« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月 5日 (日)

降格。

最終節。東京は京都に0-2で破れ、神戸は4-0(スゴイ)で浦和に完勝。

最後の最後で神戸に勝ち点を逆転され、FC東京の降格が決まりました。

・・・と淡々と書いているわけですが。

会社の方々、このブログにコメントしてくださった方々、多くの方々に絶対に現地に観にいったほうがいいと勧めていただいたので、一度は現地入りを決意したのですが、身内の者が体調を崩し、むむむ・・・それをうち捨ててFC東京に走るという生き方もあるのではないか(いや、無いかな、普通。)と悩んだのですが、遠方の病院に行くから土曜日に車を出して欲しいと言われ、京都行きを断念。今年はなかなかアウエーに行けず、せめて最終節、FC東京最大のピンチを現地で応援したかった。

スカパーで中継が始まり・・・スタジアムを見てびっくりしました。
たくさんの青赤で埋まった、西京極のアウエー側。
その中に自分がいないことに少し淋しさを感じましたが、現地でも東京でもたくさんの応援しているファンの思いは同じ。
FC東京、どうか、どうか、一勝を!

この書き方は冷たいかもしれませんが、降格は「仕方ない」と思いました。
それほど試合内容が悪かった。何がしたいのかわからず、後半残り30分もあるのに、パワープレイの放り込み。勝てば神戸の結果にかかわらず残留が決まる。でも、結局「1点」も取れなかった。点を取れないなら、引き分けることはできても勝つことはできない。神戸が勝ったので、0-0の引き分けだったとしても降格でした。

東京の選手はメンタル面が弱い、采配ミス、いい外人FWがいない、赤嶺を出して前田を入れた不可解な移籍、ナビスコの呪い、スタープレイヤーたちの驕り、はっきりとした指針のない戦術、無能なフロント・・・降格が決まってから、ネット上では降格の原因究明のコメントで溢れかえりました。

原因究明は大事かもしれません。
でももはや気になるのは、

「来季、J2でどうするのか。」

大幅な予算削減の中で、どう選手を揃え、どんなサッカーを目指すのか。

すでに降格が決まり、今シーズン惨憺たる戦績の京都に負けた。ディエゴ、ドゥトラの存在が大きかった。やはりスタメン確定の外国人FW、MF、2人いないとJ1を闘っていくのには厳しいと痛感しました。なぜカボレの穴を埋めなかったのか。J2で上位3位に入り、一年で戻ってくるには、いい外人選手の補強は絶対に必要だと思います。
そして、重松を育ててほしい。あの泥臭いところとか、気持ちの強さとか、なかなかいいのではないかと思います。リーグ前半で点を取って結果も出しているし、これからの重松、いいんじゃないかなぁ。

村林社長が、今野や権田がJ2にいるのはいかがなものか、みたいなこと言っちゃっていますし(何でそんなこと、降格してすぐに言うのかなぁ?理解できません。片や、予算削減で今いる選手を抱えられない、とかコメントしている。慮っているようで、結局は経済的なことなんじゃん、と少しあきれました。東京ガスつながりで多分、来季も社長でしょうが、もう少ししっかりとしてほしいです。マスコミにあれこれコメントするのも大事かもしれませんが、タイミングと内容に配慮する意識を持ってほしい。J1チームの社長なのですから・・・あ、もうJ2だけど。ションボリ。)、何人かの選手は確実に東京から離れてしまうでしょう。
サミシイですが、これがプロなのですから仕方ありません。

中途半端な志しとチーム作りで、「一年でJ1に戻る」なんて言ってほしくありません。

千葉も昇格できず死ぬ気でくるだろうし、かなりJ2も厳しいと思う。米本が「自分たちは大丈夫だろうと思っていた」とコメントしていましたが、そういう気持ちが一番危うくて、「たぶんJ1にあがれるだろう」なんて思っていたら、このままずっとJ2チームでしょう。

私もシツコイ性分なもので、また言っちゃいますが、残留争いの可能性のある仙台に赤嶺を出して、前田を入れるような甘さはもうやめてほしい。前田に恨みはないですが、あの勝負強い赤嶺に賭けたかった・・・という思いはあります。

すべて、一からの出発です。

スタジアムの誰もが熱くなった、セクシーフットボールの復活を願わずにはいられません。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31