« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

面白い東京を見た!

20080816_009 いやー。一時はどうなることかと思いましたが、勝ちました!

9月最後のリーグ戦、東京vs磐田。後半ロスタイムの逆転劇に味スタは大興奮。楽しかったー。一週間の心の疲れを癒し、新しい一週間へ向かう気持ちをくれます。・・・こんなふうに勝ったときは特に、ですけど。
しかし、石川と鈴木が一緒に出ると、時々どっちがどっちだかわからなくなるんだよなぁ。髪型だけじゃなくて、背格好も似ています(写真参照)。走り方は若干違うけど。・・・それにしても、今チャン、勝ったんだから笑ってー。・・・コワイよぉ。

<しあいのかんそう>
①面白いフォーメーションの展開。 石川の先取点に沸き立つ味スタのコーフンさめやらぬうちに、すぐに失点。権田がボールをこぼして、前田に入れられた。権田ぁーせめて弾いてくれよぅーとウジウジしていると・・・今度はセットプレーでイに決められ、逆転されてしまいました・・・うぐっ。どーすんのどーすんの、城福監督ぅー。とヤキモキしていたら、羽生、石川、鈴木に替えて、赤嶺、中村、椋原が投入された。これはどういうことかと思ったら、ここからは面白い東京サッカーが展開されていくのでした。
まず、長友がSHに上がり、俄然攻撃的に。さらに3バック&今チャンがトップ下に入り、得点の匂いがプンプン。見ていてとても面白かったなぁ。そして赤嶺の決勝点で劇的な逆転勝ちとなりました。久々にスカッとしたー。

②権田のミス&ナイス。 1失点目は・・・ありゃダメでしょう。ポロリと落としたボールは敵味方入り乱れる中へ。前田に決められてしまいました。でも、その後、前田との1対1のシュートをナイスセーブ。権田、やるなぁ。ちゃんとミスを挽回しました。あれ、絶対に決められると覚悟しました。あぁー、寿命が縮まった・・・。権田、素晴らしい!

③石川、狙えー。得点王。 とうとう、平常心&控えめな石川から「狙う」とのコメントが。現在、得点ランキング1位は同期の前田。1点差で2位が石川。そりゃあ、自分より上がジュニーニョとかレアンドロとかだったら、「挑戦する」という気持ちだと思いますが、前田には負けられないでしょう!前田だってそう思っていると思うし、この二人の対決はなかなか面白いです。石川には得点王になって、ぜひともワールドカップに行ってほしいなぁ。

20080816_001 ④かめひよ&ドロンパ。 もうね、このもしもしホットラインのキャラクター、かめひよが好きなワケですよ。いいかげんな作りのボディーに緩慢な動きがたまりません。俊敏なドロンパとは大違いでウケます。・・・でも、ドロンパは無垢でいいヤツに間違いはありませんが、かめひよは・・・絶対に邪悪です。コワイと思います。

⑤金沢、あいさつに来る。 試合前、金沢が東京の観客席へあいさつにやってきました。シーズン途中の急な移籍で、ファンに何も伝えられなかったからでしょう。ただ手を振るだけでしたが、東京ファンからは大きな拍手が。スタメンで起用された金沢はけっこういいプレーをしていました。お互いちょっとやりにくかったりするのかな・・・。金沢は東京の若いもんの面倒をちゃんとみていたもんなぁー。頑張れ!金沢!

⑥ユルネバ妨害調査。 ユルネバを妨害する意思なのか、はたまたユルネバなんか関係ない、応援しよーぜという無視なのか、ほぼ最初からしっかり応援していました。まぁ、あんまり気にはなりませんでしたが、少しは大人しくしてほしいなーゴルアannoy。しかたないけど。

鹿島が3連敗、2位清水との勝ち点差がとうとう「1」になり、リーグ戦も面白くなってきました・・・って、ホントはそこに絡みたかったんだけど。ハァ。
しかし、清水がもう、絶好調。そんな清水に、今年の東京は3勝1引き分け。強いぞ!東京! ウフフ、勝つと浮かれちゃうなぁー。
さて、次節はアウエー名古屋戦。このイキオイでいきましょう!名古屋はACLでヘトヘトのはず。しっかり勝って上位を狙うのだー・・・あぁ、勝ち点40行くと、ちょっと余裕が持てるなぁ。

勝ってよかった・・・。

2009年9月22日 (火)

引き分けでチュー!!

