« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月28日 (金)

今度は0-1で負けました。

ナビスコ予選、仙台戦。

平日夜の、アウエーはなかなか行けません。しかもちょっと最近仕事でバタバタしています。テレビ観戦もできず、頼りは携帯の速報のみです。
おおっ・・・早い時間帯での失点。大丈夫なのかっ!?
何度も送られてくる速報はそのまま1点差で、試合終了。トホホ。負けちゃったか。

次の日のトーチュウでは、何だかチームがバラバラだとか書いてあるし、心配だなぁ。まぁ、一試合一試合の勝ち負けに一喜一憂していても仕方ないとは思いつつ、今ひとつ「強い!」という域に達せられない東京に歯がゆい思いです。

二試合連続で観戦できず、さらに今週末は試合無し。ううっ、観たいぞ、東京の試合。

6月6日の京都戦が待ち遠しいです。頼むよ、梶山っ!

2010年5月25日 (火)

大竹くんの劇的一発!

あれあれ?今年も獲っちゃいますかーナビスコ!

とか言いつつ、土曜日のナビスコ予選、東京vs新潟は仕事で観にいくことができませんでした・・・。駒沢行きたかったなぁ。

youtubeでいくつか動画があがっていたので、何となくの様子はわかりました。ロスタイムの大竹くんの一発。最近、試合に出られず悩んでいたらしいので、本当に良かったなぁと思います。ここからだよね。がんばれー。

さて。夕べの日本vs韓国も仕事で観ることができませんでしたが・・・どうしたことか、あまり日本代表には興味が持てなくなってしまいました。長友と今チャンが出場したというのに。0-2で負けたと聞いて、まぁ、そういうことかなぁーと冷めた気持ちでいる自分が悲しいです。試合後、岡田監督は「進退伺い」を申し入れたらしいけれど、こんなW杯直前になって、自分でメンバーも決めておきながら、ハア?何言ってんだか?という感じです。そんならもっと早く言えばいいのに。

W杯が間近になって、こんなに盛り上がりの薄い日本。サッカー、Jリーグ、どうなっちゃうのでしょうか。

2010年5月16日 (日)

盛り上がったぞぉー!

まぁ、結局は2-2の引き分けだったんですけど。

でも、首位清水に後半40分過ぎてから2点差をドローに持ち込めたのは、中断前のいい終わり方だったと思います。まぁ、首位といっても、清水がそんなに強かったかというとそんな印象もなく、勝てたかもしれないなぁ・・・というクヤシイ気持ちもありますが。・・・そーだなー・・・中盤に巧い外人1人いたら勝てたよなぁーなどと言ってはいけませんね。

でも。味の素スタジアムは大盛り上がりで、あれこそがホームゲームの醍醐味です。普段はおとなしく観ているメインスタンドも声が出ていました。楽しかった!

<しあいのかんそう>
①びっくり長友弾。 本人も言ってますが、まぁ、「マグレ」弾だとは思います・・・が!すごかったなぁ。いいところに決まりました。しかもあの一発ですっかりイケイケムードに。誰もが同点、逆点を期待したはずです。W杯後の海外移籍がほぼ確定の長友。ラストゲームに素晴らしい置き土産。W杯でも海外でがんばれー!まぁ、本音はもう少し東京でプレーしてほしいけど。レンタル移籍だし、また戻ってくるから・・・いっか。

②ぶっとび松下弾。 おぉう、入っちゃったなぁー!GKが止めるか・・・と思ったらその手をかわしてネットへ。そのあと、松下が胸の東京エンブレムを叩いていたのが嬉しかったです。

③そして平山、赤嶺。 平山も、赤嶺もううーん、なかなかゴールを決められない。赤嶺のあのヘッド・・・誰もいなかったやん・・・あれは決めないとなぁー。平山も・・・ハア。でも相手の脅威になっているのは事実。ダメダメだったとは思えません。点よ、点。とにかく一点が取れれば・・・。本人が一番わかっていることだと思いますが。

④厳しい今チャン。 負けを覚悟した時間帯に2点。まるで勝ったかのようなスタジアムの雰囲気に・・・やっぱり厳しい今チャン。勝てなかったことに反省しきり。城福監督は考えを変えないと思いますが、今チャンにはボランチやってほしいなぁ・・・とあらためて思いました。W杯応援しています。

⑤・・・永井・・・。 どうでもいいけど、あのちょんまげヤメレ。

⑥トーマスのタオルマフラー。 今年は高校生以下限定配布だったのね。もらえないからなんだってことはないですけど、全員に配布すればいいのに。マフラー自体、一種の「広告」なのだから、たくさん蒔いたほうが効果あるのに・・・。いえ、もらえなかったからクヤシイわけではないですけどね・・・ブツブツ。

来週のナビスコ予選は、残念ながら仕事で行けません・・・シクシク。長友、今野、石川、徳永のいない布陣での試合。それはそれで面白そうなのにー!!

