« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月30日 (木)

日本中、どこにいても試合の生中継が見れる・・・!!そしてガンバ戦のこと。

ものすごく驚きました・・・。

ケータイで、Jリーグの生中継が観られるなんて・・・。そうです、「スカパー!ケータイてれび」サービスの開始です。ドコモのケータイしか観られませんが、パケホーダイに入っていれば料金も安心だし・・・。今まで、旅行に行きたいなーと思っていても、試合のある日は必ず自宅にいられるように調整していました。まぁ、ホーム試合はスタジアムに行きますが、アウエーの試合なら、どこにいてもいいわけで・・・。仕事が重なって、号泣することもない・・・。これって私にとってはめちゃくちゃ嬉しいニュースです。
世の中、便利になるものですね・・・信じられないくらいです。

さて。ガンバ戦。
やりました!2点取りました!!
・・・って、負けちゃったらしょーがないです。ハア。とはいえ、
どうせ負けるんだったら、1点記録更新のほうがネタ的に良かった・・・。
なんてことは言いません!あのまま負けるなんて、ダメです。石川、鈴木のツインズゴールがあって本当に良かったと思います。

<しあいのかんそう>
①ガンバの強力前線。 スタメンを見たとき、嫌な感じがしました。ルーカス、レアンドロ、チョ ジェジン・・・。強力だよなぁ。ズルイよなぁ。試合では3人がきっちり1点ずつ取りました。またもやルーカスに点を取られてしまった・・・クヤシイ。ルーカス、何でガンバに行っちゃったかなぁ・・・ウジウジ。カボレとルーカスっていうのはアリだったかなぁ・・・ウジウジ。っていうか、いなくなってしまった選手のことをいまさらあーだこーだ言うつもりはありませんが・・・ルーカスは守備に攻撃に走り回っていたし、怒りも喜びもストレートに表現するし、もしかしてチームにものすごく必要な存在だったのではないかとつい思ってしまいます。
チームのメンバーが集まるところでは、ゲラゲラといつも陽気に笑い、不甲斐ない試合内容の時は、怒りをあらわしつつもピッチの上を必死に走り回っていた姿が・・・思い出されます。
試合後に、特定の選手の非難はしないようにしようと思っています。誰にでもミスはあるし、うまくいかないのはその選手一人の責任ではないからです。でも。でも。ユースケにはもう少し頑張ってほしいと願うのは私だけでしょうか。FWだから走らなくていい、守備しなくていい、そう思っているのでしょうか。それとも走れないのでしょうか。動けないのでしょうか。あ、何だか感情的な書き方になってしまいそうなので、このへんで止めよう・・・。もう、得点は石川に期待しよう。石川は90分やれる!ガンバレ!石川!次の試合も、石川&鈴木ツインズがゴールしますように。

②ムービング・ガンバ。 羽生のオウンゴールは不運でした。今の東京は決定的に得点力が無いので、とにかく点を取られたくありません。早いうちに同点にしなくては・・・。という気持ちが当然選手の間にもあったようで、バタバタし始める東京。でもゴールは遠く・・・ルーカスがDFをかわし、追加点のゴール。ガンバのほうが圧倒的にムービング・・・。クヤシイけれど、力の差を感じざるを得ませんでした。ああー本当にもどかしい。

③ラスト10分の反撃。 東京は負けていても、ラストに息を吹き返したかのように反撃に出ることが多い。何で、初めからそうしないんだよぅ・・・と思うけれど、ガンバは前の試合から中2日、東京は中3日。ガンバはACLもあるし、疲労感からいえば当然です。しかも4点も取っているのだから、いなして逃げ切ろうとするでしょう。でも、試合の入り方をもう少し何とかできなかったかなぁ。

④石川がイイ! 石川、本当に調子がいい。いわゆる、キレキレ。気持ちが前向きなのも見ていて清々しいです。常に積極的な姿勢も、自信があるからなのでしょう。彼の試合後のコメントに、「点を取られていくうちに、ピッチの中で元気がなくなっていった。」とある。これが一番イケナイ。サッカーって技術面の強さはもちろんですが、精神面の強さも大事なのだなぁとつくづく思わされます。

