« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

ヨネーーーーーっ!!・・・その瞬間、時が止まった。

20080816_017 思い出すなぁ、札幌での加地のミドルシュート。

あの時も、一瞬、シーンとなったんだよなぁ。ん?あれ?入った?・・・えーーーっ!!みたいな。この試合での米本のシュートも、もうロスタイムだったし、あれ?シュートする気?あ、打っちゃった・・・えーーーっ!入った!?うっそー!みたいな感じでした。
大分戦は、負けるわけにはいかない(お互い、そうか・・・。)状況。1-0のまま迎えた終盤。ゴールを決められれば、勝ち点3が勝ち点1に・・・。この痺れる時間帯に米本のミドルシュートが炸裂して、「勝ち」が決定的になりました。良かった・・・。

ということで、2-0で勝利。誰もがホッと一息。ここで満足、安心している場合ではないですが、落ち着いてナビスコ準決勝に気持ちを向けられます。ナビスコ・・・また国立に行きたいな。

<しあいのかんそう>
20080816_005 ①やっぱり石川。 勝つと試合の内容とか、もう、どうでもよくなってしまいます。でも。特に前半は良くなかったなぁ。大分のほうがやることがはっきりしていた印象。全体をコンパクトにして、ボールを奪ったらすぐに速攻。大分のほうが守備が徹底していました。東京は全体が間延びしていて、中盤を支配されまくり。この試合でも、ゴール前までボールを運べても、その先に打つ手なし・・・な感じ。狭いところへパスして奪われて・・・あー!もー!の連続・・・。勝つ気が失せていきます。
そんな中。ゴールへ向かう強い気持ちを見せる石川。さすがだな。これだよなぁ。「石川頼みサッカー」と揶揄されるのはフクザツですが、今の東京のサッカーに、石川は必要だということを証明してみせた一戦だったと思います。大竹も良かった!

20080816_014 ②ヨネー!うっそー! 豪快なミドルシュート。確かにドフリーだったけれど・・・選手もスタジアムの観客も、誰もあそこで米本がシュート打つなんて思わなかったと思います。あっれー!打っちゃったー!っていう感じ。ボールはギューンと伸びていって・・・西川GKのジャンプした手も届かず、ゴールへ。私の周りでは、うぉーっ!と大盛り上がり・・・の中で、ゲラゲラ大うけ。いや、凄いルーキーです。それで、あの風貌。Jリーガーって、ちょっとスカした男子が多い中で、好感度ダントツです。もう、米本から目が離せません。

③カボレのゴール。 石川、大竹の素晴らしいプレーから生まれた、カボレのゴール。「カボレって・・・どうなの?」という雰囲気が沸き起こりつつあったので、ちょっとホッとしました。カボレ、巧いのかどうなのかよくわからない部分はありますが(いや、たぶん巧いんだと思うけど。)、応援してるぞ、頑張って!

20080816_025

④久しぶり!宮沢! 試合後、東京ゴール裏のコールに応えてくれた宮沢。東京にいた頃は、ボールを散らすのも、FKもCKも抜群に巧かった。・・・ただ。体力がねぇ・・・。
大分でも頑張っているようなので、安心しました。活躍してほしいな。

20080816_038 ⑤・・・・・・微妙。コラボTシャツ。 この鬼太郎&ドロンパのコラボTシャツが欲しくて、早めに味スタに行ったのですが・・・・・・。正直、この微妙なデザインに、買うのがためらわれました。ちゃんとデザイナーいれて、デザインすればいいのに・・・。3150円って、まぁ、高いというワケじゃないけど・・・どうせなら、買ってよかったというモノにしてほしいです(キツイ?)。けっこう売れ残っていたなぁ。
・・・ええ、買いましたよ・・・買いましたとも・・・。でも、これ、着れないかも・・・。こんなふうに思っているのは、私だけなのかなぁ。

大分戦に勝って、ちょいとホッとした気持ちで・・・次はナビスコ準決勝の清水戦。2日、6日と続きます。まずはアウエーから。今の清水、なんだか強いなぁ。でも、ここまできたら、国立の決勝戦に進みたい。あの独特の雰囲気。忘れられません。頼むよ、ヨネ!

