« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

むおおおっ・・・ヤバいような、光が見えたような・・・。

神戸と引き分け、とうとう勝ち点だけで言うと下から3番目。

順位は13位なれど、同じ勝ち点21に4チーム。さあ、ヤバくなってきましたよぉ~。といっても、そんなに悲観的な気分ではありません。
相手が同じくヤバい状況の下位グループ、神戸だったということもあるかもしれませんが、明らかに先週の広島戦よりいい内容のサッカーでした。決定的なチャンスもあり、あれが入っていれば・・・ううーん・・・残念。そして、無失点でおさえたDF陣。確かに点を取られなければ、確実に勝ち点は手に入ります。権田の頑張りにも拍手です。
あとは・・・やっぱりゴールを決めてほしいなぁ。惜しいなぁ。

今まで、苦しい夏場は何度もあったけれど、秋に盛り返してきました。今年もきっと9月から快進撃だ!順位で言うと中盤グループにもずいぶん遅れをとってしまいましたが、今チャンの「苦しいけれど、一皮むけるチャンス」という言葉を信じたいと思います。

次の試合は・・・ナビスコ2戦をはさんで、浦和!!

くぉおぉおおお~痺れます。

<くるまのはなし>
またもやツインリンクに行ってきました。何だかクルマにハマってしまっています。いいクルマだなぁーS2000。最高に楽しいクルマでした。ジブリの映画に出てくるようなかわいい顔した自分のクルマも気に入っていますが、帰り道、首都高速の急な上り坂の渋滞で、発進のときにちょびっとズリッと後ろに下がってしまいました。クラッチミートが少し難しいんだよなぁ。その後、後ろの車はものすごく距離を離していました・・・。ビックリしたんだろうなぁ。MT車は面白いけど、坂道発進はいまだに緊張します・・・。あぁ、イヤだイヤだー(泣)。

2010年8月24日 (火)

これは・・・・・これは・・・。恐怖の一夜。

恐ろしい試合でした。

っていうのも少しオーバーなのかもしれませんが、それほど酷い東京サッカーでした。何しろ、選手、チームの中にまったく「約束事」がない。ボールを運んでもどうしていいのかわからないかのようにぐるぐるパスし合って、そうこうしているうちに相手に奪われて・・・。何回そんなシーンを見たことでしょう・・・。
あり得ません。何の連携もないプレーの連続。後ろの席の子供は、前半は父親と一緒にヒステリーな野次を飛ばしていて、「うるさいなぁ。」と思っていたのですが、さすがに後半はあきれたらしく、グッタリと静かになっていました。

ナビスコ優勝の次の年は仕方ないのかなぁ。
2005年も酷かった。つまり、ナビスコ優勝とかしてしまうと、フロントが変に自信を持ってしまって、真剣な補強とかしないのではないか、と邪推してしまいます。
ここにきて、東京ファンの間に城福監督への批判が高まってきています。確かにこの戦績では、監督の腕が問われるのは仕方ない。むやみにポジションを替えるのも疑問です。結果がでなくてもある程度我慢して、選手を固定して使い続けるべきだと思う。
でも。以前に城福監督と話したときに、誰を補強するかなどの選手の人事面に関しては、自分は意見を言えない、用意された選手をどう起用するか、それが自分の役割です、と言っていました。どのチームもそうなのかは知りませんが、それはキツイよなぁーと思います。
毎試合、毎試合、選手のやりくりをしているこの状況。本当に「やりくり」です。足りないところに効果的な補強をして、全体を落ち着かせてほしいのですが・・・そんなに資金がないのでしょうか。

<しあいのかんそう>

・・・振り返るのはちょっとキツイので、雑多に。

・重松くんの走り。 相手ゴール前で、全速力走りをしていました。ボールを回されて走らされただけだ、という人もいるかもしれませんが、私はそうは思いません。この沈滞したサッカーを何とかしたいという気持ちは、ピッチの上の仲間へのアピールだったと思う。私自身もハッとしました。走らない、動かないサッカーをやって勝てるワケありません。

・浅利社員登場。  メインのソシオブースに浅利がいました!ワイシャツ姿の浅利に誰も声をかけず、素通り。浅利・・・知らないファンが多いのかな?握手してもらおうかな・・・と近づいていったら、ささっとどこかのオジサンが出現して、話し込まれてしまった・・・残念。浅利、カッコいいな。