と、完敗後はついついウジウジ感想になってしまいます。アウエーが2戦続いて、次はホーム。いいお天気のもと、スカッと勝とう!と思ったら、試合は夜でした。
やっぱりテレビじゃなくて、スタジアムで応援するほうがいいなー。

土曜日は勝たなくちゃ。

2009年4月27日 (月)

ぐおおっ!!ふ、不覚・・・・・・・。

大分戦は、自宅でスカパー観戦。

テーブルに食事を用意して、マッタリと食べながらテレビを見ておりました。一人暮らしだと、ついつい一人分よりも多く食べてしまいます。普段外食が多いので、この時とばかりに冷蔵庫の中で眠っているものを出してきたりなんかし始めると、テーブルいっぱいに食べ物が並んでしまいます。もう、試合のハーフタイム時にはお腹いっぱい・・・。

で。
お腹がいっぱいだと、眠くなるのは人体のメカニズム。そうです、うたたねをしてしまい、
劇的ロスタイム逆転PKを見逃しました!
そのための90分間だったのに・・・。一番盛り上がるところなのに・・・。そんなことめったに起きないのに・・・。バカバカバカ!うたたねから目を覚ますと、もう試合は終了、引き分けだろうと思ったら・・・ん?勝ったの?勝ったの?なんでなんでなんで?と軽くパニックに陥りました。まぁ、勝ったから、いいけど。

<しあいのかんそう>
①どこまで続く!?1点記録。 これでもう今年9戦連続1点試合!プレシーズンマッチを入れれば10試合連続1得点試合!すごい。もっとたくさん点を取ってほしい気持ちに、わずかながら、この記録を伸ばしていってほしい・・・という複雑な思いも・・・。でも1点で勝ち点を積み上げていくとなれば、完封勝利しかないわけで・・・むむ。なかなかキビシイ道です。

②数的不利。入らないシュート。 大分の選手が退場になって、スカパーの解説者はFC東京の「数的有利」と言いました・・・が!FC東京と苦楽を共にしてきた人にはわかるはず。これは、FC東京の「数的不利」だということを・・・ガクガク・・・。私も顔にタテ線入りました。思わず、「い、いかんっ!」と叫んでしまいました。それほど、何故か東京は10人の相手に手こずる。負けたりする・・・。ただ、今回は完全に流れを引き寄せ、シュートシュートの嵐。これはけっこう点入れて勝てるかも、といったんホッとしたのですが。
入らない。入らない。入らない・・・。打てども打てどもシュートが入らない。金曜日の夜にテレビで「少林サッカー」を見たのですが、ゴールポストの前に選手が一列にズラッと並んで、次々にシュートをボコボコ打つ、それをことごとくGKが阻む・・・というシーンがありました。それを思い出してしまいました・・・。まぁ、相手GKの西川が頑張ったと褒めたいと思います。
っていうか、東京の攻撃陣はもう少し何とかならんものかと歯軋りしてしまいます。カボレ~。決定機を何度もミスっちゃイカンと思います!最後の最後にPKゲットでやっと勝てたのは良かったけれど、ちょっと情けないです。1点取れるのはデフォだしね。もっと点取らないと!

③やさしい大分・・・。 2005年の春。東京はまったく勝てず、何連敗もし、もがき苦しんでいました。そんなときに、ホッと心を癒してくれる1勝をプレゼントしてくれたのは・・・大分でした。ナビスコ予選のアウエーです。ありがとう・・・大分・・・。でもその後、やっぱり連敗したんだけど。今回はこのまま連勝していくぞ!おーっ!!

ということで、水曜日にはガンバ戦です。・・・ガンバかぁ。まぁ、勝ち点差わずかに「1」だし、何とかなるのではないでしょうか!それにしても、勝ち点差「1」なのに、ガンバは6位で東京は13位。つまり東京もまだまだイケる?ってこと??