・・・そういえば。リーグ戦の順位、浦和を抜いたのね・・・(ボソッ)。

<追伸>
⑥ユルネバ妨害調査  最初のほうはご静聴?されていたのですが、途中から太鼓の音が始まり、声を合わせての応援が始まりました。・・・ただ、大分ゴール裏の人数が非常に少なかったため、「妨害」というほどの影響は出なかったように思います。太鼓の音は響いていましたが・・・。

2009年8月25日 (火)

もう、腹くくって待ちます。

鹿島に完敗。これで6戦で勝ち無し。東京、強いねぇ~と言われていた日々が遠い昔のような気がします。

昨日の鹿島戦も自宅でスカパー観戦。最近、アウエーに行くことがめっきり少なくなってしまいました。次のナビスコ準決勝アウエー清水戦は平日だし、小旅行がてら京都へ行こうかなぁと思ったら、アウエー京都戦は鹿児島開催だし・・・。10月の名古屋かなー・・・。
それはともかく。
昨日の鹿島は、さすが試合運びが巧いなぁと思いました。前節神戸に負けた巻き返しもあってか、この試合に向けて2泊3日のミニキャンプをはるほどの周到な準備をして臨んできました。前田さんもトーチュウに書いていましたが、守備が強い。ニクニクシイ伊野波もけっこう効いていて、ますますニクニクシイ。そんな鹿島に前半4分、21分に点を取られてしまって情勢はかなり厳しくなりました。東京の選手もいいときののびのびした雰囲気はまったくなく、鹿島のペースにはまってしまった感じ。

自分はピッチに立てるわけでもないし、監督になれるわけでもないので、とにかくいちSOCIOとして、東京が立ち直ってくれる、強くなるのを信じて応援し続けるのみです。連勝していたときは、東京も強豪チームに!?と色めきたっていましたが、やはりまだ脆いところがあり、鹿島のようにチームもサッカーも熟成するには時間がかかるのかも・・・と思いました。東京、がんばれ!!

<しあいのかんそう>
①課題はわかっているのに。 アタッキングサードまでボールは運べても、そこからの手がうてない。石川は個人技でそこを突破していたけれど。今の東京はそこが深刻な課題になっていることは明白。もちろん監督、選手も誰もが認識しているのですが・・・。
昨日テレビで観ていて気づいたこと。テレビなので、もちろんピッチ全体の動きはわかりません。鹿島の選手が攻撃のとき、あらぬ方向へパスを出して、なんじゃ!?と思うと、そのスペースに鹿島の選手が走りこんできて(テレビだと、枠外から選手が現れるワケです。)パスを受け、東京のDFを翻弄する。ちゃんと約束事の中で、複数の選手が有機的に連携しているのがわかります。それに比べると、東京は足元へのパスが多い。あそこに映っているあの選手にパスを出すだろうなぁ、と先読みできてしまう。もっとトリッキーに走ればいいのに・・・と歯がゆく思うのは私だけでしょうか?ちょっと鹿島にラクをさせてしまった印象。うーん。これはチーム力?個人力?

②決定機をモノにできない。 それでも。東京にも何度かの決定機はありました。そこで点を取れていれば、状況は変わったはず。サッカーに「たられば」は厳禁ですけれど・・・。マルキーニョスの落ち着きぶりを見ると、カボレも自信を持ってプレーしてほしいと願わずにはいられません。巧いのに、焦っちゃっているからうまくいかない。決定機をモノにできないんじゃ、勝つのは難しいです。カボレー。次は頼むよー!

