2012年1月 6日 (金)

今年は大変だぁ。

やったー。天皇杯優勝!ACL出場権獲得!

相手がJ2の京都だったので、J2同士の闘い、初のJ2同士の決戦、J2J2J2・・・と、うるさいほどそこばかり強調されていましたが、東京は浦和やセレッソを、京都は鹿島、マリノスなどJ1勢を破ってきているのだから、胸張って「強いもの同士の決勝戦だった」と言えます!

天皇杯決勝、国立のチケットのアテはあったのですが、元旦は実家に帰っていたので私は残念ながら自宅でのテレビ観戦。いやー、面白かった。本当に東京は強くなったんじゃないかなぁ。ルーカス、石川、今チャン、羽生、徳永・・・日程的に厳しい中の決勝戦だったのに迫力ありました。

そして当日夜の優勝報告会@アミノバイタルフィールド。これは行こうかな、行きたい、いや絶対に行かねばならない!と電車に飛び乗り、開始時刻ギリギリに現地に到着しました。
本当はスタンドで座りたかったのですが、もう一杯。しかたなくフラフラとピッチの中に入っていきました。(これが、後でラッキーなことに。)
報告会自体はですね・・・うーん。正直、ちょっと盛り上がりに欠けました。寒さもあって選手もファンもややグッタリな感じです。そうだよなぁ。私は家でぬくぬくとコタツ観戦して体力温存していたもんなぁ。
まぁ、一つ意見を言うならば、MCを面白い人・・・ゆってぃでもいいや、にしていたら違っていたかなぁー。あの女性の方(お名前、忘れました・・・。)も頑張っていましたが。
ただ、ルーカスと今チャンのやり取りには爆笑してしまいました。
「今チャン、面白くないよぉ~ゴメン。」 とか、今チャンの即興通訳とか。
しかし。ガンバ大阪への移籍の件があるとはいえ、今チャン、話をするのを、もの凄く、真剣に、マジで嫌がっていましたね(苦笑)。話し辛い気持ちはわかるけど、キャプテンなんだから、一言欲しかった・・・あ、ありがとうございましたっ!って言ってましたけど。2回も。

でも、私は報告会を大満喫。選手登場のときも、会の終了後の選手場内一周のときも、ピッチレベルにいた私は柵にかぶりつき。選手を間近に見られただけではなく、ドロンパや梶山とハイタッチ、高橋の持っていた天皇杯にタッチなどなど、ジャニーズに群がる若い女子の如く、超ミーハーにキャーキャー興奮してしましたー。あぁ、今から思うと恥ずかしい・・・。この年になっても、まだあんな黄色い声が出る自分にビックリです。

今年は、ゼロックス杯に、ACL、リーグ戦、ナビスコカップに、天皇杯・・・。
ACLに出場できるのはワクワクするけれど、地獄のスケジュールだなぁ。まず、3月初めにゼロックス、1週間後にリーグ初戦だけど、その間に!ACL!アウエー!!
・・・大丈夫なの・・・?

しっかり補強して、この1年に備えてほしいです。

楽しい1年になりますように。

2011年12月 6日 (火)

ええーっ!!今野・・・移籍するん?

今日、携帯に

「今野、移籍するのですか?」

というメールが届きました。
なんでも、ヤフトピに出ているよ、とのこと。

うそー・・・でしょう?
と、アワアワとネットを見ると、ガンバへの移籍濃厚だとか。ガンバーーーしつこいよぉ。って言うか、何でいつもいつもいつもいつもいつもFC東京の選手を持っていこうとするんだろう。
悔しいから、遠藤強奪だ!

何でも、ガンバからのラブコールは5回目だそう。FC東京の契約は残っているものの、今回は今チャンからの感触も良かったとか。無事にJ1へ昇格したし、シャー!も解禁したし、今チャン、行っちゃうのでしょうか。

まぁ、後からいろいろ考えると、36節のとりスタ鳥取戦後に浮かれまくっている選手たちの中で、なぜか険しい顔をしている今チャンが、私はすごく気になっていました。矢澤と一緒に「白鳥」のパフォーマンスをやったりしたけど、1人離れたところで深刻な顔をしていました。
スカパーの録画をしていた人は、見てみてください。
そして・・・ユニフォームを脱いで、ゴール裏に投げ込んだのも・・・あれはやっぱり・・・。

