2008年3月 2日 (日)

オシムさんとドラゴンさん。

「偶然」というのは不思議なものです。再び、国立競技場でオシム氏とお会いすることになろうとは・・・。

金曜日に急遽行くことになった「ゼロックススーパーカップ 鹿島vs広島」。今回も昨年のナビスコカップ決勝戦と同じく「J’s Seat」での観戦です。専用の入り口を抜けて、競技場の最上階に設けられた個室観覧席へ向かうエレベーターの前でのんびりと待っていたら・・・。突然、報道陣がこちらに殺到してきました。なんだなんだ?誰かスゴイ人が来たのか?と緊張して様子をうかがっていたら、白い大きな車が停まり、中から登場したのはオシム氏でした。左手で杖をつき、右手をスタッフに支えられてゆっくりとこちらに歩いてきます。
「おおっ、オシムさんだ・・・・・・。」
カズかなー誰かなー写真撮っちゃおうかなーと構えていた携帯を、すぐにバックにしまいました。携帯で写真なんか撮れない。
そして、オシム氏と一緒にエレベーターに乗り込みました。オシム氏は杖をついているのと痩せたのを除けば、以前と変わらずお元気そうでした。一緒に乗り合わせた小さな子供の頬をそっと撫でて、
「コンニチハ。」
とにこやかにあいさつをすると、子供も「こんにちは。」
微笑ましいひと時でした。
何か声をかけようと思いましたが、以前にお会いしたときに言った言葉は、
「日本代表をお願いします。」
・・・今日は何も言えませんでした。
もう監督ではなくなったのにもかかわらず、こうして代表戦でもない日本人のサッカーを観にきてくださることがただただうれしくて、胸が熱くなりました。この先も何かのカタチで日本のサッカーに関わっていただきたい、そう願わずにいられません。

そして試合のこと。
東京ファンとしては、どちらが勝っても負けてもかまわないのですが、面白い試合が観たい。しかし。前半から双方に退場者はでるわ、不可解なジャッジが炸裂するわで、なんだか異様な雰囲気です。後半早々、鹿島が2得点したところで今日の試合は決した(鹿島のほうが力のあるサッカーしていたし)、とマッタリ気分で観戦していたのですが・・・・・・、
うひょひょひょおおおぉお!ドラゴンきたー!!広島が久保を投入した時点から、完全に広島の応援にスイッチオン!
「久保ー!!」
やっぱり、久保は広島にいてこそですよー。とつぶやきながら、久保ばかり追いかけていました。やりなおしPKも落ち着いて決めることができてヨカッタ・・・。久保、今年は復活するんだぞ!・・・けっこう、久保、好きなんス。ウフフ。
まぁ、試合はメチャクチャでした。乱発イエロー、レッド。PK戦でのやり直しもなぁー。何度も曽ヶ端が阻んだのに、やり直しで決められて広島優勝。・・・後味が悪い結末。広島の5人目のキッカーは佐藤寿人でしたが、寿人が1回目で決めてればなぁ。曽ヶ端がはじいて鹿島のゴール裏は大盛り上がり、ええっ、家本審判が旗を上げている・・・やり直し!!?鹿島側、大ブーイング。2回目は寿人もスコッと決めて、あっけなく終了。鹿島のファンはピッチに乱入するわ、試合は終わったのに鹿島の選手にイエローやらレッドが出るわ、もうどうなっているのでしょう・・・。ハア。
鹿島はCBが二人とも開幕戦に出られなくなりました。これはキツイ。

とかなんとか、他人様の心配をしている場合じゃありません!!
非公開の練習試合、東京vs川崎は0-3で完封負け!?しかもニッカンのレポを読むと、川崎は20本ものシュートを放ち、完勝ムード。川崎の関塚監督もご機嫌コメントです。
オイオイオイオイオイオイオイ・・・オイ~!
頼むよぉ~。テレビ番組でチラッと練習試合の模様が流れましたが、フッキがゴール前をドリブルで切り裂いているシーンでした・・・シーン・・・。

ノリオが弾丸FK宣言している開幕の神戸戦、もう、期待しまくっちゃっていますから!
ヨロ!!

2007年10月25日 (木)

おおぅ、浦和ACL決勝へ。そして今チャンのこと。

浦和がPK戦の末に勝利をつかみ、決勝へ。
(昨日の書き込みに関して、たくさんの方のご意見をいただきました。どうもありがとうございました。遅ればせながら私のコメントも書きましたので、お時間がございましたら、お読みくださると幸いです。)

自宅のTVではスカパーは見れるのですが、悲しいことにBSは見ることができません。なので、浦和vs城南一和の試合はPK戦だけyoutubeで観ました。
な、なんだぁ~これは!PK戦のゴール裏にズラリと並ぶ、大きなフラッグ。こんなに持っているんだ・・・す、すごい・・・。城南一和が蹴るときに、その旗を一斉に揺らすという浦和ファンのカク乱戦法に思わず笑ってしまいました。これは城南一和にとって完全にアウエーの洗礼です。こんなことされたら、自分なら絶対にはずしてしまうと思う。ゴール裏全体が大きく波打っていました。

本当に浦和が、決勝に駒を進めたかぁ~。ううーむ。・・・正直、うらやましい。FIFAクラブワールドカップでACミランとか、ボカ・ジュニアーズと対戦することになったりしたら、あまりのうらやましさに悶絶しそうです。南米・・・特に欧州にとって、クラブワールドカップへのモチベーションがどのくらいのものかイマイチわかりませんが、少なくともプレシーズンに行う華試合よりもガチ試合であることは間違いない。くぅ~タマランネ!

