言っていた若者たちを散々バカにしてきたけれど、おんなじやん。

そうそう「GIANT KILLING」で、名古屋グランパレス(っていう名なのです。微妙に変えてある。)戦が描かれていて、ここが「ETU」のターニングポイントとなる一戦になるわけです。
おおっ、何と言う奇遇な!東京も次節は名古屋戦だぁ!名古屋にスッパリ勝って、ターニングポイントにしよう、そーしよう!勝て勝て勝て~!

あ、今日の北京五輪サッカー、日本vsアメリカを会社のオープンスペースで見ました。大勢集まったけれど、あまりみなさんサッカーに興味がないようで、食い入るように観ていたのは私とサッカー好きCDとサッカー好きエライ役員くらいでした・・・。世の中的には注目度低いのかなぁ・・・。梶山はあまりよくなかったし、長友はサイドを突破されたし・・・東京ファンにとっては残念な結果になってしまいました。ナイジェリア、オランダはものすごく強いと思いますが、ひるまずに自信を持ってぶつかっていってほしいと思います。

・・・今日の観戦会・・・梶山の批判が渦巻く中で、ひっそりとしているのは・・・辛かったっす。梶山、次は変態プレーを見せ付けてやるのだ!

2008年8月 6日 (水)

ナビスコ終了。さ、リーグ戦、リーグ戦!

2点目がどうしても取れませんでした・・・。

チャンスはあった。試合が始まって、カボレが点を取って、ぬおおおおー!今日はいけるぞぉー!って思ったんですけど。ハアァ。くやしい。酒をかっくらって、「だいたいさぁ、1戦目にメンバーを大幅に替えたこと自体がどうなのよ、大分ナメすぎでしょ、そんで負けて、あわてて2戦目に本気出して挑んだって、あんた、そんなの時すでに遅しってもんよ。ホームで絶好調の相手に、引き分けで勝ち抜けなんて、いい条件あげちゃってさぁ~うぃ~(号泣)。」と絡みたい気分ですが、そもそも私はお酒をほとんど飲めないし、終わったことを悔やんでもいいことないので、スッパリ土曜日のアウエー名古屋戦に切り替えていこうと思います。

<ミニしあいのかんそう>
①いけ!モニ! モニ、気合入っていました。このところベンチスタートなのが、よほど悔しいとみえる・・・あたりまえか。何かもう、モニだめだよね~っていう空気あったもんなぁ。本人も感じていたのだと思う。でも、「オレだってまだまだ!みていろ!」というスポ魂コミックさながらの熱さを全面に出してました。こういうわかりやすいところがモニの魅力です。佐原というライバルもいるけど、負けるな、モニ。(でも個人的には佐原のさらさらヘアーとクールな雰囲気にちょっとやられてしまっているのですけど。ウフフ。)

②怒涛の連続コーナー。 ロスタイムの連続CKのチャンス。塩田もあがってくる。1点。どうしても1点取って・・・と祈るような気持ちで見ていました。1点取れば、延長戦。イーブンの条件で戦える・・・。でも結局、大分がしのぎ切り、今年の東京のナビスコは終了しました。赤嶺のシュートが決まっていれば・・・運もなかったのかもしれないな。

もう、中2日で名古屋戦に向かわねばなりません。ナビスコ敗退のショックを引きずったまま試合に入ったらヤバイです。シーズン中は、どんなことになろうと、次から次へと試合がやってきます。うまく気持ちを切り替えていかないと乗り切れない。
でも、パスをつなぐサッカーもいいけれど、スペースに出して走りこんで・・・みたいなスピーディな局面がもっとあってもいいんじゃないかって思いました。JOMO CUPの前半の日本の攻撃を見て、東京もこういうサッカーをすればいいのになぁって思いましたけど・・・ここで迷っちゃいけないんでした。

名古屋かぁ・・・強いよなぁ・・・。って試合前からやや弱気。
いやいや、絶対に勝つんだかんね!・・・頼むよっ!