昨日、今チャンが遠藤や楢崎とともに「名探偵コナン」のキャラ&声優で出演することをテレビで見て、微笑ましく思っていたのに・・・。クスンクスンクスン。

とまぁ、目一杯うろたえているわけですが、当の今チャンのコメントは何も無いし、正式な発表があるまではマッタリ待っていようと思いなおしました。

どうか、あんなにうろたえて、馬鹿みたいだったなぁー!となりますように・・・。

2011年12月 5日 (月)

はああ~クヤシイ~。

もう昇格、優勝決めてるし・・・、まぁ勝ちたいけどね~と、半分お気楽気分でテレビ観戦していたJ2リーグ最終戦の東京vs札幌。

しかし。
前半2点も決められ、東京いいところ無し。そんなに梶山の穴って大きいのでしょうか!?
そして、いや、あの・・・応援しているチームの選手のことをアレコレ言いたくない・・・言いたくない・・・けども!坂田が全然機能していない・・・。セザー先発でいいのに・・・何で!?イライライライライラ。何だかミスも多いぞ・・・イライライラ。
札幌が昇格したら来年戦うことになる訳です。不甲斐ない負け方はしたくない。前半でお気楽気分は吹っ飛び、後半は血走った眼(たぶん)で、叫びながら観戦していました。
さぞかしご近所迷惑だったことでしょう・・・。

後半は1点返したけど、あぁ、すっきりしない・・・。約4万人も入った札幌ドームは昇格に大盛り上がり。いいじゃん、もう優勝しているんだし、札幌は美味いものがたくさんあるし、こんなにたくさんの観客が喜んでいるんだからいいじゃん・・・と思いこもうとしても、

ぐやじいいいぃいいぃい~。

よし、この憂さを柏vs浦和で晴らしてやろう、浦和のホーム、大勢のレッズファンで埋まったスタジアムで柏が優勝したらさぞかし面白いであろう、という非常にドSの行動に走りました。
・・・というのはともかく、今年、J1の試合を全然観ていなかったし、柏のサッカーを見たいと思いました。
いや、強い。巧い。柏、いい外人揃えているなぁ。私は外人至上主義ではないですが、柏の外人は凄いと思いました。ゴリラーマン・・・じゃなくてレアンドロ?中盤にいい外人がいると違うよなぁ。ケリータンみたいな・・・。

それにしても、柏で栗澤、増嶋が頑張っているし、赤嶺なんか、得点ランキング14点で6位ですよぉ。あかみねぇえええぇえ。・・・良かったね・・・あのまま東京にいなくて。
あーあ。なぜ、赤嶺を腐らせていたのかなぁ。もったいなかったよなぁ。どうやっても赤嶺を活かすことができなかったのかなぁ。

と、悶々とした週末でした。

ウジウジはここまでで、さあ天皇杯!勝ち進んでいってほしいです。

24日は浦和と試合したいなぁー。

2011年12月 1日 (木)

極寒~ホーム最終戦。

いや・・・寒かったです・・・ホーム最終戦。

上半身は、3枚着込んだ上にダウンを羽織って、そんなに辛くはなかったのですが、失敗したのは下半身。ジーンズ1枚じゃ、寒い寒い。隣の女性のブランケットがうらやましくて、グッズ売り場に行って買おうかと思いましたが、とにかく今までこのシチュエーションでブランケットを買っているものだから、家に何枚も放置されている。
もったいないな・・・とひたすらガマンしていました。冬の観戦にひざ掛けブランケットは必須です。

試合は、前半はFC東京が受身になっていましたが、後半は攻撃的に。東京のスイッチが入ると、ほとんど千葉は前に出られなくなりました。
しかし。相手にレッドが出て1人退場・・・あぁ、千葉の10人ってイヤーなトラウマがあるんですよねぇ。あぁ、やだやだ・・・。

と身震いしていたら、ルーカスが点を決めて、これが決勝点に。
やったー。千葉に雪辱したぞ!オーロイがいれば、もっと面白かったかもしれないなぁ。

試合後はあまりの寒さに、よっぽどもう帰ろうと思いましたが、今夜はホーム最終戦。ちゃんと最後まで選手たちを称えようと、ブルブル震えながら平松のアホアホ漫談を聞いておりました。平松、頑張って復活してね。
なんと言っても、一番の盛り上がりは・・・お初!「今チャンのシャー!」でしょう。
これを見れるなんて、寒さをガマンしていた甲斐があったというもの。あぁ、初めての今チャンのシャー!今まで拒絶に拒絶を重ねてきた、幻のシャー!です。
シャー!とともに、ユニフォームをスタンドに投げ入れたもんだから、FC東京からいなくなるんじゃないか、移籍じゃないか、とその夜のネットは盛り上がっていました。
私は・・・それは考えすぎじゃないかなぁ、と思っていたら、昨日、ガンバが今チャンにオファーしているとの記事がトーチュウに出たらしい(読んでいないので、内容はよくわかりません。)。
しかし、何でガンバって、いつもいつも東京に触手を伸ばすのかなぁ。はぁ。