20080816_004 試合後のコンコースで、余った子供配布用のピカチューサンバイザーを大人にも手渡していたので、すかさず1ついただきました。
しょっぱい試合の後で、癒される・・・ピカチューの微笑み。
「大丈夫だよ・・・次は勝つよ・・・ぴかちゅー!」
・・・あれ?ピカチューってしゃべれるんだっけ・・・?

ともかく。カボレの次は平山の不在。厳しい試合になるだろうとは予想していましたが、控えのFWもいない(城福監督は近藤をはずしましたね。)、大竹もいない・・・こんな状態の中でガンバと引き分けたのは、「よくやった」なのか?どーなのか?

<しあいのかんそう>
①驚愕!鈴木のハンド。  前半のあの鈴木のハンドはびっくりしましたー。腕のそばにボールが飛んできて、つい、みたいなものはいくらでも見たことあるけど、手をボールのほうへあからさまに伸ばして触るのを見たことはあんまりありません・・・。そしてイエローカード1枚。もったいないでチュー。シュートも入れてほしかったでチュー。

②動けない後半。 後半、動けなかったなぁー東京。前半とばし過ぎ?せっかくのカウンターチャンスなのに、走ってくる味方がいないから、結局相手がみんな戻ってきちゃって打つ手がなくなる・・・パスしようにも誰もいない・・・なんていうシーンが多かったです。前の席のお爺ちゃん、イライラしちゃって、あれは血圧あがってたなぁ・・・。危ないでチュー。

③レフェリーに疑問。  レフェリーの判定に関してアレコレ言わないようにしたいのですが、よくわからないジャッジだったでチュー。あれがファールじゃなくて、これがファール!?はあー興ざめ。もう一度勉強するでチュー。

④惜しい、石川! この試合でのシュートはなかなか枠に行かなかったな・・・もどかしい。まぁ、今のアグレッシブさでいけば、大丈夫だと思います。ぜひとも得点王に! ちょっと思うのは、石川がCKを蹴っているけれど、FKやCKを蹴る正確なキッカーが欲しいなぁ・・・と。やっぱり石川じゃないよなぁー。うーん。

⑤権田・今チャンの1点。 勝ち点1は、権田と今チャンがもぎ取った1点。権田のナイスセーブと今チャンの鬼ディフェンスで、相手にゴールを割らせなかったことによる1点。負けなかった1点。権田は本当に成長しました。塩田が復帰しても、正GKの座をゆずらないほどになるなんて、誰も想像できなかったもん。スゴイ。

20080816_003 ⑥ブラジルフェスタ。 ブルーノ&ルーカスのためのブラジルフェスタ。DJもブラジル語。おきまりのサンバ隊。以前はサンバ隊も大人数で演奏も派手、試合中もずっとサンバのリズムが鳴り響いて(これは賛否両論あったけれど)、盛り上がったんだけど、年々規模が縮小されてちょっとサビシイ。そういえば、サンバ隊のお姉さんの中で、黄色の方が話題になっていました。まぁ、遠めから見ても、「ぽっちゃり」なのがすぐわかりましたが、私はとても好感がもてました。だって、とても堂々としていたし、楽しそうに踊っていたからです。そういうのはカッコいいと思います!
ブラジルフェスタのTシャツはけっこう売れていたようです。BEAMSデザイン。「FC TOKYO」のロゴのレイアウトがイマイチだと思いましたが、ほら~!やっぱりデザインがいいと売れるのでチュー!カボレの件で無理だったのだと思いますが、ブラジル選手の似顔絵Tシャツも見たかったなぁ。