駒沢なのにー!

<MT車通信>
順調に乗っております。6速まであるのに、街中ではほとんど3速走行です。時々4速です。走りが楽しい車なのに・・・・・・・・パワーの持ち腐れです。ごめんね、車・・・。でも加速感はスゴイです。

2010年5月11日 (火)

久々の快勝・・・のあとで、複雑な思い。

日曜日の山形戦。

しっかりと攻めて守って、3-0の完勝。久しぶりの笑顔を見せる選手たち・・・良かったなぁ、やっぱり勝たなくちゃなぁ・・・といい気分でいたのですが。
W杯のメンバー発表が月曜日にありました。FC東京からは、今野、長友の名前が呼ばれ、徳永、平山、そして・・・石川は選出されませんでした。はぁ・・・切ない。徳永、平山は次があるし、とにかく石川には今回、南アフリカに行って欲しかったので、正直、ショックでした。何でだよう、今チャンがいるんだから阿部はいらないじゃんよう、石川を選んでくれればいいのによう、どういうことなんだよう・・・うわぁあぁあああん。と心の中で叫びまくってました。

本当に、クヤシイです。

今チャン、長友、おめでとう。世界の舞台で思い切りプレーしてきてほしいです。

<しあいのかんそう>
① みんな最後まで良く頑張った。
② 重松、羽生、今チャン、ナイスシュート!
③ 平山も・・・惜しいんだけどねぇ。ポストプレーはすごいと思います。

日曜日の夜はあんなにウホウホ状態だったのに、今日は代表ショックでシオシオです。石川が自身のブログでコメントしていました。ちゃんと「自分はW杯を目標にしてきた」こと・・・そして選出された選手たちを激励し、自分には悔いはないこと。青赤のユニフォームを着て闘える喜びを感じていること・・・。

石川は素晴らしいです。

何と言うか・・・胸が熱くなりました。

がんばれ!

2010年5月 6日 (木)

点取れなくちゃ、そりゃ勝てないよね。

シュート数15本。仙台は4本。

打てども、まったく点は入らない。平山を一方的に責めるワケではないですが、前半のアレをはずしちゃいけません。しかし。東京のシュートはボテボテか大ふかし。攻撃をシュートで終えるのはいいのですが、まったく点が取れる感じじゃありません。恐ろしいくらいに。
この先、どうなることにゃら・・・。

<しあいのかんそう>
①狭いところをまわしにまわすパスサッカー。 それでいいんでしたっけ?それが東京の目指しているサッカーなんでしたっけ・・・?もう相手のゴール前まで迫っているのに、ちょこちょこボールをつないで、そうこうしているうちに奪われてカウンターを食らう・・・。同じシーンを何度も繰り返し見ているような気持ちになります。まわりになんでもかんでも「シュート!シュート!」と叫ぶオヤジがいて、いや、今の体勢じゃいくらなんでも無理でしょう、と反論したくなるときもありますが、オレが行く!とグイグイ前へ突き進んでいく・・・ピッチにいる選手の間に、そんな重松みたいな姿勢があまり見られなかったのは残念です。あと、もっと足元じゃなくてスペースにボールを出せとか、そのためにはもっと動かなくちゃあかんとか、もっと大きく展開しろとか、言いたいことはいろいろありますが、城福監督、今日までの試合で明らかになった課題を、次の試合では修正してくるかなー・・・というのが一番気がかりです。

②ナビスコ優勝の次の年。  ナビスコに優勝してしまうと、気がゆるむのでしょうか。このチームは強いと、ちょっとだけ過信してしまうのでしょうか。2004年にナビスコカップを優勝した次の年も、ケリー切って、ダニーロが来て・・・何と言うか・・・大変なことになったよなぁ・・・(遠い目)。リカルジーニョやキムヨングンがどうの、ということではないのですが、何か、何か違うようなしっくりしないこの感じはなんなのでしょう。

③平山・・・ヤバイヨ・・・。  あぁ、今日も決定的なのをはずしてしまいました。スタメンに起用した城福監督の想いを考えると・・・辛いです。っていうか、今まで平山に期待を抱き続けていた東京ファンの気持ちが徐々に萎え始めているのがわかるだけに・・・平山、ヤバイヨ・・・。J1得点ランキング。3点以上の名前がずらーーーっと並んでいる中に、東京の選手の名前無し。・・・ハア。この「点取れない病」はいつになったら治るのかなぁ。