今チャンは海外に行く可能性だってあるし、プロである以上、何があるかわかりません。
でも、私のベアキーチェーン「6」のためにも、来季も東京にいてほしいです。

さあ、今週末は札幌戦。
札幌と勝ち点で並んでいる徳島の相手が岡山なので、札幌は絶対に東京に勝たなくては・・・厳しい。
うぉぉ・・・痺れます・・・。
札幌に行きたかったのですが、札幌が負けてスタジアムが静まり返るのもいたたまれないし、だからといって、負けるのは嫌だし・・・で自宅観戦にしました。
海鮮丼とか、味噌ラーメンとか食べたかったけど・・・。
あーーーーーーー辛い最終戦ー!でも、勝っちゃうと思うなぁ。今チャン、厳しいもん、そういうところ。

今年、スタジアムで一番うれしかったこと。

選手入場の曲が、前の曲に戻ったこと!
全然いいです。
新しいやつは、なんだかおどろおどろしいし、大袈裟すぎてちょっと恥ずかしかったです。

2011年11月23日 (水)

やったー。 J2優勝!1年でJ1復帰。素晴らしい。

この前の書き込みのタイトルが、

「あけましておめでとうございます。」。

ずいぶん月日が経ってしまいました・・・。
ということで、ほぼ11ヶ月ぶりの書き込みです。
周りの方々からは、J2に落ちてしまったことで、FC東京への気持ちがなくなったのではないか、とか言われましたが、そんなことはありません!
J1でもJ2でも、FC東京ファンに変わりありません。
去年と同じ席に座り、観戦し続けておりました。

3月11日の大震災。
本当に信じられないほど、大きな災害でした。
でした、と過去形では語れない・・・今も被害は続いています。
その日は、川崎区高津のスタジオ246で、CMの撮影をしていました。激しい揺れにすぐ外へ出たのですが、大きなスタジオの建物がユラユラしなるほど。
「震源地は東北みたいですよ。」と誰かが携帯を見ながら声をあげているのが聞えました。
その後は、余震もありましたが、そのまま撮影を続行。撮影中だったので、テレビなどを見ることができず、夕飯時につけたテレビのニュース映像で、ただならぬ災害の大きさを知りました。押し寄せる津波、のみこまれていく家や、車。見たことも無い酷い光景です。
本当に大きなショックを受けました。

Jリーグも、震災前に1試合開催されていましたが、震災後は中止、再開したのは4月下旬でした。スタジアムには足を運び、J1復帰を願いながら応援していましたが、何かを心から楽しむ、ということがしばらくできずにいました。
そんな中、ブログを更新するきっかけもつかめないまま、月日が過ぎてしまいました。

序盤はなかなか調子も出ず、こりゃ、1年でJ1に上がるのは難しいかもなぁ・・・と思ったりしましたが、夏にルーカスが戻ってきて、9月からは負け知らず。10月にはJ1昇格を確信していました。
私、ルーカスが大好きです。
いつも笑顔で、周りの人を元気に楽しい気持ちにさせる・・・ルーカス、素晴らしいです。
ガンバに移籍した時は残念だったけど、その後ブラジルに戻って引退したことを聞いていたので、東京に復活!というニュースには、大興奮しました。ああ、J1復帰できるな、と思いました。
米本の残念なケガ・・・でも高橋が成長しました。シュートははずすけど、気持ちが強い矢澤、これからもっと活躍するであろうセザー、森重、今チャンの頼れるCB、草民も楽しみだし、重松や大竹が戻ってきたら・・・。塩田、権田の最強GKコンビ、羽生、石川、椋原、徳永、中村・・・・・書ききれないけど、かなり凄いメンバー。来年、J1でどれだけやれるか、本当に楽しみです。さらに中盤にケリーみたいな外人を補強したら、今年の柏みたいに優勝争いしちゃうのではないでしょうか。
梶山は・・・海外移籍が取り沙汰されていますが、私としては、もう少し頑張れるだろっ、レベルアップできるやろっ!と叱咤激励したいです。

J1復帰。
J2優勝。

素晴らしい結果を残してくれたFC東京。ありがとう。

次は・・・千葉戦か。前の試合を0-3で負けた悔しさをすっきり晴らしたいです。そして札幌戦。もしかしたら、札幌の昇格がかかっている試合かも・・・。
そういう時って・・・やっちゃうんだよなぁ・・・・・・・今チャンが。

天皇杯は次も勝って、浦和と戦いたいなぁ。
グフフ・・・。
グフフフフフ・・・・・。

ちなみに、私が持っているベアナンバーキーチェーンは、「6」です!