・愛しのタコライス。 一番好きなスタグルメは、タコデリオのタコライス。時々買っていますが、毎回内容が変わるんだよなぁ。今回は異常に「ひき肉」が多かったです。もう、ご飯よりも多いくらいです。バランスを考えてほしいっす!・・・ってどうでもいいか、こんな話。

・から揚げくん。  から揚げくんの着ぐるみ2体登場!ピッチ上で1人がこけて、から揚げがひとつコロリと落ちたのには笑いました!
・・・その日、スタジアムで唯一、笑った一瞬でした・・・。

さあ、今週末は神戸戦。勝ち点は同じ20点。この試合は大きな山場だな・・・。何しろ、神戸、仙台が勝てば降格圏内突入です・・・。

・・・そんなことを考えても仕方ない。ここ数試合の内容ではそうそう楽観的にはなれないけれど、もう、応援するしかないです。

今チャンはまたボランチなのかなぁ。でも、今のDF陣だと今チャンも前にあがれないし・・・。ハァ・・・悩ましいなぁ。

ハッ!いかん。もう、応援するのみです。

東京、がんばれ!

2010年8月20日 (金)

さあ・・・寝ようかなぁ。

水曜日のセレッソ戦は、仕事がたてこんでいて、まったく観ることができませんでした。

結果を調べると、4失点の1-4で負け。うーん。完敗。前半の途中で森重が退場したのは、確かに痛いけれど、それにしても・・・。

今、まさにスカパーの録画放送を観ていますが、後半2-0。この後さらに2失点するのかと思うと、テレビを消して、もう寝たほうがいいのかなぁ。でも、大竹のゴールは見たいのですが・・・。

勝ち点を積み上げられない。

ジリジリと順位が下がる。

時々、この間の鹿島戦みたいな劇的な勝利・・・じゃなかった、引き分けだけど、ああいうのが起こるものだから、大丈夫、大丈夫!とポジティブになるけど、本当のところ、どうなんだろう?
このセレッソ戦の東京・・・どうなんだろう?

まぁ、10人になっちゃったから仕方ないとは思うものの、不安な気持ちでいっぱいになってきました。

しかし!いくら不安になっても、負けたものは負けたわけだし、その結果は変わらないし、私がお金出して外人助っ人を獲得できるわけじゃないし、またすぐに試合はくるわけだし、ウジウジするよりも、今度の広島戦はいい内容で勝つことを信じるしかありません。

それにしても、キンチョウスタジアム・・・けっこういいなぁ。専用スタジアム、うらやましいです。

2010年8月15日 (日)

ほっらぁ~。今チャンはボランチでしょっ!

「今野選手と森重選手のポジションを入れ替えたことが、一番クレバーな選択だったのではないかと思っています」

とは、試合後の鹿島のオリベイラ監督のコメント。
っでっしょお~!今チャンは東京の得点王なんだからっ!シュート得点率1位なんだからっ!攻撃的ボランチなんだからっ!と鼻息も荒く、オリベイラ監督のコメントに深く同意したのでありました。
勝ったわけではなく、終了間際に今チャンの放ったシュートでギリギリ同点に。結果は引き分け。でもホームの鹿島に負けなかったことは、上々としなくてはなりません。まずは、良かった。連敗はキツイ・・・。

お盆ということで、家族とお墓参りに行くことになっており、昨日はテレビで観戦しました。梶山、羽生、権田を欠く、少々不安な布陣。しかも相手は鹿島。でもこういうときに意外と強さを発揮するのも東京なので、ワクワクドキドキしながらキックオフを迎えました。

・・・・・鹿島、やっぱり巧いじゃん・・・。むむ・・・ガンバレ、東京!今日は点を入れろ、絶対に入れろ!平山!
・・・ああー。前半なかばに失点。先制点を取った後の鹿島ってイヤな感じだよなぁー。守りきるもんなぁー。大丈夫かなぁ。・・・ハア・・・なかなか平山のシュートは決まらないし。
もやもやした気分のまま、後半へ。おお、今チャンがボランチに。大竹、重松、リカルジーニョが交替でピッチの中へ投入されると、疲れが出てきている鹿島の動きが鈍くなってきた。チャーンス!リカルジーニョ→大竹→大黒→今野→ソガハタ棒立ち→ゴール!やったー!(ソガハタ、一応跳べっ!跳んどけっ。)ガッツポーズの今チャン。もう一点とっちゃえば良かったのに!