③暗い・・・暗すぎる城福監督! 試合後の監督インタビュー。城福監督、思いっきり暗い。ガックリうなだれ、声も小さくて何を言っているのかわからないくらい。確かに指揮官としてこの状態は深刻な苦悩をもたらすものだし、明るく振舞えとは言えません・・・。でも、監督には堂々と、何事にも動じないくらい強く、冷静でいてほしい、と思ってしまいます・・・チョッピリ。とても真面目で熱い監督だから、うまくいかないとその反動が出てしまうのかもしれません。そこは人間臭くて、いいところとも言えるのですけれど。
この不調の前は絶好調期もあったわけだし、監督も選手も力はあるのですから、自信をもって次の勝負に挑んでほしいと思います。とにかく早く1勝!ナビスコも獲りにいかなくちゃ!

連敗すると、ついつい書くことも暗くなってしまいます。
東京はいいチームだし、いい選手が揃っていると思う。ただ、まだ細い・・・脆い部分があるのも事実。あまり精神論を語るのもいかがなものかとは思いますが、少し強引なくらい「強い」気持ちを持つことも大事だと思います。「オレがオレが」があってもいいんじゃないかなぁ。

次節、大分戦。味スタ行くぞぉおおぉおお~!

○金沢、磐田へ完全移籍○

驚きました・・・。出場機会のあるチームへ請われて行くのはプロの選手としては当然です。でも、金沢は若手も含めてチームの面倒をよくみていたし、こういうどっしりとした存在がいなくなってしまうのは、東京にとっては大きな損失。正直、悲しいです。
ずっと前に、シリーズのTVCMを制作することになって、その登場人物の名前にこっそり「浄」を入れてみました。すると、監督も含めてスタッフみんなが「きよし」と読んでいて、いえ、「ジョー」と読むんです、とも言えず、ションボリしたことがありました・・・・・・。
金沢、磐田でもがんばれ!!

吉本はレンタル移籍。大きくなって帰ってくるんだぞー。

2009年8月20日 (木)

入らない、勝てない・・・苦難の夏。

シュート数は山形の2倍だったのに・・・決定機もあったのに・・・負けてしまいました。ハア。

午後に成田空港に到着。夕方には自宅に戻っていました。万全の態勢でスカパー観戦に臨むはずだったのが・・・。約14時間の機中では、隣席の子供が騒ぎ放題でほとんど眠れず、空港から新宿までのリムジンバスの中では、周りの外人の集団がしゃべりっぱなしで、これまたほとんど眠れず、かなりの頭痛でフラフラ状態でした。あぁ、昔から「席運」が悪いんだよなぁー。何でだろ・・・(泣)。
自宅に転がり込んで、荷解きもせずにそのまま爆睡。ふと気づくと、夜7時5分過ぎ。危なかったぁああぁああ~sweat01。寝過ごすところだった・・・。夏になってから4戦勝ち無し。ここで勝って、次節の鹿島戦に弾みをつけたい。そういえば、6月の連勝の始まりは、山形戦の勝利からです。今回もそうなるといいなぁ。

石川は今節もお休み。ブルーノ、梶山、長友が復帰して、ちょんまげモニはベンチスタート。出張がなかったら、山形行きたかったなぁ。前半は東京が優位で、なかなかいい流れだったと思います。(まったくもって、負けるとは思いませんでした。)
ただ、後半は山形も積極的に押してきて、もしかしたら中2日と中3日の違いが出たかなぁ、という印象。このままドローかと思われましたが、85分の土壇場で長谷川に決められて・・・敗戦。あぁ、クヤシイ。現地観戦の方々、お疲れ様でした。美味いものを食べて帰ってきてください。