2011年1月 4日 (火)

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

新しい一年がはじまりました。
今年はFC東京J2の戦いです。

心なしか、元旦のトーチュウでの東京の扱いは地味でした・・・。
もう今年はやべっちでも取り上げられることはほとんどありません・・・。

でも。
何人かの移籍はあったものの、
ほぼ同じメンバーで試合ができることが、とてもうれしい。
加入した選手の活躍も楽しみです。

天皇杯は残念でした。
寒くて手足が動かなくて凍死寸前だった準決勝の国立観戦。
0-0で延長戦をしのげばPK。
もしかしての元旦決勝祭りもあったのに・・・残り0秒での失点、終了。
2010年の東京を象徴するかのような残酷な終わり方で、
虚脱状態のまま帰宅しました。

でも。
2011年はACLもナビスコもなく、
じっくりとリーグ戦を闘う年になったということです。
ACL出場は夢だけど、
厳しいJ2をとにかく3位以内で乗り切る、もうそれのみです。

いやいや3位以内じゃなくて、
1位でぶっちぎっていくくらいのイキオイがないとダメです。

2010年の東京には「慢心」があった、と言われます。
ファンももしかしたら同じだったのかもしれません。

2011年。
新しいFC東京を楽しみに、
私自身も気を引き締めて応援していこうと思います。

今年もよろしくお願いします。

2010年12月 5日 (日)

降格。

最終節。東京は京都に0-2で破れ、神戸は4-0(スゴイ)で浦和に完勝。

最後の最後で神戸に勝ち点を逆転され、FC東京の降格が決まりました。

・・・と淡々と書いているわけですが。

会社の方々、このブログにコメントしてくださった方々、多くの方々に絶対に現地に観にいったほうがいいと勧めていただいたので、一度は現地入りを決意したのですが、身内の者が体調を崩し、むむむ・・・それをうち捨ててFC東京に走るという生き方もあるのではないか(いや、無いかな、普通。)と悩んだのですが、遠方の病院に行くから土曜日に車を出して欲しいと言われ、京都行きを断念。今年はなかなかアウエーに行けず、せめて最終節、FC東京最大のピンチを現地で応援したかった。

スカパーで中継が始まり・・・スタジアムを見てびっくりしました。
たくさんの青赤で埋まった、西京極のアウエー側。
その中に自分がいないことに少し淋しさを感じましたが、現地でも東京でもたくさんの応援しているファンの思いは同じ。
FC東京、どうか、どうか、一勝を!

この書き方は冷たいかもしれませんが、降格は「仕方ない」と思いました。
それほど試合内容が悪かった。何がしたいのかわからず、後半残り30分もあるのに、パワープレイの放り込み。勝てば神戸の結果にかかわらず残留が決まる。でも、結局「1点」も取れなかった。点を取れないなら、引き分けることはできても勝つことはできない。神戸が勝ったので、0-0の引き分けだったとしても降格でした。

東京の選手はメンタル面が弱い、采配ミス、いい外人FWがいない、赤嶺を出して前田を入れた不可解な移籍、ナビスコの呪い、スタープレイヤーたちの驕り、はっきりとした指針のない戦術、無能なフロント・・・降格が決まってから、ネット上では降格の原因究明のコメントで溢れかえりました。

原因究明は大事かもしれません。
でももはや気になるのは、

「来季、J2でどうするのか。」

大幅な予算削減の中で、どう選手を揃え、どんなサッカーを目指すのか。

すでに降格が決まり、今シーズン惨憺たる戦績の京都に負けた。ディエゴ、ドゥトラの存在が大きかった。やはりスタメン確定の外国人FW、MF、2人いないとJ1を闘っていくのには厳しいと痛感しました。なぜカボレの穴を埋めなかったのか。J2で上位3位に入り、一年で戻ってくるには、いい外人選手の補強は絶対に必要だと思います。
そして、重松を育ててほしい。あの泥臭いところとか、気持ちの強さとか、なかなかいいのではないかと思います。リーグ前半で点を取って結果も出しているし、これからの重松、いいんじゃないかなぁ。