勝ったわけじゃないのに、何だかウレシイ気持ちです。実際、引き分けで喜んでいる場合じゃないのですけど。勝ち点も順位もヤバイ状況ですから。

次は、セレッソ戦。そして週末は広島戦。イキオイつけて秋に向かいたいところです!

仙台へレンタル移籍した赤嶺が、何とスタメン出場!まぁ、ここ最近の出場機会を考えると、どこかへ移るだろうとは覚悟していましたが、いざ、他のチームでプレーしているのを見ると、うれしいやらサミシイやら、フクザツな気持ちです。でも頑張って活躍してほしい。仙台との対戦が楽しみです。

・・・おっと、今度の水曜日はモニかいっ!

2010年8月10日 (火)

あちゃっちゃっー・・・。やっちまった・・・。

後ろのガキ・・・じゃなかった、お子様が「しのげー!!」とヒステリックに叫んでいました。

残念ながら、東京はしのげず、何とロスタイムの終了間際にゴールを決められ、名古屋戦は勝ち点0の負け試合になりました・・・あーあ。

スポーツ新聞を見れば、東京のシュート数は名古屋の2倍の20本。打てどもまったく入らない。楢崎が良かったのもあるけど、まぁ、入りそうもないシュート、多すぎです。前半に1点でも取れていれば、状況は全然違っていたのに・・・クヤシイなぁ。

<しあいのかんそう>
①大黒、孤立。 実は楽しみだった、平山と大黒のコンビ。何か、うまくいきませんでしたね・・・。っていうか、やはり平山も自分で点を取りたいようで、大黒を活かす動きがイマイチできていなかったのが残念です。今の東京って、点が取れそうなのは・・・大黒だもんねぇ。もう、割り切って、点取りは大黒にまかせていいと思う。しょぼしょぼシュートや、どっかーんシュートは、もうたくさんですよ・・・・・・・・。

②反則だよぉ。 すみません、負け惜しみです。が!名古屋って・・・闘莉王とサントスも入れたら、6人の外人がピッチの上に・・・。ちょっとやりすぎじゃないですか!うわーん。って泣いてる場合じゃないです。調子がいいときのケリーたんみたいな外人が中盤に1人いるだけでも全然違うと思うんですよ・・・。外人頼みのサッカーにしようというワケじゃないですが、今のままだと、何だか出たとこ勝負みたいな行き当たりばったりサッカーになってしまう不安があります。まぁ・・・確かに東京に流れが向いていたチャンスの時間帯もありましたが・・・。そこでしっかり点を取れないと、キツイです。ハア。

③どうしたんだ!石川!  調子がまだ上がってこないのかなぁ。ミスも多いし。そういえば梶山もミスが目立ちました。このへんの年代の二人が活躍しないと、チームもなかなか上向きにならんです。頼むよ!

④ブブセラ~どうなの?  ブーイングのタイミングで鳴り響くブブセラ。あー。南アフリカで変なものが流行っちまったせいです。あの独特の「ぶおおおおおーーーん!」の音は、ちょいと現在調子の悪い私の耳には、変に反響して辛いです。G裏の方々は大丈夫なのでしょうか???

⑤キャラオンパレード! おなじみドロンパ、つば九郎、うまたせ・・・そしてパッカくん登場!漫画でしか見たことないパッカくん。これが超大人気で、写真を撮る人であふれかえり、写真なんて全然撮れませんでした・・・クヤシイ!

むむむ。次は鹿島かぁ。

・・・・・・鹿島。

・・・・・・・・・・・・・・鹿島なのね。

2010年8月 6日 (金)

世界タイトル、ゲット!!ということで。

フフ・・・フフフフフ・・・・・。世界一の大馬鹿者ですよ、私は。

仕事が思いの外、早く終わったので、国立競技場へいそいそと向かいました。スルガ銀行CS。リガ・デ・キトって南米のクラブのことは全く知りませんが、先発に久々平山や石川の名前があるし、まぁ、ちょっと見てみようかなぁくらいの気持ちでした。

平日の夜にしては、けっこう観客も入っています。鳥の餌みたいなポテトフライと、焼きそばを購入、バックスタンドに座って食べながら観ていました。

・・・・・・・眠い。猛烈に眠い。

試合が面白くないというのではなく、前日の睡眠不足と、満腹になったせいです。それでも、時々ユラユラ落ちながらも、必死で観ていました。1-2。1点リードされた後半85分。