④仙台の人たち、元気いっぱい。 東京の選手紹介が始まると、大きな声を張り上げての大応援。ユルネバの時も、「妨害」というより、ひたすら「応援するぞモード」全開。懐かしい・・・お帰りなさい~って感じです。今年は久々の牛タンかなぁ。

こんなに勝てないと、だんだん書くこともネガになってきて気が滅入ります。今日はGW最後の日。ホーム。いいお天気。スカッと勝ちたかったなぁー。ブツブツ。まぁ、あの地獄の2005年よりはまだマシか・・・。部屋の掃除をしていたら、あの時の選手の寄せ書きが出てきました。
東京は波に乗ると、すごく強くなるんだけどなぁ。何がきっかけになるのかなぁ。

次節は山形、その次は・・・清水。リーグ戦が中断する前に、少しでも勝ち点を稼いでおきたいところです。

頼むよー。

2010年5月 2日 (日)

うーん。攻めてはいるんだけどねぇ。

2-1で負けた広島戦。

負けたこと以上に、何だか重くのしかかるこの思い。・・・ハア。
東京は特に悪いという感じじゃなかったし、シュート数に至っては東京23本、広島8本。決定的なチャンスもあったけれど、なんていうか・・・点を取れる予感がないのは何故なのでしょう。そんな中、森重の移籍後初の一発、出ました!ヤッタネ!

<しあいのかんそう>
①平山交替論争  前半28分で赤嶺と交替した平山。うわっ。ケガ!?やっちゃったのか・・・。と心配していましたが、何のトラブルもなし。決定的なチャンスを決められなかった(シュートは枠をはずれた)ことで城福監督が判断したらしい。攻めても攻めても点を取れない状態の責任を平山にとらせた、ということでしょうか。
この日は、岡田日本代表監督が視察に来ていて、頭を丸刈りにして気合を入れた平山にとっては最後のアピールのチャンス。それを前半28分で交替となっては・・・最悪の状況と言えましょう。このことに関しては、サイト上のあちらこちらでさまざまな意見が飛び交っていました。
「最初からサブにすれば良かったんじゃないか?」
「あんな交替の仕方だと、チーム内で監督に対する求心力がなくなる。」
「平山がかわいそう。」
「ワールドカップのためにリーグ戦があるわけじゃないんだから、交替させられても仕方ない。」
「点が取れないのは、平山のせいなのか?赤嶺だって取れない。」
などなど・・・。
私は、城福監督のイライラが頂点に達したこともわかりますが、前半の28分で交替させるのはいかがなものかと思いました。要のFWが点取れないんじゃ、どこかのタイミングで「ピッチに出さない」という決断もあると思いますが、それは前半28分というタイミングじゃないような気がします。「ヒステリックな采配」に見えてしまうからです。まだ1点差なんだし、東京も悪くはなかったのだから、もう少し余裕を持って辛抱してほしいなぁ、と。まぁ、城福監督に言わせれば、「この試合だけじゃなく、ずっと辛抱してきた。」ってことなんでしょうけれど・・・。
城福サッカーが実を結んで、強い東京が見たいという期待に変わりはありません。今回のことで、もっと平山が奮起してFWとして覚醒してくれるといいな・・・。ガンバレ!

②長友って・・・。  誰かに似ているよなぁー誰だっけなぁー・・・。うーん・・・。ハッ!あの渦中の人、高城剛さんに似ていませんか??あ、どーでもいいですね、そんなこと。そういえば、ずーっと前に高城さんとお仕事をしたことがあります。途中で私は抜けてしまったのですが、初めて打ち合わせでご一緒したとき、あまりのハイテンションさに驚きました。初対面にかかわらず、高城さんがほとんど話をしていました。ディズニー映画に出てくるキャラクターのようでした。あ、どーでもいいですね、この話。

③梶山待ち。  まだ90分出場は無理の様子。でも梶山がいるとやっぱりボールの動きが違う。5日、9日と中3日で試合は続く。大丈夫かなぁ。ちょっぴり不安ですが、早く、梶山&米本ボランチの東京が復活することを願ってやみません。徳永はやっぱり右SBでしょう。

勝ち点9で、12位。最下位の神戸は勝ち点7。おおぅ・・・ちょっぴりヤバイです。もちろん、まだまだこれからだけど、5日のGW最後の日のホーム戦は勝ちたい・・・。午後2時からの試合で、子供たちもいっぱい来るだろうし。

東京が負けてると、後ろの席の子供がヒステリー起こすんですよ・・・これ、けっこうキツイんですよ・・・。

平山が点を取るといいなぁ。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31