村林社長が、今野や権田がJ2にいるのはいかがなものか、みたいなこと言っちゃっていますし(何でそんなこと、降格してすぐに言うのかなぁ?理解できません。片や、予算削減で今いる選手を抱えられない、とかコメントしている。慮っているようで、結局は経済的なことなんじゃん、と少しあきれました。東京ガスつながりで多分、来季も社長でしょうが、もう少ししっかりとしてほしいです。マスコミにあれこれコメントするのも大事かもしれませんが、タイミングと内容に配慮する意識を持ってほしい。J1チームの社長なのですから・・・あ、もうJ2だけど。ションボリ。)、何人かの選手は確実に東京から離れてしまうでしょう。
サミシイですが、これがプロなのですから仕方ありません。

中途半端な志しとチーム作りで、「一年でJ1に戻る」なんて言ってほしくありません。

千葉も昇格できず死ぬ気でくるだろうし、かなりJ2も厳しいと思う。米本が「自分たちは大丈夫だろうと思っていた」とコメントしていましたが、そういう気持ちが一番危うくて、「たぶんJ1にあがれるだろう」なんて思っていたら、このままずっとJ2チームでしょう。

私もシツコイ性分なもので、また言っちゃいますが、残留争いの可能性のある仙台に赤嶺を出して、前田を入れるような甘さはもうやめてほしい。前田に恨みはないですが、あの勝負強い赤嶺に賭けたかった・・・という思いはあります。

すべて、一からの出発です。

スタジアムの誰もが熱くなった、セクシーフットボールの復活を願わずにはいられません。

2010年11月28日 (日)

さあ、最終決戦。

勝てば・・・得失点差を考えれば、ほぼ残留が決まる山形戦。

後半の先取点で浮かれすぎたのでしょうか・・・。まぁ、そんなことはないと思うけれど、またしても終盤に点を入れられて追いつかれてしまいました。

うーん。
せっかく前節の名古屋戦で勝利し、いい雰囲気で迎えた一戦だっただけに残念です。味スタはもはや鬼門!?神戸が東京よりも早い時間での試合で勝利し、変なプレッシャーがかかってしまったのかなぁ・・・。あぁあぁあああ・・・クヤシイ。
神戸は本当に今調子がいい。来週、神戸の引き分けとか敗戦を望んでいても仕方ありません。っていうか、神戸は「勝つ」と思ったほうがいいかも。
ということは、東京はもう、必ず勝つ、これしかありません。

残留がかかった最後の最後の一戦。

しびれます・・・。

昇格がかかった試合よりも・・・しびれます。

選手たちのプレッシャーも相当なものでしょう。一度はもうダメだと覚悟したのに、首の皮一枚つながった神戸のほうが、のびのびとプレーできると思います。東京は・・・一度は手中にあった「残留」のカードがスルリと落ちてしまった・・・その喪失感との闘いです。
気持ちを強くもって積極的にいってほしい。
体調不調のために、自宅でテレビ観戦していた兄によると、前田さんはかなりお怒りだったとか。ゴール前、なぜシュートせずに細かくパスし合って自滅するのか。それは、スタジアムで観戦していたファン、全員思ったと思います。平山、あと3点取っていたってよかったよ、ハァ。

あぁー京都に行くべきか、行かざるべきか。

行けるなら行ったほうがいいのはもちろんですが・・・・・・・・あまりの状況に試合を観ていられないのではないかと思うのですよ・・・。家にいたって、リアルタイムでスカパー観戦できないんじゃないかなぁ・・・。意外にヘタレな自分に驚いてます。

こんな日が来るとは思わずにいたぁああぁあ~♪

<こんなときにクルマの話>
サーキットでレースに出たら・・・タイヤが溶けて、しかもタイヤのカスがたくさん付着していてビックリです・・・。まぁ、そろそろタイヤ交換しようと思っていたし、ホイールも換えようと思っていたので・・・まぁ、いいか・・・。FF車もいいけれど、FR車に乗りたくなってきたぞ。ツインリンクで乗ったS2000は最高に楽しかったです。AP2ですけど。RR車もいいなぁ・・・RRと言えば、アレです。しかも空冷。もちろんMT。・・・無理だよなぁ~お金と腕が。

2010年11月22日 (月)

崖っぷち感・・・ある??