2009年4月25日 (土)

ありがとう・・・ってなんじゃぁああぁあ~。

大分戦まで、あと3時間。

はぁー・・・緊張で倒れそうです。家で仕事をしながら、スカパーの中継を待っています。今年はなかなか遠方アウエーに行けず、サミシイ。鳥天食べたかったなぁ・・・。このあと、アウエーは大阪、広島と続きますが、いずれもスカパー観戦です。今動いている仕事のスケジュールが見えず、予定がたてられません。一箇所くらいは行きたかったのですが・・・残念。
以前はJリーグ全試合スカパー中継なんてなかったので、それを思うと非常に助かります。ただ、何が何でもアウエーに応援に行かなくちゃ!みたいなファンの情熱が少しずつ薄らいでしまうのではないか?という懸念もありますけれど・・・。でも現地に行くと、やっぱり来て良かった!といつも思うので、臨場感や気持ちの高揚感では現地観戦にかなわないと思います。選手との一体感とかも。

昨日、会社のエンタランスですれ違った同期の友人に、
「ありがとうねー。」
と言われ、何のことやら???ナゾだったのですが・・・。

むおっ!そうかー。彼女はジェフ千葉のファンでした・・・。あのうれしそうな笑顔に、昨年も今年もピンチを救ってあげた我がチームのやさしさ(・・・というか、不甲斐なさ)を思い、しばしトホホな気持ちになったのでした。

あー、もー、今日はやさしくなる必要ないんだからねっ!

2009年4月19日 (日)

っていうか、どーなっているの?・・・ふにゃ~。

20080816_010 何だか身体中の力が抜けました・・・。

試合終了まであと15分。ぴったり足が止まり、動けない東京を、あと少しあと少しあと少し・・・と祈るように見つめていました。それに比べて、どこにそんなスタミナが?と思わせるほど走り回る千葉。危ないー!と何回叫んだことでしょう。残りわずかで逃げ切れたのに、86分で同点にされ、ロスタイムに逆転弾を浴びました。・・・こんなことが起こるなんて・・・はあー。千葉ゴール裏は大盛り上がり。そりゃそうでしょう。こんなドラマチックな勝ち方なんてそうそうありません。・・・あ、昨年の最終節も・・・・・はあーーーー。

とにかく。ロスタイムに失点した瞬間、メインスタンドの観客の多くがいっせいに席を立ちました。なんじゃこりゃ、と呆れ顔で撤収。同じ敗戦なのに、鹿島戦とは大違いの雰囲気。正直、私もあまりのガックリ展開にさっさと帰ろうかと思いましたが、ショックで動けませんでした・・・。

<しあいのかんそう>
20080816_018 ①石川の技ありシュート。 前半18分。狙いすました石川のシュートは相手GKも届かないゴールネットの隅に突き刺さりました。やったー。キレキレだったもんなぁ。素晴らしい。これからも石川はスタメン定着でガンガン暴れてほしいと思います。
・・・うーん、勝ちたかったなぁ。石川を交替させる必要あったかなぁ・・・。

20080816_015_2 ②走れなくなった東京。 もう、この際言ってしまいますが、終盤あんなに動けない、走れないじゃ、失点するのは時間の問題。それに比べて根性で?走り回る千葉。千葉のゾンビのようなスタミナ量については嫌というほどわかっているはずなのに、なぜ90分のペース配分をしないのだろう・・・?しかも後半にはあのイヤーなネチッこい矢澤が出てくるのは予想できるのになぁ。ああー矢澤ぁー!矢澤にはホント、苦しめられる。っていうか、走れなくなって負けるなんて、情けない。両チームともにヘトヘトの死闘ならまだしも、千葉はまだ力が残っていたもんなぁ・・・グチグチ。2失点とも、「簡単に」取られてしまいました。DF棒立ちだったなぁ・・・。
そして。試合後あちこちで言われていましたが、後半、1点を守り抜くのか、追加点を狙っていくのか、さっぱりわからない中途半端な展開も???です。選手たちのコメントにも「わからなかった」と。プロの試合にそんなことって・・・あり得るのでしょうか?
ええい、こうなったらイキオイでもう一つ。外国人助っ人枠を一つ余らせ、しかもケガでもないブルーノをベンチにも置かないって・・・どういうことでしょう。ちょっと・・・意味がわかりません。でも補強のことはこれ以上望んでも無駄かな・・・。
さらに、まだ言っちゃうと・・・。やっぱり、ある程度スタメンやポジションは固定したほうがいいと思います。いろいろ試したいのなら、機会はいくらでもあるはずです。練習試合もあるし。というか、オフの期間にそういうことはやっておいて、万全の態勢でシーズンに入ってほしい。で、ちょっとミスしても、簡単に変えてはイカンと思うのです。調子をあげてきた選手がいたり、相手チームの対応のために、ちょこっと替えることはあっても、今年はこれでいく、というベースの形を作ってほしい。じゃないと、東京サッカー自体が成熟していかないと思うのです。「オレに迷いはないぞ!」というのは城福監督の名?言。でも今年はなんだか東京のサッカーには「迷い」があるように感じてしまうのは、私だけでしょうか・・・?