ともかくFC東京も、今年はまだ天皇杯の一冠が残っているワケで、何としてももぎとってほしい。・・・って、盛り上がっている今は思うけれど、ACL予選ロードはやはり厳しいです・・・。想像すると、ワクワクする反面、心配になってしまう。でも、傷だらけになりながらも、そういうのをくぐり抜けてくる経験が大切なのかなぁ。

さて。またもや今チャンの移籍に関する記事が出ました。今度はガンバ大阪です。あの活躍っぷりを見たら、どこのチームものどから手が出るほどほしいと思うでしょう。冷静に考えて、今年のJリーグ移籍選手の目玉になりそうな予感・・・。それでも、それでもFC東京と歩む道を選択してほしい・・・と願ってやみません。この先何ヶ月もハラハラヒヤヒヤしながら過ごすことになるんだろうなぁ。ハア。

2007年10月23日 (火)

浦和を応援しちゃいかんの?

明日、埼玉スタジアムでACL準決勝第2戦が行われます。

今回ばかりは心から浦和レッズを応援したいと言っていたら、サッカー好きCDが来て、批判されてしまった。
「FC東京のファンなのに、浦和を応援するのはおかしいんじゃないの?」
「いえ、リーグ戦とかじゃなくて、ACLですから。日本が勝てば、日本のサッカーの地位向上につながるし、それは大きく考えればFC東京にとっても、いいことですから。」
「いや、間違っているでしょ。じゃあさ、チャンピオンズリーグに出場できなかったレアルマドリードのファンが、出場したバルセロナの応援する?しないでしょう?負けろって思うでしょう?心が狭いとかじゃなくて、正しいファンのあり方なんじゃないの?だから、明日はFC東京ファンなら、浦和負けろ!って思うのがスジでしょ。フォッ。フォッ。フォッ。」
周りのサッカー好き男子たちもうなずいています。

・・・・・・そうなの?FC東京ファンの人は、浦和負けろー!って思っているのかなぁ。リーグ順位1位の浦和が負けるということは、日本のJリーグチーム全部が負け!ということになるような気がするんですけれど。
・・・でも、浦和が優勝なんかしちゃったら、クヤシイ~ギリギリッ!っていう気持ちになるのかなぁ。ううーむ。

追記: 福西のケガ、ひどかった・・・。全治8週間とは・・・。今年は無理でしょう。しっかり治してほしいです。

2007年10月13日 (土)

ナビスコカップ、盛り上がってる?

今日の試合には負けてしまいましたが、ガンバ大阪が決勝戦進出。

そしてナビスコカップはガンバ大阪と川崎フロンターレで争うことになりました。・・・盛り上がってる?盛り上がってるの?最近、またバタバタし始めていて、今日も仕事で全然サッカー観れなくて・・・カナスイデス。ガンバ大阪にも川崎フロンターレにも特別な思い入れがあるわけではないので、どっちも頑張ってほしい・・・とか月並みなことしか言えません。でも、決勝戦がいい試合になって世の中的に盛り上がれば、Jリーグへの注目度もアップするし、FC東京のファンも増えるだろうなぁと期待しています。

そうそう、今、東京のSOCIOの会員数が約8000人。このSOCIOが新たに一人ずつ試合に連れてくれば、単純に観客数が8000人増えます。もし二人なら16000人増。すごいぞ~!と、大興奮。(・・・これって、ねずみ講の理論?)

Jリーグと、FC東京の発展を祈りつつ・・・さ、家に帰ろっと。疲れた~。

2007年10月 2日 (火)

盛り上がる?Jリーグ?