2008年8月 5日 (火)

さあ、2点差をつけよう。

2点差以上つければ勝ち。

ちょうどいい感じ。1点差だと何となくやれちゃう気がするし、3点差だとキビシイと感じてしまう。2点差は、可能性はあるけど、わりとキビシイ・・・前向きに真剣にさせてしまう点差ではありませんか!さあ、点取らなくちゃ負ける、ガンガン攻撃する東京が見たいぞー。

鳥天食べながら観ようっと。

2008年8月 4日 (月)

ショック!ナビスコ大分戦。

ありゃ?生中継がないんですね・・・。(←コメント欄にて、生中継があることを教えていただきましたhappy01詳細は追記にて。)

水曜日のナビスコ大分戦は観に行けないな・・・でも決勝トーナメントはCSで生中継するから、早く帰宅してTV観戦しよう!と思っていました、が!なーんだ。大分戦は録画放送です。むぅ。ちぇっ。ネットでアップされる実況版をひたすら更新しまくって、試合の様子を知るしかないっす。現地に行かれる方、試合観戦に支障の無い範囲でお願いいたします。

先日、オリンピア戦で味スタに行ったとき、アマラオの映画のポスターを見かけました。確か、大型ビジョンでも告知していたような・・・。以前にチラッと聞いてはいたのですが、10月にレイトショーで公開されるようです。ドキュメンタリー映画です。

誰と行こうかなぁ・・・。若い男子をメシで釣って連れて行こうかなぁ。いやいや、アマラオ好きな人と行って、思い出話に花を咲かせるほうが楽しいな、きっと。

(追記) うわぁああーい!生中継、観れます!ナビスコカップの放映はフジテレビ739のみだと思っていました・・・勘違いしていました!コメント欄で教えてくださった方、ありがとうございました!!水曜日は早く帰宅しますっ。

2008年8月 3日 (日)

FC東京U-18優勝おめでとう!!

うれしい!ものすごくうれしい!

本日、三ッ沢球技場で行われた、日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会決勝トーナメント決勝戦、FC東京U-18vs柏レイソルU-18は、1-0でFC東京U-18の勝利!優勝だぁー!!よくやった!ユースの選手たち!いいぞー!まずは一冠だぁー!
実況版のレポートを読むと、けっこうな数の観客が応援につめかけたようです。いいぞー!観客のみなさんー!あぁ、行きたかった・・・普段なかなかユースの試合を観に行くことはないのですが、今日は行きたかった・・・。でも仕事で会社に行かなくちゃならなかったので、ひたすら実況版を更新していました。後半、相手が10人になった時、なんだかイヤ~な感じがしましたが・・・10人の呪縛はユースにはなかったようです。ヨカッタ・・・。

ユースが強いと、将来が楽しみなワケです。MVPの三田くん、待ってるよ~!
一人でも多くの有望なユース出身選手が、トップにあがってくるのを楽しみにしていますよ、オネーサンは。みんな、がんばれ!

2008年8月 2日 (土)

JOMO CUPに行きましたが・・・。

今年から日韓オールスター対決になったJOMO CUPに行ってきました。

試合を観にいったというより、仕事がらみです。でも試合は観ることができました・・・アウエー側ど真ん中で・・・。メインスタンドのアウエーゴール裏側だったので、韓国人ファンに囲まれた感じです。それはそれで面白かったのですが、メインスタンドにすごい大声で野次をとばす男子がいて、まあ時には面白いこといったりするんだけど、(「巻くんにボール渡してあげてぇ~、まだ一度も触ってないからぁ~!」とか。基本、毒がある。)、日本人選手がドリブルであがっていくと「骨折!骨折!」、日本人選手がヘボいシュートやクロスをあげると「みっともないぞぉ~!」「恥ずかしいぞぉ~!」とか叫び、腹が立つというよりも、こいつ、野次のセンスないなぁ~と残念に思いました。以前の東京の気が効いた野次を勉強してほしい。
・・・でも最近は東京でも、汚い野次をとばす人がけっこういます。PSMのオリンピア戦では、バックスタンドのアウエー寄りに座っていたのですが、ひどい男がいたなぁ。あれって、全然面白くないのに、本人はずっとがなりたてていて、私は途中で席を移動しましたが、周りの人は相当イヤだったろうなぁ。なぜあんなに周りに聞こえるように、センスもへったくれもないただの罵倒(東京ファンなのかどうかわかりませんが、東京の選手への汚い野次ばかり。)を延々繰り返すのだろう。嫌な言い方をすれば、日常生活でよっぽど鬱屈している思いを、スタジアムで晴らしているとしか思えません。楽しみに来ている他の客にどれほど迷惑になっているのがわからないのでしょうか。あの感覚は普通ではないので、注意なんてできません。・・・書いているうちに、腹がたってきたし、・・・悲しいです。