<しあいのかんそう>
①不運?ミス? ゴール前、金沢のクリアがいい感じに相手選手の足元に入り、簡単にあげられ、長谷川がどんぴしゃりと合わせて、ゴール。金沢のクリアを「仕方ない不運」とするか、「取り返しのつかないミス」とするかは、個人個人で見解が異なるでしょう。あの場面で悲鳴をあげた私としては・・・責めることはできないけれど、プロとしては不注意だったのではないかと思います。相手選手(名前、わかりません。)、ドフリーだったもんなぁ。一つのプレーが勝敗を分けて決めてしまう・・・サッカーはオソロシイ・・・90分気が抜けない厳しいスポーツだなぁ。そういえば、あちこちのブログや掲示板で草民への批判が見られました。前節も今節もミスが多い、流れを悪くする、とのこと。確かに今日のプレーが良かったとは思えませんが、権田しかり、育てるにはガマンして実戦で使っていくことも必要です。でも今の東京にそんな余裕がないのも事実だし・・・難しいところです。うーん。

②最後のプレーにアイデアを。 ゴール前までボールをつなげても、そこからの攻撃が単調。まぁ、決定機を決められないFW陣にちょっとイラッとしてしまいますが、もっと自由に積極的にガツガツいってもいいんじゃないかなぁ・・・と感じてしまいます。きれいにボールをつなぐことが目的じゃないはず。ゴール前でいくらボールをつないでも、全然相手に脅威を与えていない印象。「石川待ち」なんて言われないように、ピッチに立つ選手は「オレが点を決めるんじゃぁあああぁ~!」という強い姿勢を見せてほしいです。

③うるさいの、誰?? スカパーで観戦していたら、めちゃくちゃ怖い野次を飛ばしているオッサンがいたのですが・・・あれって、山形の小林監督!?「マイボール、マイボールやろっ!」「どこ見てんのやぁああぁっ!」・・・・・・・ちょっと怖かったのですが・・・。いえ、別に文句はありません。どこの監督もそんな感じだろうし。それよりも、スタジアムコメンテーター(っていうの?)の女性が激情型&劇場型の物言いで、怖かったです・・・。ブルブル。

次節は鹿島戦・・・。強いところにきっちり勝つ。そこが東京の魅力なので(・・・昔の話!?)、5戦無勝を悲観せずに、期待しながら週末を待とうっと。

あー、試合後も爆睡しちゃったから、こんな時間なのに全然眠くないです・・・。どうしよう。

2009年8月17日 (月)

念、届かず・・・@異国の地より。

スコアレス・ドローですか・・・。ホームゲームの横浜マリノス戦。

8月6日から海外ロケ撮影に出ています。約2週間で2カ国、ヨーロッパ、アメリカでの撮影。撮影自体はもうほぼ終了しており、19日に帰国します。今回初めて、ヨーロッパ~アメリカと渡ってきましたが・・・もう時差でめちゃくちゃです。アメリカに来てから、夜中に必ず目が覚めてしまい(今は夜中の4時すぎです。)、日中ちょっとフラフラする瞬間があります。
日本に戻ってからも、しばらくは変なリズムの生活になってしまうのかなぁ・・・(汗)。

それはともかく。
今年初めて欠席になってしまったホームゲーム、横浜マリノス戦。数日前にネットで石川のケガを知りました。重大な状況ではないようなので、きっちり治して、また点をバンバン取ってほしいです。しかし・・・石川、梶山、長友、ブルーノが抜けて、替わりに、草民、椋原、金沢・・・・・・・・・えっ・・・モ、モ、モニーーー!!!で、出たー!いったい何試合ぶりのスタメン出場でしょうか。うおおぉぉー。観たいー(涙)。

撮影の休憩時間に戦況をチェックしていましたが、前半は苦戦しているもよう・・・。モニは大丈夫かなぁ・・・ネタ的ヘマをしませんように・・・。

試合内容はほとんどわかりませんが、結果はスコアレス・ドロー。主力4人が抜けたことを考えれば仕方ないのかもしれません・・・でも、ここ4試合勝ち無し。ううーん。勝ち点3を積み上げて上位に迫りたいところで、この足踏みはちょっとイタイ。主力4人抜けても、今日のメンバーだったら、勝てると思うのですが。クヤシイ・・・。勝ち点1でも「ヨシ」なのだろうか・・・ハア・・・。