⑦ユルネバ妨害調査。 ピーピーと口笛は聞こえてきましたが、基本的にご静聴いただきました。昔の分裂応援もすっかりなくなったし、ガンバのゴール裏、雰囲気良くなったのかなー。

今節の引き分けで、順位もじりじりと落ちています。9位。この後、磐田、名古屋、柏、清水、浦和、千葉、神戸、新潟・・・。どこに勝てるか、何点積み上げられるか、なんて真剣に考える自分が情けないです。とにかく、次節の磐田戦。ここは勝たないと・・・いろいろヤバイです。

そういえば、ヨシカツがいないんだ・・・。サミシイ。

2009年9月14日 (月)

誰かがいないから・・・は関係ない?関係ある?

あー。負けました・・・。京都戦@鹿児島。
現地に行かれたファンのみなさん、お疲れさまでした。

カボレ不在でどうなることかと、ハラハラしながらのスカパー観戦。さぁ、どんなもんかな・・・と見始めたとたん、開始0分で失点。目が点。東京の選手も全然動けなくて、ハア?みたいな失点。もぉ、情けないぞぉ。
後半、平山-赤嶺コンビに業を煮やした城福監督は、赤嶺と鈴木を交替。梶山の脅威の粘りから生まれた石川の得点で同点にするも、終了間際に失点し、万事休す(じゃないか・・・バーレーンvsサウジアラビア戦みたいなこともあるもんなぁ。ロスタイムだって何が起こるかわかりません。)。
はあぁああぁああああ。この試合は勝ちたかったー。やっぱりカボレがいなくちゃなぁーっていう気持ちになってしまうからです。前めに外人がいない、これはやっぱりキツイのではないでしょうか。川崎なんて、ジュニーニョ、レナチーニョ、鄭大世の3トップ。鹿島はマルキーニョスとダニーロ・・・。まぁ、他のチームはともかく、東京フロントの善処を待つのみです。

<しあいのかんそう>
①押していたのに、負け!? 前半の入りはダメダメだった東京も徐々に盛り返し、後半は押せ押せに。石川のシュートが決まり、早く追加点を・・・との願いも虚しく、逆にゴールを決められての敗戦。こういうゲームを落とすと、痛い。ナビスコ勝ち上がりで緊張の糸が切れたのか、疲れが出ているのか・・・城福監督じゃないけれど、それは言い訳にならんわなぁ・・・。しかし。開始早々と終了間際に決められるのって、嫌なものです。

②石川、得点ランキング首位。 12得点で首位。首位は4人でそのうち3人が日本人。そして、そのうち2人が日本代表。岡田日本代表監督は、石川を召集するでしょうか?石川の気持ちを考えれば、日本代表に返り咲いてほしい。心からそう思います。代表ユニを着た石川を見たら、泣くかもしれません。・・・でも、岡田監督は石川を召集しないんじゃないか・・・そう思えてなりません。誰もがその力を認めるプレイヤーが、世の中の期待に反して選出されなかったことが何度もあります。監督の求めるサッカーに合わない、という理由で。それは真っ当な理由なのかもしれないけれど、大怪我をして泥沼から這い上がってきた選手にチャンスをあげてほしいと願わずにはいられません。
岡田監督ぅーーー頼むよぉーーー。

③派手な男。 何だ!?この派手な男は?と思ったら、増嶋でした!忘れてた・・・。梶山や平山と接触して痛んでました。がんばってね、まっすう。

④暗い、暗すぎるよぉ。 試合後のインタビューに答える城福監督。またもや、めちゃくちゃ暗い。人間の一番暗い顔を見たければ、負け試合の後の城福監督の顔を見ろ、ってくらい、暗い。とにかく、暗くてもいいので、顔だけはあげてほしいです。
まぁ、マラドーナの厚顔無恥な感じも嫌だけどさ。

ナビスコカップ決勝戦だぁー!SOCIO分はあるけど、チケット争奪戦だー!と浮かれ盛り上がった気分も、ちょっと冷やされました。リーグ戦は、残り9試合。気を引き締めていかなくちゃいけません。
次節は、平山不在のガンバ戦。痺れます。

・・・あー。浦和に抜かされた・・・クソッ!