③羽生に勝利を! 羽生が加入してから、まだ千葉戦には勝利がありません。選手紹介の時に、あんなに激しいブーイングを受ける羽生を、次は必ずや勝たせてあげたいっ!と思います。まずは、5月のナビスコ予選!

④ユルネバ調査。 今節のユルネバ妨害調査です。えー、意外なことに!千葉ファンはモロに妨害してきました。妨害しないと思ったんだけどなぁ。こんな負け方したし、矢澤はナマイキだし、ちょっとだけ千葉がキライになってきた・・・サミシイのぉ。千葉の監督は、リバプールのヘッドコーチだった人。日本のユルネバを聴いてどう思ったのか、聞いてみたいところです。

試合後の、ネット掲示板やブログは荒くれムード。確かに、情けない結果に心もささくれ立ちました。おまけに、近藤がファンに切れた!みたいな記事が報道されたり・・・(まぁ、同点にされた時、ピッチに大の字になった近藤。何も言う権利ないよ、と思いますが。・・・しっかりしてよぉ~。)。
でも、これで選手、監督、スタッフ・・・東京全体が真剣に、課題解決に取り組んでくれればいいのですが、次の試合で勝ったりすると、とたんに「やっていることに間違いはない!」みたいな雰囲気になって、根本的な問題が先送りされ、「積み上げ」のないサッカーをやり続けて、また負けて・・・の繰り返しになってしまう気がします。
今までも、連敗連敗でこの先どうなるんだろう・・・と不安になったシーズンは何回もありましたし、今季だって、まだ6節。悲観的になるような時期じゃないとは思いますが・・・。

このモヤモヤはなんだろう。

2009年4月13日 (月)

ムラムラ~東京。

P1070223 素でキックオフ時間を間違えていました!危なかった・・・。14時開始だと思って、家でまったりしていたら・・・オフィシャルサイトにキックオフ13:00の文字が!ひぃぃ。もう12時前だぁー。
急いでチケットを手に味スタへ向かいました。到着はキックオフ15分前。あぁ、出店のタコライス食べたかったなぁ・・・。ともかく間に合いました。良かったー。

今節の「ユルネバ妨害」調査の結果です。まぁ、鹿島は邪魔するだろうなぁ、と予想していましたが、やはり伴奏が消えたとたん、ガマンできなくなったのか、大声で鹿島の歌を唄い始めました。ということで、結果は「妨害」です。次節は「千葉」。さあ、どうでしょうか。

<しあいのかんそう>
①安定の鹿島。ムラムラの東京。 前半、試合開始早々から見せつけられた鹿島サッカーの強さ。あぁ、まさか開始1分で失点するとは思いませんでした・・・。しかも15分には大迫にも決められ・・・ちょっと苦しい展開。あぁー。大迫にだけは決められたくありませんでした。グヤジイ・・・。しかも羽生、佐原の二人で囲んでおきながら、グリグリ抜かれてあっさりゴール。はぁ・・・。東京は前半終了間際に1点返してイケイケムードになったし、後半開始直後、終盤にも見所があったし、何で入んないんだぁあぁあああ~!という惜しいシュートもいくつかあった。すべてが悪かったわけではなかったけれど・・・。あの鹿島の安定感の前にやられてしまった印象です。東京は一つの試合の中で、いいときと悪いときの差が激しすぎる・・・。ただ、「いいとき」があるから、先に希望が持てるのですけど。
・・・あぁ、勝ちたかったなぁー。

P1070238_2 ②行け!権ちゃん! ロスタイム、1点を追う東京のセットプレーに権ちゃん登場!!これはこれでワクワクするのですが、相手にボールが渡ったら、その後どーなるんだろう・・・とドキドキするのは私だけでしょうか??そういえば、前半の鹿島はけっこうミドルを打ってきて、何だか権田が狙われているというか、ナメられているようなイヤーな感じがしたのも私だけでしょうか???