まぁ、それはそれとして。
次は平日のナビスコ大分戦です。そして、北京五輪サッカーも始まります。梶山、長友、活躍するんだぞぉ~!みんなでTV観戦するんだからさ。
でも、ケガだけは絶対にしないように!

2008年8月 1日 (金)

まったり~・・・オリンピア戦。

019 6000人の味スタは、のんびり、まったりした雰囲気でした。

ゴール裏も、荒くれ男子のカタマリエリアはなく、全体にまばらな感じです。まぁ、PSMだし、いつもは控えに甘んじている選手たち(特にモニとかモニとかモニとか・・・)が発奮してくれたらいいなぁ。でも、ケガはしないように!

<まったり・・・しあいのかんそう>
015 ①アマラオ「11」大集合。 試合前、アップでピッチに出てきた選手たち。当日に発売になったアマラオのTシャツを着用しています。背中に「11」と入っているので、みーんな「11」。何だか面白い光景です。

018 ②えっ、アマラオ先発!? 12人でピッチに出てきた東京の選手たち・・・ん?アマラオがいるぞー!アマラオは、立ち止まっているオリンピアの選手たちの間を走りぬけ、ゴールを決めてから、拍手の中、ピッチを後にしました。・・・12人でプレーするのかと思った・・・。んなワケないか。でも東京のユニフォームを着てピッチに立つアマラオを見たとき、ちょっと胸が熱くなってしまいました。アマラオ、アマラオー!彼がプレーしていた頃の記憶がよみがえってきます。毎週試合が楽しみで、がむしゃらに応援していました。あの頃の東京への情熱と今は違うのかな・・・。どうなのかな・・・。まぁ、私もピチピチだったし。

012 ③アマラオ サインつき写真&握手会。 誰にでもニコニコ笑いかけるアマラオは、相変わらずステキでした。何か話しかけようかと思いましたが、何も言えず、ガッツリと握手をしました。アマラオはちゃんと、ギュッと握ってくれました。意外と繊細な手でした。ウフフ。

007 ④「エコ募金」の3人衆。 大勢のファンが写真を撮る中、エコ募金に励んでいた3人。金沢選手のところに行こうとしたのですが、何か恥ずかしくて行けませんでした・・・。Tシャツに、裾の短いジーンズといういでたちで、彼の前に出るなんてできません・・・って勝手に意識しすぎ。バカ。募金すればよかったな。

⑤試合の内容は・・・。 「応援」がなかったので、選手たちの声がよく聞こえてきました。塩田、モニの声・・・。でも一番すごかったのは、オリンピアのGKです。よくあの声量で叫び続けられるなぁ。すごい。内容は・・・特筆することはない感じでした。つまり「相変わらず」という印象。ボールをつなぐ意識は高いけれど、最後のワンプレーの精度がめちゃ低い、シュートまでいかない、いっても枠のはるか上。オリンピアは誰かがボールを持ってゴールへ迫ると、必ず2、3人がゴール前に走りこんでいるのに、東京はだーれもいないことが多い。・・・ハア。まぁ、PSMだし、次のナビスコ大分戦には活きのいい東京が見られることを期待しよう。

ナビスコ大分戦は仕事で行けません。平日に大分、というのはなかなか難しいなぁ。最近の大分は調子いいし、どんな戦いになるのか、楽しみやらコワイやら。
何としても勝って、次に駒を進めたいところです。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31