2009年9月 8日 (火)

あの満員の国立へ。再び。

20080816_002 東京、良かった!

勝つと思われた試合を追いつかれた第1戦。そして、フクザツな心理状態で臨んだナビスコカップ準決勝第2戦。清水ゴール裏も大勢のファンで埋め尽くされ、もう、緊張するやらコーフンするやら・・・いやいや、ここは平常心で・・・とにかく勝ってくれー。

東京は、とてもアグレッシブだったし、落ち着いていたと思う。第1戦をああいうカタチで終わったのが、逆に良かったのかもしれない。東京って・・・なんか、優勢に立つと急に硬くなるという変な習性がありますから。そういえば、2004年のナビスコカップ準決勝、ヴェルディ戦も前半3-0で勝っていたのに、後半ビックリ、追いつかれたことがありました。あの時のルーカスは、めちゃくちゃ怒っていて怖かった・・・。そのルーカスが延長戦でVゴールを決めたんだよなぁ・・・なつかしいのぅ。東京の敵は「慢心」です。

祝!ナビスコカップ決勝戦進出!わーい!やったぁー。うれしいなぁ。本当に心の底からウレシイです。満員の国立競技場。そして、相手は川崎・・・・・川崎・・・今年2敗sad。むぅ。しかもカボレはカタールへ・・・と、ネガっていてもしかたありません。国立で優勝カップを掲げる東京の選手たちが見たいので、勝つことだけを考えていようっと。

<しあいのかんそう>
20080816_018 ①大人になったなぁ・・・平山。 ホームシックで?オランダから舞い戻ってきた時の平山と比べると、精神的にも成長したし、顔つきも精悍になって、大人になったなぁ・・・シミジミという感じです。練習も熱心にやっているとのこと、この先が本当に楽しみです。いや、正直に言うと、東京に入った頃の平山には「甘えてるんじゃないよ、ヴォケ!」って思ったもん。チヤホヤされすぎていたのかもしれません。いい点の取り方をしたし、ワタシ的にはMOMです。

②次々DF投入! 後半の交替。平山→佐原。石川→平松。佐原も平松も久々の登場です。燃えたー。どういう布陣になったのか、もうよくわからないくらいDFばっかり。
心配だったのは、後半、1点を守るためのひきまくり「しのぎ」サッカーになること。まぁ、確かに清水のボールが回り始めて、東京が必死に対応に追われる時間帯もありました。城福監督が、あがれあがれー!と指示しまくっていて、ちょっとドキドキしました・・・。そういう消極的な状態の時は、必ずやられるからなぁ・・・(泣)。でも東京は落ち着いていました。というか、絶対に勝つ!という気持ちが現れていて、清々しかったです。米本のがむしゃらに向かっていく姿勢、あのクールな梶山でさえ汗かきまくりでめちゃくちゃ必死。
いい東京を観ました。またいい流れが来ているんじゃないかなー。

③ドロンパ&パルちゃんマフラー。 最近、グッズを買う人が減ったのでしょうか・・・。パルちゃんファンの私は、コラボタオルマフラーを入手するために、開門前に味スタへ向かったのですが、あっさり味スタ横のユーロスポーツで買えました。早く来てソンしたなぁ・・・。先週の鬼太郎&ドロンパTシャツは、アレでしたけれど、このパルちゃんとのマフラーは大人気だと思っていたのに。けっこう売れ残っていました・・・。ううーん。まぁ、男子は買わないわな。

④食い過ぎ。 コーンタコス2個、やきそば1個。はっきり言って、試合前に食べすぎました。同じ食べ過ぎるなら、フードコートへ行けば良かった・・・。

⑤ユルネバ妨害調査。 あのサンバのリズムのチャカポコチャカポコが始まり、むむむと思っていたら、声を合わせての応援も。ユルネバを妨害するぞ!という悪意はあまり感じられませんでしたが、一応、妨害ということで。よろしいでしょうか?