19日に成田空港に着きますが、山形戦キックオフまでには自宅に戻れそうです。スカパーで観戦だぁー!・・・・・・・・どうか、時差ボケで眠くなりませんように・・・。

そういえば、ENEOSが胸スポンサーを降りるとのウワサ。本当なのでしょうか。あぁ、このご時勢、こんな話ばかりでションボリです。うまく次のスポンサーが決まるといいのですが・・・。

・・・そういえば・・・ドロンパクッション、欲しかったなぁ。

2009年8月 4日 (火)

はうっ・・・負けましたか・・・。残念!

あー。逆転負けしてしまいましたか・・・。

川崎に勝って、一気に上位陣へ!と鼻息も荒かったのですが、ロスタイムに失点して逆転負け。クヤシイ・・・。

川崎戦はロケ撮影のために、観戦に行けませんでした。クラシコ・カードとか、不公平グッズとか欲しかったなぁ。で、スカパーの予約録画をセッティングしてでかけたのですが、帰宅してみると・・・えーっ!録画されていない!
あのー、スカパーの録画って、かなりの確率で失敗するのですが、通常はそんなことないのでしょうか・・・ウチだけでしょうか・・・。うーん・・・。ということで、試合の状況はトーチュウとテレビのスポーツニュースで知りました。

<みてないのに、しあいのかんそう>
○石川ゴール! 石川のシュートが決まったのは非常にウレシイです。そこまでの流れも素晴らしい。点を取ることが、プレッシャーにならないといいなぁーと心配していたのですが、本人はプレッシャーに押しつぶされることなく、積極的にプレーしているようです。
しかし、本当に石川ブームだなー。石川選手を広告に起用したいんだけど・・・という社内からのメールも届きます。まぁ、私に問い合わされても、石川選手のマネージメントをやっているワケじゃないので、困ってしまいますが・・・。どこ行っても「石川、石川」です。
でも、石川がいいプレーをしても、チームが負けちゃいけません。次節に期待。

この夏はバタバタしていて、なかなか落ち着いてスタジアム観戦ができません・・・。次節の横浜戦も・・・!?

長友が、虫垂炎の手術をしました。3日に手術で・・・ええっ!?退院が4日!?普通は1週間は入院するのでは・・・?うーむ。さすがゴ○ラ。
まさか、横浜戦には出られないだろうし、ブルーノは帰国してしまうし、オイオイ、大丈夫!?東京!?

2009年8月 1日 (土)

久々の敗戦。でも・・・ベスト4!

まずは、名古屋とのナビスコ準々決勝戦を勝ち進み、ベスト4おめでとう!です。

水曜日開催の名古屋とのアウエー第2戦は、現地へ行くことも、テレビで観ることもできず、翌日のトーチュウで様子を知るのみでした。サミシイ・・・。
試合前に、ケータイでスタメンを知りましたが、
むおぉぉっ!塩田、復活!!
椋原、達也、草民、赤嶺が先発!
これは、見たい!見たいぞぉ!
ケータイの速報で試合経過をチェックしていましたが、後半0-2。東京は無得点&2失点。まぁ、先にホームで5-1で勝っているので、余程のことが無い限り、ベスト4進出を逃すことはないだろうとは思っていましたが・・・ちょっとドキドキ。
最後に、後半交替で入った石川、平山で1点返したのは非常に良かった。無得点で試合を終えるより、たとえ負けても点を取って試合を終えるほうが、次につながる感じがします。
トーチュウの前田さんリポートによると、メンバーが5人代わっても、いつもと同じサッカーができていたとのこと。頼もしい。

さあ、今日は川崎戦です。勝ちたいなー。
・・・と言う私は、ロケ撮影に出るので、残念ながら試合は観れません。スカパー録画して、帰宅後に観ようっと。
情報を遮断しなくては!・・・って、ガマンできないだろうなぁー。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31