もう、決まったな。

眠気でだるいまま、試合終了後の混雑にもまれるのはキツイので、席をたち、ゲートを出ました。
その瞬間、うおおおおおー!!と大歓声。まさか・・・まさかぁぁあああぁ!土壇場で誰かが点をとったのかも・・・・・・。でも、ゲートを出てしまったので、もう戻れません(よね?)。震える手でケータイの実況サイトを見ると・・・

ひいいぃいいい~大黒が点を取って、同点に~!!
しかも、PK戦じゃん!

こんなに盛り上がる場面で、私はスタジアムの外。大馬鹿ですよ。トホホ・・・ですよ。結局、緊迫のPK戦をケータイのサイトで読むハメに。東京4本、相手3本成功、東京の勝利となりました。よしよし、3000万ゲット。勝つことは大事なのです。おっしゃ!・・・・・トホホ。

試合内容は・・・平山がけっこう良かったんじゃないかと思いました。大黒は・・・なんでJ2にいたんだろう・・・??

さて、次は名古屋戦。花火も本番(この間の、神宮の花火をファイヤーワークスナイトと勘違いしていました。)。今チャンの「あづまれぇえぇええ~」本人との対戦です。楽しみです。

<くるま>
先日、もてぎのツインリンクでサーキット走行してきました。マニュアル車3ヶ月にして、もうサーキット。っていっても、けっこう走れるもんです。でもなぁー、コーナー前のギアチェンジでもたついちゃうんだよなぁー。やはり、ヒールアンドトゥができないと、サーキットはキツイです。一緒に参加していたランサーエボリューションは、パドルシフト・・・2ペダル・・・まぁ・・・オートマ?やっぱりそういう時代なのかなぁ。
S2000を運転させてもらいましたが、けっこう面白いです。ギアチェンジのとき、シフトレバーのストロークが短くて驚きました。・・・ちょっと欲しくなりました。

2010年8月 1日 (日)

もみ合いへし合い・・・仲直り。

うわっ!梶山が権田の胸ぐらをー!

テレビでは全然気が付きませんでしたが、今朝のトーチュウの写真を見てびっくり。梶山が権田の胸ぐらをつかんで、まさに一触即発状態。うーん・・・梶山はね・・・ちょっと、ほら、アレだから、切れたらコワイわけです。目も据わってるし。
ま、それは冗談ですが、こういう光景は日本では珍しい。海外リーグでもW杯でも、海外のチームではけっこう見ますが。日本人は人前で、感情をむき出しにするのをカッコ悪いと思う。見るほうも動揺するし。
ビデオを見直すと、いや、かなり派手にやってます。梶山のつっかかりぶり。(椋原が止めに入っているのがけなげです。)よっぽど権田のプレーにイライラしていたのでしょう。

まぁ、言いたいことがあったら、はっきり言い合う姿勢はいいんじゃないか、と思います。でも、海外よりも「チームの和」が重要な日本のサッカーにおいて、手が出てしまうほどの感情のぶつかり合いは、後々チーム全体に影響が出てしまいそうでちょっと心配です。

どうなっちゃうのかなぁ・・・。

タメイキをついていたら、梶山のブログが更新されて、昨日の権田との一件のことが書かれていました。二人で話し合って、謝り、これから頑張ろう!・・・・・ちっちゃい子の反省文みたいで微笑ましい文章でしたが、まぁ、一件落着です。・・・本当に大丈夫かな?大丈夫だよね?

梶山、権田は、今の東京を支える選手なんだから、頼むよ!

試合は、負けました。

あえて、批判を覚悟で書きますが、あのスタメンは勝ちにいっているメンバーとは思えません。もちろん私は東京のファンですから、東京の選手はみんな応援しています。でも、勝ちにこだわるときのメンバー選びがあのメンバーだったとしたら、それはいくらなんでもJ1を甘くみているんじゃないでしょうか・・・?
日程がきつくても闘えるのが、プロの選手。・・・というのは、厳しすぎるのでしょうか?

スルガ銀行チャンピオンシップこそ、若い選手をガンガン使っていったらいいんじゃないかなぁ。

気持ちはね、正直、名古屋戦です。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31