⑥「ほんっきで、川崎応援する! 」 試合後、駅までの道の途中で、清水ファンの男子が吐き捨てるようにつぶやいていました。よっぽど悔しかったのでしょう。それは、わかります。でも、女子と一緒の時にそんなこと言ったら嫌われるよ・・・と思ったら、一人観戦男子でした。(隣にいた女子は関係なかった。) クヤシイ気持ちいっぱいでも、負けた相手にこそ、この先勝ってほしい、と願うのがイキな男子ってもんですよ。私は、そういう男子が好きだ!・・・ってどーでもいいですね、スミマセン。

さて・・・。ナビスコカップ決勝戦へ進めるというのに、東京ファンの心は晴れやかではありません。
「カボレ、カタールへ。」
せっかく、平山と息が合ってきたのに。これからたくさん点を取って活躍してほしいのに。
なんだか、Jリーグの外人たちが石油マネーで買われていくことが多くなりました。(日本の選手じゃないんだよなぁ。)それもシーズンの途中に。
カボレが移籍する時に受け取る金額、5億円。このお金で新たな補強をしようというのでしょうか。フロントはどういう腹積もりなのか・・・。
まだ、正式に決まったワケではありませんが、カボレはこの時期に、交渉やメディカルチェックでカタールへ行ってしまうし、ほぼ本決まりでしょう。

・・・ブラジルフェスタだってあるのに・・・。

2009年9月 3日 (木)

ヨネーーーーーっ!・・・がせっかくゴール決めたのに。

ナビスコ準決勝第1戦。vs清水。アウエーで2-2なら、決して悪い結果ではありません。

・・・なのに、このモヤモヤした気持ち。東京リードの2-1で迎えた後半早々に、清水の岩下選手が退場して、誰もが勝ちを確信・・・してないんだな、これが。東京にはなぜか「相手10人の呪縛」のようなものがあって、相手に退場者が出るととたんに動きがチグハグになり、数的有利を全然活かせない。っていうか、数的不利?
昨日も、相手が10人になった時、いやーーーな気持ちになった東京ファンは多数だったと思われます。ああーな ん で な のーーー。まぁ、結果を見れば負けなかったわけだし、アウエーで2点取れているわけだし、悲観することは全然ないかもしれないけれど・・・スッキリしないこの思い。6日はきっちり勝って、国立に行きたいです。

<しあいのかんそう>
①米本、またもやミドル弾決める。 もう、こうなったら、ミドルシュートをバンバン打ちまくってほしいです。米本はシュートが下手だなぁ・・・とずっと思っていましたが、2試合連続してゴールを決めたのを見てしまうと、次も期待せずにはいられません。なんだか、このルーキーは、いきなりチームの主役になっています。スゴイ。

②カボレの力を見た! カボレって足元が巧いのかどうなのか、イマイチよくわかりませんでしたが、やっぱり巧いです。このまま調子をあげていってほしいなぁ。Kリーグ得点王の力を!

③近藤?赤嶺? 交替は、赤嶺でも良かったような気がします。近藤のことを批判したくないし、ツライのですが・・・やはり今、J1で通用するFWなのかと疑問に思ってしまいます。何が彼の強みなんだろう?小平の練習ではいい動きをするという話を聞いているし、期待はしているのですが・・・。なかなかブレイクしない・・・。うーーーん。

④とにかく、10人に強くなってー。 ・・・もう、相手10人に弱い東京はイヤです・・・クスンクスン。10人になった清水のほうが、あきらかにいい動きしていました。ハァ。

ともかく!泣いても笑っても、次で国立行きが決まります!
昨日の試合に関しては、モヤモヤした気持ちが残りますが、もしかしたら、下手に勝ってしまうより、この緊張感があるほうが東京にとってはいいかもしれません!ギリギリの状況のほうが、いいサッカーをするチームですから。

パルちゃん、味スタ来ないかなー。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31