会社で、サッカー好きは多いけれど、Jリーグ好きというか、Jリーグのチームファンはとても少ない。

たまにいても、ほとんどが「浦和レッズ」ファンで、こちらが「FC東京」ファンですと言うと互いの間に微妙な空気が流れる。昨日は英会話スクールでアメリカ人の先生が「浦和レッズ」ファンだった。
「さいたまスタジアムへ行きますよ。浦和は今、一位だけど、君の好きなFC東京はどうなの?」「まぁ、そうですね・・・13位くらいですよ。」私は見逃さなかった。彼の残念だね、という表情の裏の優越感を。外人なので、浦和と東京の間の空気(今はもうないのかなぁ?)はわからないと思うけれど。

おっと。浦和と東京について書きたかったわけではありません。会社で「サッカーだ!Jリーグだ!FC東京だー!」と騒いでいると(そんなに騒いでいません。)、自然とサッカー好き連中で話をすることが多くなります。昨日は、「Jリーグは盛り上がるのか?」ということについて話をしていました。その中でJリーグの観戦をしているのは、私だけです。他の人たちは「サッカー好きで代表戦や欧州には興味があるけれど、Jリーグには行かないなぁ。」。多分日本のサッカーファンの大部分がこのような感じでしょう。
Jリーグに関して、なぜもっと盛り上がっていかないのか、どうしたらいいのかについてさまざまな意見を交わしましたが、その中の一つの意見。

首都のチームが盛り上がることが必要だよね。

これ、私が言ったんじゃないですから。首都のチームが強くなって、ファンもたくさんついて、他のチームはそのチームを倒そうと躍起になる、こういう構図がその国のサッカーを盛り上げるのではないかと。まぁ、一つの意見ではありますが、みんな深くうなずいておりました(もちろん、私も。)。今はその役は浦和が担っている感じです。強い浦和。勝つと、どこのチームの選手もファンも、まるで優勝したかのように大喜びする。・・・浦和も強くなったものよのぅ(遠い目)。

・・・でも。もちろん東京には強くなってもらいたいし、「最強チーム」になったら素晴らしいなぁと夢見るけれど、負けて負けて、情けないな・・・と思ったら、目の覚めるような攻撃力を発揮してセクシーサッカーでスパーッと勝ってしまう・・・みたいな今の東京も魅力的なんですよねぇ・・・。

ヤバイ、東京ツンデレにハマっているのかもしれない・・・。

2006年11月 3日 (金)

ジェフィ&ユニティがうらやましいナビスコ決勝。

うぅ、千葉のマスコット、ジェフィとユニティがうらやましかったぞ。

以前、仕事でJリーグ18チームのマスコットが一同に会して、サッカーやJリーグについて会議をする(途中でケンカになったり、踊ったりする)というCMの企画をつくったことがある。それはなかなか面白い企画だったんだけど、・・・マスコットがいないFC東京と大分はどうする?ということになって、結局、FC東京は青赤のムクムクくん、大分は高松選手にした。高松なら、マスコットたちのキャラに負けないだろう、ということで。

プレゼンで企画はボツになったのですが、CMのコンテで描いた青と赤の双子のムクムクくんたち、かわいかったなぁ。その時はまだ頭に毛の生えているニュームクムクじゃなかったんだけど。

そして、今日。ナビスコ・カップ優勝を決めた千葉の選手たちが、肩を組みながらぴょんぴょん跳ねている大きな輪の中に、千葉のマスコットのジェフィとユニティがいます。もちろん犬なんだけど、かなりかわいくて後ろ姿のしっぽがたまりません。選手たちと抱き合ったりしているし。あれがムクムクくんだったら・・・ちょっとシュールな気もしますが・・・ハハハ。
マスコットがうらやましくなってしまった・・・けど、ある意味、平山もモニも梶山もマスコットっぽいっちゃあ、マスコットっぽいので、我慢しようっと。

千葉を応援していたので、勝って良かったな。千葉ファンにおめでとうメールを送ったら、「水野、とらないでね。」との返信メール。
そうだよね、水野よかったなぁ。阿部も頼もしくなったものです。すっかり千葉のキャプテン。東京の阿部チャンだって、カッコいいんだ!あの忍者走りが!
そういえば、あさっての天皇杯で阿部チャン先発が濃厚らしい。観に行けないし、テレビ放送がないから録画もできないし・・・胸をかきむしられるこの想い。

うう~ん、ショウロンポーの誘惑に負けちまったワケですよ・・・。

2006年10月30日 (月)

か、柏・・・。

柏・・・3位・・・。

以前に、このアオアカ広告で「柏にはネタとして、毎年J1J2入れ替え戦に出てほしい。」と何回か書いていた。その時は柏がわりと好調で、首位を走っていたような気がする。だから、何にも波風が立たなかったのですが・・・。

シ、シャレにならない・・・。いつのまにやら3位・・・。柏ファンからは「あんなこと言うの、アンタだけだ。」とか今さらなじられるし。

でも入れ替え戦には、ぜひとも柏に出てもらい、盛り上げてほしい。・・・また柏ファンに怒られちゃうなぁ。・・・ごめんなさい。でも、柏、好きです。その折には、応援します。

2006年5月28日 (日)

緑に遭遇。

昨日、実家に帰る中央道で緑のバスに遭遇した。横に並んだら選手が乗っていたよ。携帯で写真狙ったんだけど、雨降っているし(左写真の右側のカゲは動いてるワイパー。)、高速道路だから停まるわけにいかんし、事故起こしたらどうすんのよっ。今日西が丘で試合だったのね、勝って良かったね、来年はまたダービーで遊んでね。
Aoaka_010_1 Aoaka_011_3






2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31