③とうとう見分けのつかない石川と鈴木。 今まで、遠くから見ても東京の選手は、見分けがつきました。でも・・・似すぎやしませんか?石川と鈴木達也。ガシガシ走り回っているのを見ると、もうどっちがどっちだかわかりません。石川OUTと鈴木INの時間が近かったので、一緒にピッチにいた時間は短かかったのですが、しばらく混乱してしまいました。っていうか、・・・・・あの髪型ですね、やっぱり。

えーと・・・。次節は国立で千葉との一戦。ここは絶対に負けられません!・・・強いところにはなかなか勝てないけど、下位のチームには勝っておく・・・この感じだと年の終わりには「中位」。やっぱり「優勝」を目標に掲げる以上は、どことやっても勝てる力を持たないと・・・です。

いい選手がたくさん揃っているのになぁー。

2009年4月 5日 (日)

0点におさえれば勝てるん?

勝ち試合、ここまですべて完封。

つまり今の東京は、0点におさえることができれば勝つってこと?
昨日はスカパーで観戦。雨の中、大勢の青赤ファンがスタジアムで雨に濡れているのを見て、頭が下がる思いでした。夜の雨は辛い。非常に辛い。本当にお疲れ様でした。でも勝ってよかった・・・。負けてたら、帰りの道中までめちゃくちゃ辛いもん。

<しあいのかんそう>
①いいぞ、権田! 権田の成長を信じてきて良かった・・・。やはり若いとはいえ、プロの選手です。スタメンのチャンスの中で着実に成長しています。開始早々の大ピンチを顔面(のど?)ブロックで防ぐと、その後も神セーブを連発。確実に3点はしのいだ。昨日の試合は、もし先取点を取られていたら、危なかったかも・・・。とにかく、次の鹿島戦でどんなパフォーマンスを見せてくれるか、楽しみです。自信を持ってピッチにたってほしいと思います。おーい、塩チャン、早く戻ってこないと出番がなくなるかも・・・ですよー。

②うーん。赤嶺・カボレ。 赤嶺とカボレは・・・イマイチしっくりいかない。どうしたものかなぁ。赤嶺はゴールを決めてチームに勝利を呼び込んだし、もちろんその活躍は称えられるべきものなのですが、如何せん、それ以外はパッとしません(あ、言っちゃった・・・。)。カボレも守備やら攻撃やらなんやらで、もういろんなことに奔走しまくり。しかも相手のチェックがキビシイ。4-4-2でFW赤嶺・カボレというのは・・・うまくいかないんじゃないか、と思ってしまいました。
でも、赤嶺があそこで決めてくれて勝てたことには間違いありません。磐田キラー健在!あぁ。昔(そんなに昔じゃないけど。)、磐田にこてんぱんにやられた日々が懐かしい・・・シミジミ。

③最後の10分。 正直、東京のサッカーが良かったワケじゃないです。権田ががんばって、運はあると思ったけど、全然得点できる予感がしなかった。パス回したって全然攻撃できない、挙句の果てに縦ポン・・・うまくいかない。相手を崩せない。イライラ。それが、赤嶺がゴールを決めた後は俄然動きが良くなりました。なぜそれを最初からできないのか、と。セカンドボールも取れるようになり、石川も効いていた。後半の最後の最後は、観ていて楽しいサッカーでした。来週は鹿島戦。ガッツリいってほしいなぁ。

ここまででリーグ戦、2勝2敗。勝ち点6でちょうど順位的には真ん中。本当に昨日の磐田戦を勝てて良かった・・・勝って鹿島戦に臨むのと、負けて臨むのとではかなり精神的に違う。東京の選手たちは気持ちがデリケートだし。
お天気がスカッと晴れるといいなぁ。東京には明るい日差しが似合います。