川崎戦・・・せめて引き分けのまま終了したかったなぁ。「負け」はキツイ。「勝ち点0」は痛い。

それにしても。いい外人が前に二人いるだけで、Jリーグのサッカーは強くなるんだなぁ・・・という実感。川崎だって、そんなに圧倒的ではなかったように思います。でも、あの外人二人が効いていた。とはいえ、川崎の選手は良く走るし、ボールを奪う意識が高かった。東京の弱点を知り尽くしているかのような戦いっぷりでした。
東京は、悪い面が出てしまって「自滅」した印象です。とにかくパスミスが多い。梶山は(ネットでは)足の調子が戻っていないとウワサになっていましたが、本当なのかなぁ。そういわれると合点がいくほど、良くなかった。敗戦を誰か1人のせいにできないとは思うけれど、味方のいないところへのヒールパス・・・相手にカンタンに奪われる・・・みたいのはやっちゃイカンと思うわけです。いや、ワンプレーを責めてもいけないと思うけれど・・・ミスが「多かった」。
ハマったときの梶山はスゴイんだけどなぁ。梶山&米本のボランチコンビは最強だと思うし。

・・・ハア。

・・・2失点目・・・。ありゃないよなぁ・・・。

クヤシイ。

さあ、あと3試合。しかも次は名古屋です。優勝が決まったとはいえ、優勝後のホーム戦で勝ってファンと盛り上がりたい!という気持ちは強いでしょう。

マジで崖っぷちです。

でも、何となく・・・東京全体に「崖っぷち感」があまりないように思うのは・・・気のせいでしょうか?ネットでのファンのコメントとか・・・。
「大丈夫、東京が落ちるわけないじゃん!結局残留よー。」という強気なのか、
「一度J2に落ちて、一から出直し!」というスパルタ精神なのか、
「またすぐ戻ってくればいいじゃん。」というお気楽なのか、
「J2のチームと試合したり、遠征したり・・・楽しいかも?」・・・これはいないか、さすがに。
「もうダメだよ、落ちるよ。」というあきらめ?
「どこへいっても、FC東京への愛情は変わらないから!」という東京愛?
「どーん!と構えて応援するのみ!」・・・腹をくくった?

J2に落ちたら、ガラッと変わる。きっと何もかも。
そのダメージはもしかしたら、他のチームの場合より大きいのではないかと思う。

神戸との勝ち点差「1」。
もう、神戸との残留争い。

・・・痺れるなぁー。

東京、がんばれ!!

2010年11月16日 (火)

ここにきて、平山爆発!

横浜に勝ったー・・・あぁ、一戦一戦が心臓に悪い、悪すぎる・・・。

もう一戦も落とせない覚悟でいかなくちゃいけません。何しろ、下の神戸もカンタンには負けてくれない。今節、新潟に負けるかと思いきや、粘ってドローにもちこんでいるし。クソウ!
上の大宮は負けたので勝ち点2点差。そういえば、大宮vs神戸という嫌なカードが残っているんだよなぁ・・・。
あぁ、仙台に逆転負けしたのが、こたえます。あれが・・・あれが勝っていれば・・・クソウ!!

それにしても。米本すごいなぁ。米本が復帰してから、東京負けなし。あの俊輔に強くいくところなんか、頼もしいです。平山の1発めは、米本が俊輔から奪ったボールが起点になっているし、ホント、救世主のように見えてきました。いや、ここにきて平山もFWらしくなったというか・・・調子よくなってきています。2点目なんて、リカルジーニョの反応も素晴らしかったけど、いいシュートでした。年甲斐もなく、「すげええぇえぇぇええ~!」と叫んでしまいましたー。

横浜におされてヒヤヒヤした時間もあったけれど、この試合をきっちりモノにできたのは本当に大きい。こうなったら、川崎、名古屋だって怖くない・・・怖い・・・怖くないぞぉおおぉおお(声、若干裏返る)。

次は川崎戦@味スタ。前半イケイケ、後半ヒヤヒヤの展開になるんだろうなぁ・・・。ひぃぃ。

・・・あ。
水曜日は天皇杯・・・ジェフ千葉戦だ・・・。正直、気持ち的には川崎戦に向けて万全の準備をしてほしいので、ケガをしたり、疲労困憊っていうのだけは勘弁です。

さあ、あと4試合。痺れるー。

香川、すごいっスね。
ベッテル、泣いてたなぁ。おめでとう。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31