<その他のかんそう>
①ルーカスのびっくりPKゲット。 ガンバ大阪の試合のダイジェストを見ましたが、ルーカスのペナルティエリアでのずっこけ、あれでPKゲットとは驚きました。完全に誤審。ひゃー、広島かわいそう・・・っていうか、広島、けっこういい攻撃してるじゃないですか!J2からあがってきたとはいえ、かなり手ごわそうです・・・ブルブル。

②ハゲコウ捕獲。 動物園から逃亡したアフリカハゲコウの動向に注目していました。今まで麻酔薬入り鯵を置いても警戒して目もくれず、吹き矢やネットランチャーからも、あざ笑うかのようにサラリと身をかわしていたハゲコウ。・・・やっぱり最後は食い物かぁー。お腹がすいて、麻酔薬入り鯵を口にしてしまいました・・・。ガマンできなかったのね。何か・・・親近感。

③雨のF1、マレーシアGP。 ブラウンGPの活躍はスゴイです。雨で中断とはいえ、今GPもバトンが優勝。ホンダには複雑な状況です。それにしても、ライコネンのタイヤ交換・・・あれは大失敗でした。せっかくいい位置にいたのにもったいないなぁ。スカパーのアナウンサーが罵倒しまくっていたのはちょっと笑いました。

④さよなら、東京クッキー。  昨年買った、FC東京10周年記念缶入りクッキー。そうだ、食べてないや、と個装になっている袋を開けて口にしたら・・・モソッ。モソッ。・・・しけっている。完全にしけっている。賞味期限を見ると、3月27日まで。そうだよなぁ・・・買ってからかなり経っているもんなぁ。でも捨てるのはもったいない・・・でもこの先、食べることはないだろう・・・でも・・・でも・・・と悩みまくった結果、さよならしました。食べ物を粗末にしてしまう結果になったことに対し、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいです。反省しています。

食べ物はとっておいてはいけません。ということで、バモせん食べてます。バリバリ。

2009年4月 4日 (土)

またもや磐田キラー発動!

赤嶺の磐田キラーっぷりは、もはやシャレにならない。スゴイ。

まずは、雨の中で観戦したファンのみなさん、お疲れ様でした!もちろん、選手の頑張りも称えたいと思います。今日はスカパーで試合を観ていました。試合開始早々のピンチを権田がセーブした時、今日は危ないというより、イケるんじゃないか、という予感がしました。まぁ、全体的には、東京が磐田を圧していたという印象はなく、どちらかというと磐田に流れがあった時間のほうが多かったと思いますが、少ないチャンスをきっちりモノにした東京に運があったというところでしょうか。

ともかく、勝った!ここは絶対に落としたくなかったので、素直にウレシイし、ホッとしました。権田も調子を上げてる。イイヨイイヨー!

さあ、次は・・・・・鹿島だぁー。

2009年4月 1日 (水)

アオアカケーキ・・・美味いのかなー。

すっごい色味・・・青と赤の「母の日ケーキ」。

今日から予約販売している、母の日イベント施策の一つである青赤色の「母の日」ケーキ。見た目はものすごくどぎつくて・・・これ食べられるん?っていう印象なのですが(特に青色が・・・。)、青はブルーベリー、赤はフランボワーズと知ると、美味そうな期待感に変わります。うーん。食べたいなぁ。
「FC東京って、弱いよねぇ。」と悪態つきながらも、いつもしっかりテレビ観戦している母と一緒に食べようかなと思いつつも、直径15センチで5250円かぁ・・・高いなぁ・・・でもすごく美味しいんだろうなぁ・・・どうしようかなぁ・・・と激しく悩んでおります。セコイっ!!

そういえば、サイトに鈴木達也選手がピアノを弾いている動画がUPされています。上手いとは言えないけれど、なかなか器用。サッカー選手とピアノって、あり得ないカップリングなので、非常に面白い。石川とサーフィンは誰もが納得するくらいお似合いだけど、鈴木とピアノくらいインパクトある趣味を持つ選手はいないのかなぁ。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31